皆さん、こんにちは。

少し前の話題になってしまいましたが、
近代建築8月号は、学校づくりの喜びと題して、学校施設の特集が組まれました!

P1060994.JPG

弊社の国産ストランドボードも学校の内装ではよく使っていただいており、いくつかの納入した学校もご紹介されていましたね!

桜川市立桃山学園
茨城県桜川市の小中一貫校です。
桧ストランドボードを掲示板で使用してもらっていますね。当初、さしづらさのお声もいただいていましたが、今は以前よりも画鋲がさしやすく改良され、掲示ボードがアクセントにもなっているように感じます^^

P1060997.JPG


京都外国語大学4号館
天井をルーバー状に形成し、不燃タイプを活用いただきました。
講義室のフロアーは、床も壁も木質素材は少なく、天井をストランドボードで仕上げることでなんとなくやさしい木質空間になっているのを感じます^^
材のコスト的にも不燃タイプとしてはシーズナブルな天井素材です!

P1070002.JPG

P1070005.JPG


守口市立よつば小学校
大阪府守口市の統合小学校です。
桃山学園と同じく、掲示板としてストランドボードが使われています!
普通教室のうしろの掲示スペースなど、空間の木質化とあわせて、とても適した素材ですね。

P1070001.JPG

これからの未来を担う子供達にとって学校で過ごす時間は大切でかけがえのないものになると思います。
少しでも居心地のいい空間であったり、よりよい学びの空間を創るのに、エスウッドの作る国産ストランドボードがお役にたてればと思います。



こんにちは!
さわやかな晴れ、静かな公園とカフェ。

各務原にある学びのもりにふらっと行ってきました。

CIMG9710.JPG

土日には、老若男女にぎやかな場になりますが、平日の昼間は、気持ちが落ち着く自然豊かな公園ですね。

長いいちょう並木が出迎えてくれます!秋にはいちょうが黄色味づいてきれいですね!

CIMG9708.JPG

一歩入ると、木々に囲まれた芝生の広場。夏らしい青空ものぞいてました^^

CIMG9713.JPG

その一角に、かかみがはらスタンドというおしゃれなカフェがあります。^^

CIMG9715.JPG

まだまだ日中は日差しが強いなか、店頭にひろがるカフェスペースに座ると、心地よい風もふいてきますね。

店内も大きなガラス窓から、明るいひかりが入ってきて、とても明るい感じのお店です^^
と、忘れてならないのは、エスウッドのストランドボードもカウンターで使われています!

やさしいテーストの素材ですので、
外の景色をみながら、おいしいご飯をたべる空間には、とっても合っている感じですね!

CIMG9724.JPG

CIMG9717.JPG

CIMG9722.JPG

午前でしたので、ランチはいただきませんでしたが、おいしそうなメニューも盛りだくさん。^^
今日は飲み物だけ、いただきました^^

CIMG9728.JPG

CIMG9729.JPG


中国建築視察団の見学【交流】

  • 2018.08.21 Tuesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。

お盆明けを明けて早々になりますが、中国から建築関係の視察団に来社いただきました。

小さな会社に16名の視察団ということで、かなり手狭感を感じるものの、

皆さん、関心をもってサンプルを手に、お話しを聞いてもらいましたね。^^

いぐさや稲わら、茶がらのボードなどには、香りという点でも素材感があり、

デザイン関係のかたなどからも質疑をたくさんいただきました。。。


中国のマーケットを考えていた2000年代半ばから、早10年。。

当時は、国産ストランドボードやいぐさボードへの関心は高かったものの、マーケティング調査してみると、中国本土では10年は早い素材と言われたのよく覚えています。。

それから10年がたち、
中国、台湾、韓国などアジア圏へのアプローチも視野にいれつつ・・・、というのが現実味をおびてきたのかもしれませんね!

1534843896743.jpgのサムネール画像

1534843929963.jpg

午後からは、ぎふメディアコスモスへもお連れし、
伊藤豊雄さんの建物自体はもちろんのこと、ストランドボードで仕上げられた家具や什器も目にやきつけていただきました!

中国の方々の勉強熱心なすがたは何より刺激になりましたね。
自分の中国語のできなさには、落胆でしたが・・・。><


いなわらボードづくり【試作開発】

  • 2018.08.10 Friday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。
研究開発室です。^^

6月より、京都の飲食店の内装での検討のため、稲わらボードを試作しています。

稲わらは愛知県より、仕入れ。

稲わらの納入の状態も、いろいろあるようで、農家をとりまとめていらっしゃるエスペックミックさんにもいくつもご協力いただいています!
ほんと、助かっています。

P1060988.JPG


ボードを作ってみると、

弊社のいぐさボードと近い感じのイメージでしたが、
意外といぐさよりも1本1本が太めで、
色味や香りは稲わらの"らしさ"を引き出すことができしたね。。。

通常の用途は、雑草防止につかわれたり、家畜につかわれたり、ということで、
こうした建材への利用で、人の目に触れるところで使われるかたちにするのもなかなかいいのでは?
と作りながらも。^^

仕上がりはこんな感じ↓

P1060979.JPG

P1060983.JPG

なんとなく和テーストな感じですね^^

居酒屋さんや和食店、旅館、リラクゼーション施設の内装・・・、なんかにいいのでは?(勝手なイメージ笑)

草木のおくりものの仲間にまたひとつ、いいものができましたね!

気になる方はご連絡を!

担当:長田(おさだ) 電話:058-379-3023


ご協力ありがとうございました。
ご協力企業 エスペックミック株式会社


皆さん、こんにちは。
研究開発室です。^^

先日、1年ほど前から取り組んできた竹ボードの不燃認定を取得しました!

建材で言えば、竹のフローリングなんかは少し出回っていますが、
チップにして、ボードをつくる。そして不燃認定も取得して、というのはあまり聞かないのでは...。

そんな思いで新しい素材開発にここ1、2年取り組んできましたね^^


美濃加茂市の農林課の皆さんや可茂森林組合さんにもたくさんお世話になりながら、ここまでたどりつけました。

山には、ヒノキやスギだけでなく、竹もそうですし、その地域ならではの木がたくさん眠っていると思うんです。

それをボードにできれば、地域のかたも喜んでくれると思っていますし、
内装仕上げ材というかたちで、目にみえるものとして、将来に残していくことができます!

またトピックスや製品紹介ページでも紹介していければと思っていますね!^^

ご関心があるかたは、お問い合わせください。
(担当:長田(おさだ))

構成 : 竹チップ張り/火山性ガラス質複層板
番号 : NM-4768


ストランドボード納入事例 住宅

  • 2018.07.02 Monday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。

岐阜は先週末、大雨が降ったかと思えば、今日は一変。
日差しの強い晴れ間もあり、暑い1日となっています。^^

うちの工場の職人さんたちも、大量の水分をもちこんで、、水分補給しながら、ストランドボードづくりを頑張ってくれていますね!

今日は
6月に、福岡の住宅のリビング内装でとてもきれいに仕上げていただいた案件をご紹介します!

杉ストランドボード (4).jpg


白基調の内装のなかに一面だけ、木質で仕上げられたカベ。

ここにエスウッド杉ストランドボードが使われています。

カベは白ベースの空間なので、ストランドボードのチップ柄がよりアクセントとして際立っていますね。

肌触りもよく、自然塗料で表面を保護いただきました。

杉ストランドボード (5).jpg

杉ストランドボード (2).jpg

通常、3×6サイズのストランドボードを大判のまま、貼って行くことが多いのですが、

タイル状にカットして使うことで、よりかっこよく、高級感あるみせかたができますね^^

お客様にも大変気にいっていただき、本当にうれしい限りです!!

本件の施工にあたり、福岡の鷹野材木店様、またお世話になった皆さま、誠にありがとうございました!(by account)


※(株)鷹野材木店様の情報はこちらです。↓
 
鷹野材木店さんとは、昨年のモクコレ2017(名古屋)でお知り合いになってからのお付き合いで、福岡の地でも国産ストランドボード仕上げの居心地のいい空間をお届けできればと思っています!

今後ともよろしくお願いいたします!


こんにちは。研究開発室です。!

6月19日付で、岐阜県に申請していました「東京オリ・パラ新製品開発支援」事業に採択いただきました。

本事業は、県産材の普及のための試作開発や販路拡大の支援となるもので、
研究開発室では、今年1年、既製品の改良と新たな開発に取り組む予定です。

主だった内容は、
新たにストランドボードの不燃認定を取得するという内容で、楽しみな分野の開発となります!

中大規模の建築や東京・大阪などの商業ビル、オフィスビルなどでも、使える幅が拡がればと思っています。

目標は31年春頃の製品化へ!
不燃認定の取得の目途がたちましたら、またご報告したいと思います。(develop)

皆さん、こんにちは^^

先月より、滋賀県多賀町産のヒノキが少しずつ納入されています!

KIMG3433.JPG

KIMG3580.JPG


写真は建築用(内装用)としてストランドボードに加工する間伐材の一部。

これから、建築用の追加分と家具分がちゃくちゃくと入ってきます!

多賀町産ヒノキストランドボードの生産がもうすぐはじまりますね。
地場産の小径木・間伐材を活用したオンリーワン素材に生まれ変わります!

どんな建築空間になるか、今からわくわく楽しみです^^


ストランドボード納入事例 店舗

  • 2018.05.30 Wednesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。

先日、リニューアルオープンしましたモレラ岐阜の大型ショッピングモール内のこととやさんで、エスウッドストランドボードを内装に使っていただいています。^^

KIMG3494.JPG

KIMG3495.JPG

ひさしぶりの岐阜県内の店舗での活用ですね。

チップの柄を強めに残したテクスチャーで、
しかも表面の色味は白っぽく、明るい仕上がり。

こととやさんは、いろいろなトレンドの食品やお菓子をあつかうお店で、
店舗も明るい雰囲気で入ってみると、どれも買いたくなりますね。

ちなみに、
先日行ったときは、豆乳ドーナツなるものを購入。おいしかったですねー^^

お近くにお寄りのさいにはぜひご覧ください。
お店の雰囲気も、お菓子も。^^


モレラ岐阜サイト↓



ストランドボード納入事例 店舗

  • 2018.05.16 Wednesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。

今日は、ストランドボード不燃タイプの納入事例をご紹介!

今年2月にオープンしました、オニツカタイガー銀座店におじゃましました。
おしゃれなメイドインジャパンの靴がずらり^^

ヒノキストランドボードは、
ジャパンブランドで靴を販売しているフロアーの内装に使用されており、
きれいなストランド調の柄が店舗内を明るく、商品も際立たせてくれています!^^

KIMG3030.JPG

なんといっても、
細かいチップで構成することで、やさしいチップ柄で内装を仕上げられるのが特徴です!

靴の展示には、
専用金具をビス止めしてもらい、陳列してもらっています。

KIMG3028.JPG

レジカウンターの正面と側板にも活用。裏手の収納の化粧にも使っていただいていました^^

KIMG3031.JPG


銀座にお越しの際にはぜひ。

東京都中央区銀座7-8-8 銀座サエグサビル 

JR新橋駅からか、地下鉄銀座駅から徒歩数分のところですね。

皆さん、こんにちは。
研究開発室です!

エスウッド杉ストランドボードを仕上げに活用した、新しいスツールが完成しました。

image (1).jpg

image.jpg

製作は、豊田市にあるヤマモト木工さん、デザインは同じくイマノグさんで、デザイン力×製作技術が結集された、おしゃれなスツールができましたね!
詳しくはこちら↓


見る角度からもいろいろな見せ方ができ、
シャープなデザインとなっています。

例えば、市庁舎や公民館などの待合スペースや福祉施設、幼稚園、保育園、オフィスなどさまざまな空間にあいそうな仕上がりです!

弊社のストランドボードの新しい使い方としても魅力的ですね!


お問い合わせはこちらまで
電話:058-379-3023 担当:長田(おさだ)

新年度を迎えて。

  • 2018.04.09 Monday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。

昨年度も皆さまからのご支援、ご協力をいただき、、そして弊社スタッフの懸命な仕事ぶりで、なんとか1年間を締めくくることができました^^

もうすでに新年度となりましたが、
岐阜地区でもあっという間に桜シーズンが終わり、この間、今年度の取り組みの計画も整理できはじめたところです。

とはいえ、これまでのエスウッドの活動をまずはしっかりと継続しつつ、ここが大前提として
新たな取り組みも少しずつ加えていきたいですね!

間伐材の活用、最近ではいろいろな都道府県から地域材活用の話もきています。

行き場のない間伐材、チップになっている間伐材、そうした材を少しでもプロダクトとして活用していければと思っています!!

しばらく、ブログが更新できていませんでしたが、
4月より、また逐次、情報をお伝えしていきます!

本年度もよろしくお願いいたします!!(CEO)

国産桧OSB不燃材料 新しい意匠への可能性

  • 2018.02.07 Wednesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。
研究開発室です^^

エスウッドのストランドボードに新たに不燃タイプを加える計画です!!

これまでのやわらかい、ソフトな表情とは一変。

少しチップが3次元的に見えるような・・・。そんな表面のテクスチャーの素材開発をしています。
あくまでエスウッドでは、チップ系素材にこだわって、いろいろな見せ方ができる不燃チップ系素材を検討しています!


都心部では、内装制限がかかる案件も多く、そんなときにいろいろ選べる木質素材!自然素材!
そんなイメージで開発を進めていますね^^!

今年、いくつか新たに取得する予定ですが、

そのうち、先日のウッドコレクションにも出した素材をご紹介します。

KIMG2835.JPG

杉のチップで化粧したり、いぐさで化粧したテクスチャーの不燃素材です。

ちなみに、上の写真のものは意匠権出願済みです^^

こちらはウッドコレクションの様子↓

KIMG2787.JPG

KIMG2774.JPG

余談ですが・・・
不燃国産桧OSBボードも皆さん関心が高かったのですが、
カラーバリエーションのサンプルやいぐさ、茶がらなどのボードにも皆さんご質問が多かったですね。

また、ご関心がありましたら、ぜひお問い合わせください。
メールでも電話でもいいですよー。(develop)

皆さん、こんにちは。

新建築2018 1月号に、エスウッドのストランドボードを活用いただきました、

京都外国語大学 新4号館が掲載されています!

KIMG2747.JPG


KIMG2745.JPG


KIMG2746.JPG

設計は、シーラカンスアンドアソシエイツ(CAt)さんで、

講義棟の3階から7階までの天井は、ストランドボード不燃タイプで仕上げられています。

ルーバーっぽく施工されており、

広い空間でも、狭い空間でも、目線のうえのほうにはやんわりと木質素材が視界に入り、

こてこてではなく、何となく気持ちの良い木質空間がつくられていますね。

1階の不燃木ルーバーもとても魅力的で、

ただ1階の木ルーバーとはまた違ったテクスチャーや仕上がりのエスウッドのチップボードがいいですね。

ストランドボードにご関心があるかたは、ぜひ下記までご連絡ください!

電話:058-379-3023
担当:長田


皆さん、こんにちは。

ここ数日は、さすがに岐阜の各務原でも厳しい寒さ、、、そして雪もちらちら降っています。。。

寒いなかですが、

今月は、ここ3年連続、出展させていただいているウッドコレクション2018(モクコレ)に出展します!

IMG_20180113_0003.jpg

場所 : 東京ビッグサイト 東7・8ホール

日時 : 1月30日 10時~17時、 31日 10時~16時半

エスウッドのブースは、岐阜県ブースが集まった「O-02」です!


国産ストランドボードにくわえ、新たに取り組んできる試作品なども出展していきたいと思っています。

先日、日本クラフト展でも入選した作品なども出展予定ですね。

他の企業さんの製品や技術、セミナーなんかもありますので、みるとこもりだくさん、出会いももりだくさんだと思います^^


ご関心があるかた、ぜひぜひお越しください!!

日本クラフト展 入選しました。

  • 2018.01.05 Friday
  • posted by 開発
明けましておめでとうございます!
研究開発室です。

本年も、エスウッドならではのおもしろい素材開発をしていきますので、植物資源のボードづくりやオンリーワンのボードづくりなどなど、皆さまのご要望にお応えしていきたいですね。

何か相談したいこと、ご要望ありましたら、いつでもお声かけください!
研究開発室 tel:058-379-3023


ここで、
新年の挨拶とあわせて、今期取り組んできました素材が日本クラフト展で入選しましたので、ご報告します!!

日本クラフト展はこちら↓


29年度、岐阜県生活技術研究所さんと大阪市立大学さんと共同研究にて、素材開発を進めてきたチップ系新素材がみごと日本クラフト展で入選をいただきました!うれしい!!

エスウッドの純粋100%ヒノキチップをより明快にみせられる新素材で、カラーとの組み合わせによって、いろいろな場面で使える可能性がひろがりそうです!!

サンプルご希望のかたは無料配布中ですのでお声かけください。

ちなみに、
日本クラフト展は、明日より14日までの1週間、東京ミッドタウン・デザインハブで開催されており、会場でも現物もみることができますね。

入場無料です。^^

本年も皆さまのお力になれるよう、頑張っていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。(develop)

竹素材の活用 エコプロ展2017

  • 2017.12.16 Saturday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。
研究開発室です。

ご報告が遅くなりましたが、先週のエコプロ展2017では弊社の製作した竹ストランドボードを並べていただきました!


来場者も3日間で16万人と、昨年同様に、大盛りあがりでしたね^^

美濃加茂市さんのブースで、

デザインは、これまで美濃加茂でオリジナルの家具を製作している、WHOL HUTTEさん

昨年のブースでも感じましたが、とてもセンスのいいデザイナーさんだなぁ・・・と。僕がいうもなんですが。

KIMG2567.JPG

KIMG2580.JPG


竹ストランドボードで、

折り畳みのテーブルや

KIMG2576.JPG

収納容器を作ってくれました!

KIMG2574.JPG

んー、これからもありとあらゆる山の資源を、活用していける、そんなお手伝いができればなと思っています。^^

またご興味があるかたはお気軽にご連絡くださいねー。(develop)


皆さん、こんにちは。
研究開発室です。

今年も12月となり、今年度の開発の成果も少しずつ、見えてきているところです^^

今週は、1年間お世話になった美濃加茂市さんとともに、

12月7日~9日かけて開催される、エコプロ2017に出展協力しています。


環境をテーマに、たくさんの企業さんやイベント、セミナーが行われます!

弊社も、竹のボード化技術の開発を通じて、
里山整備であったり、地域内での資源循環を目標にお手伝いさせてもらっています。^^

今年度は、竹ストランドボードの製作や不燃認定の取得(手続き中)、カラーバリエーションの試作などにも取り組んできました。

そのあたりもできる限り、出展していきたいと思っていますね。

年末の慌ただしい時期ではありますが、
皆さん、ぜひ会場に足をお運びください!!(develop)




皆さん、こんにちは。

じわりじわりと、涼しくなってきましたが、

エスウッドでは、

先日のソーシャルタワーマーケット(名古屋市栄)、みなとモデル木材製品展示会(東京都港区)につづき、ポートメッセ名古屋で開催されるWoodコレクションに出展します!!

ただいま、頭で構想をねりながら、準備の作業をしています!

チラシはこちら↓

IMG_20171013_0004.jpg

IMG_20171013_0005.jpg


2年に1度行われる「日本木工機械展」(ウッドエコテック)のなかで、

子どもから大人まで学んで楽しめるウッドワンダーランド2017が開催されます!

そこの一部で、昨年に引き続き、「Woodコレクション」が行われる。。。そんな位置づけです。

ちょっとややこしいですね^^


木工体験や木のおもちゃなど、いろいろな楽しい催しもあるようです!

弊社も、ストランドボードならではの製品や開発中の製品紹介などなど。。
ちょっと変わったおもしろい木質素材を展示する予定です^^

ぜひ皆さん、お越しください。

あっ。
ちなみにですが、

場所 : ポートメッセ名古屋
日時 : 10月27日(金)~31日(月) 10時~17時

土日もやっていますので、ふらっと遊びに来てくださいね!

皆さん、こんにちは。

間近となりましたが、来週10月11日に行われる、

みなとモデル木材製品展示会に出展します!!

詳細はこちら↓

ブースは例年通り、いつもお世話になっているチーム東白川のブースにて。。。

たくさんの木材関連の会社さんが集まりますので、ぜひぜひお越しください。
JR浜松町駅の近くです。

場所 : 港区エコプラザ 1階
時間 : 11時~17時

講演・セミナーも13時~14時にかけてありますね。


エスウッドの製品も、
これまでのストランドボードに加え、いろいろ付加価値をつけた製品ラインナップを展示する予定です。
新しい不燃タイプやちょっと変わった塗装による新しいテクスチャー製品などなど。

またお越しのさいにはお声かけください!


夏山に。

  • 2017.08.19 Saturday
  • posted by 開発
こんにちは。

今年の夏は、6月、7月、8月と毎月、何かしらのかたちで山に行く機会をもらっています。

山といってもいろいろありますよね。
必ずしも本格的な森林管理や登山ではないのですが、楽しくいろいろ勉強させてもらっています。


7月は、郡上八幡の石徹白(いとしろ)へ。
山の状況をみたり、水力発電、用水路発電をみたり、冒険の森というレクリエーション施設をみたり。

郡上八幡にも自然をテーマにいいところがいっぱいです。

KIMG1380.JPG

KIMG1378.JPG

KIMG1392.JPG

KIMG1389.JPG


8月はお盆を使って、関市の板取へ。

源泉に近いこともあって、川の水が冷たく、朝晩も過ごしやすかったですね。
岐阜のまちからでも1時間くらいでいける気持ちのいいとこです。


KIMG1749.JPG

KIMG1744.JPG

来月はどこにいくかな・・・?

近代建築7月号に掲載されました。

  • 2017.08.07 Monday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは^^

エスウッドの国産ストランドボードを納入した、

池袋第三小学校と吾妻第二中学校が、近代建築7月号に掲載されました!

KIMG1644.JPG


KIMG1647.JPG


KIMG1645.JPG

学校建築の特集ということもあり、

長澤悟先生の監修のもと、たくさんの学校建築が紹介されています。

今の時代にあった学校づくりが全国津々浦々で進んでおり、

そこには、国産材や地域材の活用という事例も多くみられるようになり、

内装木質化のところでは、

おかげさまで、エスウッドの国産ストランドボードもよく使っていただけるようになりました。


次の一歩に向けて、

これからも皆さんのお役にたてる仕事をしていきたいですね!!


最後のほうにちらっとうちの公告も載せてもらいました^^

KIMG1648.JPG

お手元にあるかたはぜひお拝読いただけれると嬉しいですね!

静岡大学との共同研究

  • 2017.07.22 Saturday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。^^

今年から静岡大学と共同で研究をスタートさせました。
5年くらいやりとりが途絶えていたのですが、ちょっとしたことをきっかけに。今年からリスタート。

竹の活用をテーマに、ボードにかかわる細かいデータ取りを進ます!

いわゆる座学ではなく、
研究室でボードを実践的に製作したり、ボード物性を測定したり、ときには山に入って山の状況を学んだり。

美濃加茂市さんのご協力もいただきながら、
里山整備の面もふくめ、いろいろな視点から学生さんにも学んでもらえるテーマや取り組みにしていければと思っています。

学生さんにはうちの暑い研究室で、申し訳なかったのですが、
とにかくまじめに一生懸命、やっていただきました^^

次回は9月頃かなぁ。

僕自身も若い学生さんからパワーと刺激をもらいつつ。

また次回が楽しみです^^

竹の伐採地、美濃加茂の里山の見学↓
KIMG1298.JPG

うちで作っている竹ストランド↓
KIMG1274.JPG

学生さんと先生、暑いなか、お疲れさまでした><
KIMG1279.JPG

特殊機械を使ったデータ取り↓
KIMG1276.JPG

(develop)


皆さん、こんにちは。

エスウッドの製品開発案件が、日本経済新聞に取り上げられました。

日本経済新聞 掲載記事170615.jpg

「国産木材 用途に新顔」と題して、
名古屋木材さんと一緒の掲載です^^

間伐材を活用した、弊社の国産ストランドボード。
間伐材の新しい用途開発にはうってつけの"板材""であり、素材"です。

木材の技術の進展はもちろんのこと、
塗装やシート、テープ・・・、さまざまな技術を使って次の製品開発も行っていきたいですね。


記事のこと、製品のことでご関心があるかたがいらっしゃいましたら、ぜひぜひお気軽に問い合わせくださいね。

tel:058-379-3023
mail:info@s-wood.jp

富山市ガラス美術館を訪れて。

  • 2017.06.15 Thursday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。

こないだ、久しぶりに富山&石川に行ってきました。

興味があった富山市ガラス美術館にも立ち寄り^^

KIMG0991.JPG

何と言っても、新国立競技場の設計で知られている隈研吾さんが設計された、しかも木材がふんだんに使われているということで、楽しみに・・・。

中に入ると・・・早速飛び込んできますね!^^! 木のルーバーが!

KIMG0996.JPG

2階、3階とフロアにあがっても・・・

KIMG1000.JPG

KIMG1007.JPG

下のフロアから吹き抜け越しに上を眺めると、とても圧巻な仕上がりです^^
3階からは図書館にもなっていて、書架の化粧も集成材が使われていますね!地域材かな。。

KIMG1002.JPG


とっても、居心地のいい空間でした。
夕方遅めの時間で、あまり時間がなかったのがちょっと残念・・・

ちなみに
ルーバーは不燃木材のようで、木材業界のかたがたの技術開発の成果がこうした建築に活かされることはとっても嬉しいですね。

今後も建築探訪しますかね^^=3=3  (develop)


皆さん、こんにちは。
研究開発室です。^^

国産ストランドボードで、オリジナルマグネットを作ってみました!

ノベルティ!?雑貨!?そんな感じです!^^!

KIMG1126.JPG

間伐材を有効活用したストランドボードならではの商品展開で、ロゴさえかえれば、オンリーワンの製品となりますね。^^

今回、最初の製作でしたので、一番シンプルに仕上げてみましたが、

レーザーカットなので、丸にも四角にもできます!!
さらに薄くも、厚くも対応可能!!(ある程度の範囲もありますが。)

ノベルティや贈呈用としても、
実用的にも、
活用OK!

ご関心があるかたは、ぜひぜひお声かけください^^(develop)

電話:058-379-3023、mail:info@s-wood.jp


大学の訪問といろいろな模索...

  • 2017.05.26 Friday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。

5月の連休明けになりますが、愛知大学、豊橋技術科学大学、静岡大学と、3大学を1日でまわってきました!

久しぶりにお会いするかたばかりで、
先生方は、教授や副学長になられており、
とはいえ、変わることなく、気さくな感じで、いろいろと情報交換させてもらいました。^^


大学側と一緒に情報交換したり、何か取り組んだりするのは、とても有意義で、
教授クラスの先生方のもっているものはとても大きく、
また、自分たちの取り組みとかかわりのありそうな、他の先生もご紹介いただいだり。

いつもお世話になってばかりですね。


今後、いくつかの大学とも共同でいろいろやっていくつもりで、
その準備もかねた打ち合わせもばっちり!
今後がまた楽しみです!!(develop)

KIMG0931.JPG

KIMG0932.JPG

KIMG0935.JPG

KIMG0929.JPG


皆さん、こんにちは。
研究開発室です。

岐阜県関市のわかくさプラザで、今日と明日の2日間、「ビジネスプラス展2017」が開催されます!

関市さんや関商工会議所、関信用金庫さんが主催です。


bizipura2017chirashi.jpg

エスウッドも2年ぶりに出展しますので、ご興味があるかた、ぜひお越しください!

関市ということで、
木材関係というよりも、刃物であったり、食品であったり、あるいは機械加工関連の企業さんが多数参加されるようです。

それ以外にも多様な業種が集まるようなので、

個人的にも楽しみですねー。

エスウッドのブースは15番。
受付を済ませて、まっすぐいくと、ヒノキやスギ、いぐさ、竹といった素材を並べたブースがあります。

展示会だけでなく、
講演会や露店などもでるようですので、楽しめそうですね!
ご都合がつくかたはぜひぜひお立ちよりください^^(develop)


TSUTAYA長居駅前店 内装にて

  • 2017.05.08 Monday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。

4月にオープンしました、
TSUTAYA長居駅前店の内装にて、杉ストランドボードの不燃タイプが使われています。

住所:大阪市住吉区長居東4-7-8 岡安ビル2階

地下鉄の御堂筋線かJR阪和線の長居駅を下車、徒歩2~3分のところです!^^!


とても品のよい感じのいい意匠が、
本やDVDなどが置かれている空間をやわらかい印象の空間にしていますね。

木質の素材、中でもエスウッドの製品は、間伐材の活用を目的とした木質内装材。
明るく気持ちの良い空間づくりにぴったりです^0^

使われているのは、
エトランスの一番大きな壁面、
店舗内の柱部分、
目玉の書籍の什器類など・・・。

KIMG0841.JPG

大阪市内ということで、
おそらく内装制限もかかる部分。すべて不燃タイプが入っています。

ここ最近は、
店舗内装やオフィス空間、ホテルの内装での活用実績も増えており、
使い方によって、
カジュアルな感じにも、シックな感じにも仕上げられる素材です^^

ご関心があるかたはぜひ本を探しがてら、店舗内装も見てもらえればと思います!

そうそう、すぐ横の長居公園もとても居心地のよさそうな公園。
時間さえあれば・・・、ツタヤで本購入、からの、公園でのんびり過ごすのもいいですね!
皆さん、こんにちは。

3月に開催しました、木と建築を勉強する会 WASS東海の取り組みを新聞記事に掲載いただきました。

シンポジウムと参加者間によるディスカッション、そして2日目には高山駅舎の現地見学会ということでとても充実した中身でしたね。

久しぶりにエスウッドと僕の名前も新聞にのり笑

高山まで取材にきていただいた、
木材工業新聞さま、林経新聞社さま、本当にありがとうございました。

こうした機会を増やして、
WASS東海の取り組みを知ってもらうことも大事で、
さらに、
より多くの木材業界以外の異業種のかたにも木材の利用に興味をもってもらえれば・・・、
そんな願いでいます^^

東京などでお客さんと話していると、
岐阜県は山のイメージが強いという声もよく耳にします。

地元の山に目をむけてもらえるよう、関心をもってもらえるよう、
WASS東海の取り組みでも、
自分たちが普段作っている国産材ストランドボードでも、いろいろなかたちで伝えていければなと思っています!

木材工業新聞 掲載記事はこちら↓
木材工業新聞 掲載記事.jpg

林経新聞 掲載記事はこちら↓
林経新聞記事.JPG


WASS東海では、年に3~4回の勉強会やディスカッション、シンポなどを行っています。
ご興味があるかた、ぜひぜひお声かけください。

竹ストランドボードの試作開発

  • 2017.03.31 Friday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。
研究開発室です^^

今日は竹ストランドボードの開発話です^^

昨年度から開発している"竹のチップボード"。。。

いろいろ試行錯誤しながら、ストランドボードらしくなってきました。

なかなか竹の繊維はかたい!
筒状なので扱いづらい!
何に使えるの!?
・・・

何かといろいろと聞きますが、とにかく未利用材の開発ときけば、やるっきゃない!って感じで地元の企業さんや行政のかたがたとボードづくりを一緒にやらせてもらっています!!

その今年度の成果がこんなかたいで仕上がってきましたo^o^o

P1060844.JPG

どうしても竹の製品というと、ちょっとしたささくれなどで手にひっかかったりするところですが、

きれいに研磨することで滑らかな面ででてきました!

間伐材を使った桧ストランドボードに比べると、

少しチップが粗めのしあがりで、ところどころに表情にアクセントをつけています。


もちろんは竹の香りを残しつつ...。ここは譲らず笑


試しに、実験室の掲示ボードとして使おうかなと。簡易的にはってみました。
マグネットがきくようにボードを工夫してみました!

マグネットのつき具合もいい感じで、メモとかをはるにはもってこいですね!これ!

P1060864.JPG

つづいて、
面取り加工とかもきれいにいくかなあと・・・ためしに。

桧ストランドボードよりもチップが粗いのですが、なかなかきれいな仕上がりにv^o^v

おしゃれなタイルみたいな感じかなと。↓

P1060851.JPG


いろいろ用途は拡がる感じがしますね。

まだ製法の一部で課題は残されていますが、これからが楽しみです^^

あっ、ちなみにですが。

竹は使う用途に困っている反面、木よりも育つの速く、一番の循環資源です。
耕作放棄地にまいたり、用途はいくつかあるようですが、建材として使えるようなったらいいなと。

そして、何より、地元の里山整備などで伐採された竹をこうしたかたちにするこで、
地元のかたが見たり、触れたりする箇所で、使える用途もひろがるのかなと感じています。

アイデアだしはこれからですが、
今後への期待とそして楽しみながら・・・。地元で何かしらの役割を担える仕事をしていければと思っています!

明日からはまた新しい年度。
気持ちもきりかえて、頑張るぞー!(develop)

感性工学会 春季大会のご案内

  • 2017.03.22 Wednesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。
研究開発室です。^^

感性工学という、木材の業界ではあまり聞きなれないワード。。

なんとなくですが、

人の感じ方、感性の部分にかかわる学問なのかなぁというところまでは想像もつくんですが。

3月29日と30日に、

JR大阪駅北側の上田安子服飾専門学校にて、「感性工学会春季大会」の研究発表会があります!
今日はそのご案内を。

詳しくはこちらウエブをご覧ください↓


エスウッドのストランドボードを活用した研究テーマで、

「木質材料を用いた壁面材の塗色に関する印象評価」と題して、

岐阜県生活技術研究所さんより、発表をいただくことになりました。

昨年はほぼほぼこの研究を研究所の皆さんと一緒にやり、とてもおもしろい成果も得られましたね。

詳しく聞きたいかたはぜひぜひ会場へ!!

行けない方は僕のほうにでもご連絡をw^^w(電話:058-379-3023、メール:osada@s-wood.jp)


ひとつの同じ空間でも

内装の材料ひとつ違うだけでいろいろな見え方、感じ方として、利用者に伝わっていきます。

施設や空間の用途によっても

利用者がどんな印象をうける空間にしていきたいかは変わってくると思います。


自分達ができる製品や素材は限られますが、

利用者の皆さんが、居心地がいいなぁ、気持ちいいなぁ、と感じてもらえる空間づくりに役に立ちたいですね^^


当日、拝聴されるかたも事前登録が必要のようですので、気をつけて下さいね。。。
(develop)
皆さん、こんにちは。
今日は僕が世話人をやっている、WASS東海のご報告です。^^

先日のシンポの舞台は、飛騨高山。

高山駅舎の木質化をテーマにシンポを行いました。

KIMG0618.JPG

講師には、
設計をされた内藤廣建築事務所さん、
木材供給をとりまとめた高山木材製材組合さん
そして、管轄の高山市さん。

とてもおもしろいやりとりを聞くことができました。

そんなことがあったの?
そんな状況だったの?
・・・などなど、

関わっていても、初めてそれ聞いた、、、と講師のかたでもそんなやりとりがあり、ある意味、おもしろかったですね。

内藤廣設計事務所さんからは、

設計するときの木材の使い方、
木材利用を促進する4つのポイント、
そして、2日目の見学会では、ラチ内の空間や自由通路の内装のこだわった部分を見ながら間近で聞くことができ、とても勉強になりました。

シンポも新しい発見やなるほどと思うことがたくさんあったのですが、

やはり、現地を見ながら案内いただけたのは、とても良かったなぁと思っています。

自由通路↓
KIMG0629.JPG

KIMG0631.JPG

ラチ内↓
KIMG0636.JPG

KIMG0634.JPG


ほとんどの内装は、ヒノキの無節材で統一されており、

木材組合さんの短納期でこれだけのものを集めた技量には現場をみればみるどほど驚きです。

8社が共同で連携して集めた...と言われていましたが、連携して初めて成功した案件だなぁと感じました。


完成したものをみると、ほんとに居心地のよい空間で、
地元のかたにとっても、観光で来られるかたにとっても、すばらしい高山の窓口です。何度見ても。

ただ、

ひとつの建築を建てるにも、たくさんのかたの関わりや苦労があってできることを改めて感じた会でした。
それは木材にかかわる者だけでなく、関係者すべてのかたです。

それを思うと、またあの駅舎への思い、見方も変わりましたね。


来年度もまた東海エリアで何かしらのしかけを作っていければと思っています。
ご興味があるかた、ぜひぜひお声かけください!

皆さん、こんにちは。

先日、岐阜県高山市で家具づくりを行っている飛騨産業さんに、大阪市立大学の先生と一緒に行ってきました。

2月の高山は雪と寒さのイメージしかありませんが、
この日は雪も寒さもなく、過ごしやすい1日でしたね。ありがたいです。。。


飛騨産業さんのショールームには、
職人さんの技術がつまった椅子やテーブル、箱物家具が勢ぞろい。
飛騨産業さんの歴史や技術を拝見することができました。

ショールームでは
いろいろなコンセプトでデザインされた家具が並んでいます。

自社のデザイナーさんもたくさんいて、加えて
イタリアの著名なデザイナー、エンツォマーリ氏などによるデザイン家具も有名です。


ありがたいことに
エスウッドの桧ストランドボードを使った陳列棚、什器類も使われていますね。

クリアはもちろん、ダーク系に着色された什器はとてもいい感じです^^

商品の陳列什器としては、明るい雰囲気にも、シックな上品な感じにもできるので、改めていい素材であることを確認したとこ。

もちろん、陳列する商品の良さをうまくひきたたせる素材であることは、これまでの実績からも言えますね。

そして、ここでは飛騨産業さんの家具が何よりすばらしい!それを感じることができる空間です^^

KIMG0495.JPG

KIMG0506.JPG

KIMG0500.JPG

KIMG0499.JPG


ぜひ、高山にお越しの際には、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

パーティションを設置しました。

  • 2017.02.16 Thursday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。

本年度、岐阜県より、岐阜県産材を活用した製品開発で一部補助をいただき、杉ストランドボード製パーティションを試作しました。

先日、早速ですが、事務所に設置してみたところ、

いい感じにオフィスの空間を区切ることができ、個人的に大満足な出来栄えでした^^

P1060755.JPG

P1060750.JPG

壁面に羽目板を使っていますので、
パーティションにさらに木目調をもってくるのではなく、

杉ストランドボードで木らしさをだしつつ、
木目調とストランド(チップ)調のバランスのとれた空間になりました!


今回のパーティションは、

標準タイプと不燃タイプがそれぞれ表層にきていますが、

例えば、マグネットタイプやソフトタイプの製品をつかうことで、掲示が可能なパーティションにすることも可能です。

オフィスの間仕切りだけでなく、
図書館や公民館、医療施設、福祉施設などにも、
デザイン的にも機能的にも使えるように思いますね。^^

今回は試作ということでしたが、ご関心があるかたはお気軽に問い合わせください!
電話:058-379-3023(担当:長田)
mail:info@s-wood.jp

あたたかみある自然素材の掲示板

  • 2017.02.10 Friday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは!
研究開発室です。

僕の知り合いの日学さんに、桧ストランドボードやいぐさボードを活用した掲示板を作っていただきました。

先日、お伺いする機会があり、早速拝見!

玄関を入るとすぐに目に入ってくる場所に設置されていて、とてもいい仕上がりです。

KIMG0483.JPG


桧ストランドボードのやわらかく、あたたかみある仕上げと、

機能面も

マグネットがきくもの、画鋲がさせるものとあります。
掲示が多い小中学校や地域のコミュニティセンター、病院、福祉施設、オフィス・・・住宅でも使えるような感じです。

さらにいぐさボードでも掲示板として活用していただきました!これもおもしろい!


サイズはベースとなるものはありますが、お客様のオーダーにあわせて製作することも可能^^
ここがいいですよね。

ご興味があるかたはぜひご連絡ください^^
tel:058-379-3023(担当:長田)(develop)
皆さん、こんにちは。

東京都港区が制定しました、「みなとモデル二酸化炭素固定認証制度」を活用させていただき、ストランドボードの納入準備がスタートしました!!


先日、岐阜県東白川村の山共さんより、早速、丸太が納入v^^v
すべてヒノキの小径木です。

P1060710.JPG

P1060713.JPG

みなとモデルは、協定自治体、登録事業者間で材供給と加工を一貫して行うシステム。

港区内の建物で活用されることで、二酸化炭素がそこに固定されるというしくみです^^


エスウッドも登録事業者のひとつですが、

普段扱っている原木とはしっかり分別して管理しています。
みなとモデルにかかわる案件や岐阜県産材以外の原木を扱う場合は、こうして別の場所で管理します。


2月に入り、そろそろ、東白川村産の桧ストランドボードができはじめます^^

いつもと違うちょっと新鮮な気分o^^♪o

これからも全国の他県産材を扱って、特色ある製品づくりをしていきたいと思いますね。
(develop)

Woodコレクション2017in 東京 出展します。

  • 2017.01.17 Tuesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。

年明け早々の展示会に向けて、少しどたばたしている今日この頃です。^^

今週、東京にて展示会に出展しますので、ご案内しますね。

Woodコレクション2017(略称:モクコレ2017)

日時 
平成29年1月19日(木) 10時~17時
       20日(金) 10時~16時

場所
プリズムホール (東京ドームの敷地内です!)
JR水道橋駅から徒歩5分かからないかなと思います。

IMG_20170117_0003.jpg

防耐火のお話や木育のお話しなども聞けるセミナーもありますね!↓

IMG_20170117_0004.jpg

昨年は、東京都、岐阜県、長野県の連携で実施しましたが、
今年は規模を拡大!
全国130の木材関連企業が集まっての展示会となりました。


詳細はこちら↓
専用ページ http://www.mokucolle.jp/
東京都ページ http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2016/11/21/07.html

また、ご関心があるかたは、ぜひぜひお越しください!

ちなみに、エスウッドブースは、
会場の東出入り口入ってすぐの岐阜県エリアの1角にあります^^

当日、雪にならないことを願いつつ・・・

お待ちしております!!(develop)

居心地のよい公園とカフェ in各務原

  • 2017.01.13 Friday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。

正月休み。
各務原の市民公園に行ってきました。^^

さすがに正月明けはひとも少なく、
昼間はあたたかい日差しもあり、のんびり過ごせましたね。


ふと、公園敷地内のカフェに目をやると、

桧ストランドボードが内装に使われた「かかみがはらスタンド」さんのお店が。

http://sakadachibooks.com/?p=13543

いちょう並木のすぐ横に昨年11月にオープンしたばかりの新しいお店です^^


残念ながら、
正月は営業されていませんでしたが、次回、一度入ってみたいな。

広々としてゆったりとした公園と一杯のコーヒーで
休日のひとときを満喫できそうです^^

kakamigahara stand-1.JPG

kakamigahara stand-5.JPG

(develop)

エスウッド 新年も気持ち良くスタート

  • 2017.01.05 Thursday
  • posted by 開発
皆さん、明けましておめでとうございます^^

昨年8月に代表が変わり、初めての新年を無事迎えることができました。
エスウッドも平成11年12月の創設以来、18年目をスタートしました。

今年もたくさんの方のご支援やご助言をいただきながら、自分たちもお役に立てる範囲で楽しく前向きな取り組みをやっていければと思っています!


今年は、新製品開発として、

①新たな木質チップ系不燃材料の大臣認定の取得、

②茶がらや未利用竹などを活用したボード開発のさらなるステップアップ(できれば製品化を!)、

③そして、いぐさボードなどの不燃化にも着手できれば!

・・・

その他いろいろと、未利用材の用途開発やおもしろいボード開発にもご協力していきたいですね。


林業にたずさわる方、

木材加工にたずさわる方、

設計にたずさわる方、

デザインにたずさわる方、

大学の先生、

研究所の皆さん、

関係する国、県、市町村の皆さん、

そして、エスウッドのストランドボードを使っていただいている皆さま、


への感謝の気持ちを心にとどめ、

1年間頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。

皆さん、こんにちは。
研究開発室です^^

岐阜県山林協会さんが編集、発行している月刊誌「森林(もり)のたより12月号」に、ストランドボードの家具開発の記事が掲載されています。

IMG_20161226_0001.jpg

岐阜県山林協会さん(こちら→http://www.g-forestry.or.jp)や岐阜県のサイト(こちら→http://www.pref.gifu.lg.jp/sangyo/shinrin/horei/11511/index_10755.html)でも紹介されています!


昨年度は、1年間かけて、飛彈高山の飛騨産業さん、岐阜県生活技術研究所さんと共同で家具開発を実施できました。
テーブルや椅子を試作し、部材の接合部試験や木ねじ保持力の検証、塗色の官能試験など、自分達だけではなかなかできない機会をつくることができましたね^^

IMG_20161226_0002.jpg


エスウッドでは、
他ではやられていないような、ユニークなボードづくりをしていますが、(自分で言うのも何ですが笑)

ボードの2次加工、3次加工となると、たくさんの方々のご支援なしでできないですね。いろいろな方とのつながりで喜んでいただける製品づくりをしていければと思っています。

専門のところは自分達の手でしっかりと!。。
専門外のところは皆さんのお力をかりながら・・・。

これを基本にしたいですね^^


国産材ストランドボード、そして未利用植物資源を活用したボードの普及を目指して!

今年も残りわずか!頑張りますよー(develop)

久しぶりに静岡大学を訪問しました。

  • 2016.12.17 Saturday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

昨日は、久しぶりに静岡大学を訪問しました。。。
静岡大学はこちらを→http://www.shizuoka.ac.jp/

ほんと、ご無沙汰だったのですが、
エスウッドのヒノキストランドを使った研究もやっていただきながら、なかなか行けなくて・・・。
先生とも久しぶりの再会で、近況報告や今後の研究テーマについて議論できました。

僕がエスウッド入り立てのころからのお付き合いで、
当時は一緒にボードのプレス技術開発の研究などもやっていました。


と。。。。

びっくりしたのは、農学部の校舎が新しくなっていたこと!
事前に先生からはちらっと伺ってはいましたが・・・。

写真がとれなかったので、お見せできなくて残念ですが、、

国立大の校舎としては、新築仕立てのとても新鮮な雰囲気の校舎でした。


部分的に、木材の内装仕上げがされていて、
一部の講義室やオープンスペースの天井や階段室では、木が使われています。

んー、よくみると、天井はOSBか・・・!?

化粧材として多少のうるささがあるような気もしますが、見て木を感じる点ではいいかなと思います!!

先生も言われていましたが、
もっと木をふんだんに!そんな気持ちもあったようです。(農学部ですから笑)


研究のほうはというと、竹の活用を焦点において話を進めています。
どう活用するかはこうご期待!ということで。
お互いのノウハウや技術をもちあって、いい研究ができればなと思っています。


最後は、先生や研究室の学生さんと、学食にてご飯。
たくさんの若い学生さんがいて、活気があります。
研究室みんなで食べるところがまたいいな・・・と思った、リフレッシュできた1日でしたね。
(develop)
皆さん、こんにちは。
研究開発室です。^^

先日、ポートメッセ名古屋で開催された、「Woodコレクション2016」の出展報告です!

EPSON017.JPG

弊社のブースでも
今年度開発中の製品紹介や人気の製品を出展しました!

P1060637.JPG

杉の華不燃製品やストランドボード製フロアタイル、展示テーブルもストランドボード・・・と、

壁も床も、、、ストランドボードづくしのブースとなりました。^^

今回、ストランドボードを面材としたパーティションを初めて出展。

マグネットがきくタイプや不燃タイプの面材を活用し、機能性とともにいい感じにブースの空間を演出してくれています。
また、サイズも今回は1800mmサイズでしたが、ローパーティション(1500mm程度)でも対応可。

アルミのスペーサーのバーがいいアクセントにもなっています!


名古屋開催ということで、

昨年オープンした、みんな森 ぎふメディアコスモスに行かれた方も多く、実際に素材の使っているところを見られたかたも多かったのが印象的でした。

また、2日目午後には、少しお時間をいただき、セミナー会場でもプレゼンをさせていただきました。

たくさんの方が集まってくれて、
しかもプレゼン終了後にはブースのほうも大盛況で、製品の良さや特長を伝えることができた展示会でした。


初めての開催となった、愛知、岐阜、長野の3県連携の展示会でしたが、
木曽川流域圏という枠組みで、新たなつながり、新たな製品紹介もできましたね。

川上から川下を繋ぐ活動の必要性を感じるとともに、
現在、弊社が事務局をやっている木材の活用に係る研究会「WASS(呼称:わす)」の取り組みもまた継続してやっていきたいと感じています。
※WASSについて、ご関心のあるかたはこちらまでご連絡を(メール:osada@s-wood.jp)


また、ご案内をしますが、

1月には、東京にて同じく「Woodコレクション2017」が開催されます。

場所は、東京ドームのとなり、東京ドームシティ プリズムホール です。
日程:1月19日 10時~17時
    20日 10時~16時

全国13都県、130の木材業者が集まりますので、規模も大きなイベントになりそうです!
こちらも参加しますので、ご都合のつく方はぜひぜひ足を運んでもらえる嬉しいですね。!(develop)

皆さん、こんにちは。研究開発室です。^^

今日は、今現在、開催中のエコプロ2016のご案内です!

P1060669.JPG

昨日からやっているエコプロ2016。。。明日、土曜日までやっています。東京ビッグサイトですね!!

環境にやさしい製品、エコロジカルな製品、・・・。見どころ満載です。

今回、エスウッドでは、出していないのですが、
前から一緒にアベマキや竹製品の開発をやらせていただいている、

岐阜県美濃加茂市さんが出展!!ということで、お手伝いに行ってきました。!^^!
ブースにいると、知っている方もたくさん来場されていて、
関心の高さに驚いています。


昨年は、

美濃加茂市さん、森林文化アカデミーさん、可茂森林組合さんが、ウッドデザイン賞の林野庁長官賞を受賞したばかり。

その後も、1歩ずつ確実に前進している活動がブースでは見られます。^^

ぜひぜひ、皆さんお立ちよりください。ブース番号は、東1号館、F-14です。

地元のデザイナーさんのデザインでとってもいい感じのブースです。^^

アベマキのテーブルや椅子も見ることができます。
すごくいい風合いをだしていますね。

P1060664.JPG

木琴やボールペンです↓いいアイデア!!

P1060663.JPG

お皿や炭の活用もありですね^^

P1060661.JPG

本物かぁ!?と思ってしまう名物蜂屋柿も↓
ほんとよくできています^^ 持って帰っても、、、食べれません>0<

P1060665.JPG

展示会は明日まで!
ぜひぜひ、皆さん行ってみてください!^^(develop)

皆さん、こんにちは。
研究開発室です。

最近、急に寒くなり・・・、今週、高山市にいったときには、ちょうど寒気襲来とがちあい・・・

寒かったですねー>0<
雪もちらつき、これに合せて、初めて11月にスタッドレスにはきかえました!


寒くても、いや寒い時こそ、エスウッドの活動は熱く、活発にやっていきます!!

11月29日(火)、30日(水)に、ポートメッセ名古屋にて、
「Woodコレクション in 名古屋」が開催されます。

愛知、岐阜、長野の3県連携、しかも木材関連の初めてとなる大きなイベントです^^

3県のおよそ60社の木材に係る方々が勢ぞろい!

エスウッドも微力ながら・・・出展しますので、ぜひお越しください。

今回は、新製品で開発中の華シリーズ(杉の華)に加え、フロアパネルや塗装サンプルも出展予定です。

こちらチラシ↓

EPSON017.JPG

EPSON018.JPG

エスウッドのブースは、
入口入って、真ん中あたり。
中央通路の一番いいところ!!^^ありがたい!!

日時:
29日(火) 9時~17時
30日(水) 9時~16時

場所:
ポートメッセ名古屋 第3展示会場
名古屋市港区金城ふ頭2丁目2番地
詳しくはこちら↓

(develop)
皆さん、こんにちは!
研究開発室です。

先日、いぐさボードを台湾へ輸出しました。
過去にも中国やスリランカなど、輸出の実績はありましたが、日本らしさをPRするにはもってこいのいぐさボード。
ぜひ、海外のかたにもこんな和テイストな商品があることを知ってもらいたいですね^^

いぐさの香り、青々した素材感、そして使っていくことで自然素材ならでは空間に馴染む色となっていくのを楽しむことができます。^^
プラスαで消臭性や調湿性、断熱性などの効果も^^

仕上がりはこんな感じ↓

P1060493.JPG

すべてを機械生産ではなく、半分は手作りで作っています。
特に意匠を決める大事なところは、人の手が重要です。

今回のいぐさは、熊本県八代産で少量とはいえ、震災のあった熊本産いぐさを活用できているのは嬉しいことです^^

また、下地には地元岐阜県産杉のストランドボードを使用。

すごくいい製品に仕上がったと思います。


今年は、例年になく、
いぐさボードのちょこっと流行がきているか・・・、そう感じるくらい作っていますね^^

ちょっとどんなものか、見てみたい、どんな特徴があるのか聞いてみたい、そんなかたはぜひご連絡ください。サンプルもお送りしますよ!^^!
電話:058-379-3023 メール:info@s-wood.jp
(develop)

皆さん、こんにちは、研究開発室です。

今日は東京都の公設試、東京都立産業技術研究センターさんにご支援いただいている開発案件について、中間報告したいと思います。
ウエブはこちら→ https://www.iri-tokyo.jp/

僕らエスウッドとの繋がりは、かれこれ10年くらい前からのお付き合いになりますね。

パンク防止やホルムアルデヒド吸着などのボードのプレス技術開発もやりましたし、試作したボードの特性を検証する際には、消臭性や抗菌性、かび抵抗性の評価など、たくさんのご支援をいただいています。

何より、専門のかたばかりなので、アドバイスも的確ですし、わからないことだらけの僕らにとって、とても心強いですね!!


昨年の取り組みになりますが、
竹チップを活用した消臭性試験や抗菌性試験、かび抵抗性試験を実施してもらいました。

岐阜県美濃加茂市さん、可茂森林組合さんの方々と共同で取り組んでいる開発案件で、地方創生プロジェクトとして、地元の里山整備で伐採される竹を主な原料として開発に取り組んでいます!

竹もしっかり管理されていないと、成長がとても速いため、
森林がいつの間にか、竹林に。。。そんな話も耳にしますね。


竹の良さは、繊維がかたいことや成長が速いこと。循環資源にするにはもってこいだと思っています。

そんな竹も昔に比べると、、、んっ、どこで使われているのかな・・・
深く考えないと思い浮かばないくらい、用途が限られていますね。んー、もったいない。

そこで、エスウッドが提案したいのが、
ボード化による新しい用途開発。

竹チップでボードをつくり、
消臭性や抗菌性の特性を検証して、
何に使えるか、どんな使い方ができるか・・・、模索中です。


東京都立産業技術研究センターさんの10月の開発事例紹介で、竹チップボードの消臭性が紹介されています!
アンモニアや酢酸、イソ吉草酸の臭気で、いずれも高い効果が得られました。

ご興味があるかた、詳しい情報が知りたいかたがぜひご連絡を!
(電話:058-379-3023、メール:osada@s-wood.jp 担当:長田)

IMG_20161011_0002.jpg

竹の再生に向けた用途開発は今も着々と進行中です。
随時、中間方向をしていきますね。もうしばらく、製品化にはお待ちを!(develop)

今年も近づいてきました、みなとモデルの木材製品展示会。

二酸化炭素固定制度により、東京都港区では、国産材の活用を推進しています。
エスウッドも登録事業者となり、建物の内装などに貢献していきたいと思っていますね。


日時 : 平成28年10月20日(木) 11:00~17:00
場所 : 港区立エコプラザ ※浜松町駅より徒歩5分くらいです!

フライヤーはこんな感じです↓
IMG_20161011_0001.jpg

毎年、チーム東白川で出展させてもらっています!
東白川ののぼりが目印!!
まだまだ、ストランドボードの実績はないのですが、今後、納入案件もあり、これからが楽しみです^^

展示会は木製品がならび、とても雰囲気のいい会場です。
全国のさまざまな木材普及の取り組みや製品開発など、情報交換の場としてもとてもいいですね。

エスウッドも国産材をつかった試作中のものや新製品も展示したいと思いますので、ぜひぜひ皆さんお立ち寄りください^^
(develop)

廃棄物資源循環学会 研究発表

  • 2016.10.04 Tuesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。
研究開発室です!

先月27日~29日に、和歌山大学にて、廃棄物資源循環学会が催されました。
ウエブはこちら→ http://jsmcwm.or.jp/taikai2016/

廃棄物と言っても、いろいろありますよね。

食品はもちろん、プラスチックや木材、コンクリート、材料系のものは当てはまると思います。

それをいかに循環資源として扱うか。そこが大事かなと思います。
弊社も間伐材という資源をカスケード利用したり、使われていないいぐさや竹、もみがら、葦等の試作開発を実施しています^^


今年は、大阪市立大学の木内先生を一緒に研究を行ってきた、茶がらの活用についての報告をさせていただきました。

茶がらは飲料メーカーさんによると、日々とても多く排出されるとのこと。
もちろん、家畜用に使ったりすることもできますが、改めてプロダクトとしての可能性を見出すことをものづくりに携わっている自分たちとしては目指したいところです。

お茶に含まれているカテキンやポリフェノール、クロロフィル等の有用成分がボードにしたときに、どう変化し、効果として発現するのか、そこが研究テーマでもあります。

ここまでの研究で、茶がら配合ボードの抗菌性や消臭性は確認され、今後、どんな用途で使えるか、そこが大きなテーマとなりそうです。ご関心があるかたはぜひお声かけてください^^


同じセッションでは、木質系素材の有効活用や食品関係の有効活用の研究発表も多く、とても勉強になりましたね。
青森ヒバの研究やショウガの研究、抗菌性の研究など、興味深いものばかりで^^頭のすみに残しておきます^^(develop)

CIMG6885.JPG

CIMG6883.JPG

CIMG6881.JPG

CIMG6878.JPG


木材学会 木材接着研究会 講演

  • 2016.09.16 Friday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。^^

先日、木材学会の木材接着研究会にて、講演をさせていただきました。

会場が、みんなの森ぎふメディアコスモスということもあり、大学や研究所の先生方に加え、施設にかかわった方々による木材利用、木材接着をテーマにしたものということで^^


施工を行った戸田建設さんや構造設計をされたARUPさんのお話はとても興味深く、おもしろいお話しでした。
それと、セメダインさんがこの施設用に開発した現場用のウレタン系樹脂のお話もとてもおもしろかったですね。

今では、市民のかたがたが気持ち良く活用できていて、一方で裏話を聞けば聞くほど、大変な作業と苦労が積み重なってできていることを実感できます。
設計にしても、施工にしても・・・


弊社の桧ストランドボードもたくさん使っていただき、

準不燃タイプということで、特注に近い製品ということもあり、
ひと手間・・・、いやふた手間以上ですかね、工程が増えたり、安定供給するのに気を付けながら無事に納入できました。^^

そこには、伊藤豊雄さんの事務所や藤江和子さんのアトリエさんの協力なしではたどりつけなかったと思いますし、ボード加工、家具、什器への2次加工に関わった方々の力も欠かせないものでしたね。


さて、、、

講演の話しに戻りますが、(ようやく・・・笑)

今回の講演のきっかけは、以前から開発をご一緒いただいていた、森林総研さんよりお声いただいたものでした。(とってもありがたいです!)

CIMG6856.JPG

CIMG6860.JPG


木材の接着を専門に研究されている皆さんのお話は、とてもとても・・・深く、接着の奥の深さと接着メカニズムのまだまだわからない部分が多いことを感じましたね。質疑やディスカッションもとても勉強になるとともに、刺激ももらいました!

わからない部分があるというとマイナスに聞こえますが、
逆に言えば、まだまだ研究の余地、進展の余地があるということで。

それは、ストランドボードはじめ、木質系ボードがより発展する可能性もあるのかなと、

勝手に解釈もしてました笑


平成14年に、前社長の角田さんが取り組んだ「国産ストランドボードの製造技術と性能評価」。

接着剤の難燃化や最適なストランドボード製造の技術開発をひたすら模索した開発経緯などもプレゼンでは話させてもらいました。当時作った報告書↓

CIMG6859.JPG

社会にでれば、いろいろな開発課題があるかと思いますが、

エスウッドは、あくまで、国産材ストランドボードという切り口から、

新たな開発、新たな発見、そして使う皆さんが気持ち良く思ってもらえるものを目指して前進したいと思っています!(develop)


皆さん、こんにちは。^^
研究開発室です。

建築雑誌「近代建築8月号」に、エスウッドのストランドボードを納めた学校がたくさん掲載されています!

特集 学校建築
インクルーシブ・スクール ~誰にもやさしい学校づくり~

CIMG6836.JPG

監修は、長澤悟先生(東洋大学名誉教授/教育環境研究所 所長)です。^^

-東海村立中丸小学校-

CIMG6837.JPG


-宇都宮市立一条中学校-

CIMG6838.JPG


-川口市立子母口小学校-

CIMG6841.JPG


-近江八幡市立桐原小学校-

CIMG6842.JPG


いずれも、普通教室や図書室、理科室、音楽室などの特別教室などの内装仕上げです。

子どもたちの一番目にみえるところ、手に触れられるところで、

国産材ストランドボードを使っていただき、関係者皆さまに感謝感謝です^^

居心地のよい学習環境づくりに少しでも貢献できれていれば、嬉しいですね。


ロットごとにもちろん、
厳密にいえば、1本1本、含水率やかたさ、色味が違うのが木材です。

それをできる限り品質を安定させ、均質な内装用ボードとして作っているのがエスウッドです^^


今後とも皆さんのお力、ご協力をいただきながら、
エスウッド技術が活かしていただける場をつくっていきたいと思っています。(develop)

皆さん、こんにちは。
研究開発室です。^^

先日、A-WASSにて、講演会が開催されました。
※A-WASSとは・・・はこちら↓

今回は、伊東豊雄建築設計事務所の庵原さんをお招きし、
"みんなの森ぎふメディアコスモス"を題材に、ご講演をいただきました。

テーマ「省エネルギーでやわらかい木造空間をつくる」

CIMG6796.JPG


昨年12月にも、岐阜にお越しいただき、WASS東海にひきつづきの講演となりました。

話しの骨格は同じでも、
おさえるべきポイントが明確で、
施設のコンセプトや省エネ技術、木の使い方など、改めてしっかり学ぶ機会となりましたね。^^

CIMG6819.JPG

特に、建築という面では、
2階に上がると目に入ってくる、天井の波打ったインパクトのある構造は、とても記憶に残るもので、
僕の知人や設計関係のかたの話をきいていても関心があることを実感として感じています。

機会があれば、ぜひぜひご覧に来てください。^^

そして、
エスウッドのストランドボードもちらほら、話題にあげてもらいました!^^!

家具、什器類の素材のひとつではありますが、
来館者の幼児、子供から中高生、大人のかたまで、多くのかたが触れる場所で使われいます。


読書をしたり、勉強したりする環境にはもってこいのやさしいテクスチャーと色味が、
家具や什器に活かされていますね。


懇親会もとても盛り上がり、またまた参加したい!と思える会です。

東海エリアでも活動していますので、ご関心があるかたはお声かけてください!
(develop)

お盆明けの仕事はじめ

  • 2016.08.16 Tuesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

エスウッドは、今日から工場のスタートです。

とはいえ、まだまだお盆のお休みのところも多く、岐阜木材団地内も静けさが残っています。。。


暑さが続く中、
工場では、180度近い熱プレスが稼働し、暑さ倍増です・・・。
毎年のことではありますが、工場で働く社員のかたがたには感謝感謝です^^

今の時期、
工場では、スギの間伐材を使い、ストランドボードを作っています。

スギのチップがいたるところにあるので、
スギの香りが漂いますね^^ある意味、リフレッシュか・・・笑


僕の実験室のほうは、
コーヒーのボード試作に慢心中。。。
香りは喫茶店ですね、まさに笑

コーヒーの香りが1日中、放散されています笑

来週はコーヒー表皮を活用した共同研究で学生さんも来ますので、若い子からいろいろ刺激をもらいながら、ひとつでも多くのことを学んで帰ってもらいたいですね。
(develop)


皆さん、こんにちは。
研究開発室です!

ここ数日の暑さはすさまじい!^^
そんな中、先週末は2日間、大阪市立大学のオープンキャンパスにて、ヒノキストランドボードの色彩にかかわるアンケート調査を実施してきました!!

CIMG6769.JPG

2日間で、何百人、いや1000人は来てそうな勢いで、
高校生や親御さんがぎっしり来てました。

行きの電車はぱんぱんで...
大阪市大のオープンキャンパスの人気ぶりを実感してました^^

準備したアンケート用紙が足りなるほど、たくさんの被験者に回答いただき、楽しみな結果がでそうです。。

ありがたいですね。。。。。

CIMG6772.JPG

今回は、

大阪市立大学の木内先生と岐阜県生活技術研究所の長谷川さん、山口さんにたくさんご協力いただきました。

いや、いつもいつもご支援いただいているのですが。

今回は特に、準備期間が少ない中、中身のある調査ができました^^


高校生とも直接いろいろ話ができ、

建築の分野で勉強してみたいという志の高い学生さんたちもたくさんいました。

いろいろな意味で、

木材、そしてストランドボードに若い子たちが触れる機会が作れたことはとても良かったと思っていますo^^o

CIMG6774.JPG

CIMG6771.JPG

CIMG6764.JPG


10代、20代の若い子たちの意見と40代、50代の方々の意見がどう違うのか、世代間に感じ方に差があるのか、結果は乞うご期待^^

特に、これからの社会を担う若い子たちの意見に触れる機会は、

普段、ないのでとても感心がありますね。


また追々結果も報告していきたいですし、今後の製品開発にも活かしていきたいと思います。
(develop)

大阪市立大学 オープンキャンパスに向けて

  • 2016.07.20 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

8月6日(土)、7日(日)に、大阪市立大学にてオープンキャンパスがあります!

案内はこちら→

うちのストランドボードや茶がらボードの官能試験も実施予定!!
ご都合がつくかたはぜひぜひお越しください^^

数年前より、大阪市立大学の建築材料専攻の木内先生にお世話になりながら、学生さんとの交流や共同実験、調査、研究をやっています^^


先日も打ち合わせで大学へ・・・・

緑豊かなメインストリートはとても気持ちいいです^^

CIMG6595.JPG

CIMG6594.JPG

調査対象の茶がらボードは、木材の色とだいぶ色が馴染んできた感じ↓^^↓

CIMG6592.JPG

オープンキャンパスの段取り、準備はここから追い込み。!!

桧ストランドボードの調査は、
岐阜県生活技術研究所さんにもたくさんお世話になりながら、進めます。
生活研さんは、官能試験などの試験の手法についても、いろいろノウハウを持っており、とてもありがたいパートナーです^^

また、結果がでてきましたら、ご報告していきますね。
(develop)

岐阜県県産材競争力強化事業 採択決定

  • 2016.07.11 Monday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

毎年、いくつかの研究課題に取り組んでいます。いちお、研究開発室ですので笑
前年度からの継続したものもありますし、新しく始めるのもありますね!
その年によっていろいろです^^


今年度は、たまたまですが、

岐阜県県産材競争力強化事業に採択をいただきました。。。
ありがたいです。

テーマはもちろん、県産材を活用したストランドボードにかかわる開発です。

「岐阜県産材ストランドボードの表面塗装技術の開発および普及」というテーマでまずは1年間、きっちりやっていきたいと思っています。

成果をださないとですね!!

そして、目的である、県産材の有効利用に少しでも貢献したいです^^


研究成果は、ホームページにも掲載していきますので、ぜひぜひお楽しみに!(develop)

こんにちは、研究開発室です!

先日、中部森林管理局と岐阜県県産材流通課の方々が、ストランドボードの製造ラインの見学に来ていただきました。

ちょうど、その週末は、名古屋でナイスさんの耐震博覧会もあり、それに合わせて、各務原まで時間をかけて足を運んでいただき、とてもありがたい限りです。


製品紹介などの意見交換会は、エスウッド第2の敷地に隣接する事務所で行いました。(第2でやるのは僕自身初めてで、いつもと違う環境で新鮮でしたね^^)

まだまだ、敷地自体は、丸太のストックヤードや在庫用の倉庫としての活用ですが、ゆくゆくはここに、新しい生産ラインでも・・・そんな夢はありますね。^^

P1060396.JPG

P1060395.JPG

丸半日、みっちりと、
うちの工場(いや、工房の^^)見学会と、ストランドボードの開発コンセプトやこれまでの開発経緯をお話しすることができ、とても有意義な時間となりました。

P1060382.JPG

P1060384.JPG


特に、フォーミング(ボード成形)のところやフレーカー(チップづくり)のところは、少し変わった機械なので、良かったのかなと思っています。

ボードをつくるラインとしては、とても小規模は工場ですが、工場内でも関心深くいろいろご質問もいただき、

本当に嬉しいかったです^^


中部森林管理局や岐阜県の皆さんとも、しょっちゅう交流があるわけではないのですが、今後もいろいろな機会で交流を深めたり、自分たちの取り組みを紹介していけたらと思っています。
(develop)

岐阜聖徳学園大学の講師として

  • 2016.06.22 Wednesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。

先日、岐阜聖徳学園大学さんにおじゃまし、講師を務めてきました。

CIMG6319.JPG

僕が学生さんの前で話せることは、広い世の中のごくごく一部に過ぎませんが、学生の皆さん、すごく真面目に聞いてくれました^^

今回のお仕事は、
岐阜県信用保証協会さんにお声かけで実現。
ウエブはこちら→http://www.cgc-gifu.or.jp/

なかなか信用保証協会さんとの接点も見いだせないわけですが、

昨年、岐阜メモリアルセンターで行われました、「ものづくり岐阜テクノフェア」に出展したところ、岐阜県信用保証協会の藤田さんとお会いすることができ、やりとりするなかで今回のお話しにいたりました。

ねらいとしては、
地域の企業と将来を担う学生さんとが演習をとおして、交流したり、その会社のことを学んだり、そして地元の会社で働くこと、さらには起業・創業などのきっかけづくりになれば、という熱心なお話しを伺い、やらせていただくことにしました。

岐阜県信用保証協会さんも聖徳学園大学と連携して、毎年、学生さんの積極的な支援を行っているようです^^
http://www.cgc-gifu.or.jp/information/entry-431.html

そうした活動に参加でき、僕としても準備段階からとても有意義な時間となりましたね。


また、授業自体も、とてもユニークな主旨のもので、

人だからこそできる仕事、人でしかできない仕事、そこには、コミュニケーション能力が必要であること。
10年後、20年後、いま、人がやっている仕事の一部は確実にAI(人工知能)におきかわっていくこと。そこで必要なのが、人らしさの部分。

そういう主旨の話を先生からも聞く機会があり、とても共感できましたし、長い目でみた会社経営にもそういった視点の必要性を感じる機会になりましたね。


来月、今回学生さんに出した演習課題にたいして、どんな答えがかえってくるか、答えは一つではないですし、大きな可能性をひめた答えを期待していますね!

P1000896.JPG

P1000900 (2).JPG

(develop)



皆さん、こんにちは。
研究開発室です。

6月1日、薩摩 牛の蔵吉祥寺店がオープンしました。
こだわりの鹿児島牛が食べれる焼肉屋さんです^^黒毛和牛らしいですね^^

ウエブもかっこいいですね↓
http://www.ushinokura.com/index.html

お客様に提供する肉の品質にも、
店舗のデザインやつくりにも、
こだわりを持って・・・。

モノづくりという点では、うちもこだわりを持って、ストランドボードという新素材を作っています。
職人さんの手と目、感覚、経験が必要な工程も多く、まさにこだわりで作っていますね。

牛の蔵さんは完全個室で、客室の内装に国産の桧ストランドボードが使っていただきました^^
木の内装や牛のオブジェ、溶岩石のレジカウンターなど、とてもユニークかつ落ち着ける空間になっていると思います!

東京にいく際は、ぜひここで食べたいですね!!


最近、ストランドボードもそうですが、
商業施設や店舗でも、少しずつですが、国産材が使われているように思います。
牛の蔵さんのように、こだわりのなかで使っていただけるのはとてもありがたいです。^^

写真がないのが残念ですが、
ぜひ皆さん、足を運んでみてください。(develop)



皆さん、こんにちは。
研究開発室です。

こないだ、WASS東海(木と建築で創造する共生社会研究センター、通称WASS)勉強会にて、プレゼンしてきました。

題目
「エスウッドプロジェクト16年の歩みと新たな研究開発の取り組み」

自分のなかでも、これまでの取り組みを整理できる機会として、とてもありがたいオファーでした^^

枝廣淳子さん主宰の勉強会でのノベリティ(コースター)から始まり・・・、

阿伎留医療センター、東京大学弥生講堂アネックス、福井至民中学校・・・、

内装木質化ができる製品として、着々と実績が増えいていることを実感できます。

また、不燃・準不燃の開発にも成功したことで、

みんなの森ぎふメディアコスモス(設計:伊東豊雄氏)の家具・什器への採用、

さらに、商業施設やオフィスなどの内装材として、実績が増えています!


プレゼン内容がよかったかどうかはわかりませんが、参加者の皆さんからも質問をたくさんいただき、とても良かったです^^

その後、参加いただいた身近な方々からもストランドボードの勉強会のオファーや
林野庁関係のかたにも見学に来ていただけるということで、

少しずつ・・・
少しずつ・・・
"国産材ストランドボード"を知ってもらえればなと思っています。


また、この日は、飛騨産業さんにもプレゼンいただき、(どちらかというと、こっちがメインですね。)

題目「飛騨の匠の歴史と文化 飛騨産業の製品づくりにおける考え方と開発経緯」

とても興味深い、おもしろい内容でした!
飛騨産業さんの古くからの歴史と飛彈の文化、技術の継承、すばらしいですね!


WASS東海は、定期的に勉強会を開いています。
今回、会の様子の写真がなかったのが申し訳ないのですが、
ざっくばらんに、サロン的な感じで、いろいろ情報交流できる場です。

CIMG6292.JPG


ご興味があるかたは、また次回夏頃やりますので、お声かけてください!(develop)


皆さん、こんにちは。
研究開発室です!

今日は、サンプル依頼もあり、ストランドボードのエッジをアール加工してみました。
(やってくれたのは、弊社の専務ですね。ぱっぱっとやってくれました。。)

CIMG6276.JPG

CIMG6277.JPG

なんといっても魅力的なのは、
オールヒノキで作っているので、
削っても、削っても、ヒノキ層がでてくるところです!

きれいにアール面がでて、なめらかなめらか^^

触って、すごく気持ちいい触りここちです^^

家具や造作家具、ルーバーみたいなものでも、活きますね!!

ぎふメディアコスモスのテーブルやオブジェ(?)などご覧ください↓

CIMG3555.JPG

027.JPG

こんなかたまりベンチも↓

CIMG3412.JPG

アール加工したストランドボードのサンプルをご希望のかたはこちらまで↓
電話:058-379-3023
メール:info@s-wood.jp

皆さん、こんにちは。
研究開発室です。

こないだ、関市わかくさプラザで行われていた、ビジネスプラス展を見学してきました。

そこで...こんなものを発見!

CIMG6245.JPG

ヒノキストランドボードを加工して、バインダーを作ってもらいました。^^
なかなかおしゃれです。

平滑ですし、木のチップ感も自然な感じで。なんとなくかわいい感じです。。
厚みも薄いので持ち運びもらくちん!

作ってくれたのは、
「木録や」というおしゃれなネーミングのお店。おもに木製品を出展していましたね。

中でも、
初子ばあちゃんの知恵袋「吸わせるサラサ」という商品はおもしろいですね。

油モノや揚げモノなどをしたあとのフライパンなどの調理器具についた油汚れを一気にきれいに!!
このサラサをフライパンに2gくらいいれると、あっという間に油を吸収。
これ、よさげです笑w^^w
試したい方、ぜひご連絡を。

CIMG6238.JPG

CIMG6235.JPG

CIMG6236.JPG

ストランドボードを使って、雑貨作りもいいなぁと、あらためて。
デザインセンスのない僕にとっては、たくさんのかたの協力を得ながら、ぜひぜひ少しずつでもやりたい分野ですね。何かいいアイデアを・・・募集中・・・。
(develop)



こんにちは、研究開発室です。^^

ストランドボードを曲げてみました。どのくらいの曲げに耐えられるのか・・・と思い^^

すると・・・

意外や意外。
曲りますね!!

CIMG5888.JPG

円柱などのアール下地の化粧材としても対応できそうかな。(多少の実績もあります!)

以前、ぎふメディアコスモスの施工にあたり、伊藤豊雄さんの設計事務所のかたから頼まれ、やってみた曲げテストでも、やり方次第でかなり曲がりましたね。^^

P1050559.JPG

P1050558.JPG


製品化には課題はまだありますが、可能性ありですね。

久しぶりに研究室のお話しでした笑(develop)


皆さん、こんにちは^^
研究開発室です。

今日はこの4月から配布を始めている、新カタログのご紹介です!

~タイトル~
豊かな教育環境をつくり、
感性に働きかけて、環境教育に資する
エスウッド 桧・杉ストランドボード

CIMG5997.JPG


学校建築では第一人者であり、東洋大学の名誉教授でもある、長澤悟先生に監修をお願いし、とても内容の濃い、カタログに仕上がりました。

ストランドボードを学校建築で使うことで、子供たちの教育への貢献や機能性のメリット、森林への還元、これまでの施工実績などをわかりやすくコンパクトにまとめてあります。

キーワードは・・・

森を育てる、木を活かす、人を育む

3つの視点から、まとめてありますね。

森林保全にどう寄与しているのかな、
木をどう使い切り、有効活用しているのかな、
学校の内装として、子供たちにどんな貢献ができるのかな、

そんなことがわかります!!

CIMG6000.JPG

ご興味があるかたは、ぜひメールもしくは電話などでお問い合わせください!
弊社より、サンプル等と一緒に郵送しますね。
(メール:osada@s-wood.jp、電話:058-379-3023)

develop
皆さん、こんにちは。
研究開発室です。

今年度の始まりは、会社で泊まり。
けど、朝起きて、少しもやがかかった中の桜を見ることができました^^

エスウッドがある、岐阜木材団地のなかは、すっかりピンク色の春模様。

いい新年度です!!!

CIMG5826.JPG

CIMG5832.JPG

今日は、竹ボードの施工紹介です^^

美濃加茂市さんや可茂森林組合さんと一緒にやっている、竹製品開発。

里山整備をするなかで、たくさんの竹が伐採されるということで、その活用を考えています。


今回、試作した竹ボードを、

地元の山之上小学校さんに使ってもらいました。
まだまだ試験的にではありますが、これから少しずつ実績作りをしていきたいな思っています。

校長先生の部屋の掲示ボードとして↓

CIMG5801.JPG

CIMG5807.JPG

表面は、真緑ではなく、やわらかい緑色をしていて、

ほのかな竹の香りが漂います^^

今回は、掲示板ということで、画鋲がさせる仕様にしてみました!

枠にもこだわっていて、

地元のアベマキを使っています。


アベマキと言えば、

うちもアベマキの活用を研究中で、
旬な話題としては、

岐阜県を縦断する、美濃太田駅発着の観光列車「ながら」の内装、カウンター等にも使われていますね。

ちなみに「ながら」は今度の4月27日に運行開始です^^
九州の「ななつ星」の列車をモチーフにしているようですね!これは地元としては楽しみです。


1回乗ってみたいのですが、けっこう前売りも売れ行きがいいようで、
しかもなかなかいい料金のよう。
そのうちですね・・・。

また竹ボード、進捗がありましたら、ブログアップしまーす。
開発室としても楽しみな製品です!(develop)


皆さん、こんにちは。
研究開発室です^^

今日は、オフィスでの内装のご紹介です。

東京の恵比寿での内装改修で、ストランドボードを壁面に使ってもらいました。^^

CIMG5618.JPG

CIMG5620.JPG

CIMG5630.JPG

床が濃い色の木を使っている分、
壁は落ち着いた白基調のチップ柄で、とてもバランスのとれた、居心地のよい空間に仕上がっています。

会議スペースに、
仕事をこつこつやるスペースに、
気持ちのいい空間になっていますね。

廊下や階段にもたくさん使われています^^

CIMG5625.JPG

CIMG5628.JPG

3フロアーすべてストランドボードで仕上げてもらいました。

一部マグネットタイプも使われており、一見、どこに使われているかわからないところがみそ^^
マグネットがつくところと、つかないところがあります。

会議をやるところや来訪者のかたが見るスペース等には、掲示板として、マグネットタイプが使われいます。

設計のかたやオフィスで働くかたにも喜んでもらいました^^ありがたいですね。

"仕事をする場を、木質空間に。"

自然素材で囲まれた空間で仕事をするのはいかがでしょうか。(develop)


皆さん、こんにちは。
研究開発室です^^

今日は、WOODコレクション2016、略してモクコレのご案内です。

東京都、長野県、岐阜県の木材製品連携展示会にエスウッドも出展します!

IMG_0002.jpg


オリンピック・パラリンピックに向けて、AII JAPANで盛り上げていこう!
東京都だけでなく、全国いろいろな道府県、そしていろいろな業種、分野が連携して盛り上げていこう!

そんなイベントみたいです^0^

2月18日、19日の2日間、
18日は13時~17時、
19日は10時~16時、

場所は、東京都立産業貿易センター台東館4階で行われます!
(入場無料、事前予約不要です。)

エスウッドのブースでは、
現在、岐阜県高山市の飛騨産業さん、生活技術研究所さんと連携して、家具の試作開発をしている成果の途中経過を報告したいと思っています。
国産材、桧間伐材を活用したストランドボードを家具に活かします!!

CIMG5587.JPG

ヒノキの家具、スギの家具って、少ないですよね。
家具にも地元の材で使い、それを使う、そんな社会に徐々になっていけばなと思います。

ストランドボードをつかうことで、
これまでにない意匠性の椅子やテーブルができることを期待しています。^^
ストランドボードなので、木目や節はありませんが、それがまたいい!!
きめ細かいチップ柄の家具を好きになってくれるかたもいるんじゃないかなぁと思っています。

CIMG4987.JPG

ぎふメディアコスモスの桧ストランドボード製家具↓

047.JPG

060.JPG

CIMG3377.JPG


展示会2日間、ブースにいますので(担当:長田)、
よろしければお立ち寄りください!お声かけてくださいね!
(develop)
皆さん、こんにちは。
研究開発室です^^

1月26日、福岡市の福岡市民ホールで「学校等公共建築物の木造木質促進シンポジウム」が開催されました。
東京を拠点とするA-WASS、日本木材加工技術協会九州支部、日本木材学会九州支部主催によるとても勉強になるシンポでした。

CIMG5514.JPG

九州ということで、ずっと遠いイメージを持っていましたが、
行ってみると、東京に行くのとそう変わりないな...というのが正直なところで、
思った以上に近く感じました。。。

もちろん、普段使いなれば飛行機での移動ですが・・・笑。


シンポジウムにさきだち、
東洋大学名誉教授でもある長澤悟先生、
そして九州大学の清水邦義先生の基調講演。

改めてWASSの理念を思い返せたとともに、
新しく耳にする研究内容に、とても興味深く聞くことができました!!

CIMG5517.JPG

パネルディカッションも、なるほど!と思うことばかり。
登壇した皆さん、それぞれに強い思いと発信力があり、日々の積み重ねの大切さを強烈に感じる時間となりました。。。

CIMG5519.JPG



そして、夜はA-WASSらしい、懇親会。
木材のこと、建築のこと、個々でやっている仕事のこと、いろいろな話を聞くことができ、濃い半日となりましたね。

まだまだ、僕自身、経験も知識も未熟なので、経験豊富な皆さんとの交流は、何よりも大切な場です!

九州大学の藤本先生、新貝商店の新貝さんにも、大変お世話になるとともに、激励の言葉もいただき、とても感謝感謝です!!


岐阜、愛知を中心としたWASS東海も負けずに活動しています。
WASSについてご興味があるかたは、ぜひぜひご連絡を^^。
(電話:058-379-3023 担当:長田)
ウエブもありますので、ご覧いただければと思います。↓
http://a-wass.org/

皆さん、こんにちは。研究開発室です^^

新年明けて、茶がらボードの施工事例の紹介です。

昨年秋頃より、進めてきました大阪市立大学の仮設住宅。
学生さんの建設体験とスギ材の経年変化の検証を含めたこのこころみ。

10月9日のブログにもアップしてあります!
http://s-wood.jp/blog/2015/10/000659.php

学生さんの手作り感があって、
試行錯誤したあとが残っていて、とてもいい試みだと思っています。


先日、エスウッドで作った茶がらボードを貼ってもらいました。

貼り方も学生さんのアイデアにおまかせです^^笑

CIMG5254.JPG

CIMG1575.JPG

市松模様のような感じで貼ってもらい、とてもきれいに施工してもらいました!

まだ現場に行けてないんですが、

きっと、お茶の香りがただよう空間になっているのでは、、、、

と期待しています!!


写真をみると、

それぞれ色が違うと思いますが、

これは、間伐材チップと茶がらの配合比や塗装の有無などの違いによるものです。

施工する場所やお客さんの意見によって、
ケースバイケースでいろんなバリエーションができそう^^

これはこれから楽しみです!!(develop)

※正式に製品化はしておりませんが、個別対応しますので、いつでもご相談ください。製品化した際には、またお知らせしていきたいと思います!


皆さん、こんにちは。
研究開発室です。^^

今日は年末に見学させていただいた、静岡県浜松駅近くの「遠鉄モール街ビル」の紹介です!

CIMG5218.JPG

CIMG5252.JPG

浜松駅をおりるのは、実に大学を卒業するとき以来か・・・。
10年も前ですねー。。。

駅前はとてもにぎやかで、きれいな街並みに整備されていました。

その一角に建てられているのが、遠鉄モール街ビル Any(エニー)です。徒歩3分くらいですね。

Anyのコンセプトは、

"新しいコト・ヒト・価値がまじりあい、「コト」が起こる場所"

①仕事や交流をはかる、「コワーキングスペース」
②高いテーマ性のある「ワークショップ」や「セミナー」
③憩いの場「カフェコーナー」
④創作家の表現の場「展示コーナー」

こんな施設になっています。
駅前にこうした市民の活動拠点があるのはいいですね!!

こちらウエブ http://www.any-h.jp/


こうした市民活動ができる場に、このたび、桧ストランドボード不燃タイプが内装として使われています!^^

CIMG5223.JPG

居室間をつなぐ、可動式間仕切りにも^^↓

CIMG5231.JPG

オフィスの壁面にも^^↓

CIMG5242.JPG

すべて、桧ストランドボード不燃タイプで、
商業施設、オフィス空間、展示や会議ルームといった用途でもいい感じで使われていますねー。

うるささを感じない、
落ち着ける静かな雰囲気や空間を視覚的にも感じられます。

特に壁面全体に掲示物を貼れるというのは、使い手にとって、メリットかなと思います!≧0≦

また、ご案内いただいた、遠鉄建設(株)の担当のかたからは、

施工面について、
縦横厚み方向の寸法がしっかりでていて、他の木質ボードと比べても施工しやすかったと感想をいただきました。

特に今回は目地無しでの施工。
通常、目地をつけて施工するよりも、いろいろ気をつかうところが多いようですが、
設計仕様とおり、問題なく、貼ることができたとコメントいただきました。^^


浜松市民の皆さんに、気持ちよくご利用いただける木質空間として。
また、そこで働く方々にとっても、気持ちよく過ごせる空間として。

ストランドボードが強調されるわけではありませんが、

内装として目立たない部分で、何かしらの貢献ができることを願っています。
(develop)



皆さん、こんにちは。
研究開発室です^^

今日は、昨年末に参加しました、岐阜県森林技術・普及コンソーシアムのご報告です。

今回はぎふメディアコスモスがテーマということもあり、
弊社代表の角田さんが、ストランドボードの16年間の歩みとメディアコスモスでのストランドボードの使われ方のところをプレゼンしました!!

227.JPG

プレゼンはこんなタイトルで↓^^

swood project 151221 .jpg

ぎふメディアコスモスへの採用は、この16年間の大きな大きな成果です。

そして、今後の新しい展開への第一歩にもなります。

角田さんが話した、9つの教訓。
実体験を通して、学んだ教訓は、体験したひとしか本当のところわからないのかもしれませんが、聞いていてとても勉強になりましたね。
シンプルなことですが、
失敗を恐れず、やってみる、動く、それがさまざまなことを経験できるチャンスになるんだ!と思います。

メディアコスモスも改めて、皆さんと見学↓

CIMG5315.JPG

CIMG5316.JPG

P1060248.JPG


コンソーシアムにご参加いただいたみなさんにも、ありがたいご感想やご意見をいただき、岐阜県での産学官連携にも力を入れて参加していきたいと思っています!


プレゼン内容やコンソーシアムについて、ご関心のあるかたがいましたら、ぜひ下記までご連絡ください。
電話:058-379-3023、FAX:058-379-3024、mail:osada@s-wood.jp
(develop)




ウッドデザイン賞2015 入賞

  • 2016.01.06 Wednesday
  • posted by 開発
皆さん、明けましておめでとうございます!!^^

エスウッドも今日から仕事始めです!!

個人的なことですが、
年末最後にダウンし(31日の23時くらいか・・・)、うーうー言いながら、新年を迎えましたね。。。今でこそ笑話しにもなりますが、そんな年初めもありかなと・・・。

そんな話はさておき、
今日は早く仕事がしたくてしかたないくらいの気分で、晴れやかな気持ちで仕事を始めています!^^!

さーて、今年も頑張っていきたいと思います。

新しい出会い、新しいものづくり、新しい挑戦・・・

年初め最初のニュースは嬉しいニュースからv^^)v

昨年暮れになりますが、
エコプロダクツ展2015でも展示や表彰をしていた、『ウッドデザイン賞』にみごと入賞しました!!

こちら、その賞状!!
EPSON002.JPG

この賞は、
木の良さや価値を再発見させる製品などについて、消費者目線で表彰されるもの。

そこでの入賞をとても嬉しい!!

サイトはこちら↓
https://www.wooddesign.jp/

受賞の製品は、
「桧ストランドボード不燃タイプ」です!

ライフスタイルデザイン部門という、
木を使って暮らしの質を高めるというテーマのところで選ばれました。。

ストランドボードという、これまでにないデザイン、テクスチャーの木質内装材であり、
そこに不燃性能を持たせることで、
どこにもない機能的な木質内装材が誕生しました!

学校や商業施設、オフィス等の内装で使われいますね。(不燃タイプの施工事例です↓)

CIMG3100.JPG

CIMG5242.JPG

CIMG2510.JPG


他にも僕も知っているたくさんの製品や取り組みが受賞しています。^^

森林文化アカデミーさんや美濃加茂市さん、加茂森林組合さんたちがやれている、

「アベマキ学童机プロジェクト」も優秀賞を獲られていますね!!すごい!

アカデミーのブログでも紹介されいます↓^^
http://gifuforestac.blogspot.jp/2015/12/2015_10.html


本当にいろいろな取り組みがされていて、刺激にもなり、勉強にもなりますね。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。(develop)


皆さん、こんにちは。
研究開発室です^^

寒いような、暖かいのような・・・、少し変わった12月を過ごしています。

さすがに陽の温かさをちょくに受けない実験室は、昼も寒さを感じる季節になってきました><

こないだ、僕が事務局をしているWASSのメンバーで森林文化アカデミーに行ってきました。

CIMG5186.JPG

美濃の山のふもとに、緑に囲まれた、木造施設。
小川のせせらぎや鳥の鳴き声も聞こえます^^

今回、アカデミーの辻先生のご紹介で、小原先生にご案内いただきました!

東京や栃木、福岡等、A-WASSメンバーが参加!!

木造建築にかかわる部分やアカデミーの学生さんが毎年課題で建てる地域材を活用した自力建設の作品をひとつひとつ見せてもらいました!

森林文化アカデミーは、
建築だけなく、
林業だけでなく、
里山再生や環境面のことも学べる、全国でも珍しいスタイルの学校です。

教室での座学だけでなく、実践に重きをおき、

見せていただいた学生さんの建物はどれもすばらしかったです!ひとつひとつの作品の目的がしっかりとしているところがほんとにすばらしいですね!

こちら、ごくごく一部ですが↓

CIMG5200.JPG

CIMG5195.JPG

CIMG5185.JPG

こんなのできちゃうんだ!と思うばかりで・・・
おもしろい作品ばかりでした^^

登ったり、下ったり、
山を歩きながら、一通り見ると、あっという間に2時間近くたっちゃいました・・・笑

終わったあとは、
校内見学と、小原先生のプレゼン。これもすごくよかった!!

CIMG5206.JPG

CIMG5208.JPG

CIMG5209.JPG

建物の細かいところまで、工夫している部分を説明いただき、感謝感謝です^^

もう少しするとここも雪化粧・・・・・
また違った風景を見せてくれるものと思います^^

参加してもらった、東洋大学名誉教授の長澤先生や、九州大学の藤本先生、皆さんからも御礼の声やメールをいただき、やってよかったと思っています^^

岐阜にはこんないいところがある!
それも皆さんに知ってもらいたいと思っています。
岐阜に来られたら、森林文化アカデミー。そしてぎふメディアコスモス!見てもらいたいところもりだくさんですね!!
(develop)

皆さん、こんにちは。
研究開発室です!

今日は、明日開かれる、みなとモデルの木材製品展示会のご紹介です^^

ここ数年、毎年参加している、展示会。。。

チーム東白川として、ストランドボードを展示しています!

東白川村は岐阜県東濃にあり、FSCの森林認証も取得しています。

今年も東白川の木を皆さんに知ってもらいたいですね!!
併せて、ストランドボードも(^0^)

1日だけなんですが、毎年たくさんのかたに来ていただけます。


今年も楽しみ^^
メディアコスモスで使われた素材の紹介パネルも展示しようと思っています。

東京の浜松町駅の近くですが、ご興味があるかたはぜひぜひお越しください!

場所:港区立エコプラザ1階
時間:11時~17時

こちらチラシです↓

昨年はこんな感じでした↓^^
会場①.JPG

CIMG1792.JPG

今年もこののぼりが目印かも笑↓
CIMG1788.JPG

(develop)


皆さん、こんにちは。研究開発室です。

しばらく更新ができていませんでしたが、久しぶりの更新は、

「ものづくり岐阜テクノフェア2015」に出展した報告をしたいと思います。

先週、11月13日と14日の2日間、岐阜メモリアルセンター内ので愛ドームで開催されました(^^)(^^)


予想以上の来場者に、びっくりです。

CIMG4996.JPG

小中学生、高校生、一般のかたまで、幅広い年齢層のかたが見に来てくださいました!

小中学生は、ノートを片手にいろいろメモ。。。勉強熱心です^^

ヒノキやスギ、いぐさ、竹、茶葉などのサンプルボードは人気で、

香りをかいだり、
触ったり、

初めてみるものにとても興味を持ってくれましたね!
がむしゃらにいじるので、話終わるころには、だいたいテーブルの上ははちゃめちゃでしたが笑


あとは、なんといっても、ぎふメディアコスモスですね。

特に小学生は、ほとんどの子が、利用したことがあり、

「メディアコスモス知ってる!」
「メディアコスモスで見たよ、このテーブル!」

こちらから説明するまでものなく、見てくれてたのは嬉しいことです!

今回は、家具開発という新しい取り組みの紹介・PRでもあり、

展示パネルや・・・

CIMG5001.JPG

塗装サンプルや・・・

CIMG4991.JPG

あとは、テーブルの試作品も・・・

CIMG5010.JPG

CIMG5012.JPG


地元のかた、岐阜市民のかたにストランドボードを知ってもらえる、いい展示会でした!!

今回は、以前よりお世話になっている、

岐阜県研究開発財団さんからご協力をいただき、出展した2日間だけでなく、事前準備でも大変お世話になりました。

今後も地元への発信、県や試験機関、異業種の方々との交流に力を入れていきたいですね!!

桧ストランドボードの家具への活用について、
ご関心のあるかた、ぜひ一度お問い合わせください。
(電話:058-379-3023、メール:osada@s-wood.jp、担当:長田)


皆さん、こんにちは。研究開発室です。^^

今日は、岐阜県木連さんが定期的に発行している、「ぎふ県木連情報」の紹介です。

CIMG4956.JPG

昨年度まで、岐阜県生活技術研究所の研究開発として、

弊社の桧ストランドボードやいぐさボードを使った、パーテーション開発をしてきました。

ひとつは、吸音タイプ。
もうひとつは、遮音吸音タイプです。

こんな感じです↓^^↓
表面化粧は、左が桧ストランドボード仕様、右がイグサボード仕様です!

安全安心PJ写真_生活研.JPG

ぱっと見て、とてもきれいな仕上がり!
自然素材の印象が強く、香りも日本人の感性にあった仕上がりです。
見た目にもテクスチャーも色目もやさしいですね^^


今回のぎふ県木連情報の157号では、

「人、環境に優しい木質建材の開発」の一貫として、素材やパーティション製品の紹介がされています。

ぎふメディアコスモスで使われた事例紹介も少し触れられていますね。

よろしければ、こちらの資料をご覧ください。↓



研究開発室としては、
ほんとに皆さんのご協力のおかげで、
いろいろな試作開発ができており、
感謝、感謝です。^^

本資料についてご関心があるかたがおられましたら、お気軽にご連絡ください。(develop)
(担当:長田、058-379-3023)
皆さん、こんにちは。究開発室です^^

久しぶりに、ぎふメディアコスモスに打ち合わせの用事で行ってきました。
とはいっても、2週間ぶりくらいでしょうか...。

相変わらず、平日でも駐車場は車がたくさん。
一時の混み具合は、落ち着いた感じですが、皆さん図書館に行くんですね。

ちっちゃな幼児を連れた親子づれや、おじいちゃん、おばあちゃんと来ている姿もありましたね!


2階にあがり、ぐるっとまわっていると、

9月に納品したストランドボードが、家具屋さんで加工され、
かわいいベンチとして、設置されていました!

P1060247.JPG

P1060252.JPG

親子グローブという、0~3歳児が使えるスペース。
親子で本読んだり、くつろいだりする緑のスペースを囲むように、
かわいらしい、桧ストランドボード製ベンチ。^^)^^)

市民や利用者の声を聞いて、
使いやすい施設に!という岐阜市の職員さんの気持ちが伝わってきます。

木育のねらいから、木のおもちゃも置かれていましたね。

P1060253.JPG

子どもたちが、木の触れる機会を少しでも作っていきたいですね。
ちょっとしたこういうスペースって大事だなぁと感じます。^^


そうそう、話しは変わりますが、

1階のレストランスペースには、スターバックスさんが入ることが決まったようです。(岐阜新聞にも載ってました。)
学生さんも自主勉強の合間であったり、親子連れやビジネスマンでもちょっとコーヒーブレイクできそうです。
木の香りもコーヒーの香りも、楽しめる施設になりそうですね!!
(develop)

茶室「不震庵」の施工~大阪市立大学~

  • 2015.10.09 Friday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。
研究開発室です。

今日、ご紹介するのは、大阪市立大学構内で建設中の「不震庵」です^^

近くにいくと、風にのって、スギの香りがしてきました!!
まわりの校舎が鉄筋コンクリート造なので、まさにこの建物が生み出すスギの香りです。

CIMG4724.JPG

建築学科の学生さんの実務もかねて、建設中の仮設住宅。

構造躯体は、OBの職人さんが来られて、指導をもらいながら、少しずつ建て方が進んでいます。

CIMG4710.JPG

これから、屋根や床の施工が始まる段階で、
ここからは、学生さんだけの力で進めるようです^^すごい!

エスウッドはこの仮設住宅の内装に、茶がら配合ボードを使ってもらえる予定になっています。^0^

茶室なだけに、茶がらボードでお茶の香りを堪能できる空間にしたいですね!
ちなみにですが、茶がらを使っても、けっこうなお茶の香りが楽しめます。。。
ここが茶がらボードのすごいところ笑

茶がらは伊藤園さんから試験的にご提供いただいております。
いつもありがとうございます!


2年間の経過観察も兼ねているということで、茶がらボードの開発にとってはテストとはいえ実際に使われるということで非常にグッドタイミングなお話でした。
建物の内装で使われたときに、どういう変化をするのか、とても興味がありますね。


また施工後には、ブログでアップしたいと思います。

CIMG4704.JPG


というか、不震庵というネーム。
どういう経緯から来たのか、聞くのを忘れてました>0<
揺れない茶室!?んー。

OBと現役大学生でのコラボで作られる、というところがとにかく気持ちいいですね。
(develop)

皆さん、こんにちは。
研究開発室です。

先日、埼玉県ときがわ町に、A-WASSの活動で参加してきました。

町有林の循環に向けて、第1回「A-WASS循環と共生の森づくりinときがわ」です!

講演会の様子↓

CIMG4497.JPG

コナラの伐倒作業↓

CIMG4540.JPG

玉川中学校 ときがわ方式 内装木質化↓

CIMG4515.JPG

1日目には、関口町長さんの講演会や地域のNPO団体等の活動報告、そして、玉川中学校の視察会が町長さんの案内でありました。
2日目は、町有林にはいり、その状況の確認と、60年もののコナラの伐倒を見学させていただきました。

地域材を活用した学校の内装木質化に力をいれている関口町長さんのお話はとても共感できることばかりで、実際に実践されている案件をみれたことはとても勉強になりました!

市内の学校では、マイ机を推奨していて、
小学生は6年間、中学生3年間、自分の机を使うようです。

もちろん、身長がのびますので、高さも調整できるようになっています。

CIMG4519.JPG

コナラの伐倒は、恥ずかしながら初めてみたのですが、とても圧巻でした。
少しずつ、みしみしと音をたてて、倒れるコナラ。
倒れる瞬間の迫力。いいものを見せていただきました^^

CIMG4544.JPG

CIMG4549.JPG

全国の市町村有林の活用をどう考えていくか、地域性もあるでしょうし、樹種も違います。また伐採したあとの整備計画はどうなのか、誰が管理していくのか。

答えはすぐに見つからないのかもしれませんが、町有林の整備について、実際にいろいろな試みに関わりながら、考えていきたいと思います。


ときがわ町有林の整備、陰ながら、応援してきたいと思っています。(develop)

皆さん、こんにちは。研究開発室です^^

先日、少しご紹介しました玩具の安全。


みごと、「玩具の安全」基準に基づいた試験にすべて合格でした!!


幼児や子供が万が一にもなめたりしても、有害な物質は溶出しないというのがこの試験で確認すべきこと。
ストランドボードは、内装や化粧で使われるので、そういう事態にも問題ないことが、立証できたことは、皆さんにもまた安心して使ってもらえる証のひとつと思っています^^

今回は、2013年度に改訂された最新バージョンで、
旧バージョンの8元素から17元素19項目へと大幅に評価項目が増えたことが一番の壁です。


ヨーロッパではこれが当たり前の世界で、

国内でこれを検証する企業さんはまだまだ少ないとのこと。

そこにクリアできたことはとても嬉しいことです!!


先日、試験でご協力いただきました、日本食品分析センターさんの彩都研究所にお邪魔しました。
(サイトはここ ttp://www.jfrl.or.jp/accessmap/saito.html)

今回使った試験機以外にも、いろいろな試験器がそなえられており、
一通り、すべてのフロアーをご案内いただきました。

今回、試験で使用した機器類など↓

CIMG4384.JPG

CIMG4389.JPG

CIMG4383.JPG

全部で6フロアーあったんで、
試験機だけで頭に入れようとすると整理が難しいですが、
パネルを使った説明もしていただき、食品分析センターさんのやっていることがよく理解できました!

何事も勉強!また次の研究に活かしたいですね!

日本食品分析センターの皆さま、ご丁寧にありがとうございました!!



とにもかくにも、まず一安心。。。^^

厳しい最新基準に合格できたことを、ストランドボードの強みのひとつとして、皆さんにもまた随時伝えていきたいですね。

詳しくは、
玩具の安全基準に係るサイトをご覧ください(日本食品分析センターさんのニュースの一部)↓
http://www.jfrl.or.jp/jfrlnews/files/news_vol4_no25.pdf


また結果にかかわる資料をご希望のかたはお声かけてくださいね。
(tel:058-379-3023、osada@s-wood.jp 、長田まで)
(develop)


皆さん、こんにちは。
研究開発室です^^

今日は地元各務原でストランドボードを活用していただいた「各務原市立養護学校」さんのご紹介です。

CIMG4350.JPG

各務原市の市民公園のとなりにある、養護学校。
芝生や木々に囲まれた、静かなロケーションで、とても気持ちいい場所にありますね。

施設自体は木造(?)平屋のような感じです。

周囲の環境にあった落ち着く施設ですね!

ウエブはこちら↓
http://www.mirai.ne.jp/~kakuyogo/


今回、施設の増築のため、ストランドボードをたくさん使っていただきました!

もちろん、岐阜県産ストランドボードです。今回は杉。

廊下や扉の化粧に^^↓

CIMG4347.JPG


CIMG4338.JPG

音楽室に^^↓ ここは吸音のため有孔加工しました!

CIMG4336.JPG

オスモという自然塗料で仕上げられており、ウレタン塗料等とはまた違う仕上がりです!
チップが浮き出ている感じがいい感じです!

CIMG4329.JPG


最後に、
岐阜県で実施されている、森林環境税。
岐阜の森林、環境を良くしていくために使われるのが目的。
岐阜県で育った木を、地元(エスウッド)で加工し、そしてその地域(学校)で使ってもらう。。。

""地産地消""というコトバがぴったり!!

ストランドボードは、もちろん列記とした「ぎふ証明材」です!^^!
オール岐阜県産材!!(いろいろな地域の材での加工もOK!)

エスウッドにとっても、こうしたかたち使われるのはとても嬉しいことです^^

CIMG4326.JPG

これからも、地元地域に何か貢献できること、喜んでもらえることに携わっていたきたい!

その思いを胸刻み、仕事をやっていきたいですね!!(develop)

飛彈の家具フェスティバルでの学び

  • 2015.09.04 Friday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

今日は、飛騨の家具フェスティバルのご報告をすこし^^

CIMG4360.JPG

9月2日~6日にかけて、岐阜県高山市で、飛彈でつくられている家具の展示会をやっています!

なので、この週末もやってますね!!

毎年、テーマが違うようなのですが、

今年は・・・・「伝統を生かす 匠の遺伝子」。。

「飛彈の家具」というブランド認定企業さんがたくさん出展していました。


お付き合いのある飛騨産業さんは、
杉の圧縮材を活用した家具が多く出展していました。
針葉樹というと、やわらかくて、家具の素材としてはどうかという議論がありますが、
飛騨産業さんの圧縮技術にかかれば、家具での利用も可能。

とってもきれいで、欲しくなる一品でした!!

あと、
生活技術研究所さんにもいつもお世話になっており、こちらも見学。
椅子の座面への負担の研究や
桧ストランドボードやイグサボードを使った吸音パーティション等の開発研究をやっています!
エスウッドの共同研究の成果パネルもありましたね。

その他のフロアーでも、、、

1枚もの立派な板材の展示販売や・・・

CIMG4352.JPG

小物類の展示販売や・・・

CIMG4355.JPG

曲げ木技術の展示・・・・

CIMG4361.JPG

さまざまな椅子の展示も・・・

CIMG4357.JPG

ウエブはこちら↓

http://www.hidanokagu.jp/festival/

会場は、飛騨・世界生活文化センター です。

見たら欲しくなる、そんな展示会です^^笑(develop)

欧州規格「玩具の安全」 EN71-3:2013

  • 2015.08.28 Friday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。研究開発室です。

今日は、「玩具の安全」という基準について、少しお話したいと思います!


「玩具」というコトバのとおり、おもちゃの安全規格なんですが、

簡単にいうと、

幼児が誤飲したり、接触したりするなかで健康に影響を与えるような物質が含まれていないか、許容内の量かを検査するのが、この試験です。

もともと、1995年に制定されたのがずっと使われていたのですが、

最近はいろいろなおもちゃが登場し、多種多様になってきています。


そこで、2013年に、より厳しい条件のもと、試験が行われるようになったようです。
欧州が先を行っていると言っていいのか、とにかく欧州では日本の食品衛生法等と比べてもそのあたり厳しいのかもしれません。


エスウッドのストランドボードも、
ここ最近、内装はもちろん、建具や家具も使われるようになってきました。

それこそ、幼児がなめる場所、触れる場所ですね!

1995年版の玩具の安全基準を取得したあと、そのままでしたので、今回、2013年改訂版に挑戦!!
来月には試験結果がでるのかなと思います。


楽しみ半分、不安半分。。。

また来月いい報告ができることを願ってます!!

P1060225.JPG

ひとつ、注意事項を。
家具での使用の場合には、使い方に注意が必要なので、気になる方はお問い合わせくださいね^^
よろしくお願いします。。。
(058-379-3023、osada@s-wood.jp: 担当 長田)


こんにちは、研究開発室です^^

この時期、学会の発表が続きます。。。

9月2日~4日は、九州大学 伊都キャンパスにて、廃棄物資源循環学会の研究発表会です。^0^

ポスター案内はこちら。

H26kokuchi.jpg

以前より、一緒に研究を行ってきた、大阪ガスさん、大阪市立大学さんとの共同研究発表です。

テーマは、

「酵素処理を利用した茶廃棄物の複合利用開発(バイオガス化とボード化)」

飲料用として、廃棄されている茶がらの2次・3次利用がテーマ^^
異業種交流!
産学連携!
そして、何よりお互いの良さを活かしたいい取り組みを進められている実感がありますね^^

食物残渣を活用したバイオマスエネルギー利用の開発、そして、茶滓を利用したボード開発。
こうした循環社会の構築にむけた取り組みにも少しずつ貢献していきたいと思っています。

お近くの方、ご興味のあるかた、ぜひお立ち寄りください。
学会ホームページはこちらです。
http://jsmcwm.or.jp/

(develop)


こんにちは、研究開発室です^^

今日は、こないだ実験した、ストランドボード&シナベニアの表面のへこみやすさ、傷つきやすさ、目立ちにくさ・・・の報告です。。。


まず最初に簡単に素材の説明をすると・・・

ストランドボードは、言わずと知れた!?エスウッドの主力製品であり、桧という国産にこだわった木質内装材です。

一方、シナベニアは、輸入材が多いのですが、学校や病院など、広く一般的に使われている木質内装材です^^見た目は無地に近いか・・・。

個人的には、どちらも建物を居心地のよい木の空間にしてくれるいい素材だと思っています^^

細かくいえば、
海外品なのか国産なのか、
環境への配慮はどうか、
意匠はどうか、
木の特長はでているか、
扱っていて安全性はいいか、・・・

挙げるときりがないのですが、ちょっと考えてみれば、微妙なところでたくさんの違いがありますね。

そのなかで、今日は、日常使う中での傷み具合にかかわる試験の報告です。
とりあえず、自社試験なので、手元にある道具で^^、、さくっとやりました!


試験体の構成はこれまたシンプルに、

①石膏ボード12.5mm(基材)+桧ストランドボード4mm(表面材)

CIMG4118.JPG

②石膏ボード12.5mm(基材)+シナベニア4mm(表面材)

CIMG4119.JPG

いずれも総厚さは同条件にしました。
この2つの試験体に対して、重さ2.5kg程度のバーを高さをかえて、自由落下させてみました^^
25cmの高さからスタート、最終150cmから落としました。
さすがに、150cmは怖かったですが。。。

早速、

結果を↓

①石膏ボード12.5mm+桧ストランドボード4mm の試験後の様子

CIMG4114.JPG


②石膏ボード12.5mm+シナベニア4mm の試験後の様子

CIMG4111.JPG

桧ストランドボードは、ご覧のとおりで、
バーの跡がほとんど目立たなかったのが、驚きです!!!

圧縮されたチップ柄があることで、より目立ちにくくなっています。
また凹み具合も、シナベニアと比較するとごくわずか。
ストランドボードももちろん、へこまないというわけにはいきませんが、その違いは見てはっきりしてますね。


・・・まとめ・・・

ストランドボードの特徴は、いろんな学校の先生や設計士さんからも好評をいただいていますが、見た目の"柔らかさ"です。圧迫感のない、穏やかな空間を作ってくれます。コルクっぽいね、とよく言われます^^
視覚で感じる"やわらかさ"。これ、大事ですね!
一方で、今回の結果では、ボード表面の物性はしっかりとしているということがわかりました。
傷つきにくい、目立ちにくい、表面の硬さ、テクスチャー。これも大事かなと。

学校や病院、店舗、あるいは養護学校などでは不特定多数のかたが利用するケースが多い。そんな場面での内装木質化にうってうけかもしれないなぁと感じています。

最終的には、最初にいったように、ここでは書ききれないいろんな要因がありますので、ストランドボードがすべていいというのは一概には言えませんが、ストランドボードの良さがまたひとつ明らかになった感じです!

まだまだ、この素材。研究のしがいがあります!!

ご質問等は弊社まで。
tel:058-379-3023
mail:osada@s-wood.jp (長田)(develop)

日本建築学会大会(関東) 研究発表

  • 2015.08.03 Monday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

9月4日~6日にかけて、東海大学の湘南キャンパスで日本建築学会が催されます。

ウエブはこちら↓
http://taikai2015.aij.or.jp/

今年のテーマは、

"いま、地域と生きる建築"

興味あるテーマ・・・、記念シンポとか行ってみたいですね。^^


弊社も、大阪市立大学の木内龍彦先生と共同で行ってきた、

「茶がらを有効利用した超軽量な天井材の開発」ということで、発表します!

発表は、大学の学生さんがやってくれます。


ただいま、茶がらボードも製品化に向けて、
着々と進行中。。。。

試験をやるたびに、いい香りが漂います。これ、癒しですね。笑


ご興味があるかたは、弊社もしくは学会発表を聞きに行ってもらえればと思います!

日時 : 9月4日(金) 16時15分頃~  木材(2)セッション
場所 : 東海大学湘南キャンパス 11号館

(develop)

ストランドボードの耐衝撃性~1回目~

  • 2015.07.25 Saturday
  • posted by 開発
みなさん、こんにちは。研究開発室です。

木質ボードと一言で言っても、いろんな試験があります。

今日は、いま取り組んでいる「耐衝撃性試験」について。
いつもお世話になっている、高山の生活技術研究所さんにて試験を実施中。。。

CIMG3496.JPG

これ、プラスターボードを比較のため、やってみたのですが、

陥没してしまいました・・・>c<

完全なる規格にそった試験は、できなかったんですが、

いくつかの試験片同士の比較で結果を示そうと思っています!^^

衝撃前はこんな感じ↓

CIMG3490.JPG

砂袋を持ち上げて・・・・

CIMG3494.JPG

自由落下!!
ドスン!!
すると弱いボードは、やっぱり陥没してしまいます・・・。


内装は、石膏ボード+クロス仕上げが一般的ですが、
圧倒的に石膏ボード(12.5mm)よりも、ストランドボード(4mm)の耐衝撃性は強かったですね!

それだけは、まずはっきりしましたー^^

ここ、大事です!!

次回、もう少しこの試験を詰めていこうと思います!!

乞うご期待^^(develop)
おはようございます。研究開発室です^^

みんなの森 ぎふメディアコスモスが明日7月18日オープンします!

226.JPG

岐阜市の新しい図書館。

行けば、半日、いや1日過ごせるとてもいい雰囲気の図書館です^^

岐阜県産材をたくさん使ったストランドボード。
2階のフロアーは、ストランドボード仕上げと言っていいくらい、使われています!

本を探しながら、ふと目に入る木質素材。
方向性のないランダム感、白基調の色目、穏やかなテクスチャー・・・、
図書館にぴったりの素材かなと思っています。^^

ぜひご覧ください!

明日は12時オープン!楽しみですね!

親子の遊びスペースに↓

024.JPG

窓際の本置きテーブルに↓

036.JPG

椅子やテーブルに↓

056.JPG

雑誌などのショーケースに↓

032.JPG

ここで自分の時間を過ごし、

本に興味をもち、

さまざまなイベント、催しがおこなわれ、

いろいろな方と交流し、

新たな発見があり、

たくさんのかたにとって、居心地のいい施設になるといいなと思います。(develop)

こんにちは、研究開発室です^^

そういえば、こないだ東京出張のとき、四ツ谷駅で降りると、

偶然にも目に入ってきたは・・・・・・・・・、

CIMG3646.JPG

桧ストランドボードでつくられた、商業施設のサインボード^^

改札をでて、少し歩いたとこにありました!
「atre」というショッピングモールです!

文字もストランドボード製。。

CIMG3648.JPG

とってもきれいに仕上がっていましたね。

もしかして、と思い、

2、3階にあがってみると、

各フロアーにもありました!!!

CIMG3660.JPG

CIMG3663.JPG

ストランドボードのテクスチャーはうるさくないので、

掲示したものや貼ったものが、しっかりと引き立ってみえます!^^

そこが、桧ストランドボードの良さですね^^
(develop)

みなさん、こんにちは。研究開発室です。

今日は、地元岐阜の中央図書館『ぎふメディアコスモス』の紹介です^^
オープンは来月、7月18日。もうすぐですね!

CIMG3358.JPG

ご存知のかたもいるかと思いますが、

この建物の設計は、建築では名誉あるプリツカー賞を受賞した伊東豊雄さん。

先日、岐阜市のかたの案内で見学させてもらえる機会がありました。


外観もきれいだし、

なかのデザインも木をふんだんに使っていて、あたたかみある感じでした^^(素人的な感想ですが)

天井の格子と書架、収納、テーブル等のストランドボードのテクスチャーがうまくマッチしてましたね。

CIMG3403.JPG

天井格子には岐阜県産の木が何層にも重なっていて、

そのすごさにしばらく上を見上げたまま・・・。^^

収納や書架には、エスウッドのストランドボードがたくさん使われています!

もちろん、オール岐阜県産材です!^^


こちらはテーブルと椅子に↓

丸みあるデザインがとてもかわいい!そしておしゃれです。

CIMG3391.JPG

CIMG3439.JPG

しばらく歩いていると、

書架と書架のあいだから、

何か見えてきました!^^

CIMG3433.JPG

なんだ!?これはって感じです^^

これもストランドボードでつくられています^^
子どもの遊ぶスペースのひとつと聞きました!子どもがここで遊ぶんですねぇ。


2階のフロアーはどこに立っても・・・

右も左も・・・、前も後ろも・・・

ストランドボードの自己主張の少ない落ち着いたテクスチャーが目に入ります。

CIMG3369.JPG

CIMG3416.JPG

CIMG3364.JPG

素材をつくる者として、
ここまでいいものを作り上げていただいた関係者みなさまに感謝感謝です。

ストランドボードという素材の新たな道が見えてきた、「ぎふメディアコスモス」。


まだまだ未熟ではありますが、皆さんのご協力、力をお借りしながら、
これからも、いい報告ができるよう努力していきたいと思います。^^

これからもよろしくお願いします。(develop)

ストランドボード×家具 用途拡大の模索

  • 2015.06.11 Thursday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

前々から、うちにひそかに抑えていた"ストランドボードの家具への新たな試作開発"がようやくスタートしました!

これは、去年の高山の家具フェスティバル↓。
洗練されたデザイン、見せ方、配置、雰囲気・・・。飛彈のたくみですね!

CIMG1468.JPG

ストランドボードというおもしろい自然素材を、家具にも活かしたい!そんな思いにかられていました。^^

そして、むかえた、新年度。

偶然にも、

岐阜県で、「地域材新規用途導入促進事業」というスキームがあり、これに応募したところ、なんと採択をいただきました。。やったー!!

P1060145.JPG

どうすれば、家具へ活かせるのか。

家具のプロである飛騨産業さん、そして多くのノウハウを持っている生活技術研究所さんとともに、開発を進めることに。。。。

もう・・・頼もしいばかりです!!

これは、塗装サンプル。
家具屋さんの塗装は、ほんときれいです^^

P1060148.JPG


たくさんの課題がありますが、

皆さんのちからを結集して、

いいものを作っていきたいと思っています!!!乞うご期待^^


最後になりますが。

家具と言えば・・・、
7月18日オープンの岐阜市中央図書館・ぎふメディアコスモスにも使われています。
一般ユーザー向けのテーブルや椅子ということではありませんが、

とてもおもしろい使い方をしていただいているようです!こちらも楽しみです!!
(develop)

ビジネスプラス展inSEKI 出展報告 

  • 2015.05.20 Wednesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。研究開発室です!

先週は、地元岐阜県関市で行われた『ビジネスプラス展2015』に出展し、あわただしい1週間でした。

1日目からたくさんかたが来場。。。

CIMG3155.JPG

CIMG3156.JPG


東京ビッグサイトの展示会のように、

何万人も来るわけではないんですが、

会場がコンパクトな分、

ひっきりなしにブースに寄ってもらえました!!ありがたい!!

今回の出展品も、

桧ストランドボードからはじまり、
イグサボードや茶葉ボード、樹皮や竹のボードもお見せできました。
もちろん、、、不燃タイプと準不燃タイプも^^

まだまだ試作段階のものもありますが、

多品種で対応するのがエスウッド。
皆さんのご希望にそえるよう、皆さんの声に耳をかたむけていきたいと思っています!!

CIMG3154.JPG

ブースにきてくれた皆さんが期待通り、「えっ」といってくれるものがあるんですが、

ひとつは、

桧ストランドボードにマグネットがつくのみたとき^0^。(上の写真の左手に設置してます!)

そしてもうひとつは、

いぐさとか茶葉のいい香りがするボードを手に持ったとき^^こんないいものが!!って^^


今回は、

昔からのお付き合いあるかたも・・・
異業種のかたも・・・
高校生も・・・
一般のかたも・・・

いろんなかたがきてくれて、いい意味で話すぎて、その後3日間は声がらがらでした><""

個人的にもまた勉強になりました!

地元にかたがたにも、エスウッドを知ってもらえました!!

有意義な2日間を無事終え、のどの回復を待って、また出かけたいと思います!!!



そうそう、
ゆるきゃらがたくさん来てましたね^^ゆるゆるでした^^ (develop)

CIMG3148.JPG

こんにちは、研究開発室です。^^

今日は、少し変わった視点で、

いけばなとイグサボードのコラボ作品をご紹介します!


新たな取り組みに積極的なのは、いけばな雪舟流の増野さん。
ホームページもあります→http://sessyu-ryu.com/

いつも展覧会のときなど、イグサボードを使ってくれています^^

いろいろ説明する前に、まずはご覧を!!

CIMG3069.JPG

CIMG3059.JPG

CIMG3037.JPG

増野さんのデザインとイグサボードのシャープ感がとても絶妙で

おそらく、

いけばな界にとっても斬新なつくりだと思います。
(僕は素人ですが・・・。えっ、これがいけばな!驚きと感動・・・)

もちろんですが、部屋に入ると、イグサのほのかな香りがただよってきます。
これがまたいい!


話を伺っていて、
展覧会は、これまでの決まりや流れだけでなく、"自分を表現する場"、とのこと。

なるほど!と思いましたね。^^


今回の展示に向けて、増野さん自身、模型を何回もつくり、かなり試行錯誤してくれました。ありがたいですね^^


僕も初めてのいけばなの見学でしたが、とてもいい経験になりました。
なんとなく、心が研ぎ澄まされるような感じで。^^

東京での展覧会だったので、
外国人のかたにもとても好評だったようです!

増野さんの積極的な姿勢は、新たなつかいかた、新たな価値を生み出してくれます。

また、増野さんは普段からいけばなの体験やスクール、男性向けいけばななど新しい取り組みもされています!


負けないよう頑張らねば!!
これからもよろしくお願いします。(develop)
みなさん、こんにちは。研究開発室です^^


3月のおわり、法政大学の網野禎昭先生のご案内で、

製材工場でデッドストックになっている杉材を活用した建築の見学に行ってきました!

網野先生、平成建設、宮田国造設計事務所がコラボで設計した個人住宅です。^^


建物南面はこんな感じ。
CIMG2863.JPG

平角材を釘などでつないだ大壁面。
CIMG2849.JPG


低利用材の活用は、エスウッドの基本コンセプトでもあるので、材の活用のところでとても共感。

上の写真の空間は、それこそ端部に割れのある平角材や丸みの入った間柱用材でつくられています。
こうした建築をみると、眠っている材でも使い方次第で、いくらでもいいかたちで使えるなぁと・・・、改めて気が引き締まる思いになりましたね!


網野先生の考え方として、

地域で余っている材を地域の大工さん、職人さんが、
ある程度、現場で加工できる製法を。
そんな思いがこの建築をやろうとしたきっかけのひとつとのことでした^^

どうしても新しい技術は、大がかりな設備投資や大きなスペースが必要となりがちですが、
これは、地域の職人の技術を活かしつつ、
しかも、大きな設備を必要ない、

どちらかというと、地域で活躍する中小の工務店さんや大工さんが使いやすい技術になれば。
そんな願いも込められています!^^!

先生の話を聞くうちに、ますますこの取り組みを応援したい!という思いにさせてくれます。


建築の構法としては、マッシヴホルツ構法と題して、

具体的には、国産の杉製材を、スクリューや釘等の簡易な接合方法で積層させ、それを建物の壁や床、屋根に使うというものです。

スクリューや釘なんかは、それこそ、職人さんが現場でよく使うもので、いま流行りのハイテクに対していうならば、まさに「ローテク(手工業的製造)」。

どの業界も効率性を求め、機械化を進める一方で、地方は職不足になやんでいる。僕のなかでもこうした技術の再考はすごく刺激になりますし、残していきたい、継いでいきたいものと捉えています。


当時は、網野先生と一緒で、

設計上の工夫も本当にいろいろ勉強させてもらいました。

低利用材の活用というだけでなく、住まう家として、すばらしい建物ということを感じました^^


生活空間として必要なこと、熱利用をはじめ、採光、断熱、通気、空間・・・。

これらは設計した網野先生に聞かないと、素人の僕ではわからないことばかり≧≦

お忙しいところ、ご案内いただき、感謝感謝です。^^


こんな平角材でつくられています。
CIMG2839.JPG

南面からの採光が室内を明るくしています。
CIMG2851.JPG

国産杉材でつくられた大空間&網野先生によるレクチャー。^^
CIMG2852.JPG

最後になりましたが、

今月24日、25日に竣工にあたり、見学会が開催されます。

ご興味があるかたはご連絡くださいね。
これは実際に見てみないと、写真や画像ではこの良さはわからないですね^^


「オープンハウス 低市場価値製材を活用したマッシヴホルツ構法の建築実証」
場所:静岡県富士宮市

網野先生、平成建設の皆さん、ご案内ありがとうございました!(develop)


美濃加茂の里山と自然、そして教育

  • 2015.04.01 Wednesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。
研究開発室です^^

早くも4月ですね!
岐阜もだいぶあったかくなり、桜も満開に近づき、いい季節になってきました!


3月の終わり頃ですが、

岐阜県美濃加茂市の里山に行ってきました。^^

CIMG2635.JPG

森林文化アカデミーの先生と学生さん、森林組合と役所のかたで見学。
みなさん、ありがとうございます!!

獣道のような道を最近発見したということで、
早速、そこを通って山頂に向かいます!

少し踏み固められていて、良かった。。。なかなかの急勾配。

CIMG2630.JPG

これから整備が進んでいくみたいですが、

それでも竹などで覆われていた山をきれいに整備。竹がところどころ集められてましたね。

CIMG2642.JPG

幼稚園児や保育園児も

イベントで遊びにくるそう。^^

地元のおじさんが案内しながら、山で遊び学ぶ。。。水もきれい!

いいですねー^^

これからも定期的にやるそうなんで、楽しみです!!


そして、これがお目当てのアベマキ。

ごつごつした感じの樹皮が特徴です。

CIMG2636.JPG

樹皮の層がとても厚くて、手で押してみると、すごく弾力性があって、すごく意外でした!

これをエスウッドでボードにしていくんだなぁ・・・と、実際にいくことでやる気アップ!!
まずはできるかどうかの検証ですね。

CIMG2633.JPG



山頂付近には、地元のたくみアカデミーの学生さんがつくった東屋も≧0≦
ほとんどビスやくぎを使っていないということで、すごい!!と思うばかり。

地元で勉強している学生さんが、
学校の外で、実際にうでを試せるというのは、すごくいい経験だと思います!

CIMG2640.JPG

帰り際。

しいたけ栽培も見せてもらいました。
実は美濃加茂市はしいたけの菌床では有名なようで。

肉厚のしいたけができてました!

これまた新たな発見でしたね!

CIMG2645.JPG

CIMG2647.JPG

アベマキをボードにするために、アベマキがどんなものなのか、

その勉強にきたのですが、

それ以上に、美濃加茂の里山にすばらしさに感動。。。

子供たちが、ここで遊び学ぶ姿が目に浮かびます。


地元にある自然、地元のひとたちで作り上げられるつながりと教育。

また行きたいと思います!!(develop)

納品事例 ~土岐市立濃南小学校~ 

  • 2015.03.25 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。^^

先日、ストランドボード不燃タイプと標準タイプの2つが納品された

「土岐市立濃南小学校」に伺ってきました!

天気は晴れ!!
少し肌寒かったけど、
とてもすばらしい学校建築をみることができ、気持ちも熱くなりました!!

CIMG2825.JPG

CIMG2826.JPG

濃南小学校は、木造2階の学校です。
すぐとなりに中学校もあり、小中の校舎が同じ敷地に配置されることになります。

教育的な意味合いもあるのもしれませんね。

桧ストランドボードは、すべて岐阜県産材。

地場の木を、
地元で加工し、
地元の学校で!

正直に、嬉しいの一言です^^ いや、それだけでは言い表せないものがこみあげてきますね!



早速、学校のなかへ・・・・ご案内。


ストランドボードがいきなり目に飛び込んできます!エントランス↓
目地のとりかたもとてもきれいでした!!

CIMG2774.JPG

CIMG2771.JPG


2階にあがる階段にも、ストランドボードがきれいに貼られています。

CIMG2744.JPG


つづいて、教室へ。
1年生から6年生の教室すべてに、桧ストランドボード不燃が使われています!!
すごくいい雰囲気です^^

不燃タイプは、
防火上の配慮はもちろん、
画鋲もある程度させるので、掲示面としても活躍してくれると思いますね^^

子供たちの作品で、どんな壁面になるのか、作った僕たちも楽しみです。

CIMG2737.JPG

CIMG2740.JPG

その他にも・・・

廊下の壁面に。。。
羽目板の腰壁とのコラボは、デザイン的にも相性がとてもいいと思います!

CIMG2809.JPG

洗面所に。。。

CIMG2778.JPG

図書室の貸し出しスペースにも。。。

CIMG2806.JPG

もう学校全体が、木質構造材や木質内装、ストランドボードで、
すごく気持ちのいい空間になっていました。

子供たちもきっとこの学校を好きになってくれると思います!!

また、ここに子供たちの生活の色が加わり、濃南小らしい建築、空間ができてくるのが楽しみです!


最後になりますが、

これだけうまくストランドボードを活用していただいた、設計、施工、いろいろな作業に携わったかたに深く感謝しております。

今後もエスウッドとストランドボードをよろしくお願いします^^
(develop)

皆さん、こんにちは!研究開発室です。

森林総合研究所の高麗さんと進めてきました、木質ボードのパンク防止技術について、ついに特許権を取得しました!!

P1060128.JPG

正式には、

「パンク防止機能を具えたホットプレス装置と木質材料の製造方法」(特許番号:特許第5663726号)

森林総研さんとエスウッドの共同出願です!^^!


森林総研・高麗さんを中心として、静岡大学、東京農工大学、工学院大学、東京都立産業技術研究センター、そしてエスウッド。

このメンバーで平成21年度からの3年間、

「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」を実施!

みごとにその成果が特許としても認められたと思っています。


木質ボードのプレス技術は、世界的にみても一定のレベルに達しているかもしれませんが、

新しい技術や省エネ技術、
おおがかりにならない低コストでの設備導入の可能性について、

まだまだ成長の余地が残っているのではと感じています。

僕も専門家ではないので、深いことは言えませんが。。。


僕にとって、この事業での成果はもちろん、実験の進め方や手法、専門家とのディスカッション、論文などのとりまとめ、すべてがいい経験になりました^^

これらの技術を、どう実用化していくのか、どう効率的にPRしていくか、

まだまだ問題はつきません。

ただ、新しい技術の芽がでだしているのは確かですね。


これからも、関係者の皆さんとのネットワークを大切にして、
次のステージに進めればと思っています!
(develop)


町田市 さふらん幼稚園の木質空間

  • 2015.02.26 Thursday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

今日は、先日見学させていただいた「さふらん幼稚園」さんのご紹介です。

CIMG2548.JPG

さふらん幼稚園は、町田市にある幼稚園。

今月できたばかりの新園舎は、エントランスを入ると、
すぐに木質感あふれる空間が目に飛び込んできます。

清潔感があって、
木の居心地のよさ、
新鮮な空気を、感じることができました!!

4月からは、認定子ども園になるということで、保育園の機能も。
園舎の名前も、「認定こども園"さふらん" 」へ。さふらんナーサリーという保育園ができるそうです。

ホームページはこちらです↓
http://www.safuran.ed.jp/

子どもたちの元気な姿が、ブログでも紹介されていますね。 気持ちいい!≧o≦!

こっちが元気をもらえちゃいます!!


ストランドボードもこの空間で一役かってます!
マグネットがくっつくストランドボードが、教室の壁面やオープンスペースの壁面で使われています。

うるさくない、自己主張の少ない製品で、しかもマグネットがつく。

空間をあたたかく、清潔感ある、おちついた感じに仕上がっていました。

子どもたちの絵や装飾、作品を掲示したときに

うまくひきたたせてくれる木質素材が、エスウッドのストランドボードの特徴ですv^0^v ここ重要ですね!

設計いただいた、「イヅミ建築設計事務所」さんにはとても感謝しています。
また、「三ノ輪建設」さんにも木工事ではお世話になりました。

1階の教室の様子↓

どんなものが貼られるのかなぁ^^

CIMG2524.JPG

円柱の柱にもぐるっと。ベンチの上なので、コンクリート仕上げよりいいですね!↓

CIMG2520.JPG

2階の吹き抜けヨコの掲示面↓

CIMG2541.JPG

1階のオープンスペースの掲示面↓

CIMG2547.JPG


ちょうど伺った時間は、夕方。先生方の会議中でした。 大変なときにすいません。。。
たくさんお話ができなかったのは残念ですが、
そうした先生方の熱心な姿勢は、いつか子供たちにもいい影響を与えるんだろうなと思います。

少しだけ案内いただけた担当の先生には、
「環境教育・木育」と「ストランドボード」の関わりについて、
さわり程度ですが、お話しする時間をいただき、これもありがたかったです!

先生がたの頑張っている姿をみて、

メーカーとしても、もっと頑張らねばと。

子どもが住まう園舎、学校でストランドボードが気持ち良く使ってもらえるよう、
いい仕事を続けていきたいと思う、1日でした。
(develop)


こんにちは、研究開発室です!

いつもお世話になっている岐阜県生活技術研究所さんより、嬉しいニュース。。


岐阜県高山市にある木工製品、家具などの研究開発に精通した研究所ですが(下写真は研究所エントランスの展示)、

今回、弊社のイグサボードと桧ストランドボードを組み合わせた、

「吸遮音タイプのパーティション」を開発していただきました。


P1060057.JPG

担当の木村さんには、3年にわたり、試行錯誤していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

この吸遮音タイプ、片面が吸音タイプ、もう片面が遮音タイプになっていて、

吸音性は、

ヒノキ無垢材と比較して、全音域で吸音性が向上!!

遮音性は、

これまたヒノキ無垢材にかなり近い数値がでています!!!


ヒノキ無垢材に近い遮音性を保持しつつも、吸音性がアップ!!これいいかも!!

これがそのパーティション↓≧≦↓
いい感じに仕上がっています!!

安全安心PJ写真_生活研.JPG


避難施設などの間仕切りやプライバシー保護のためのローパーティションとして、
それがしかも自然素材。。。
いぐさの香り、ヒノキの香りがあり。。。
表面がイグサボードの場合、柔らかく、触り心地もいい。。。
桧ストランドボードも落ち着いた意匠、うるさくない意匠で、平滑な表面がとても気持ちいい。。


生活技術研究所さんのホームページにも掲載されています(新着情報)。
http://www.life.rd.pref.gifu.lg.jp/


生活研通信45号にも載せていただいていますね↓
http://www.life.rd.pref.gifu.lg.jp/pdf/HLTnews2014-45.pdf


さらに、今回の研究報告書はこちら↓
少しデータなども載ってます↓
「避難所における快適環境を提供する高機能建材の開発」

http://www.life.rd.pref.gifu.lg.jp/pdf/kenzai.pdf


まだまだ可能性の拡がる、桧ストランドボードとイグサボード。


たくさんのかたの知恵をいただきながら、

もっともっと活用の幅を広げたいですね。

生活技術研究所の木村さん、関係者皆さん、ありがとうございました!(develop)

皆さん、こんにちは。研究開発室です。

2月、ひたすらデスクワークが続いているこの頃です。
書類整理が最近多いような・・・。

集中するときはこういうのは集中するんですよね。

今やっている仕事のうち、大きな仕事になっているのが、

建築学会の技術報告集の作成。


特許申請の準備。

学会のほうは、18日締切なので、ただいま追い込み中・・・・・・・。

特許申請のほうは、大阪ガスさんとの連携事業で、先月末からちょこちょこ資料作成が入ってますね。


両方とも楽しみであり、期待ありなんで、しっかり対応していきたいと思ってます!
論文のまとめかたや特許のこと、すごく勉強になってますね!

ちなみに、

両方とも、茶がらの活用にかかわるお仕事。
そう、あの飲み物を作ったときにでる、茶がらです^^
何気に影で少しずつやってます^0^進んでいます^0^(笑)

桧ストランドボードの技術の応用で、うまく建材分野にのせられたり、他分野での期待も高まりますね!

来週くらいからは、実験開始!!!
あともう少し、デスクワーク頑張りますよー。(develop)

木材の乾燥は奥がふかい。

  • 2015.02.03 Tuesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

あっという間に2月に。
今日は節分です^^

岐阜もまだまだ寒い日が続いています。
雪ももう1回、2回くらいは、来るかなぁと、予想してますが、日向にでればあったかい日差しが気持ちいい・・・
春を感じますね^^


先日、東京で行われているA-WASSに参加してきました。^^

6時間くらいの長丁場の勉強会でしたが、とっても勉強になりました!


九州大学の藤本先生から、

木材の乾燥講座があり、

素人の僕にとっては、奥の深い、なるほどと思うことばかり。。。


ストランドボードの乾燥工程でも、

大きな気づきがありました。

なぜ、ストランドボードは、ヒノキの香りが残るのか、
なぜ、ヒノキの良さがボードにしても残せるのか、

このヒントを、、いや半分答えをもらえましたね^0^

あと、こんな実験、こんな試作をやってみようかなぁ!
なんてことを考えながら充実したお話しでしたね。


こういうのって、すごく重要ですね!(笑)


A-WASSは、たくさんの有識者のかたがた、木材の普及を本当に考えているかたがたの集まりで、いつもすごくいい刺激をうける場です。。。

A-WASSのホームページも立ち上がりましたので、ぜひご覧くださいね。
木と建築で創造する共生社会実践研究会  http://a-wass.org/


地域支部として、(少し宣伝を・・・(笑))

WASS東海も活動中です!!!!

東海エリアの皆さん、木のこと、建築のことを考える勉強会やっています!ぜひご参加ください!
事務局は僕なんで、いつでもご連絡を!(osada@s-wood.jp)

2月も頑張りますよー。(develop)

岐阜高山、家具へのこだわり。

  • 2015.01.28 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

先日、高山に行ってきましたぁ。
ワイドビューに乗って、それでも丸2時間。

岐阜市に住んでいる僕からすると、
同じ岐阜とは思えない光景。

冬らしい、飛騨高山らしい気候でしたね。

P1060037.JPG

P1060059.JPG

あいにく、高山駅は改修工事中。
改修後のできあがりが、どんな駅舎になるか、いまから楽しみです!!

本題にそろそろ。。。

高山には、家具屋さんが多い。

そういう勝手なイメージですが、

今回、そのうちの工場の2つを見学させてもらいました。。

と、

その前に、今回は木材の不燃・準不燃化技術にかかわる技術支援講師として、高山訪問^^
生活技術研究所より依頼をうけて。。。

こうして呼んでいただけるのは、とてもありがたい^^

エスウッドも家具への挑戦!!
なんとかストランドボードを使った家具づくりにこぎつきたいところです。(まだまだ個人的な思い^^)

さて、見学した2つの工場は、JAS認定などを受けた、とてもすばらしい工場でした。

驚いたことは、

思っていた以上に、職人さんの手作業が多く、まさに職人技、手作りという印象が強かった。

ああいうふうにできた家具は、そりゃ、質のいい、長持ちするものなんだろうなぁと。

同時に見学のなかでも、学ぶことが多かった!^^!
いろいろ、いろいろ・・・と。。

飛騨高山の家具、いつか買いたいなぁと思います。。
できれば、国産のもの、国産材のものですよね。

そして、いつか国産の桧ストランドボードでも家具が作りたい!
またひとつ、夢そして課題が見つかりましたぁ。(develop)

ストランドボードはぎふ証明材です。

  • 2015.01.20 Tuesday
  • posted by 開発
こんにちは!研究開発室です。^^

ついに!

ストランドボードも公に「ぎふ証明材」として、皆さんにお届けできるようになりました。

すいません、

これ、実は昨年からなのですが・・・。

IMG.jpg

とはいっても、

設立16年目、っと、岐阜県産間伐材を使ってきました。

認可がおりる前とあと。
何が違ってくるかというと、

県の補助金の対象製品となります!!! これは、大きい!


桧ストランドボードを使って、内装木質化すると、

1㎡あたり2,000円の補助がつきます。

けっこう大きいですよね。^^

杉もOKです!!


ちなみに、今年度、早速ですが、

地元も地元!

各務原市の養護学校に採用されています。^^ありがたいですね。


気になるかた、ご興味があるかた。ご連絡くださいね。
(tel:058-379-3023、mail:osada@s-wood.jp)

養護学校の施工写真は、

また許可がでれば、撮影して、見せれる範囲でお見せしたいと思っています。

仕上がりが楽しみですねーー。(develop)

今日から仕事はじめ。

  • 2015.01.05 Monday
  • posted by 開発
あけましておめでとうございます。研究開発室です^^

終わってみれば、
あっという間の休暇でしたね。


岐阜でも年始は、積雪もありました。
けど、そこは例年通りっていう感じで、
何事もなく、休暇を過ごせました^^


思えば、

昨年は、地元岐阜で、2つの物件の納品があり、(なんと!?エスウッド設立、初めて!^^!)

ひとつは、岐阜市の図書館、ぎふメディアコスモス。(→納品継続中・・・)
そしてもうひとつは、土岐市の濃南小学校です。

メディアコスモスは、来年夏オープン予定。
そして、濃南小は4月開校予定みたいです!


地元でストランドボードを使ってもらえるのは、
何よりも、
嬉しい!!ありがたいです。


土岐市HPより。↓

nounansyo_image2.jpg

nounansyo_image3.jpg

エスウッドも、

設立16年目に入りました。

まだまだ、

不安ばかり!?いやっ、それよりも期待が膨らんでます!


皆さんのご協力、ご指導、いただきながら、
そして、感謝しながら、
今年も楽しんで頑張っていきたいですね!!

今年もよろしくお願いします!!(develop)


こんにちは。研究開発室です。

岐阜市でいま、工事が進んでいるぎふメディアコスモス。
伊藤豊雄さん設計の案件です。。。

2013.02-01.JPG
岐阜市立図書館のHPより
http://lib-gifu.city.gifu.gifu.jp/main-top.htm


特徴はなんといっても、

県産材を使った屋根。
木の重なりがなんとも言えない、というより、こんなことできるんだとびっくりでした。

写真をだしたいんですが、見学したときにまだ非公開で、と言われ、
残念ながら、写真なしです><あー。


この現場から東へ約10km。各務原のうちの工房では、

もうひとつの目玉。

"燃えにくい木質材料"。

ただいま、

桧ストランドボードの準不燃タイプが着々と、

納品されてます。^^

このほとんどが家具や装飾用です!!

先週末は、10パレットを出荷。
外気に極力触れないよう、しっかり梱包して、いざ次の加工へ!

CIMG2148.JPG

かなりの量が出荷されましたねー。
あとは家具加工屋さんが、どううまく加工し、作ってくれるか。

仕上がりが楽しみです≧u≦


どうやら、

年明けまで出荷が続きそうですが、

なんとか、この大きなプロジェクトにも最後までしっかりと対応できそうです。

オープンは来年夏。が予定!

皆さん、岐阜に来られたときは、一度お立ち寄りくださいねー^^(develop)
おはようございます。^^
研究開発室です。

今日は、いまエスウッドも参加させてもらっている環境教育のプロジェクトのご紹介です!

このプロジェクト、主導で動いているのは、

岐阜県美濃加茂市さん、加茂森林組合さん、森林文化アカデミーさんです。


昔から美濃加茂地方で生育する、アベマキ。(ウェキペディアより↓)
あまり聞きなれない木ですが、
コルク質の樹皮、特質した硬さ・重さが特徴です。

250px-Quercus_variabilis_JPG1a.JPG


美濃加茂市で豊富にありながら、有効利用されていないアベマキ。
いろいろ、くせがあるみたいです。。。
これを学童机や掲示ボードに活用しようというのが最終目標。

ただ、、、

それだけでは、大人が作って終わり。

それでは、、、と、提案されたのが、

「子どもたちと地域材をつなぐ取り組み」でした。


このプロジェクトは、来年早々にスタート。

山之上小学校の5年生を対象に、伐倒や製材現場を見学し、勉強します。
乾燥を経て・・・
再来年には、天板製作です^^

そして、
ぴかぴかの新1年生がそれを使う。
すごくいいプロジェクトです!

エスウッドの関わりとしては、

その樹皮の活用。学校の掲示板として利用見込みですねv^o^v

コルク質の樹皮は、市販されているコルクボードの原料に近いもので、

すでにボードも試作済み^^

アベマキ樹皮の原料は、こんな感じ↓
にぎるとちょっと硬めのグミみたいな。≧≦

1.アベマキ樹皮原料.JPG

ノンゲルを噴霧して、成形へ。
まだ試作段階なので、手作業です@_@

考えてみたら、ノンゲルも安全性の高いゴム系の糊。いいマッチ!!

3.原料のフォーミング.JPG

成形したら、こんな感じに↓

4.成形マット.JPG

加圧と加熱で、こんな感じに↓

弾力性のある樹皮ボードの仕上がり≧0≦

6.ボードの完成.JPG

掲示用が見込まれているので、
画鋲のささり具合もテストしてみたら、

学校で一般に使われている掲示ボードと同等のささりやすさ。(数値としてもでてます!)

これはいい!!

地元の材を使って、

地元で加工、

子どもも手伝いながら、

できたものを地元の学校で使う。

こんな活動が、あたりまえになる時代がくるといいなと、、、

思いながら。

来年からのプロジェクトが楽しみです^^(develop)

こんにちは、研究開発室です^^

今日は、茶葉や茶がらを活用したボード開発の一部をご紹介。

以前に行った岐阜県白川の茶葉畑。
感動的な日本らしい風景^^

癒されますねー^^

P1040653.JPG

P1040655.JPG

少しずつですが、

我が工房、実験のほうでも、いろいろやっています。(実は。)

今回、工場で1m×1mサイズで試作。

P1050944.JPG

P1050950.JPG

お茶の香りが・・・^^

ボードづくりの精度を高めていく必要はありますが、

お茶が凝縮された感じです!


先週、このボードを有孔加工してみました。

うまくできるか心配だなぁと、思いつつ、仕上がりは・・・

P1050990.JPG

おっ!?

なかなかいい感じですv^0^v

やってみるもんですねぇ。

ちなみに今日からは、茶葉ボードの調湿試験。
なんとなく、調湿性ありそうだなぁ。。。

P1050995.JPG

結果はまた後日、公開!!

今年もあと1カ月。
やっておかねばいけないことが盛りだくさんです。
皆さん、ラスト、悔いの残らないようがんばりましょう!!(develop)

エスウッド研究室の日々~3~

  • 2014.11.19 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

今月は、大阪市立大学の学生さんが、うちの実験室に来て、一緒に試作開発してます。


学生さんの研究などの受け入れは、今年で4年目になりますが、毎年、しっかりやっていってくれるのでとても気持ちがいいですね。

質問もたくさんしてくれるし、意欲がありますね。


今年は、軽量天井材の開発ということで、

震災後、大きく取り上げられている題材です。

震災では多くの建物の天井が落下し、落下の衝撃により多くのかたが亡くなられました。


そこで、いくつかの対策がとられていて、

そのひとつが、

この軽量天井材の設置ということなんです!

建築基準法の改正もあり、公共建築をはじめ、中大規模建築にはとても必要な部材となります。


学生さんは、今月上旬にみっちり2日間。
明日も急きょ来てくれることになりました。(ありがたいです。)

うちの実験室は、
ひと通り、工具やら実験用の機械がととのっているんで、
ある程度のことはできちゃいますね。

そこが強み(笑)

P1050925.JPG

P1050929.JPG

P1050928.JPG

明日も1日、頑張っていきましょー!!(develop)

おはようございます!研究開発室です^^

11月8日、福島での展示会に出展してきました!
テーマは、「環境とエネルギー」。

CIMG1864.JPG

JIA東北支部が主催するシンポジウムと展示会が同会場で行われていて、
福島をはじめ東北エリアを中心に活動されている設計のかたが集合!!^^

シンポジウムでは、地元で活躍されている設計事務所や学識者によるディスカッション。
テーマは東北復興ですね。。


建築がどう役割を果たしていくべきか、

自分たちの立場だからこそ、発信していくべきことがあるのではないか、

共感しながら、聞くことができました。。(展示会の合間に少し・・・)


展示会のほうはというと、


CIMG1860.JPG

うちの国産ストランドボード、

あと、断熱性のいい木製サッシ、

そして、自然塗料のリボス。

この3本立てでした。^0^


お客さんの入りも上々。。

学生さんも多かったですね。。


何人かの設計担当との意見交換では、

販路拡大への課題を挙げられ、その対応にも今後は取り組みたいと思っています。

学生さんの模型など↓
CIMG1866.JPG

展示会の様子↓
CIMG1872.JPG

CIMG1869.JPG



復興に向けた動きが、必ずしも順調ではないのかなと感じつつ、

岐阜という離れた場所にいると、

それを考え、思うことも少なくなっていたことを感じさせられました。


自分が何ができるのかと言われると、

直接、これができるということが言えないのも、何とも言えない思いがこみ上げてきます。


今回のこうした展示会をきっかけに、

エスウッドの活動が、国産ストランドボードが、

何かしらのかたちで、復興のお手伝いができるといいなと感じています。

ちょうど、このタイミングで、

福島の小学校にも、桧ストランドボードが納品され、

学校建築という分野で、復興へのお手伝いもできるのかなと感じています。


個人的にも、

仕事の取り組みにとっても、

何か、あらためて頭のスイッチを入れられたような2日間となりましたね。

感謝です。。ありがとうございました。^^(develop)

おはようございます、研究開発室です^^

先日、こちらに行ってきました↓

CIMG1758.JPG

東京、新木場にある木材合板博物館。。。立派な建物ですね。

今月16日になりますが、

RC造やS造建築物における木質内装セミナーに参加してきました^^

CIMG1776.JPG

RC造、S造建築の内装木質化に焦点をあてたハンドブックとサイトができました。
ということで、セミナーに参加。。
こういうのができてくるのはとてもありがたいことですね^^

そこにもエスウッドの紹介がされていますので、ぜひご確認ください!
http://www.woodmuseum.jp/naisou/index.html

やっぱり、不燃と準不燃。ここ注目です!


それと、

ティンバライズ TOKYO2020を見学。これは、2020年のオリンピックに向けた木造建築の可能性について模型などのプレゼンがされてました!

CIMG1771.JPG

CIMG1770.JPG

CIMG1772.JPG

2020年、新しい価値を見出す可能性のあるオリンピック。

木を使った都市空間がどんなふうに展開していくのか、とても楽しみになります!!

そこに、ストランドボード不燃も使われるといいなと思いつつ。。。
不燃タイプの新素材として十分、その可能性はあるのかなと思ってます!!


話しをもとにもどして。。。

都市部では、どうしても大規模な建築になるほど木造というのが法的に難しくなるのかなと。
そこで、RC造やS造でも簡単に内装木質化できる体制づくりというか、PR手法というのか、そういうのはメーカーとしても必要じゃないかと思っています。

構造躯体で使いにくい土地柄では、

内装であったり、

外装やエクステリアであったり、

家具など備品類であったり、

・・・と、

それでも使える場所はたくさんあるのかなと思います。


そんななかで、

最近、設計事務所のかたと話して、

ストランドボードって、意外にコンクリートむき出し面でも意匠的にも合うんですよね、

そんな話を聞きます。

国産ストランドボードの普及に向けて、1歩1歩前進していきたいですね!!(develop)

皆さん、こんにちは。

研究開発室です!

今日は、少し視点をかえて、木質チップ舗装のご紹介です。^^

こないだ、岐阜県羽島市にある運動公園でこの舗装が施工されるとの情報をゲット!
早速、当日行ってきました。。

CIMG1667.JPG


この舗装のねらいは、

  • 未利用、低利用木材をどんどん活用しよう!
  • 非加熱なので施工もらくちん!大型重機いらず!工事に場所をとりません!
  • 無溶剤なので、環境にもいいですね!
  • もちろん歩道としての歩き心地は、やわかめの仕上がりでとてもいいんです!
細かくはもっとたくさんあるのですが、、、

透水性、断熱性、凍結防止、チップのはがれの抑制・・・

データなどは問い合わせくださいね。


今回の工事は、公園内3期目の工事。

すごくきれいに仕上がっていますね。^^
作業の様子。。。

木質チップとバインダーをこねこね。。。↓

CIMG1682.JPG

敷いたら、とんぼでならします・・・

CIMG1655.JPG

小型の転圧機がフル稼働!!↓

CIMG1664.JPG

これで完成です。。。

CIMG1666.JPG

がちがちに固めていないので、

木質チップの感じも残ってます!!

未利用材の活用ではじめたこの事業。
施工実績がまた増えて、うれしいかぎりです!

都市での炭素固定、山への貢献。いいですね。。

ご興味があるかたはお問い合わせくださいね。
そうそう、来年は大きなイベント会場でも使われるようです!^^!
(develop)

こんにちは、研究開発室です^^

来週10月17日に、東京の港区立エコプラザで行われる、

みなとモデル対応製品の展示会に出展します!

時間は11時~17時。

案内はこちら↓(みなとモデルHPより)

スクリーンショット-2014-09-03-13.48.39-212x300.png

昨年同様、「チーム東白川」で出展します。。。

見どころは、やはり不燃タイプか。

桧ストランドボードは今年4月に、
杉ストランドボードは8月に、
認定が取れました!!

それともうひとつ。
まだ開発途上ですが、
消臭&抗菌タイプのストランドボードもお披露目。(開発中ですので経過報告まで^^)

サンプル&資料は、当日配布しますね。
皆さん、ぜひぜひ、お越しください^^


ちなみに、昨年はこんな感じでした↓

P1040858.JPG

P1040844.JPG

P1040842.JPG

ご興味があるかた、お越しください。おそらく僕はだいたいいると思います。
皆さん、お待ちしてますね。(develop)

みなさん、こんにちは。研究開発室です。

10月に入り、ひきつづき、エスウッド工房も順調に稼働しています^^

だんだん寒くなってくる時期ですが、180度の熱プレス機が稼働する工房の職人にとっては、ありがたいこと。
もうしばらくは、準不燃タイプの生産が続きそうです。。


今日は、みなとモデルのお話を。

正式名称は、"みなとモデル二酸化炭素固定認証制度"。
僕らはみなとモデルと略していますね。

東京都港区が展開する、森林圏と都市が連携した取り組みです。

こちら↓
http://www.uni4m.or.jp/


今回は、

● 杉ストランドボード 不燃

P1050916.JPG

● 桧ストランドボード 準不燃バージョン1

P1050912.JPG

この2種類をアップしました!

それぞれに良さがあります。

不燃タイプのほうは、これまでヒノキだけだったのを、スギでも新たに不燃認定を取得し、ただいま売り込み中です!^^

不燃の性能はもちろんのこと、意匠面、安全面、価格面で、とても使う価値あるもの、いいものと思っています。


準不燃タイプのほうは、壁面用だけでなく、家具などでも利用可能です。
ずっしりした重量感とストランドボードの意匠が、とても高級感を感じさせてくれますね!^^
今年は図書館の棚板や家具などでも使われる予定です。。

なんと言っても、ヒノキチップだけを圧縮してできるので、
間伐材の有効利用に大きく貢献できます!


そうそう。

今月17日(金)には、港区エコプラザにて、展示会があります。
http://news.uni4m.or.jp/?p=901

弊社も岐阜県東白川チームとして参加しますので、ぜひぜひお立ち寄りくださいね^^
(develop)

エスウッド研究室の日々~2~

  • 2014.09.25 Thursday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

6月にぎふメディアコスモスのブログをアップしましたが、今日はそのつづきを。^^

これ↓は、岐阜市のホームページからもってきたんですが、話題のうねった屋根部分もだいぶ完成に近づいているようで、工事も順調のようです。^^

media_cosmos_image-1.jpgのサムネール画像

そろそろ、うちの"ストランドボード準不燃"の出番ですね!

先月、ちょうど見学会があったので、現場を見てきました。
ストランドボードを使ったモックアップもありましたね。(やった!)

書棚の棚板として、ストランドボードが使われており、コンクリートとストランドボードの色目がいいかんじに、マッチしてみました^^


ほんとはそのときの写真を載せたいところですが、まだ大々的に公開できないということで、岐阜市図書館のサイト、作業日記をご覧ください。
ここに少しだけ載ってました^^笑

http://lib-gifu.city.gifu.gifu.jp/notice-each%20library09-2.htm


研究室では、この「桧ストランドボード準不燃」の試験を進めてきました。


この製品の特長は、一般的な準不燃材よりも白華現象が抑制されていること。
ここにつきます。
そして、異素材との複合ではなく、純粋なひのきにこだわった素材であること。

厚みもあって、重量感、木質感は一級品ですね^^


棚板として使われるのは初めてで、強度試験のほうもやっています。

P1050591.JPG

うちでは、よくJIS規格のパーティクルボードを基準とするのですが、

はく離試験結果・・・全サンプル合格

曲げ試験結果・・・全サンプル合格

厚さ膨張率・・・全サンプル合格


驚いたのは、厚さ膨張率の試験結果が、際立ってよかったこと。^0^
部分的にはイソシアネートなどの水に強い接着剤を使った木質ボードに匹敵する値がでました!!

関心があるかたはいつでもご相談ください。こちらへ→(osada@s-wood.jp)


そして、もうひとつ。

調湿性。 恒温恒湿槽で試験です^^

P1050525.JPG

今回、家具や書架での活用ということで、
いくつか確認しておくことがありました。。。

そのひとつが、調湿性。いわゆる吸湿と放湿の特性ですね。

これが優れているということは、吸ったりはいたり、湿気の出入りが多く、準不燃材料にとっては、

ある意味・・・、

困ります。というのも、中に含まれる難燃剤が、その吸ったり、吐いたりする過程で、表面にでてきて白く結晶化してしまうからです。


難燃剤は、湿気を呼び寄せる特徴があるようで、

製品によっては、湿気の高い時期に表面が濡れ色になったりする現象も起こります。


弊社のこの準不燃タイプは、

そうした現象を抑えた製造工程をふんでいます。そこはもちろん秘密ですが^^

いずれにしても、

調湿性自体が、抑制されることで、

→ 湿気の出入りが少ない 

→ 表面が濡れ色になりにくい(意匠の安定化)

→ 白華現象が起きにくい(白く粉ふくことがとても少ない)

→ 表面の凹凸も標準タイプよりも少ない。

こんないい循環がうまれそうです^^!

詳しくお聞きなりたいかたはまたご連絡くださいね。(develop)

tel  058-379-3023
mail  osada@s-wood.jp(長田)

飛彈の家具 学びの旅

  • 2014.09.17 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

先日、岐阜県高山市の「飛彈の家具フェスティバル2014」に勉強に行ってきました。

CIMG1468.JPG

岐阜高山と言えば、皆さん何を連想しますか。。

歴史ある街並み。。。
合掌造りの白川郷。。。
奥飛騨などの名湯温泉。。。

そして、それらと並んで、

歴史の深い洗練された技術によって生み出される"飛彈の家具"。

今回は、飛騨の家具の新製品やその歴史を学ぶことができました。(かじりぐらいですが(笑))


展示会場にはいると、

ごみごみした感じではなく、作品の絶妙な配置や照明などの空間デザイン、そして洗練された家具のひとつひとつに、感銘を受けました^^

CIMG1470.JPG

CIMG1478.JPG

以前、うちでも少し開発に取り組んだ有名なデザイナーさんエンツォ・マーリ氏の椅子も展示されており、懐かしい気分にも。^^

ストランドボードの使い方には、まだまだ開発の余地があるなと感じました。

こんなかわいい木工おもちゃもありました^^つみぼぼって言います。↓

CIMG1453.JPG


夕刻、場所を移動しまして、

飛騨産業さんにおじゃま。

その一角は、木造校舎をリニューアルした感をそのままに、木々の間からは木漏れ日も、気持ちいい時間が過ごせました。

CIMG1487.JPG

外の気持ちいい環境のなか、お茶をして、

飛騨産業さんのショールームを初めて、見学させてもらいました。

CIMG1489.JPG

CIMG1490.JPG

良質なさまざまなタイプのダイニングテーブルやチェアがならび、僕自身、家具の見方も少し変わったような気がします。
柾目をあらわしにした新製品のテーブルもとてもほしくなる一品でしたね!


ストランドボードも陳列棚用の素材として、きれいに使われていました!^^!。↓

CIMG1505.JPG

CIMG1503.JPG

CIMG1508.JPG

ストランドボードのクリア塗装の部分と少しダークに色づけ塗装した部分と絶妙な照明がうまく椅子などの展示品をひきたたせてくれています!

純粋なヒノキを活用し、うるささのない、かといって無地ののっぺりした感もない絶妙な意匠が、主役をひき立て役になっているのかなと。

うまく活用してもらい、飛騨産業さんにはとても感謝しています。^^

また高山に行ったら、寄りたいですね。
今回もとてもいい勉強になりました。そして、この経験を次につなげたいですね。(develop)

工房にかおるいぐさの新鮮な香り

  • 2014.09.10 Wednesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは、研究開発室です。

これの写真↓ なんだと思いますか?

P1050870.JPG

答えは、イグサボードの表面を撮影したものです。
イグサを全面におしだしたとてもきれいな仕上がり^^

今日は、エスウッド工房にてイグサボードを作っています^^


この製造技術を支えているのが、弊社が使っている糊、ノンゲル。
構造用合板などで使われている他の糊でも試したことがあるんですが、いまいち接着がよくない。(ぼろぼろくる・・・)

植物資源の加工=ノンゲルの活用ですね!


エスウッド工房は、普段はヒノキを使って、ストランドボードを作っています。

なので、普段は、"ヒノキの香り"がかおる工房です。
たまに、スギの加工もあるんで、"スギの香り"がかおる工房のときもありますね!
そして、たったいま、かおるのは"イグサの香り"です!!


実験室にいても、イグサの新鮮な香り、加熱による香ばしい香りが届いてきますね。
いるだけで、リフレッシュ!^0^!
やっぱ、イグサの香りはいいですねぇ。。明日もかげるかな。。


イグサは、もともとたたみの原料で使われるもの。
ただ、たたみで使えない成熟しきれないイグサもどうしてもでてしまうんです。
使えないものでも、加工の工夫しだいで、こうやってとってもいいものになります。

もちろん、使っているのは、中国産ではなく、国産イグサ、熊本産です!

安心安心。。

いぐさ畑↓ イネみたいですね。

P1030775.JPG

株分け作業です↓ 1本1本大変な作業です。

P1030789.JPG

ボードづくりでも細かい微調整をしながら、、、

P1050876.JPG

完成です!↓

P1050868.JPG

イグサの育成からボードづくりまで、たくさんの人が関わってできる製品
それがイグサボードです。

ぜひ皆さん、ご興味がありましたら、お声かけてくださいね!(develop)

こんにちは、研究開発室です。^^

桧ストランドボードの不燃技術に関わる木質ボードの特許出願が完了しました。
ついにここまで来たか!
という感じです!

タイトル・・・
「不燃積層ボードの製造方法、及び、該製造方法により製造される不燃積層ボード」

僕がエスウッドに入社して6年。
2つ目の特許ですが、本業にかかわるものはこれが初!!

建築基準法の防火材料不燃レベルに到達するための技術としては、誰もやっていない技術だと思います。

なんといっても、

無垢突板を除き、木質系のボードで、化粧用として使えるものは、
とても珍しく新しい素材です!^^


ちょうど1年くらい前は、まだまだ技術開発に悪戦苦闘してたなぁと思うと、
なんだか、この1年でだいぶ進化したなぁって思います。

準不燃レベルはクリアできても、
不燃レベルとなると、
階段を1段ではなく、3段も4段もあがる感じで、とてもハードルが高い!

それをクリアできたことで、
ランダムストランドボードへの愛着も、これにかけるも思いも一段と増しましたね。

これからが楽しみです。^^


ちなみに、本特許には、ヒノキだけでなく、他の針葉樹や広葉樹、いぐさや茶葉などの植物資源も範囲に含まれています!

いやぁ、植物資源を活用した不燃素材の未来が楽しみになってきました!

ご質問などは、お気軽に下記までご連絡を^^(develop)
画像がなく、すいません。。。

問い合わせ先
tel 058-379-3023
fax 058-379-3024
mail info@s-wood.jp




エスウッド研究室の日々~1~

  • 2014.08.26 Tuesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

研究室の日々の活動をブログにアップしていますが、

そこには、
実験の話あり、
セミナーや勉強会の話あり、
普段の思いあり、
その他もろもろあり^^

そこで、今日から

"エスウッド研究室の日々"と題して、

特に桧ストランドボードにかかわる実験の様子をアップしていこうかなと思います!

難しいことはやっていませんので、
こんなことをやってるのね、みたいな感じで伝わればいいのかなと。≧v≦


早速ですが。本日の実験テーマは。

水や湿気が多い環境下で、木本来の持つ吸放湿性や吸水性を殺さず、いかにストランドボードの表面の凹凸を抑制できるか。
これは難しい!!すんなりいかないと思いながらも、実験スタート。。。

まず、一般的なお話しを。
チップや木繊維などを使った木質系ボードというと、水に弱いというイメージがあります。水がかかったり、多湿下にずっとおいておくと、表面がでこぼこしてくる。
例えば、チップが湿気を吸って、膨張して、表面がでこぼこになる。それとか、湿気を吸うことで接着力が低下する、そんなことが原因かなと考えています。

もちろん、室内で内装で使う分には、直接風雨にさらされたり、外気の影響を受けにくいので、それほど、際立った問題にはならないんで、

桧ストランドボードも、学校であったり、病院であったり、いろんな公共建築で使われていても、木質内装材なんで大きな問題にはなってませんね。


解決策として、
よくある話は、使っている糊を強力でがちがちに固めるタイプを使えば、それか、たっぷり樹脂を混ぜて固めたりすることで、だいぶ抑制できるということ。

ただ、それでは実験としてはつまらない!

というわけで僕は別の方法でやることにしました。


提案方法で処理したボードと、無処理のボード。
表面に水分を含ませながら、随時、含水率と目視確認をしていきます。

ここから、ひたすらデータどり。≧≦

P1050797.JPG

P1050804.JPG

ストランドボードの含水率はとても低く5~8%。

電気式水分計で測定していきます!ひたすら・・・
便利な水分計で、計測先の針をボードにさすと、さした付近の含水率がすぐさまわかります!^^

この日は天候が悪かったので、空気中の湿気を吸って少し含水率が高めの部分もありましたねぇ。

今日明日、もしかしたらあさってと、この作業が続きます・・・。

何か新しい発見があるといいなと思いつつ。
今日も実験続けます。。。(develop)

大事にしたい木の建築

  • 2014.08.19 Tuesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

あっという間にお盆休みを終わり、研究室も昨日から始動です!

今日は、まずこの写真から。(ネットから抜粋)

10b1f6a8.jpg

500_34346790.jpg

ここは、岐阜県板取にある板取中学校。

お盆の帰省で、板取に行ってきたときに立派な木の建築を発見!
外から見た感じ、木をふんだんに使ってあって、まわりの景観ともぴったり^^


ネットでみていると、

レストランやペンションと間違えるかたもいるよう・・・。


残念なのは、近い将来、中学校が統合されるとのこと。
聞いたところでは、
おとなりの洞戸中学との統合のようですが、子供が少ないというのが現状のようです(ちらっと聞いた話ですので、本当なのかどうかは、ご確認を。)。
これは仕方ないのかな・・・と思うしかなく。

そして、もうひとつ気になるのは、

この建物。

そのあと、どう使われるのか?使われないとメンテも行き届かなくなるし、痛みを速くなるのかな・・・なんてことを思いながら、自宅に帰ってきました。


大事にしたいと思わせてくれる建築、
そういう建築ってなかなかないのかぁと思ったりして、

もしかしたら、木の建築だからそういう思いをめぐらせられるのかなと思ったりなんかもして。

外部の僕がいうことではないんですが、地域の方々にはぜひ大事にしてもらいたいなと思いました。
(develop)

見に行きたくなる木造建築

  • 2014.07.28 Monday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。研究開発室です。

いきなりですが。この建築、驚きです^^

23656323.jpg

sunnyhills-by-kengo-kuma-associates-2.jpg

隈研吾さん設計、作ったのは岐阜県白川にある翠豊さん。
台湾発のケーキ屋さん(サニーヒルズ)です。場所は南青山。

新建築などにも掲載されているようですが、岐阜県東白川の木で組まれた構造で、たくさん木が使われています!

一度、実際に目にしたいですね。
今度東京出張のときは・・・。


この話題。。。

先週末、WASS東海の勉強会で、翠豊の今井社長より、特殊な木造建築について、ご講演のなかで紹介がありました。
事例紹介では、長いあいだ、木造建築に携われていて、おもしろいユニークな建築ばかり^^

見ていて楽しい!!
聞いてて楽しい!!

とにかく、見に行ってみたいな・・・と思う建物が多かったですね!

今回の講演テーマは、
「これまでも木造、これからも木造 ~なぜ特殊な木造をやるようになったのか~」

写真は、すごくかたそうですな感じですが、
そんなことはなく、とてもやんわりとした感じで進行・・・。

P1050723.JPG

P1050730.JPG

参加者の皆さんからも、
時間いっぱい、質問や意見、普段のお仕事で感じていることなど、有意義なディスカッションが展開。

素人の僕からみると、

サニーヒルズ(上の写真)の建物は・・・

構造計算よくしたなぁとか、
部材のカットする角度や寸法も精度が求められるんだろうなぁとか、
さらに不燃処理されているということで、そのリスクもあるなぁとか、

とても洗練された建物に感心するばかりで。。。

地元の岐阜に、こんなにすばらしい建築をつくる翠豊さんがあることは素直に嬉しいです。^^

こうした勉強会に参加していると、
木の良さを知ってもらうために、
ほんとに多くのかたが、頑張って、取り組まれている。


いつも刺激を受けることばかりなんですが、

エスウッドも地元にたくさん貢献できる仕事だと思っているので、
皆さんに力をもらいながら、嬉しい気持ちにさせたり、喜んでもらえることをやっていきたいなと思います!(develop)


断熱性の良し悪し。

  • 2014.07.15 Tuesday
  • posted by 開発
こんにちは、更新が少しあいてしまいましたが、久しぶりに開発のほうを。

昨日は、森林文化アカデミーさんに行ってきました!

P1050705.JPG

なんとなく、木の建物をみると、嬉しくなります^^

P1050707.JPG

本日の仕事場。横には集成材工場かな。お昼には作業による若干の振動も・・・。
中は全面的に木質化されていて、とてもいい環境でした。。。

そして、
今日使う機械はこれ。

P1050697.JPG

P1050700.JPG

熱伝導率の測定装置ですね。

試料となるボードの上が温かく、下が冷たくなっています。
一定時間置くと、機械が勝手にデータ取りして、製品の熱伝導率を試算してくれるというしくみ。

こんな感じででてきます。スーパーのレシートみたいv^^v

P1050690.JPG

昨日はボードの種類や厚さ、密度などさまざまな設定で、11体の測定ができました!
今回の成果はまたホームページにもアップしますね。

ちなみに、おおまかにご報告しますと・・・

桧ストランドボード標準タイプの熱伝導率は、
桧無垢材同等か、
それより優れていることがわかりました^^

良いデータとりができて、よかった!

次回はここからさらに断熱性能を上げるため、一工夫しますよ^^!
楽しみ楽しみ。。。(笑)
(develop)

教科センター方式とストランドボード。

  • 2014.06.30 Monday
  • posted by 開発
こんにちは!

研究開発室です。

今日は、京都市左京区にある同志社中学をご紹介します!
建物はとってもきれいで、レンガ調の外観、整った街路樹、芝生のグランド、そして内装にはストランドボード^^

建物を見たかったのもありますが、教科センター方式という、日本でも事例の少ない最先端の教育手法をとりいれた様子をたくさん見学させていただきました。

CIMG0943.JPG

昼休み、こどもたちがいろいろな遊びで活発に楽しんでました↓

CIMG1022.JPG

そして、これが研究会の会場↓^^

CIMG0950.JPG

教科センター方式、という言葉を初めて耳にするかたもいるかと思います。

僕も今回初めて、

先生方の話を聞き、
子供たちの様子をみて、

勉強することができました!

ここでは、生徒が教室で先生が来るのをまつのではなく、生徒が先生のいる教室にいくんです。
国語の教室があり、理科の教室があり、英語の教室があり・・・といった感じですね。

休み時間になると、自分のロッカーにいって、
次の授業の道具をもって、移動します。

チャイムもありません。
校内にある時計などを頼りに、自主的に行動します。

大学のような感じでしたね。

あとは、授業もiPadが取り入れられていたり、
電子黒板が取り入れられていたり。
自分のときとは大きく違い、びっくりです。20年くらい前のことなんでそりゃそうですが・・・。笑

掲示物もこどもの選択肢の自由度が高く、
どこにでも掲示できるよう、ストランドボードが使われています^^

あるスペースの1枚の壁が、
貼り方次第で、いろんな形に、さまがわり。壁がひとつの作品ですね。

CIMG1003.JPG

CIMG1036.JPG

CIMG1010.JPG

すごくおもしろい見学会でしたね。

これから、ハード面もソフト面も子供の自主性を重んじたスタイルが増えてくるといいなと思います。

中学生くらいになれば、ある程度自分のことは自分で判断し、行動できるようになれると思います。
一定の自由度をもたせつつ、大人が手助けできる部分はして、こどもの成長をぐんとのばせられればいいんじゃないかなと思います。


最後になりましたが、同志社中学の先生方、ありがとうございました!

同志社中学さんのホームページに教科センター方式の説明がありましたので、
ご興味あるかたはどうぞ。。(壁面はストランドボードですね^^)
http://www.js.doshisha.ac.jp/jhs/campus/center2011.html

研究会の様子を最後に^^

CIMG1000.JPG

CIMG1028.JPG

CIMG0995.JPG

(develop)

トップページを新規一転。。

  • 2014.06.24 Tuesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。。

4月から検討を進めてきました会社のホームページのトップがついに更新されました!
ご確認ください。

http://s-wood.jp/index.html


これまでは、角田さんの思いを全面にだし、理念をお伝えしてきましたが、

今回のリニューアルで、

――よりエスウッド製品を知ってもらいたい!――

そこをキーワードに作成してみました。。v^^v

さわやかな感じで仕上がっていて、いつもお世話になっているデックさんにもとても感謝です^^


特におすすめは、「ストランドボード不燃」。
今年2月に国交大臣の認定を取得したばかりでまだ実績はありませんが、

この夏から秋にかけて、数物件の納品が決まってますね^^

もう一部出荷がはじっまているか・・・(?)

期待の星です^o^


まだ細かい製品紹介はテコ入れ中ですが・・・(笑)
製品紹介ページも整理できましたら、またブログしますねー。(develop)
こんにちは、研究開発室です^^

ぎふメディアコスモスって、知っていますか?

今、岐阜市の街中で工事が進んでいる図書館機能などをもった複合施設。
来年夏オープン予定です^^

写真は岐阜市HPより、
完成イメージです^^きれい!

設計は、伊東豊雄さんです。

media_cosmos_image-1.jpg

1-1_t.jpg

うねった屋根がすごく特徴的^^
実寸大の試作の様子を見ましたが、技術ってすごいな・・・と感心させられるばかりで。

下の写真は、今すでに完成している、遊歩道。

d0054276_2104087.jpg

できるのが楽しみです^^

この「ぎふメディアコスモス」。
岐阜県産材を使っていこう!ということで、屋根の材や建物の中で使われるテーブルや椅子、書架、いろいろな什器が県産材。

桧ストランドボードもその有力な一員として使ってもらえそうです^0^

弊社としても岐阜では、初の大型物件。
地域で育った木を、そこで加工して、そこで使う。

まさにですよ、地産地消ですね^^

生産も順調のよう。。。もえにくく加工された準不燃材です↓

P1050533.JPG

そして、燃焼試験のほうも、しっかりとデータどりしてますね。。
発熱量も安定していてOK!

ご参考までに、試験結果、ご希望のかたはこちらまで→(tel058-379-3023)

一番左が燃焼前、真ん中が燃焼後のおもて面、右が燃焼後のうら面。

P1050618.JPG

ウラ面までの貫通なし。
ボードの変形もなし。
もちろん、国が定める準不燃レベルの性能をクリア!

自信をもってだせますね!!

完成が楽しみ。わくわくです^^

また進捗がありましたら、アップしますね。(develop)

里山資本主義を考える。

  • 2014.06.04 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。

皆さん、里山資本主義って知ってますか?

僕もここ最近、本を読んだり、講演を聞いたり、テレビでみたり・・・と。
興味がわいてきたお話しです。^^


簡単には言えないのですが、
というか、まだまだすべてをわかっていないのですが。

お金に頼る社会ではなく(いわゆるマネー資本主義ではなく)、
地域でのコミュニケーションや社会形成、
例えば、ものの物々交換とか、化石燃料に頼らない木質バイオマス等のエネルギー社会システムの形成とか、お金に換算できないものとか・・・

そういうのを大事にしていこう!自分の身の回りでそういう関係を築こう!

そんなことだと思っています。

まだまだ深く勉強していないので、難しいことはわかりません・・・。ただ、自分の身の周りでできることを変えていければ、そう難しいしくみでもないような気がしてますね。


先週土曜日、著者である藻谷浩介さんの講演を聞く機会がありました^^
ますます、のめりこみそうなんですが、ほんとに新しい視点での見方が広がって、とても良かったですね。

講演の最後に、藻谷さんからの質問がありました。
「今、普段の生活で、お金を使わずに、ものをもらったり、あげたりすることはありますか?」そんな問いかけでした。

もちろん、スーパーにいけば食べ物はありますし、コンビニに行けば、弁当も雑誌も飲み物もあります。ただ、そうではなくて、身近な環境のなかに、少しでも物々交換みたいなことがあるのかなという質問ですね。

僕の場合、いまはたまにあるくらいですね。もらって、御礼であげたり。逆にあげたら、御礼でもらったり。
すべてをそうすることはできないにしても、そういう関係を増やしたいですね^^

CIMG0880.JPG

CIMG0887.JPG

CIMG0888.JPG

そういえば、本もでてます!ほぼ読破!^^ よろしければ、読んでみては^^

P1050629.JPG

それから、
こないだの日曜、BSでも「Biz+サンデー」という番組で、2時間特集やってましたね!
(再放送やるのかどうか・・・)

録画したんで、興味があるかたはぜひお声かけてください^^


最後に・・・
先日の講演の感想と僕個人の意見とをまとめると。木の有効利用という視点から。。

木は、何十年もかけて育った貴重な資源。
だからこそ、山で切ってそれをすぐに燃やしてエネルギー利用だけのために使うのはどうなのかと思っています。
使いづらい細い木や曲がった木はあります。
そうした木はおもちゃや小さな家具で使うのもいいと思います。
もちろん、ストランドボードもまさにそのために開発された製品です。

人が何年、何十年と感謝して使い、そのあとに最終的には粉砕したり、薪としてエネルギーとして利用するというのがいいじゃないのかな、それが日本の山のためにもなるんじゃないのかなと、改めて思っています。


生意気なことをつらつらと書きましたが、改めて木の利用、そしてストランドボードの利用を考えていければと思っていますね^^
(develop)
こんにちは、研究開発室です^^

今日は、マグネットがくっつく、ヒノキのストランドボードを紹介します。^^


見た目は、標準タイプのヒノキのストランドボードと同じなんですが、マグネットがつくように開発されたものです。写真の色白のがそうです。

4月より、僕のデスクの横でも大活躍中!なかなかいい感じv^^v

P1050615.JPG

とりあえず、A4サイズ程度にカットして・・・

メモがどこかにいかないように市販のマグネットでとめておく。
100均のマグネットでも、枚数は限られますが、ちゃんと役目を果たしてくれてます^^


僕のデスクは,

ストランドボードのテーブル天板のうえに、

ストランドボードのデスクマットをおいていて、

さらに、そこでマグネットがつくストランドボードを・・・

ストランドボード3連発です!!


スチールのデスクのかたには、こういうのはいいかもしれませんね!
ぜひぜひお試しを^^

立てかけてもいいかな・・・↓

P1050617.JPG

もう少し、大きいサイズでもいいかな。
縁をちょこっとつけてみてもいいかもな。
いや、デスクマットをどーんとマグネットタイプに変えちゃおうかな。^^わくわく。。。

ちなみに、コップの下のコースターも・・・

あっ、これは杉のストランドボードです。。。

次は何にストランドボードを使っていこうかな・・・。(develop)

木材産業under30研修会に参加して

  • 2014.05.20 Tuesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。

先日、木材にかかわっているU-30世代の研修会があり、森林文化アカデミーに行ってきました!

P1050575.JPG

P1050576.JPG

普段は、年上のかたとの交流が多く、深く勉強させていただいているのですが、

今日は、若手が多く、別の視点から、これまた有意義な時間となりました。

環境評価、マーケティング、政策・・・略して、EMP。
頭文字をとって・・・。
ここでは、木材利用システムの重要3要素として、これにそった講演が午後フルにありました。


地球温暖化対策という地球規模のお話し。
岐阜における木材産業の現状と課題という地域のお話し。
住環境にかかわる住まいの小単位レベルのお話し。

そして、実務的な、マーケティングや木材の流通のお話し。

と、かなりぎゅっとつまった研修会でしたね。
どれも"木"がからんでいるわけですが。

身のまわりから地球規模まで、木材は関わっているんですね。
それが、循環資源ということを意味してるんだなと思ったりもします。


ここで、ちょっと余談。

日常生活、お役立ち情報を^^

WASS東海のメンバーでもある、森林文化アカデミーの辻先生より、おもしろいお話があったので、ご紹介します。

自分が普段の生活で、どれくらいのエネルギーを使っているのか。

P1050597.JPG

電気やガスは毎月詳細がとどくと思うんですが、

で、エネルギーどれくらい使っちゃってるの?そこを試算してみようと。

電気の単位は「kWh」。
ガスの単位は「m3」。
水道の単位も「m3」。
灯油は「リットル」。

いろんな表示がいりまじっていて、評価できないということで、簡単なエネルギー使用量への試算方法を教えてもらいました!

地域別と家族の人数別に平均値もでていて、自分の家が平均と比べてどれくらい使っているのか、わかるようになっています。

おぉ、こんなのがあったのか!という感じです^^

これでみると、ガスはいかにエネルギーを消費してしまうのかが実感できます^^

もし、ご興味がありましたら、ご連絡くださいね。(develop)
mail:osada@s-wood.jp、電話:058-379-3023

ストランドボード 新たな柄の提案。

  • 2014.05.09 Friday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。

今日は、ストランドボードの柄についてのお話し。

ストランドボードは、これまでの木質材料にはない、とても目新しい意匠を持っています!^^。

写真ではなかなかその良さをわかってもらいづらいのが、困るところですが、

意匠のところで僕なりのことばでいうと・・・

落ち着いた感じ!
きれいな感じ!
木のやわらかい感じ!
和洋どちらにでも合う!

ひとつとして同じ意匠の部分がないのも、特徴ですね!

んー、これでもなかなか伝わらないかもしれないなと思いつつ。。


そこで・・・


こんな意匠はどうでしょう!ということで、

試作品ですが、表面にがらをつくってみました。

ウエーブ柄っていうんですかね。

P1050540.JPG


初めての試みですが、なかなかおもしろく仕上がりました!いい感じ!^^

無垢の突き板などではやられているようで、
ストランドボードの模様にもいい感じにマッチしています!

角度によってもまた違いがあって・・・

P1050542.JPG

P1050545.JPG


光の加減でもまた違ってくるのかなと思いますね。

まだまだ、試作ではありますが、
いずれ製品化!

目指したいですね。

ご興味がありましたら、お声かけてください^^(develop)

春の高山へ。

  • 2014.04.30 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。

先週、高山に行ってきました。
朝早くでたので、途中休憩したひるがの高原のあたりは、とても肌寒く...。

久しぶりに冬を感じました。。。

P1050447.JPG

ただ、高山につくと、気候もよく桜のみごろ^^
きれいでしたねぇ(写真はなしで><)


生活技術研究所さんには3年ぶりくらいにお邪魔させてもらいました。久しぶりですね。
(http://www.life.rd.pref.gifu.lg.jp/)

岐阜県の研究機関で、木の椅子や机、家具などの研究が多く、長谷川さんや木村さんにはいつもお世話になっています。

P1050453.JPG

P1050454.JPG

近年は、いぐさボードの吸音特性の試験もやっていただいており、とてもありがたいことです。


で、そろそろ本題へ。。。

今日は、岐阜県研究開発財団さんから募集がかけられている産学官共同研究助成金の最終の詰めの打ち合わせにやってきました!

今回の申請は、生活技術研究所さんのご協力のもと申請。一緒にやっていきます!

内容はおおまかには、まとまっていたのですが、

特にストランドボードの断熱性や吸音性、耐衝撃性のあたりを集中的に研究したいなと思っています。

いくつか㊙のいいアイデアもありましたので、いい研究ができればなと。
そのためにもまずは採択されるかどうかですね。
設計士さんの声からの研究でもあるので、ぜひ実現させたいですね!

生活技術研究所さんにも立派な試験機器が備わっていて、

断熱性試験には・・・

P1050459.JPG

そして、吸音率試験には・・・

P1050458.JPG

そしてそして、落球式衝撃性試験には・・・

落球式衝撃試験機.jpg

見ていると、いろいろな試験をたくさんやりたくなってくるのですが、

あれもこれもと欲張ってしまい。
それではいけないと、、、

自分の能力と
かけられる時間とを

しっかり考えて、3つの試験に絞りこみました^^
(これでも多いかも・・・)

今年度内には、ストランドボードの断熱性能、そして吸音性能、衝撃吸収性などの性能がしっかり提示できるようにしたいなと思っています。

研究がもし進めば、少しずつ小出ししますね^^!

皆さん、乞うご期待ください!!(develop)

新建築2014 4月号のご紹介

  • 2014.04.17 Thursday
  • posted by 開発
こんにちは。研究開発室です。

今日は、新建築のご紹介を^^ ストランドボードをからめつつ。

P1050432.JPG

いま販売中の新建築4月号。

桧ストランドボードのローパーティションが使われている甲府市庁舎が掲載されました!

P1050440.JPG

設計は、日本設計さんなど設計共同企業体。
いくつかの設計士さんがかかわっているみたいですね。

P1050444.JPG

ファサードは、市庁舎とは思えないくらい、きれい!

太陽光発電パネルもたくさん設置されているようですね。

山梨の代表的なくだもの、ブドウ棚に見立ててデザインされたようです。。いいですね!

そして、何より、

現在の市庁舎建築としては、日本最大となる300kWを発電できる!

甲府市が、

県庁所在地では、日本最大の日射量をほこるという地の利を生かした設計ですね。。


桧ストランドボードは、ローパーティションで使われています!!

02.JPG

最近感じることですが、

桧ストランドボードの色目は、

RCがむき出しになっていても、白の塗装仕上げをしていても、
相性がいいなぁと思いますね。

全く柄ないというわけでもなく、かといって、インパクトの強い目立つようなイメージもない。

今回もパーティションとして、とてもうまく使っていただき、感謝感謝です。

これからもいろいろなかたちで、ストランドボードが役にたつことを目指したいですね!!

壁面材に限らず、パーティションに限らず、・・・次はなんでしょう。

いまも、ちゃくちゃくと、
開発を進めています。^^

ご要望がありましたら、こちらまで^^→電話:058-379-3023(develop)

こんにちは、研究開発室です^^

今日は桧ストランドボードの納品事例の紹介です!
僕が行ってきたのは、福井県坂井市にある春江中学校。

CIMG0414.JPG

名古屋から車でおよそ2時間半。
角田さん(社長)と一緒に学校見学、設計事務所との意見交換、教育委員会訪問と。
充実した1日となりましたね^^♪

今回、春江中学校では、

◆桧ストランドボード ソフト仕様
そして、
◆桧ストランドボード マグネット仕様

が採用。

同じ物件で、ソフト仕様とマグネット仕様が同時使用されるのははじめて^^

どんな使われ方がされているのか楽しみでしたね。

マグネット仕様は、保健室周辺で。

CIMG0418.JPG

残念ながら、新学期が始まる前で、掲示物がありませんでしたが、

保健室まわりは画鋲ではなくマグネット!より安全にという配慮ですね^^


そして、標準仕様よりも画鋲がささりやすくなったソフト仕様は、

教室の前や、昇降口正面で。

教室の前は、塗装仕上げとストランドボード仕上げが交互につらなってました^^

CIMG0447.JPG

習字やクラスの掲示物もOK!

CIMG0457.JPG

玄関入口付近。毎日学校にきたら、ストランドボードが待ってくれています^^

CIMG0437.JPG

下駄箱横の柱にもストランドボードで化粧。コンクリートむき出しよりいいかな。

CIMG0421.JPG

体育館専用の玄関。入れば桧の香りが。

CIMG0461.JPG

教頭先生からも、掲示スペースがたくさんできて、ありがたい。
画鋲のささりぐあいもマグネットのつきぐあいも問題ないですね。と感想をいただきました!

ソフト仕様もマグネット仕様もしっかり機能をはたしていて、

メーカーとしても

大満足!!

教頭先生、お忙しいところありがとうございました!


今回、設計を担当してくださったSさん。
学校見学後の意見交換会では、こんな意見もいただきました。↓

◆輸入材OSBよりも、表面がきれい。(OSBから桧ストランドボードへの変更)
◆4mm厚という薄さで、掲示用としても従来使っていたものと同等の厚さで、しかも木質感があって良かった。
◆今回は改修ということで、もともとの白を基調とした塗装仕上げと桧ストランドボードの色合いがとてもマッチしていた。(RC造の塗装仕上げとの相性もいい!)
◆とてもいい素材なので、自宅でも使ってます^^

そして、教育委員会のHさんからも。こんな意見。

◆OSBよりやわらかい印象が強く、学校内装に適している。
◆掲示スペースとしては、コルクよりも表面がしっかりしていて、子供たちがいじってもぼろぼろこない。耐久性があり、メンテナンスが少なくてすむ。

みなさん、ありがたいお言葉ありがとうございます!!

今回の訪問では。

RC造の塗装仕上げとの相性が実はいい!
マグネット仕様やソフト仕様がしっかり役割をはたしている!
OSB仕上げよりも国産の桧ストランドボード仕上げが好評だった!

そんなことが率直な意見として聞けたのは嬉しかったですねぇ^^♪♪
そして、とても勉強になりましたね。

また、納品事例の紹介はアップしていきますので、何かありましたらお声かけてください!
(tel:058-379-3023)(develop)

不燃仕様 みなとモデル認証制度に登録

  • 2014.04.02 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。

まずはこないだの建築建材展(3月)。みなとモデルとしても出展してましたね!

P1050351.JPG

全国の角材がせいぞろい!^^
右手に少しエスウッドのチラシも。。。

いつもお世話になっている東白川村さんの紹介パネルも^^

P1050354.JPG

そして、岐阜県では郡上市さん。

P1050355.JPG

岐阜の職場の近くにはたくさんのいい山がある!そんなことを思いましたね。

みなとモデルと略していますが、
実際は、
「みなとモデル二酸化炭素固定認証制度」。長いのでいつもみなとモデルって言ってます。

東京都港区の制度で、

協定自治体の山からとれた木材を使っていこうっていうのが主旨。

そして、

その協定自治体でとれた木材を登録事業者が加工していきます!

弊社でも事業者登録しており、

このたび、ついに不燃仕様もみなとモデルに掲載されました!^^!

http://www.uni4m.or.jp/public/companies/152

IMG_0001.jpg

ラインナップは、
①桧ストランドボード 標準仕様
②杉ストランドボード 標準仕様
③桧ストランドボード 準不燃
④桧ストランドボード 不燃

この4つ。確実に増えてますね。そしてこれからも確実に増やしたいですね!

皆さん、ぜひご覧になってください!。
あっ、最後になりましたが、ただいま、不燃仕様のサンプル無料で配布中ですよ!
ご興味がありましたら、お問い合わせくださいね!(058-379-3023)
(develop)

桧ストランドボード ソフト仕様とは。

  • 2014.03.27 Thursday
  • posted by 開発

こんにちは、研究開発室です。^^


以前から、

桧ストランドボードは画鋲がささるのか、、、

いや、ささってもささりにくいのでは、、、

 

という声が問い合わせでもありました。

 

というのも、桧ストランドボードは、幼稚園や保育園を含めた学校などの公共建築で活用されることが多いため。

学校は子供たちが書いた絵、習字、クラスの掲示物、学校からの掲示物・・・

たくさんの掲示物があります。


それをたくさん貼りたい。そのためには、たくさんの掲示場所がいる。

桧ストランドボードは、その要望にも応えられる素材です!!


福井県の学校の物件でも、

この素材は、「情報の壁」。

そんなネーミングを設計士さんにつけていただきました!


いろんな設計士さんがいますが、製品の意匠、安全性をとても評価してもらい、多くの場所で使ってもらっています^^

(ありがたい♪)

 

本題にもどり・・・、

 

そうした声にも応えるべく、弊社でも試作開発、研究を実施!!!

ようやく数字として結果がでましたので、ご報告しますね。。

 

試験は、社内実験室にて独自の方法で行いました。

名付けて、「画鋲挿し込み抵抗力試験」^0^ながっ

独自の方法といっても、できるだけ現実に近いかたち、人が画鋲をさすときを想定した方法を採用しました。

 

画鋲の針を機械にセット。挿す角度、速度は一定です。

繰り返し数は20です。(細かい試験条件など、ご興味がありましたら問い合わせくださいね。)

P1050414.JPGのサムネール画像

結果のグラフを下に。

IMG_0001.jpgのサムネール画像

標準仕様(棒グラフ左3つ)はいずれも抵抗力が高く、挿しづらい傾向を示していますね。


ただ、その改良版として、今回開発した「ソフト仕様」(棒グラフ右3つ)は、大きく改善されています!

 (いい感じ!^^♫)


桧ストランドボード標準仕様と見た目は全く同じで、

それと比較すると、だいぶ挿しやすい製品になっています(抵抗力が小さい!)^0^

 

シナ合板にもかなり近い抵抗力ですね。

 

さずがにコルクまでの挿さりやすさは、実現できませんが、

コルクのように「表面がやわらかい」 = 「表面の耐久性がない」 = 「長持ちしない」

というのが一般的な見方のように思いますね。皆さんどう考えるでしょうか?

 

「やわらかさ」と「表面強度」というのは相反しますが、そこのバランスが大事なんじゃないかなと。

 

もちろん、これらの結果は、客観的に見ての成果です。

なので、皆さん、サンプルで実際に試してみてください!!(サンプル、無償提供中です^^)

develop


A-WASS  第1回研修会に参加して。

  • 2014.03.17 Monday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。^^

ようやく春の予感を思わせる陽気になってきました。昼間はあったかいですね。
桜の開花予測もちらほら。

気持ちいい毎日です。

先日、まだまだ寒い東京ではありましたが、
第1回目のA-WASS研修会があり、熱いプレゼン、熱い懇親会に参加してきました。

講演のテーマは、

地域再生機構 丹羽健治さんによる 「木の駅プロジェクト」。

P1050365.JPG

コトバを聞いたことはありましたが、
こうしてしっかり内容を聞くのは初めて。

いろいろな要素がこの木の駅には含まれていますが、

中山間地の地域コミュニティの活性化というのが根幹にあるように思います。

その素となるものが、「木」。

木で地域コミュニティを活性化。いいですね!

聞いていて、ほんとすばらしい取り組みだと思いました。

課題もあるようですが、うまくまわっている地域もたくさんあります。

地元のかたでも、力のある男性ばかりでなく、
女性も参加しています(木の駅女子部なんかもあるみたい)。
そして、
都会など外からくる若者も多い(今、こうしたことが若者のあいだでも見直されているのかもしれませんね)。

そして、地域通貨をつくる、ということも大事だなと思います。

地元の木を使って、
小遣いかせぎ(地元通貨をもらって)、
それをまた地元で使う。(決して、外部に出さない。)

小さい地域での循環ですね。

集まった木は、決して大木ではなく、数十センチの丸太。だから女性でも大丈夫。
それらは木質バイオマスとして、燃料などエネルギー源になる。

僕のなかでのイメージとして↓

「人の交わり」 × 「低利用材の利用」 × 「エネルギーの有効利用」 = 木の駅プロジェクト
(解釈が違うかもしれませんので、以下HPご覧ください。^^)

http://kinoeki.org/

P1050381.JPG

P1050375.JPG

さいごに。

うちのストランドボードとのコラボも十分にありえるんじゃないかなぁと感じました。

ストランドボードは、もともと、あまり使われていない細い丸太を使えるようにするための技術。
それをただいま実践中!!

細くても、多少曲がっていても、
きれいなボードにできます。
太い丸太はいりませんね。そこが、すごい技術だと思います。

いきなり燃料用、というのもありかもしれませんが、
ちょっと、ストランドボードにも目を向けてもらえるとたりがたいですね!^^

みなさんが採ってきた木が新しいストランドボードに生まれ変わります!

ご興味がありましたら、ご連絡くださいね。
(develop)

エスウッド技術のすべてがここに。

  • 2014.03.12 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。

2月27日、国土交通省より、建築基準法に基づいた不燃材料として、

弊社が開発してきた、

「桧ストランドボード 不燃」 が

ついに、大臣認定を取得しました!!!

P1050396.JPG

待ちに待ったこの日。

エスウッド設立 15年目。

確実に、一歩一歩進んできた技術開発の成果が、国の認定により認められたことはとても嬉しいことです。


技術開発では、何回つまずき、転びかけたことか・・・、

そのたびに、もう1回もう1回と立ち上がり、、、

エスウッドの技術のすべてが詰まっています。


桧ストランドボード不燃は、

これまでの標準仕様のストランドボードの美しい意匠をまったく変えることなく、

そして、

価格も一般的な木の突板系不燃材とも同等。(ここが大きい!)

美しい意匠と一言でいいましたが、
こればかりは実際に、見てください!触れてください!香りを堪能してください!

そして、、プラスαとして、

これまでの弊社製品よりも画鋲がささりやすく、表面の強度もあるため、仮に掲示板として使った場合にも表面がぼろぼろくることなく、コルクボードよりも長持ちします。
(ご注意:コルクボードほど、画鋲はささりやすくないため、個々でお試しください。)

また、シナベニアの木質内装よりも画鋲の穴が目立ちにくいというのも特徴です。
(個人差がありますので、これもお試しください。)

サンプル配布中です!(無償で^^)

P1050399.JPGのサムネール画像

ここからが、新たなスタートです。
ご興味があるかた、ぜひお気軽に連絡ください!
http://s-wood.jp/contact/index.html

これからもよろしくお願いします。(develop)

WASS東海 第4回勉強会を終えて。

  • 2014.03.05 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは!研究開発室です。

あっという間に今年も2カ月がすぎ、花粉が飛ぶ時期になりました。(僕は大丈夫ですが。)
テレビでは、桜前線うんぬんと、春の話題目白押しですね!


WASS東海では、昨年から引き続き、4回目の勉強会を3月1日に行いました。

テーマは、

① 大規模木造公共施設の建築にかかわる問題点と課題点

② 大規模木造公共施設の建築にかかわる低コストマニュアルの紹介

です。。。(また一歩前進か・・・)

P1050317.JPG

プレゼンテーターは、WASS東海のコアメンバーでもある、NPO WOODACの河本さん。

お忙しいなか、準備ありがとうございました!!
そして、すばらしいプレゼンを!!(感謝!)

今回は、林業、製材業、設計、行政、県の公設試、そしてボードメーカー・エスウッドも含めて、幅広いメンバーが勢ぞろい^^

嬉しいですね!^^!

P1050319.JPG

P1050322.JPG

法律で、木造でできる大きさは制限されているものの、

まだまだ、

木造でできるのに、RC造やS造で造ってしまう建物も多いのではという観点から、

どこをどうしていけば、木造を増やしていけるかってとこを求めていきたいですね。

そのための議論であり、情報共有の場なんです^^

例えば、幼稚園とか保育園、老人ホーム、地元の公民館とか、
木造や内装木質化を選んだほうがいいんじゃないかなって思う建物のも世の中多いですよね。


けど、決して、すべて木造にしなきゃってわけじゃないですよ。

構造はRC造でも内装は木でっていうやりかたもありますし、木造とRC造の混構造ってもひとつの手だと思いますね。

柔軟に選択肢のなかから選べばいいと思うんです。

ただ、現状、最初の計画の段階から、木造というのが同じ土俵にのらずして、はずされてしまっている>0<
そんな現状もあるんです。。。(悲)

そこを解決していきたいですね!!まずは同じ土俵のうえで、どんな構法にしようかと。


とは、言っても当日の勉強会は、とてもざっくばらん。^^)^^)
プレゼンを聞きながら、わいわいと思いをいって、

うんうん、なるほど!
いやそうかな?
へー、そうだったの。

みたいな。
新たな発見、新たな共有、新たな創出。

いやぁ、いい会です。

建物の木造化。建物の木質内装化。
これらは地元の木をつかっていきましょう、
そしたら、地元の山がよくなるよね。
思いはシンプルであり、そしてそこに到達するのは何段もの階段をのぼらないと、と思っています。

エスウッドも建物の木質内装化という仕事で貢献していきたいですね^^
桧ストランドボード、建物の内装におすすめですよ。
ぜひぜひご検討ください!!笑
(develop)


環境配慮契約法 説明会に参加して。

  • 2014.02.24 Monday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。

環境配慮契約法・・・

普段あまり聞いたことのない法律ですが、僕なりのコトバで簡単にいってしまうと・・・

「ものやサービスをうけるときに、より環境によいほうを選びましょう!」

というもののようです^^

こんな法律もあったんですね!知られていないのが残念。>×<


まぁ、対象が国の機関や地方の公的機関なので、一般市民まで広まらないのかもしれないなと思いつつ・・・、

それでも、そういうきまりがあることを、軽くでも知っておくだけで、何か普段買い物とかで選ぶときに頭をよぎることも・・・あるのでは。

今回、その説明会、概要でしたが、触れることができとても良かったと思っていますv^^v

P1050297.JPG

P1050295.JPG

例えば、

国や市町村が建物を新築したり、改築したり、
自動車を買うときだったり、
電力源の選定を新規に選ぶときに、

より環境負荷のひくいものを選んでいきましょう、そんな選び方のルールになるんですね。

建築では、木材はうってつけの素材ですね!!

ただ、正直なところ、ほんとにそう動けているのか、市町村の各担当者まで知れわたっているのか、そこが心配なところです。

法律作って、何もやり方変わりませんでは、意味がないですよね^^

これを機に、また少しでも環境に配慮した行動や判断をしようと心掛けたいと思います!
気持ちの問題、気持ちの問題。
みなさんもぜひぜひ。。
(develop)

燃焼試験 結果は良好です。

  • 2014.02.18 Tuesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。^^

今日は、燃焼試験の紹介をしたいと思います。

僕が入社して以来、ちょこちょこと数多くの試験体を燃やしてきました。

その数は、推定、◯百体!?

そこには、丸菱油化工業さんという難燃剤メーカーの心強いパートナーがいて、いつもご協力いただいています。ありがたい。。。


桧ストランドボードに難燃剤を加えて、燃えにくい素材にするわけですが、

目的は、
①建物の火災時に、ほのおが燃え広がらないようにするというのがひとつ。
②そして、燃えたときに、有害なガスが発生しないというのがひとつ。

いずれも"人の命にかかわること"

繰り返し、試験をしなければいけないという思いで取り組んでいますね!


弊社の準不燃材料は、単層タイプと複合タイプ(基材に無機のケイカル板)の2種類。

大臣認定は取得済み^^

主に複合タイプがでることが多いのですが、
(単層タイプはかなりの特注の特注で、ほとんど扱っていないのですが^^)

桧ストランドボード単体の単層タイプが、今回、岐阜の物件で使われる!?かもしれないということで、早速確認のための試験を行ったところです^^

P1050244.JPG

燃やすと・・・

まっくろ・・・

P1050205.JPG

炭化してますねぇ。。。

ただ木材は鉄やアルミと違って、急激な強度低下・溶解・劣化がないので、計算しやすい安全な材ですね。


結果の基準は、

燃やしたときの「発熱量」(基準値は8MJ未満)で判断するんですが、

今回はすべて、6.0~7.0MJ/m2 で「合格」でした!

有害なガスもなし!
貫通もありません!

ちなみに、写真は2体しか撮っていませんが、試験は10体以上やってますね。

いい感じですね!v^,^v

岐阜初の大きな物件で使ってもらえることをお祈りして。

何かありましたらご相談ください。(develop)
2月1日。

東京、法政大学市谷田町校舎に錚々たるメンバーが集結しました。
(ファサードがきれい^^↓)

P1050184.JPG

この日は、2年越しに発足する、、

「木と建築で創造する共生社会実践研究会」、通称A-WASSの発足会です!!

P1050188.JPG

目指すべき到達点は。。。

「持続可能な森林資源の活用を通じ、
 地域産業の活性化、
 ひいては地域に根差した持続可能な社会経済の実現をはかること。」

平成19年度より第1期WASSとして活動をしてきた関係者有志が中心となり、ついに!
この会の発足が決まりました。


学校建築の第一人者である長澤先生(東洋大学)を会長に、
網野先生(法政大学)、浦江先生(東京大学)がしっかりわきをかためる副会長、
そして、そして
発起人メンバーには、角田さんも加わっています!^^!(嬉しいです!)


あの場に入れることを幸せに思いつつも、

僕ができることは、

東海地区で活動するWASS東海にいかに還元できるか。。。
この地域に何か活かせれば。。。

そこの部分は常に頭に入れておきたいなと思います。

そして、

これまでの蓄積してきた成果をいかしつつ、

幅広く本会の理念を伝えていきたいと思っています!

そのためにまずは頑張って勉強して、ついて行かないと・・・^^


最後に・・・全員集合で撮影!!これからが楽しみです!

R0013744.JPG

これからもよろしくお願いします。。(develop)

桧ストランドボード 新たな試み

  • 2014.02.03 Monday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

今日は、桧ストランドボードを低温でちょっと煮詰めてみましたぁ。

どうなることか・・・

ストランドがばらばらになるかならないか・・・。

どの程度膨張し、はがれくらいはおきるか・・・。

地味ですが試験してみました^^!


まずは、大きなボールに試験片を配置。

P1050171.JPG

そして水温30度、40度、50度に条件をふって、
まずは、30度の水!?いやお湯!?を投入。おもしをのせて・・・

P1050182.JPG

2時間後、取り出してみると。

P1050176.JPG

ばらばらになる様子もなく・・・
剥がれもなし。

ふにゃふにゃってわけでもない。原型をとどめている!!
意外に強いかも。

水に弱い弱いと思っていましたが、思っていたよりも弱くはない感じですね。

ただ、常温時のテストよりも膨張はしていますね。多少の凸凹はあります・・・!
それだけ負荷がかかっているってことですね。

また「桧ストランドボードシリーズ テストあれやこれや」

の結果をブログでも挙げていきたいと思います^^。(develop)
こんにちは。研究開発室です。

昨年になりますが、桧ストランドボードの施工後の様子を見に福島県矢吹町に行ってきました^^

今日は、

矢吹中学校での施工事例を少し紹介しようかと。

まずは、外観から。
まだ2年くらいなので、新しくてとてもきれい^^

131119矢吹中学校‐119.JPG

131119矢吹中学校-3.JPG


矢吹中はおかげさまでとてもたくさんの桧ストランドボードが内装用として使われていて、

壁面のほとんどが、桧ストランドボード!

いい味だしてます!
いい雰囲気と空間作ってます!
いい使い方されています!(内装材 兼 掲示板。。)

こだわりを持って使っていただいた設計士さん、
そして、多くのご協力をいただいた長澤先生(東洋大)、
そして、現地の教育委員会のかたがた、現場の先生がた、

感謝×感謝です^0^


廊下はもちろん・・・

131119矢吹中学校‐97.JPG

131119矢吹中学校‐46.JPG

教室に・・・

131119矢吹中学校‐17.JPG

131119矢吹中学校‐15.JPG

体育館に・・・

131119矢吹中学校‐52.JPG

131119矢吹中学校‐54.JPG

そして武道場に・・・。

131119矢吹中学校‐73.JPG

トイレ入り口まで。

131119矢吹中学校‐37.JPG


どこにでも使えますね。これは!

ここでもそうですが、最近では、家具や建具の化粧材としても、いけてます!
(扱いには要注意ですが。ご相談ください。)

圧迫感がないですし、うるささもない。
かといって、全く無地で模様がないというわけでもない。
ひとつとして同じ柄はない。

改めて直接見て、そのよさを実感ですね^^

今年もまたひとつふたつ直接見に行って、ご報告できればと思います。
(develop)

茶葉化粧ボード 施工事例がまたひとつ。

  • 2014.01.16 Thursday
  • posted by 開発
研究開発室です。

新年のごあいさつが遅くなりました。。。(1月も半分が過ぎてしまい。>o<)

明けましておめでとうございます!
今年はどんな1年になるのか、年のはじまり。楽しみですね^^

ぼちぼちではありますが、ブログのほうもアップしていきたいと思います!


今年最初のニュースは、茶葉化粧ボード。

2年ほど前から、茶がらや廃棄している茶葉を使ったボード開発をやっています。
何回か、ブログにもアップしましたね^^

開発当初、いろいろなかたにお世話になりながら茶がらの利用を模索してましたが、
それは継続させつつ、
現在は廃棄している茶葉の利用を推し進めています!


まだまだ開発途上の製品ではありますが、

国内ではおそらく数少ない、いや他にはないかもしれないですね。

表面の茶葉のみどりからさわやかさが伝わってきてv^^v
木目調などの柄にはもちろん、無垢材や弊社の桧ストランドボードとの組み合わせもおもしろいんじゃないかなと。。


ご興味があるかた、ぜひお問い合わせください!(tel:058-379-3023)

最後になりましたが、今回の施工でお世話になった方々、ありがとうございました!
感謝の気持ちでいっぱいです。
(develop)

IMG_4973.JPG

IMG_4987.JPG

日刊木材新聞に載ってます。

  • 2013.12.28 Saturday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。

年末押し迫った昨日。

いい知らせが入りました^^


12月26日の日刊木材新聞に桧ストランドボードのマグネットタイプが掲載されました!

突然のことに驚き・・・≧0≦!!

ここをクリック↓

内容は、今月12日~14日にかけて開催されたエコプロダクツ展。

小学生から大人まで、
ブースにたちよる方のほとんどが、磁石がくっつくストランドボードに興味津々。。


足をとめて、

んっ!?

みたいな^^

掲示板として、ホワイトボードやコルクは使われることが多いですが、やっぱり見た目が単調でおもしろみがない!
その点、ストランドボードは、その柔らかみ、温かみ、品の良さ、ここが違いますね。

木の専門の方に限定されず、一般のかたにこれだけ興味をもってもらったのは大きい!!

ありがたい^^ありがたい^^


ご興味がありましたら、ぜひご連絡を。(tel:058-379-3023、fax:058-379-3024)

P1050074.JPG

今年もあっという間の1年でしたね。来年は飛躍の年に!

来年もよろしくお願いします^^(develop)

こんにちは、研究開発室です!

今年もあとわずか。。。

今年の成果のひとつに、
岐阜県産経センターが事務局の「岐阜県 農商工連携ファンド事業」があります。

P1050139.JPG

ちょうど1年前。

なんとか本事業の採択をいただき、おかげさまでいろいろ試験、試作ができました。
東白川村、山共の田口さんにもご協力をいただき、とても助かりました。

テーマは、準不燃桧ストランドボードの実用化で、

大きな成果を一言でいえば、

難燃剤の白華現象の抑制に成功!!!

これですね。

簡単に言うと、

木材を燃えにくくしてくれる難燃剤が表面に白っぽく粉をふくのですが、世間一般的にこれが大きな大きな課題。
これを抑制する作り方をつかんだんです!

そこは㊙ですね^^

来年は、準不燃の販売もでてきそうで、楽しみです。^^


そして、そして、

農商工事業で取り組んだ「準不燃」

これのもうひとつ上をいく「不燃」。これも現在大臣認定申請中。

結果は春頃ですかね。。。(これはまた追々。)

来年が楽しみです^^
(develop)
こんにちは、研究開発室です^^

先週12日~14日にかけて、行われたのが日本最大級のエコ展。

エコプロダクツ展2013。。。

今年もNPO国産材の一員として、しっかり出展してきました!

P1050061.JPG

今年はエントランス受付も「木」で組み立てられ、休憩スペースも「木」のベンチやテーブルがたくさん並んでました^^

やっぱり、スチール製や樹脂製に比べると、気持ちいい!^^
そんな気持ちになるのは僕だけか・・・いや、皆さんそうかと思います!


今年のわがブースは、

桧のマグネットタイプを中心に(下の写真:掲示板のような感じで)、
ソフトタイプや不燃タイプ(大臣認定申請中ですが。)を並べてみました^^
そして、
茶葉ボードも^^(下の写真:掲示板のような感じで)

P1050073.JPG

P1050075.JPG

一番人気は、ひのきのマグネットタイプ。
見た目はひのきのストランドボード。なのに、マグネットがついちゃうんです!?

皆さん、不思議そうな顔で立ち寄ってくれましたね。

あとは、茶葉ボード。
茶葉の香りがほのかにして、一般のかただけでなく、家具や建築関係のかたにも興味を持ってもらいました。(ありがたい・・・)

社長の角田さんにも3日間がんがん頑張ってもらい、無事3日間終えることができました^^

P1050085.JPG

P1050091.JPG

番外編ですが、

毎年、必ずうちのブースには欧米系の外国人が立ち寄ってくれます。
もちろん、素人ではなく、その道に精通した方々ばかり。(そのたびに角田さんに英語での対応をお願い^^)

今年もドイツから来たかたがよほど気に入ってくれたのか・・・3度も繰り返し立ち寄ってくれました。

うちの製品の良さを理解し、サンプルやカタログを持ち帰ってくれました。
いつか、ヨーロッパで!!
夢であり、目標ですねぇ。

年末の忙しい時期にお手伝いいただいた榎戸さん、そしてブースに立ち寄ってくれた皆さん、ありがとうございました!
今後もよろしくお願いします。(develop)
こんにちは、研究開発室です。

先日、美濃市にある森林文化アカデミーにて、設計士さんや工務店さんとの交流会が開かれました!
いわゆる、ビジネスミーティングってやつですね^^

プレゼンは15分を5回。

いかにわかりやすくプレゼンするか、あれやこれやとイメトレと事前準備。
んー、悩みながらも楽しめました。v^^v

森林文化アカデミーは、山中にある、木にかかわる基本から雑学までの勉強や実作業が学べるすばらしいところ。

建物ももちろん「木」

P1040981.JPG

P1040978.JPG

内装にも「木」

P1040977.JPG

格子上に作られた外装や内装が木のおもしろみを際立たせてますね^^


そして、プレゼン。

今回はシンプルに他の製品との比較をテーマにプレゼン。。
2年前に参加したときよりも、確実に聞いてくださったかたがたの反応は良かったですね^^

何より、

ある程度のストランドボードの実績ができてきたこと。
そして・・・木質でありながら、目新しい意匠をもった製品であること。
そしてそして・・・不燃タイプ(大臣認定取得中)や準不燃タイプがラインナップされてきたこと。

着実にいい方向に向かってますね!!(期待大!)

当日も質問が多かったのですが、このネットワークを生かせるかどうか・・・これから次第ですね。
がんばらねば!!

P1040987.JPG

(develop)

こんにちは。研究開発室です。

前回の続編ということで、北海道に到着。
僕が行った11月2日はまだまだあたたかくて、とても過ごしやすかったですね。

1週間遅れていたら・・・、寒さが恐ろしかった・・・。


紅葉もいい時期で、北海道大学のキャンパス内のいちょう並木もとてもきれい!!

P1040901.JPG

季節感を感じながら、歩いていざ発表の地へ!!

発表テーマは、

「茶がらとひのき間伐材を活用した建築仕上げ材の開発」。。。

発表の時間帯が10時過ぎだったこともあり、立ち見のかたがいるくらいたくさんの方に聞いてもらえました^^

質疑も3つ4つあり、セッション終了後にも興味を持たれたかたが来てくださいました。嬉しい!!


で、、、

早速、昨日、そのフォローのため大阪へ。
具体的には何もまだ言えませんが、うちのやりたいコンセプトとうまく合致しそうです!(やった!)

いい開発がまたひとつ。。できそうです^0^
発表時、声をかけていただいたみなさんには感謝感謝です。


ちなみに。

北海道での唯一の贅沢は↓
スープカレーでした^^ おいしかったぁ。。

P1040905.JPG

食べてるだけじゃないですよ。

内装もおもしろいものが使われてました!↓

P1040902.JPG

木毛セメント板のようなかんじですね。エレメントの形状がおもしろいです!
ホワイトで塗装仕上げされてました。

展示会と学会とであわただしかったのですが、とてもいい時間を過ごせましたね。
皆さん、ありがとうございました!!!
(develop)
こんにちは、研究開発室です。

先週末、2日と3日は2つのイベントがありました。

ひとつは岐阜で行われた技能フェスティバル。
確か・・・2年前にも参加した記憶があり、2回目の出展です!

今年は内装用・化粧用茶葉ボードを出展^^(まだ開発途中ですが。)
掲示板として使ってみました↓^0^↓
その横には、ヒノキストランドボードのマグネットタイプ。磁石でポスターとめつけました!

もっと拡大して撮っとけばよかった><""

P1040887.JPG


技能というだけあって、職人さんがたくさんいて子供たちにとってはいい見せ場ですね。
ちっちゃな子から大人まで、楽しめる工作がもりだくさん。

お昼には、展示会場の真ん中に家が!

P1040891.JPG

そして、上棟式!餅投げでなく・・・お菓子投げ^^みんな頑張ってました!

P1040895.JPG

そして、そして、屋根瓦。土壁用の竹ですかね。↓

P1040896.JPG

そしてそして、完成です!


写真がなくてすいません。。。(ここまできて!)
完成像はみなさんの想像力におまかせします!

ブースに戻りまして・・・
いつもよりワンサイズ小さいコースターサイズのものを皆さんに配って、喜んでもらえました!なかなかの好評で皆さんのリアクションが良かったですね!

サンプルを並べていて、おしゃれですねぇ、とか、きれいですね、とか言ってもらえるのが一番うれしく感じます!

夕方・・・、学会発表の地。北海道へはばたきました。。。(続、次回ブログへ)


最後になりましたが、今回は岐阜県産経センターの箕浦さんに大変お世話になりました。
ありがとうございました!これからもよろしくお願いします。
(develop)

みなとモデル 製品展示会に参加して。

  • 2013.10.23 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは。

先週金曜、東京港区が主催するみなとモデル制度の製品展示会に出展してきました!
弊社のボードくんたちは、大人気で皆さんの対応をしていたら、終わりがけになんとか写真撮影できました↓^^そしてさまざまな木製品が出展されてました。↓

P1040859.JPG

P1040844.JPG

お昼はとても大賑わいでしたね!

今回は、

1.標準タイプの桧ストランドボード&杉ストランドボード。
2.準不燃タイプの桧ストランドボード。(認定取得済)
3・そして、不燃タイプの桧ストランドボード。(認定申請中です。。。年内取得目標!)

の4種類を展示。

テーマは、国内でも類のないストランドボードの不燃・準不燃タイプのお披露目です^^

大盛況大盛況でした。


そして何より、忘れてはいけないのが、今回、岐阜県東白川村の林務商工係の今井さんや山共の田口さんの声掛けで出展することができ、とてもとてもお世話になりました!

その名も・・・

「チーム東白川」!!!

いいですねぇ。。。(こういうの大好きです^0^)
何がすごいか?

それはチーム力です!!

P1040857.JPG

いい機会にお誘いいただき、とてもありがたかったです。今井さん、田口さんありがとうございました!

今年は、この展示会を皮切りに11月、12月とあと3つ展示会があります!

いや、楽しみです^^
通常の仕事にもより力が入ります!今年はまだまだ報告することが多そうです。
乞うご期待ください。
(develop)

WASS東海 第2回勉強会の報告

  • 2013.09.26 Thursday
  • posted by 開発
9月23日、WASS東海の勉強会を行いました!

今回は初めての新しいメンバーも4名参加してもらい、皆さんからたくさんの意見、思い、情熱を共有することができました^^)^^)


プレゼンテーターは、県産材流通課の中通さんに依頼。


トークが絶妙でした^^
テーマは「岐阜県の県産材供給と公共建築物などの木造化・木質化の現状と課題について」!

P1040796.JPG

内容はしっかりしたもので、どちらかというとがちっと硬いものでしたが、トークがうまい!
あっという間に時間が過ぎていきました・・・


岐阜の木材に係る最新のデータをネタに中通さんのご意見、
そして、
参加者の素朴な疑問、普段のお仕事で感じていること、問題意識、解決策の提案など、

話は広がりましたね。


こうした活動をしていると、森林が荒れている・・・とか、木材の流通がうまくまわっていない・・・とか、いろいろな課題がありますが、
それらの課題が絡み合うように何重にもなっているなかで、個々の会社が個々でなんとか頑張っている。そんな思いになることがあります。

やっぱり、川上から川下までかかわる方々が山の事を知り、加工のことを知り、設計のことを知り。

つまり、ネットワークを作って、お互いを知る。!^^

これが大事だなと思います。


まだまだ活動は始まったばかりですが、少しずつ経験、情報、知識を蓄積して、何か地域に発信できるグループになれればと思います。

参加はどなたでもOKです^^
皆さんのご参加お待ちしてます!(develop)

P1040780.JPG

P1040784.JPG

ストランドボードの準不燃バージョンは、すでに大臣認定も取得し、世の中にも少しずつ広まっています^^

今、取り組んでいるのが、準不燃をさらに上をいく"不燃"。

これまで取り組んできた準不燃バージョンから大きな大きな壁を乗り越えないといけない技術開発です。


今日は、基材となるダイライトと弊社生産中のストランドボードの接着力のテスト中。

接着力の基準となるのはJAS規格。

12通りの条件をふって、試作してみました!


・・・結果・・・

うまいこと、規格をとおる接着力を保持しつつ、燃焼性を抑えられる条件を見出せましたね。
なかなか順調です。^^

ただいま外部に燃焼試験に出しています。

いい結果がでることを祈るばかりですね。(develop)

P1040679.JPG

P1040681.JPG

全国高専テクノフォーラムにてプレゼン

  • 2013.08.21 Wednesday
  • posted by 開発
昨日、全国の高専が集結するテクノフォーラムにて、プレゼンしてきました!

P1040627.JPG

高専とエスウッドのつながりって・・・


実は・・・

平成22年より、岐阜高専の吉村先生(現副学長です)や西濃建設さんと共同で、新しい木質舗装を開発してきました。
非加熱・無溶剤タイプの舗装で、断熱性、透水性、歩行者への負担軽減など、メリット盛りだくさんです^^
何度か、ブログにアップしましたが、改めて今回プレゼンを聞いていると、いい舗装だなと思うばかりです^^

ちなみにですが、
プレゼンは僕ではなく、

社長の角田さんです(≧v≦)"

角田さんのプレゼンはいつも通り、インパクトがあり、聞いていて心に入ってきますね!

P1040615.JPG

P1040608.JPG

P1040604.JPG

質問もいくつかありましたが、

一番は、木(木質破砕材)の品質の部分。
基本的には、未利用材である枝や皮でも舗装用として再利用が可能なんです。

ただ、どういった舗装にするか。
公園の舗装なのか・・・
森林の遊歩道なのか・・・
学校や病院などの舗装なのか・・・
都市部の歩道なのか・・・

歩道のなかにもさまざまなものがあります。
それによって、木質破砕材の使い分けも必要になってくると考えていますね。


今後も岐阜高専の吉村先生をはじめ、研究室の学生さん、西濃建設さん、多くのかたにお世話になりながら、この舗装を使えるものにしてきたい!

そして、地域の林地残材を少しでも減らせるものにしたい!


そう感じさせてもらえたイベントになりました^^
今日からまた気持ちをいれて、少しずつではありますが、開発を進めたいと思います!!


余談ですが、僕も千葉の木更津高専出身で、交流会では木更津の関係者の方々を少しばかり交流することができ、とても有意義な時間となりましたね。
(develop)

WASS東海 キックオフミーティング

  • 2013.07.31 Wednesday
  • posted by 開発
7月27日、岐阜駅前のホテルリソル岐阜にて、WASS東海のキックオフミーティングを開催しました!

初めてのかたもいるかもしれませんので・・・


WASS東海とは・・・何?

木と建築で創造する共生社会研究センター 東海版の略称です。^^

27日はこの研究センターのスタートとなる記念イベント。偶然にも長良川の花火大会とぶつかりましたね^^


遠路はるばる、県内では高山や白川から、県外では名古屋や東京からと、とてもありがたいですね^^

講師の先生は、

学校の木造や木質化の専門でもある東洋大学の長澤悟先生。

そして、

ヨーロッパの建築や木、地域社会を専門とされている法政大学の網野禎昭先生。


おかげさまで、充実した中身の濃いすばらしい講演会となりました!
あとから行われた交流会では大好評でしたね!ほんとに聞けて良かったです!

P1040498.JPG

P1040502.JPG

P1040504.JPG

WASS東海は、地域に根差した木材利用や学校などの公共建築物により効率的に木材を活かせるシステムの研究を皆さんとオープンなディスカッションを通して解決していきたい!

そんな願いがあります。

もちろん、それだけはありませんが、

とにかく、狭い分野や業界だけで集まってどうこうではなく、

林業、加工、設計、施工、さらには地域や教育に携わる皆さんの力を結集したい!
そしてネットワークを大事にしたい!

まだまだ、
スタートしたばかりですが、これから自分たちがどんなことができるのか、何か変えていければいいかなと思っています。^^

自分が頑張った分が誰かの力になる。
それを信じて取り組んでいきたいですね^^(develop)

近代建築(7月号)に掲載されました。

  • 2013.07.19 Friday
  • posted by 開発
7月号の近代建築に弊社の記事が掲載されました!^^

P1040485.JPG

今月号は学校建築がテーマ。。。

「地域の核となる長寿命な学校づくり」の特集です!!
読んでいて、とても勉強になりますね!

監修は長澤悟先生です^^


どこに載っているかなと、ページをめくっていくと・・・ありましたね^0^

早速の5ページを^^
P1040487.JPG


福井の安居中学の取材内容で、福井に設計事務所をかまえる顕塾さんにもとてもお世話になった物件です。

桧ストランドボードの標準タイプを掲示板として使用し・・・
準不燃タイプを技術室や理科室に使ってもらっています!


安居中学さんは「教科センター方式」の先駆的事例として、テレビでも見たことがありますね。


さらに!!

今回は、186ページ。準不燃タイプのストランドボードの広告が載っています。。

P1040492.JPG

ぜひ、皆さんにも読んでもらえればと思います。(develop)

岐阜県地域活性化ファンド事業のとりくみ

  • 2013.07.11 Thursday
  • posted by 開発
昨年8月から実施してきた「岐阜県地域活性化ファンド事業」もあっという間に1年目が終わろうとしています。

1年は速い!!

岐阜県から補助をいただきながら、小規模ながら少しずつ前進しつつある、茶葉ボード&茶がらボード^^

ほんとにありがたいですね!

昨日は開発でお世話になっている大阪市立大学の木内先生と1年間の総括と2年目の実施計画のつめに行ってきました。。
いつもありがとうございます!

P1040449.JPG

大学は、大阪の中心から少し離れていて、ざわざわしてなくて、古い歴史ある建物と新しい近代的な建物が広がっていますいいところです^^


開発のほうはというと・・・

茶葉や茶がらに関わりをもって、いろいろ知識が身について、これからが勝負です!^^!

ある程度、メドがたって予想できることだけではおもしろくないので、
新たな取り組みにもチャレンジしたいですね!

新たな取り組みは今はまだ秘密です^^。。

うまくいけば、グレードアップした茶葉ボードが・・・。

まだ未定なので、今後に期待しておいてくださいね。
(develop)


WASS東海 始動です!

  • 2013.06.24 Monday
  • posted by 開発
先週金曜、東海地区のWASSがスタートをきりました!

正確にいうと、

先週を行ったのは、来月のキックオフミーティングの準備会なんですが。それでもスタートですね^^


と・・・

WASSって何って??

WASSとは、"木と建築で創造する共生社会研究センター"のこと^^

"木"、"建築"、"地域社会"。
こうしたキーワードをテーマに、地域社会に何か貢献したい!
そんな思いを胸に集まっているグループです。
皆さん、仕事があるなか、集まっていただき、とてもありがたいですね。

P1040329.JPG

岐阜にもたくさんの優良な木が眠っている森林があり。
昔は大工さんがいて、木を使った建物も多かったのかなと。低層建築が多くて、高層が少なかったのかな。

地域材をいかに有効に活用していくか。そのためにはどうすればいいのか。

山側だけで考えるのはなく。
加工業者だけで考えるのではなく。
設計士だけで考えるのはなく。


みんな集まってクリアにしていきたい!
そして少しでも地域へ情報発信をしていきたい!

まだまだ具体的にどういう方向性になるか、決まっていませんが、スタートをきったことにまずは期待がふくらむばかりです^^

皆さんとともに、地域社会に貢献できる会に!
ご興味がある方がいましたら、エスウッド(058-379-3023、担当:長田)まで。ぜひご連絡を!
(develop)

ものづくり補助金に採択されました!

  • 2013.06.13 Thursday
  • posted by 開発
新年度、早速、ものづくり補助金の採択が決定しました!!

今年度は中小企業向けの補助事業も多く、有効に活用したいですね。^^

昨日は、長良川国際会議場で、ものづくり補助金事業の実施説明会があり・・・、書類整理は相変わらず大変そうですね。(率直なところ。)


ただ、やるからには、しっかりと!成果を上げなければいけないんで、実験も書類整理も頑張ります!!


今回のテーマは、桧ストランドボードの不燃タイプの生産性の効率化、低コスト化です^^
まだまだやることは多いんで、それはそれで楽しみですね。

ちゃくちゃくと将来に向けて土台がしっかりしてきているようで、数年後が楽しみでしかたなく・・・。


ご協力いただいている皆さんにもいい報告ができるよう、

またブログで経過をお知らせします。。(develop)

木材利用ポイントって・・・

  • 2013.05.17 Friday
  • posted by 開発
今年度、林野庁が始める木材利用ポイント。

まだまだ知られていないのでは・・・>w<

簡単に言えば、

エコカーやエコ家電のように、買うとポイントがついてきますよってのですね^^
それで、そのポイントで商品券や地域の特産物などなどに交換できる。

これの木バージョンですね*^u^*

木と言っても、海外で非合法的に伐採された木を使えばいいというわけではなく、地域の木材を使いましょうというものです。。

たくさん地元の木を使えば・・・、
林業にも貢献できるし、
健全な森林管理にも貢献できるし、
大きな意味では地球温暖化にも役立つ!
はげた山より緑が生い茂った山が一番です!

何より・・・
使っている自分がなんとも言えないいい気持ちになれる!

良いことづくしです^^

国が期待しているのは、木造住宅や木質内装化(かな?)。
ただ、木造住宅は家を買う予定の人、木質内装化はリフォームを考えている人。限定されますよねぇ。
木の製品ももちろんOKです。これはいいかもしれませんね。簡単に大きな費用がかからず手に入れられる。


エスウッドの内装材も忘れずに。とてもきれいですし、落ち着きます。
ただいま、材料登録、真っ最中!^^!


エスウッド化粧材を使って、ポイントゲットです!!!


まずはサイトにですね。。よろしければ見てくださいね(木材利用ポイントとは?)
http://mokuzai-points.jp/index.html

またしばらくして経過を報告します!。(develop)

茶がらの再利用

  • 2013.05.09 Thursday
  • posted by 開発
連休明け・・・

伊藤園さんより茶がらが届きました。まだちょっと凍ってますね。
いつもありがたいばかりです^^

P1040250.JPG

エスウッドでも茶がらの再利用に向けて、ちゃくちゃくと前進しています!

茶がらについていろいろ調べたり、伊藤園さんからいろいろ教えてもらっていると・・・

ますます内装用高機能ボードが見えてきそうです^^

これは楽しみ!!

ただ単にボード化するだけでなく、いかにエネルギーを余計に使わず、作るかそこがポイントですね^^

ちなみにですが、
茶葉配合ボードの写真です。↓

P1040253.JPG

今年度はどんどん性能評価試験をして・・・

年末までにいいデータを集めて・・・整理して・・・

来年度以降の飛躍に期待してます!^^
(develop)

桧ストランドボードの不燃タイプの大臣認定の申請を始めました!^^!

今回は、これまで取り組んできた準不燃タイプを・・・

さらに・・・

大きく進化させた製品です!

まさかここまで到達できるとは・・・。


準不燃性能と不燃性能では、これまた大きな大きな差があります^^
字でいうと"準"がつくかつかないかだけなんですがね。


既に製品化されてきた準不燃タイプもそうでしたが、

もともとのレギュラータイプの桧ストランドボードの意匠の良さをそのままに!

性能は不燃性能を!

ここが本製品の大きな良さです^^!


まだこれからですので、施工例も何もないので、すいません。。。

ただ、サンプルはお渡しできます!
燃焼試験の予備テストの結果も出せますね!(ばっちりクリアしてます!)


ぜひ、ご興味がありましたら、ご連絡ください!!
(develop)

木材学会誌に掲載されました。

  • 2013.04.10 Wednesday
  • posted by 開発
一時、サーバーの関係でブログが休止してましたが、復活です!

復活後、最初の話題は、木材学会誌です^^


木材学会誌の59巻2号にエスウッドでも取り組んでいる研究が掲載されました!

森林総研・複合化研究室の高麗さんのアイデアで一緒に進めてきた研究でいい成果が挙がっています!^^!
投稿者は、高麗さんと角田社長、僕の3人です。

P1040197.JPG

研究テーマは・・・

「高含水率のパーティクルからボードを製造するための高周波空気噴射プレスの開発」

一言でまとめると・・

エネルギー消費量を抑えた省エネルギー型のプレス技術の開発です^^


まだまだ実用化に向けて、機器の改良やデータ分析が必要ですが、着々と前進してますね。
国内特許もただいま取得に向けて申請中です!!

ご興味のあるかた、資料などご希望のかたはぜひご連絡を^^
資料をお渡ししますので。
(develop)

難燃剤のリスクマネジメント

  • 2013.03.29 Friday
  • posted by 開発
東京駅近くにある東京国際フォーラムに行ってきました!

とてもおもしろい空間で。
びっくりでした。

ちょうどどこかの大学か何かの卒業式で若者でにぎわってましたね。^^

P1040135.JPG

立派な国際フォーラムでこの日行われたのが・・・

「難燃剤とその代替物質のリスク」に関するワークショップでした!同時通訳付き!


P1040139.JPG

エスウッドでも桧ストランドボードの不燃タイプ&準不燃タイプの開発に力を入れていて使っていますが、
もっともっと一般的なものにもたくさん使われているんですね。^^

テレビ、パソコン等の家電、カーテンや断熱材などなど。

確かに燃えては困りそうなものばかり。


ここで、難燃剤の何が問題かということ。

ヨーロッパでは規定が厳しく、使用が制限されたり、使用できなくなったりするものが増えているそうで、

工場での生産や製品の加工中・・・
製品の使用中・・・
そして、ごみとして廃棄した後・・・
こうした中で有害な成分が、室内などの空気中にでたり、水に溶けだして海の魚や野菜とかに蓄積されてしまう。

ということは、

まわりまわって、結局、人の健康に悪影響になるんですね。


どうすればいいか?

建物が燃えてもいいから、難燃剤を使わない。これ、確実ですね!
でも、ひとはそうしないんですよね。

ひとの安全を守る。経済的な側面が気になる。


だからこそ、これまでの違うより安全な代替物質が必要であり、そのリスク検証が今大事になっています!
世界的にもまだまだ発展途上の研究分野のように思いました。。。(素人ながらにすいません。)

近い将来、ヨーロッパで規制されている物質は日本でも使えなくなります。(早くそうあってほしい。)
例えば・・・臭素系難燃剤などが厳しくなりつつありそうです。


ただ、
今、エスウッドの準不燃タイプに使われている難燃剤はまったくの別物ですので大丈夫です!
皆さん、ご安心を。^^
僕も一安心です。

もっともっと幅広く勉強しないといけないな、と思うばかりでした^
(develop)
最近、ペットボトルの飲料を買ったときにはキャップを集めています^^

集まってくると、いいことしてるなぁと、、

勝手に自己満足*^v^*


キャップはリサイクルされ、約430個(1kg)あたり、15円でリサイクル業者さんに引き渡されるそう。

そうそう、最近ではコンビニやスーパーとかでも専用の捨てるところがありますよね。


その売却益は、世界の子供たちへのワクチンになる!
いいことですね!いいお話しですね!
これを知ったのが数カ月前でした>o<もっと早く知りたかった・・・


430個で1kg・・・・・・・
ちょっと気が遠くなる数字ですが、ひとりで集めるわけではない。みんなで集める!
そう思えば、苦じゃないかな。^^


ところが!


最近知ったんですが、これらのキャップの回収に悩ませる事態が!

結局、回収にはトラックなどを走らせないといけないので、余計なエネルギー(ガソリン)がかかる。
さらに、ワクチンを世界の貧しい子たちに届けるのはすごくいいのですが、世界に運ぶのにはもっとエネルギーがかかる。

要は、環境への負荷を考えると、僕のなかではこの活動もはてなマークになっていて・・・。


こうして思うと、
やっぱり、グローバルな視点よりも地域を大事にするところに行きつきます。

世界の子たちももちろん大事です。
ただ、自然環境に負荷を与えてまで、支援するのは人間の勝手なのかなと思うこともありますね。

リサイクルした利益分は、世界に持ち出すのではなく、地域に還元すればいいかなと。
そうすれば、地域の「ひと」にも、「地球環境」にもバランスよくいいんじゃないかなと思います。^^(安易な思いですいません・・・)

いろいろな意見があっていいとは思うのですが。けど難しいですね。


僕のなかでは結局、ペットボトルが使われすぎにも思うので、ペットボトルは買わないで、できる限り「マイ水筒」を!^^!
これがいいのでは。。。と。

P1040129.JPG
↑よく持ち歩くようにしてますね。魔法瓶は冬はあったかいですし、夏は冷たい!便利でいいですね。
(develop)

山の大切さ

  • 2013.03.07 Thursday
  • posted by 開発
4日、岐阜の美山に行ってきました!

名前の由来もわかりませんが、美山というだけあり、美しい山々が連なっています^^
天気は晴れ!
真っ青な空!

気持ちよかったですねぇ^^

P1040107.JPG


この日は、角田さんの良き知り合いでもある中原林業の中原さんに「山の資源」をアグレッシブにレクチャーしてもらいました!!
森の贈り物研究会の花岡先生もご一緒です^^(ありがたいですね。)

そして角田さんもあわせて、みなさんパワフルでしてた!!

P1040109.JPG


林業の難しさはよく耳にします。
ただ、それを全く感じさせない溢れるパワーを中原さんからは感じましたし、しっかりとした山の管理がされていました。。


山を持続可能に育てるのに一番大事なのは、、、

木の年輪は必ず1年に1つずつ増えるということ。
そして樹高も太さも大きくなっていく。

だからこそ、20年や30年のスパンで考えるのではなく、もっともっと長いスパンでの育成プランが必要ということです。


人も同じですね。
いまのひとはすぐに結果を求めるところがあるかなと思います。欲がでちゃうんですかね。
もっと長い目で見て、どうなるか、それを見定めないといけないなと思うことがよくあります。^^

P1040095.JPG


話は戻りますが、

山に入ると、僕のコルトでは登れないような狭くて急な林道が続きます。
よく作ったなぁと感心するばかりで・・・

少しばかり林道のぼり^^

P1040091.JPG

けど林道は大事です。これがなければ山から木を持ち出すことができない。
林道づくりは自然との共存、そのための細かい技術、ノウハウが詰まってます。

現地の山、自然を知らなければできないことですね^^。(かっこいい!)


しかし!

今、山を深く考えず、山を知ろうとせずに、外から来た企業が山を資源の乏しいものにしているそうです。たった今、木という資源がほしいという、その欲求だけでどんどん伐採し・・・。

中原さんいわく、

数十年後の今豊かな岐阜の山は荒廃するだろう


とのことでした。


どうすればいいんだろう?
ひとりひとりが何かできることはあるのかな?

難しいです・・・(develop)

いじめ、暴力に対応できる建築

  • 2013.02.27 Wednesday
  • posted by 開発
今日の話題は、建築でいじめ対策!?

です^o^

昨夜、古館さんがでている○○ステーションを見ていると・・・

なにやら、見覚えのある風景が!


ここは!


これまでにも何回か訪れたことのある福井市立安居中学校。
HPはこちら↓

http://www.fukui-city.ed.jp/ago-j/

まわりは山々に囲まれ、自然がたくさん!

何より校舎内がオープンで、教室ごとの区分けがない!
設計士さんと話したことがありますが、新たな教育形態、新たな建築!新しい試みですね!^^!

おもしろい!


そしてそして、何より

安居中学校さんの内装材には桧ストランドボードがきれいに使われています!^^!

準不燃ストランドボードもたくさん使ってもらっていますね!^^!
(僕が撮った写真を↓)

P1030834.JPG

P1030803.JPG

P1030828.JPG


昨日の○○ステーションの紹介では、

オープンな間取りになっていることで、先生方の目が届きやすく、生徒さん同士も誰が何をやっているのか、すぐにわかるとのこと。
こそこそ隠れて何かやったりすることができないみたいですね^^

しかも自分の教室に先生が来るのはなく、生徒さん達が教室を移動する。
だから、休み時間中も生徒さんたちがいたるところで動き回る。

あとは、

掲示スペースが多いのも特徴ですね。(→上の写真:桧ストランドボード掲示板タイプです!^^)


掲示スペースには自分たちで作ったものや情報を貼り付けていきます。
もちろん先生たちもいろいろな情報を掲示していきます。

それらを自主的に「確認して」、「考えて」、「行動する」、そんな学校なのかなと僕は思っています^^
先生や大人に言われて行動するというのは、簡単だけど、こういう意識は小学生、中学生から植えつけたいですね。


福井県は教育にとてもとても熱心で、設計士さんとともに研究されています。

今、ニュースではいじめ、体罰や暴力、暴言みたいな悲しい話が多く、残念です><

時代の変化とともに、少しずつ指導の方法も変えないといけないと思っています(中学校でサッカーの指導をしているひとりとして・・・)。
ただ、それだけではなく、そうした社会問題に対して、建築というアプローチのしかたもひとつの手立てになるのではと改めて思いましたね。


先進的な取り組みに関心しながらも、

その現場にエスウッドの材が使われ、活躍していることをうれしく思いながら、

昨日は眠りにつきました^^zzz
(develop)

木材を燃えにくくするということ

  • 2013.02.20 Wednesday
  • posted by 開発
木材を燃えにくくする。。。

自然にはないものを作るのは難しいですね。
自然にあるものは長い長い年月をかけて、今があるわけで、僕のちょっとした知識や経験は鼻くそみたいなものだなぁ・・・と感じます>v<


もちろん数年前から取り組んでいるこのエスウッドの応用技術。
社会にとってはとっても有意義で、ニーズも高まっていますね^^。かなり^^。やるべきことと強く思っています!


ただ人が作りだしたものは自然界にはもともとなかったものばかりで、

自然界にとって良いものなのか・・・はたまた悪いものなのか・・・それは横においといて人にとっては都合の良いものがあふれていますね。

僕の思いでは・・・
人にとって都合の良いもの=おそらく自然界にとっては負荷が大きいもの、良い影響を与えないものが多いように思います。

かといって、何もしない、何も作らない・・・わけにもいかない。

そんな矛盾を心にきちんととどめながら、

自然界のなかのひとりの人間として、うまく自然界と付き合ってながら暮らしていきたいですね^o^

決して人が自然界を制圧しているのではなく、活かされている気持ちを忘れずに。。


話が大きくずれてしまいました!><!


本題は、、、


今年も準不燃材料・・・そして、

不燃材料の開発に勤しんでいます!これが言いたかった!


細かい細かい部分の技術の詰めがあと少し。
けどこれが大事なんですよね。実験中↓

P1040011.JPG

強度試験中↓

P1040040.JPG

何百の試験体を試験したか・・・わかりません。。。
いやぁ・・・よくやってます。そして試験機、活躍しています!^^


今年は岐阜県経済産業振興センターさんより補助をいただき、

東白川村の山共さんにもご協力いただき、

成功に向けて、

1歩下がって、3歩くらい進んでますかね^^

(細かい技術的なことはここでは内緒です^^)


人が心配なく安心して使えるもの

そしてそして

自然にとって環境にとって負荷の少ない製造工程の構築目指して

やりきりますよー(develop)

My箸にはまる。

  • 2013.02.12 Tuesday
  • posted by 開発
今年に入って、My箸をお昼ご飯に使っています^^

今日もお昼の友に!^^!

P1040043.JPG


いやぁ、自分の勝手な思い込みかもしれませんが、

根拠うんぬんではなく、
使っていて気持ちいい!

それが何よりです^^


実は、去年までは、ホームセンターとかで買った普通の割り箸を使うことが多くて・・・>o<。
ご飯を食べるとき割り箸を割るたびに、ちょっとした罪悪感みたいなものがあって。

これまたなんとなく・・・


んー、せっかくのご飯をおいしく、気持ちよく!
そしたら、今年からMy箸を使ってみようと思いました!!


ちょうど、少し前に社長の角田さんから、

(有)イーズさんからもらった「森のお守り」という箸をいただいており、

これだ!と思い、継続して使っています^^
(参考までに http://www.es-inc.jp/shop/17_5.html)

ネーミング・・・
格好いいですね。


箸の先端部分は、

アオダモっていう木で、野球のバットなどを再利用したものみたいです。

柄の部分は、
アルミですかね。ちょっとおしゃれ*^^*

P1040049.JPG

いつも取り外して、洗って、ケースにしまいこんでいます^^
これもいいアイデアですねぇ。。
コンパクトになるんで、持ち運びも楽ちんです^^

P1040057.JPG

ちょっと遅めのMy箸ブームでした。^^
(develop)


ローカリストとして生きる覚悟

  • 2013.02.04 Monday
  • posted by 開発
先月末、岐阜駅前の岐阜大サテライトキャンパスで、圧倒される題目の講演を聞いてきました^^

タイトルは・・・「ローカリストとして生きる覚悟」


聞いただけでかっこいい!
こういう芯が通ったこと、好きですね^o^
その覚悟をもって生き、それを講演するほどのお話しなので、期待を膨らませ行ってきました!

講演者は、、、
東日本大震災でも被災地となった石巻、女川地域を拠点とする石巻日日新聞社社長の近江弘一さん。


講演は、近江さんの若かりし頃から今に至るまでの経験、下した判断、行動などなど多岐にわたり・・・


中でも印象深かったのは。

「目指すべきは地域に活かされる企業づくり」
「はるか遠い未来への目標づくり」
「目標に向かうためにいますべきことへの固い信念と行動」
・・・

やれることの違い・大きさはあるにしても、僕も小さなことからやらねば!と思いましたね。


近江さんは、阪神大震災、同時多発テロ、リーマンショックそして東日本大震災。
大きな災害、事故のたびに、大きな影響を受け、いきづまったそうです。
それでも、何かを感じ、生き延びてきた。

グローバルな社会でその風潮に沿うように会社も大きくしてきた。そんな中で起きた9.11。
会社は大きな打撃を受け、グローバル化への考え方のターニングポイントになったそうです。

居住する地域を飛び越えて、世界だけを見据え、飛びまわり、1カ月のうち、どれだけ家に地域にいるのか。

あわただしく、ビジネスに打ち込んで積み重ねたもの、自分とは関係のないところで起きた9.11で、ゼロになってしまいました。

そうなったとき、ローカリストとしての断固たる覚悟ができたのではと思いました。
日日新聞は、先代から続いている創立100年の会社。他地域のことは書かないそうです。自分たちの地域、そこのちっちゃな出来事を記事にする。

僕もビジネスで世界にいけば、世界で飛び回ればかっこいいというわけではないと思っています。

数年前、僕が中国で働いていることに対して、すごいなとかかっこいいなと言う人がいるんです。
けど、それだけで判断するのはおかしいと思うばかりでした。

今いる地域、慣れしたしんだ地域、育ててくれた地域・・・
地域には、毎日通う会社・学校があり、遊ぶ場所があり、家族がいて、友達がいて・・・
そこを大事にしていかないといけないなと強く強く思いました。

とてもとても勉強になりました^^

解釈の違いや言葉たらずの部分もあるかと思いますが、
岐阜で生きる覚悟を改めて強くもった日になりましたね!

ありがとうございました!!(develop)


大和ハウスさんを訪ね。

  • 2013.01.17 Thursday
  • posted by 開発
昨日、大和ハウスさんの商談会にいってきました^^
岐阜支店は、昨年リニューアルしたばかりで、とてもきれいでした。

P1030972.JPG

商談会は・・・

持ち時間は40分程度でしたが、楽しくと言ってはなんですが、とても勉強になる充実した時間でした!

大和ハウスさんは皆さんご存知のとおり、「スマートハウス」という独自の戸建を売り出していますよね。CMでも見る機会があるような...。
ただ、それ以外にもいろいろな取り組みをしているのが今回新たな発見でしたねぇ。


大手の住宅メーカーさんがどんなことを考えているのか・・・、
何を求めているのか・・・、

そんな話をじかに聞くことができたのが良かったです!^^!


これまで、住宅メーカーというと価格最重要視!

そんなイメージでしたが。(個人の勝手な思いですが。)

そんなスタンスよりも、多少高価格でも何か特化したいいものを!

そんな印象を感じることができました!

総合技術研究所の副所長さんからは、具体的にこんなもの、あんなもの・・・いろいろアドバイスももらえて、今後の開発課題のひとつにしていきたいですね^^


最後に。桧ストランドボードだけでなく、イグサボードや茶葉ボードなどの特徴的な新素材を知ってもらい、興味をもってもらえたのは、うれしさあり、おどろきあり、可能性を実感しつつ、今後につなげていきたいところです!

今年も課題がたくさんあって頑張りがいがありますね!!
(develop)

新年スタート、新聞掲載

  • 2013.01.10 Thursday
  • posted by 開発
あけましておめでとうございます^^

新年もスタートし、わが実験室でもあわただしい日々を送っています!

そんななか・・・

1月8日の中日新聞にて、エスウッドの準不燃桧ストランドボードが取り上げられました!
ありがたいですねぇ・・・。

2013.1.8中日新聞エスウッド記事.jpg

角田社長も大きく掲載されていましたv^^v

準不燃材料は、今後いろいろなところで必要とされる素材です。

記事にちょこっとだけ補足すると・・・

主な仕様は、ケイカル板と難燃処理をした美しい!きれい!なストランドボードの複合です^0^
細かいノウハウがぎっしり詰まった製品です!
頑張ってきたかいがあった・・・

実は、平成22年度から岐阜県研究開発財団さんより補助金をいただきながら、開発を円滑に進めることができ・・・、

さらに・・・

現在も岐阜県産業経済振興センターさんのご支援をいただきながら、さらなる高みを目指しています!!向上心↑↑^^↑↑
既に過去に取得した大臣認定品(準不燃桧ストランドボード バージョン2)のブラッシュアップ中ですね。

ストランドボードは、その良さが写真ではなかなかわかりづらいので、ぜひこの機会にご興味のあるかたは、無料でサンプルをお配りしていますので、ご連絡ください!(電話:058-379-3023)

無垢材とはまた違ったデザインなので、とてもいいですよ^^

今年も1年!
いいスタートですね^^
(develop)
年末も近くなってきましたねぇ。

皆さん、あわただしく2012年も最後の1週間ですね。

研究開発部では、ただいま、年明け早々の「カルチャー・ワークショップ」のイベントに向けて、ちゃくちゃくと準備中です^o^


「カルチャー・ワークショップ」とはって・・・


東京ディズニーランド前にあるイクスピアリを知ってますか?
なんとなくアウトレットモールのようなイメージですが...。

イクスピアリのショップ&レストランンの一角ではいろいろな体験イベントが行われていて、期間ごとに手頃に楽しめる催しがあるようです!。。。


知り合いのダイヒットカンパニーさんからお話しをいただき、

1月5日、6日、そして12日、13日、14日と、いぐさを使った簡単な手作り雑貨が楽しめます!
具体的にはって・・・


それは・・・


今は秘密ですね^^

ヒントは・・・
ただいま、いぐさを専用の機械できざんでます。

P1030959.JPG

これを使って何をするのでしょうかぁ?
ぜひ当日お越しください!

弊社のイグサボードも登場いたします!

詳しくは、まだ掲載されていませんが、イクスピアリの下記URLより!
http://www.ikspiari.com/ent/culture/index.html

(develop)


エコプロダクツ2012を終えて

  • 2012.12.18 Tuesday
  • posted by 開発
12月13日~15日にかけて、エコプロダクツ2012が開催されました!

エスウッドもNPO国産材とともに出展してきました。
今年も例年通りの来場があったようで、景気が不安定とはいえ、エコへの関心は上向いているように思いますね^^

3日間の実感として、

大手の企業ブースのド派手さがなくなってきたこと。
これはいいですね。エコですから。ド派手に何でもやればいいという時代は終わってきたのかなと。

そして学生さんの環境への意識が高まってきたこと。
大学や専門学校などのブースも多く出展していて、我がブースにも多くの学生さんが立ち寄ってくれました^^

P1030926.JPG

何より、木を扱う仕事に就きたい!という学生さんもいて、うれしいことです!^^!


ブースでは、今年初めて出展した「茶葉ボード」。
そして、相変わらずの人気を継続中の「イグサボード」。
みなさん、ここに注目いただきました!

茶葉ボードは、賞味期限切れの茶葉や飲料用として使用済の茶がらを原料としています!
内装用としては国内でも稀少ではないでしょうか!?
まだまだ研究開発なかばですが、ここ半年くらいでデータ収集、分析、評価を行う予定です。(サイズにより製造可。要相談ください。)

イグサボードは、相変わらずの人気ぶりですね。
国内生産はうちだけで、独自の新素材です^^
なんといっても原料は100%いぐさです^^ たたみのように、表面だけというわけではないのでイグサぎっしりです。

P1030932.JPG

P1030931.JPG

ここでの出会いがうまくビジネスにつながることがベストですが、、、
それ以外でも、毎年展示会ではいい勉強させてもらっています!

エスウッドプロジェクトから生まれた製品が、社会にまだまだこれから必要とされると固く実感し思いながら...
今年は残りわずか。

頑張ります!!


最後になりましたが、
NPO国産材理事長の榎戸さん、いろいろご協力本当にありがとうございました!
(develop)

エコプロダクツ2012に向けて

  • 2012.12.03 Monday
  • posted by 開発
今年もあっという間にこの時期がきましたねぇ。^^

12月13日~15日の3日間、東京ビッグサイトでエコプロダクツ展が行われます!

エスウッドも毎年同様、NPO国産材さんのブースの一部にて参加することになりました!
いつも榎戸材木店の榎戸さんにもお世話になり、ありがたいですね。

昨年度はこんな感じでした↓↓

PC160685.JPG

PC160687.JPG


2012年は・・・

なんといっても、準不燃桧ストランドボード!^^
無垢材とは異なる意匠であり、なおかつ準不燃性能をもち、ここ数カ月の試行錯誤で施工後の品質の安定性がおおきく改善されています!

茶葉ボードは初めて住宅で採用され、新たなスタート!
材料配合を変えることで見た目も変わってくる素材です。

さらに・・・桧ストランドボードのオプションとして、マグネットタイプ・画鋲タイプが登場!
見た目はストランドボードのそのままに、マグネットがついたり、画鋲がこれまでよりも挿しやすい仕様になっています!


今年も挙げだせば、いろいろ開発、改良、改善やってきましたねぇ^^。

どこまで出展できるか、わかりませんが、今年の成果を少しでも多くお見せできればと思っています!

ご興味・ご関心があるかたは、ぜひお越しください!!
NPO・NGOコーナーの「N-10:NPO国産材」です。要注意!!

お待ちしております^^(develop)

「参考までに」
エコプロダクツ2012HP
http://eco-pro.com/eco2012/






先週、オーシカ接着剤講習会に参加してきました!

今年は表題の"木肌の温もり 木目の魅力"という副題に興味をいだき、京都大学農学研究科の仲村匡司先生の講演を聞いてきました。

仲村先生の研究は、ごくごくありふれた木に関する普段の疑問を徹底的に追及したもので、

例えば...

「人はなんで木にあたたかみを感じるのか」
「人はなんで木目調を気に入るのか」
「人はなんで木製グッズや木製おもちゃをかわいいなと感じるのか」

これってそうだなぁと思うんですが、なぜ?と考えたことがない!
そして、これって本当に一般論なの?

そんな投げかけをいろいろな研究データもあわせて、説明いただいたので、とても勉強になりました^^


話が変わりますが、みなさん、木の家って、ぱっといいイメージを持たれる人が多いんじゃないでしょうか?
建物の中には・・・本物の木でなくてもコンクリートなのに木目や節を転写したり、壁用塩ビクロスやタイルとかもたくさんの木目調のシリーズがあると思います。

本物でなくても見た目が木目調だと好まれる。。。

不思議ですねぇ・・・。そして、木材を扱うものとしては、残念ですねぇ・・・。
ただ、現実はそんな傾向があるのかもしれません。


ということは、
ここからは個人の見解ですが。

木の本来の特徴には「あたたかさ」、「香り」、「触り心地」、「調湿性能」などなどたくさんあるのですが、結局のところ、視覚的な木目や節がポイントになるのかなと思いました。

言い方が悪いかもしれませんが、見た目だけの商品(木目調の壁紙など)でも売れるということは、そういうことなのかなと。

言うまでもなく、本物の木は見た目だけでなく、たくさんの良さがあり、こうしたところにも目を向けてほしい!というのが本音です!
特に木質内装といえば、日常的に直接木を感じられ、気をより多く使うことができる住宅部材のひとつです。

ぜひぜひ、木目調の塩ビクロスや建具化粧材に満足するのではなく、本物の木を使ってもらいたいなと感じるばかりですね^^


ここで、ちょっと先生のプレゼンで紹介されたデータを。

木材住宅へのイメージアンケート調査で、明快な違いがでたキーワードは・・・
「落ち着きのある>落ち着きがない」、
「安心な>不安な」、
「美しい>みにくい」、
「あたたかい>つめたい」、
「好きな>嫌いな」、
「きれいな>きたない」

いいですねぇ。。。なんと、気持ちいい!!!

また、住宅供給業者がいだく家のイメージ!ベスト3!!
1位 「癒」
2位 「和」
3位 「健」

これまたいいですねぇ・・・みなさん、木をたくさん使いましょう!^^!
ストランドボードはおすすめです! 次回またこの続きを...
(develop) 
 

建築解体材を使った実験中です。

  • 2012.04.10 Tuesday
  • posted by 開発

昨年度まで実施してきたプロジェクトのフォローで4月も実験中です。

 

・・・・今月で完了かなと思いますね。^^

 

プロジェクトはひと段落し、これからこの技術がどう使われていくのか、そこが大切ですね。

 

話がとびますが、、

今でも震災のがれき処理で右往左往しており、たまにニュースでも見ます。

再利用していくには、がれきの分別も大変な作業だなと思いながら。

現地では、そうしたがれきを使った復興ボードというものが開発されたようで、うまく用途が見つかることを願うばかりです。

 

うちの実験室でもちょうど解体材を使っていて、

共通する部分が少しはあるかなと思いつつ、実験してます^^

どうなんでしょう?

P1030421.JPG

P1030422.JPG

P1030423.JPG

 

解体材はかなり水分をもっているので、通常、エネルギーを使って高温で乾燥しないといけないところ・・・

今やっているのは、その乾燥工程を省略したエコな技術です。^0^

いつかこの技術が使えるようになるといいかなと。

(まだラボレベルですけどね。。)

 

もうしばらくは、報告書と論文のまとめが続き・・・

まとまったら、またブログします^^

(develop)

 

茶葉ボード人気じわり・・・

  • 2012.03.23 Friday
  • posted by 開発

茶葉ボードが戸建住宅で使われました!^^

国内初!?(わかりませんが・・・)

 

今回は、大阪久宝寺のT邸です。。

設計者のかたの家だけあって、とてもおしゃれな感じでした^^

P1030372.JPG

大阪市立大の木内先生と設計者の田中さんです。↑お世話になっております。。

P1030371.JPG

天窓があって・・・とにかく明るい!

P1030373.JPG

平屋なんで、コンパクトに部屋が連なっていて、収納もまとまっています^^

いいですねぇ。

平屋の家は僕にとっても理想的な感じです。

 

・・・

 

茶葉ボードはどこに・・・

 

一通りみせてもらって、、、 玄関まで戻ってきて・・・。

 

そして・・・

ふいに、玄関の収納をあけると・・・・

P1030356.JPG  

お茶っぱのいい香りが・・・漂ってきましたぁ

今回は、下駄箱とトイレに使ってくれてました^^

P1030339.JPG  

なかなかマッチしてます!^^!

トイレのほうは・・・

P1030366.JPG  

これまた、、香りがいい!柄も他のクロスと合っている感じです。時間がたつと味がでてくるかも・・・と創造してます^^

 

今回は、茶葉を使いましたが、今後は茶がらをリサイクルしたいですね。

リサイクル精神で。

来年度は、茶がらのボード化が目標です!

 

ちなみに、このボードは正式に製品化されていませんので、ご興味があるかたは個別にご相談ください。。サンプルなど。

(develop)

お茶のボードの紹介です。

  • 2012.03.02 Friday
  • posted by 開発

試作で進めてきたお茶のボード。

 

お茶はもともと栄養素が高く、体にはいい!

そんなイメージですが、実際ボードとしては、どうなのか・・・

 

そこは、今後の研究課題です^^

課題があるのは、いいことです^^。

 

今日は、そのお茶ボードがどんな感じなのか・・・・・

 

こんな感じになりました↓↓

P1030281.JPG

緑色の真ん中のボードがお茶です!

なかなかお茶っぽいボードができました。

 

調べた結果、、、

強度は問題なし!

においもあり。ここは大事ですよね。

 

ご興味あるかたは、ぜひエスウッドまで^^よろしくお願いします!

(develop)

ブレンダーができました!

  • 2012.02.23 Thursday
  • posted by 開発

先週、ついにブレンダーができました!^^

ブレンダーは、接着剤を塗布したり、原料を撹拌したりするのに使います。

 

中に羽根をつけました。。↓ こうすることで、より撹拌がよくなると思い。

P1030248.JPG

 

と・・・・・・

 

早速ですが・・・・

置き場所に困ってます。。。段取り悪すぎです・・・><

そろそろ研究室増設計画でも・・・^^  したいですねぇ。

 

ブレンダー自体はコンパクトなんですけど、モーターまであわせると意外に大きい!

とりあえず、現ブレンダーの横にでも置いておきます。

 

ブレンダーを小さくすることで、接着剤の塗布むらやロスを減らすことができそうなのと、原料が小さい場合にはやはり小さいブレンダーがいいかと思います。

 

ブレンダーも何でも万能!ではなくケースバイケースですね。^^

 

こうやって、少しずついいものができていくんですねぇ^^

勉強になります!!(develop)

ギフトショーは大盛況でした。

  • 2012.02.15 Wednesday
  • posted by 開発

かなり遅いのですが、新年初のブログです>0<

かなりです。。。

 

新年明けてから、いろいろあったのですが、まず先週行われたギフトショーのご報告を!

 

2月8日~10日の3日間、ビッグサイトでギフトショーがありました!

ビッグサイトの全ホールが使われるので、とても周って見る時間はありませんでしたが・・・

ざざっっと見た感じ、、、

個人的にいえば・・・・、おもしろかった。

開発の立場からいえば・・・、あまりネタがなかった。

 

こんな感じです^^

 

だから、お客さんで来たら、おもしろいと思いますね。^^

ディズニーとかルフィとかアニメキャラとか、アパレルとかなんかとにかく何でもって感じです。。

 

で、本題に・・・

 

今回は、いぐさ石鹸を一緒にやっているダイヒットカンパニーさんと田宮製畳さんで、新製品の「いぐさの美肌石鹸」のPRを!ということで、いざ出展!!!

P1030224.JPG

ブースに寄ってくださった方々の中には、百貨店や問屋さん、ネットショップ、商品開発、海外展開・・・・など

いろいろな方が興味深々でした^^ブース満員御礼です!!^^

P1030227.JPG

 

うさぎ店長も大活躍でした^o^^o^かわいいですからねぇ^^

あふれてますねぇ↓

P1030221.JPG

今年はイグサ美肌石鹸が大ブレークですね。

 

よろしければ、サンプル少しあげますので、連絡ください!!

ぜひお試しあれ・・・・^^(develop)

 

エコプロダクツ展2011に行ってきます。

  • 2011.12.11 Sunday
  • posted by 開発

今日、岐阜で開催されていた「ぎふ技能フェスティバル」を無事終えることができました。

ご報告はあらためて^^

 

と・・・

今月は早速、次の展示会が迫っています!

 

エコプロダクツ展。。

期間は、来週15日~17日です。

今年もNPO国産材のブースで、榎戸材木店の榎戸さんのご協力を得ながら、参加することになりました。

いつもありがたいですね。^^

 

今年は、本年度、研究開発しながら、施工実績を少しずつ積んできた木質舗装を持っていきます!

ボードメーカーのエスウッドにとっては、新しい分野への大きな一歩^0^

まだまだ開発段階で、改善の余地はたくさんありますが、途中経過をみなさんにも見てもらえればと思っています。

舗装の展示はこんな感じです↓

P1030091.JPG

いろいろ意見がもらえるといいなと思いながら、不安あり楽しみありな感じです。

 

あとは、毎年恒例、特別にボードサンプルを無料配布します!

ここ最近は、少しずつ認知度があがっているなと実感していますが、まだまだこれから。

サンプルの看板作ってみました^^↓

P1030093.JPG

3日間、アグレッシブに頑張ろうと思います!^^

 

みなさん、エコプロに来る時は、一度お立ち寄りください。。(develop)

ぎふ技能フェスティバルに行ってきます。

  • 2011.12.07 Wednesday
  • posted by 開発

今週の10日(土)、11日(日)は、「ぎふ技能フェスティバル」に出展してきます!

場所は、岐阜産業会館。

岐阜県のサイトから↓

http://www.pref.gifu.lg.jp/kensei-unei/kocho-koho/event-calendar/gyoji/roko/ginou-festaH23.html

 

早速ですが・・・チラシです↓

Epson_0061_1.jpg

初めて参加するんですが、家族で楽しめそうなイベントになりそうですね。^^!

 

チラシをみると・・・

ものづくり体験コーナーや

おいしい美食コーナーや

格安販売のコーナーなんかも

あるみたいで・・・

 

出展するだけでなく、見てまわるのもおもしろそうな予感全快です^0^

 

今回の出展のお話は、本年度お世話になっている岐阜県の研究開発財団さんからのお誘いで実現しました!とてもありがたいことで、とてもとても感謝しております。^^

エスウッド単独ではないので、もし来られるかたは、研究開発財団を目指してください!

 

中身ですが、、、

この2日間、何をお見せしよう・・・と考えた結果、

これまでにエスウッドで試作や開発してきたいろいろなボードをどーん^^と出すことにしました。

ちっちゃいサンプルを・・・

少しずつですが・・・。

 

子供が多ければちょっとしたゲーム形式にしてもいいかなと思っています^^

そのあたり臨機応変に。。

まず楽しければ、OKです^^

 

最後に個人的に気になるところを。(関係ないのですが・・・)

瓦割り体験・・・ほんとにできるのか、できたとしても痛いような・・・目指せ10枚!

いすづくり体験・・・簡単にできるなら作ってみたい・・・勉強になります。

高山ラーメン・・・食べたことがないので一度食べてみたい。

 

いろいろありますが、展示会やイベントは、やはり僕にとっては製品のPRの場であり、勉強の場ですね。

また、イベントが無事終わりましたら、ご報告します!(develop)

舳倉島の旅を満喫

  • 2011.12.05 Monday
  • posted by 開発

久しぶりのブログにもかかわらず、プライベートなことを少し。

先月、能登半島の北に浮かぶ舳倉島に行ってきました^^

人があまりいかないような静かなところに行くのが僕の趣味のひとつ。いつの頃からか・・・今回も静かな島旅が目当てです^^

 

いざ石川県舳倉島へ。ということで僕の知っている限りの情報と一緒にどうぞ。。。

能登の輪島から1時間半くらい船に揺られると真っ平らな島が見えてきます。標高は15m?くらい。まっ平らなので、輪島からは全く見えません・・・。

そこが秘境っぽくていいところです^^写真です↓

PB120643.JPG

全くの観光地ではないので、船に乗るのも島の人とバードウォッチング目当ての人が少しいるくらい。

むしろ島の人の食料運搬用を兼ねていて、ちっちゃなコンテナもちらほら。

何の目的もない僕らは、さらに変わり者ですが・・・

 

行きに一緒に船に乗ったひとの話しでは、島でお金を使うのは、2件ある宿だけのようで。

ますます期待が膨らむなか、いざ舳倉島です!!

 

港につくと、待ってましたとばかり、島の人が食料、雑貨類を調達に。見慣れない光景でした。

ビールケースの山が気になります^^

PB120595.JPG

そのあと、港をあとにすると・・・

人気のないエリアに・・・とにかくただただ島を周遊する小道を歩き続け・・・

PB120624.JPG

PB120601.JPG

分校もあるんですね^^

PB120613.JPG

 

お昼ご飯&ひと休憩・・・、お昼はこだわりなく輪島で買ったコンビニ弁当でした。

たそがれモード・・・すでにお疲れモードでした。。

PB120621.JPG

その後も歩き続けましたが、4時間の滞在で出会ったのはほんの数人で。

予想以上に静かな別世界の環境でしたね。

 

島というのは、やはり独特の環境、雰囲気があって、とてもすがすがしい気持ちになります。

 

日々仕事に追われ、都会に住む人には、リフレッシュにおすすめかもしれません。観光客もほとんどいないので・・・

くれぐれも注意してほしいのは、、

島には基本何もないということ。

1日1便なので、戻ってこれないかも。

島の方々には迷惑なことがないように。

そこだけご注意を。

 

個人的にはとてもとても満足な旅でしたね(develop)

初めてのオイル交換

  • 2011.11.14 Monday
  • posted by 開発

先週、実験室のプレスのオイル交換をしました。

プレスは使い始めて以来、今月でちょうど5年・・・初めての交換です^^

 

というのも、交換する時期がよくわからなかったというのが本音で・・・

 

今回は、お世話になっている東海油化センターさんに来てもらいました。

オイルタンクはすごく狭いところにあって、やりづらいかなと思ったのですが、掃除機みたいなものでぐんぐん汚れたオイルを吸い取ってくれました^0^

P1030049.JPG

 

吸い取ったオイルを見ると・・・

少し褐色の液体が。

P1030052.JPG

これがどの程度汚れているのか・・・わからなかったんですが。

聞いてみると、、、

どうやら、まだ使えるくらいの汚れだそうで・・・軽傷でした^^

 

それでも、新しく入れ替えしてもらったのは気持ちいいです!

これで大きく何かが改善されたわけでもないけど、メンテナンスと思えば、やって良かったです。。

 

プレス機は、一番活躍している機械なので、細かいメンテを少しずつ少しずつやっていこうと思います。(develop)

ビジネスフェア2011で出展してきました。

  • 2011.11.04 Friday
  • posted by 開発

先週28日、ビジネスフェア2011に出展してきました!

今回はin名古屋です。

P1030039.JPG

P1030035.JPG

 

イベントは1日だけでしたが、信金さんが主催しており、とてもとても多くの人が来場してくれました^^

予想以上に・・・

おかげさまで、終わったあとは満足感のなか、中華料理を食べて帰りました^^

 

今回は、田宮製畳さんとともに、Tokyo-igusaで売上を伸ばしつつある(?)「いぐさ洗顔石鹸」を大々的に無料配布!!

お客さんにもたくさん立ち寄ってもらえました。。

以外に男性率が多い!!これには驚きました^^

P1030045.JPG

 

男性のかたがたも、美容に興味をもたれている。そんな感触でした。。

僕自身も少し石鹸に詳しくなれた気がします^o^

やっぱり商品をひとに説明するのはとても大事ですね。

 

ここで少しイグサ洗顔石けんのPRを・・・

 

イグサから特殊な製法で抽出したエキスをふんだんに練り込んでいます。

イグサの抗菌作用やビタミン、ポリフェノールなどの成分がぎゅっと濃縮。

最近では珍しい固形石けんです。

いぐさの香りはあえて入れず。。。無香料です。イグサのにおいで顔を洗うのはちょっと抵抗ありますよね・・・

(今年、新たにいろいろな香料入りイグサ石鹸を試作中ですが。乞うご期待^^)

 

よければTokyo-igusa HP覘いてみてください↓↓

http://www.tokyo-igusa.com/

イグサ大好きなうさぎ店長のブログもおもしろいですよ↓↓

http://www.tokyo-usagi.com/

 

いぐさ洗顔石けんも、またちょくちょくいろいろご報告していこうと思います。

 

あと・・・

他のブースを見てまわる時間があまりなかったのですが、ちょっとおもしろい技術もあったので、それも影で少しずつ動いてみようかなと思ってます!

またブログに載せられるような感じになってきたら、掲載しますね。

ではでは(develop)

 

 

昨日、福井市安居中学の見学に行ってきました^^

天気は、快晴。名古屋からも車で2時間ちょっとでした。

福井市の中心から、山のほう山のほうにむかい、とても近代的なシンボル的な建物が見えてきました。

最初は、あまりに立派なので、これ学校?って思うほど・・・

P1030032.JPG

 

今回、まだ施工中の物件でしたが、

施工現場に行く機会は少ないのでとても良かったです。

 

何より・・・

福井県には、桧ストランドボードをとても理解し、大事に扱ってくれている顕塾の柳川さんがいらっしゃいます!

安居中も柳川さん設計の物件で、とてもおもしろい間取り、デザイン、桧ストランドボードの使い方をしてくれています^^!

本当にありがたいです。

 

福井ではいろいろな教育活動、新しい試みがなされているようで、

教育と環境という両面からアプローチした学校になるのでは、と思っていました。ほんとにいい取り組みだと思います。^^

もちろん、それだけではないと思いますが・・・

 

桧ストランドボードの写真を少し撮ってきましたので、ぜひご覧ください↓

写真撮影が下手ですいません・・・

P1030016.JPG

P1030023.JPG

P1030019.JPG

P1030026.JPG

今月末、内装も完成のようですので、また完成後、行ってみたいですね。

 

今回の案件でも、たくさんの方のご協力があって教育の場の一内装材として使っていただきました。

とてもとても感謝しています。

これからも、使ってもらって喜んでもらえるものを作っていきたいと思います。!

(develop)

吸音ボードを試作してみました。

  • 2011.09.13 Tuesday
  • posted by 開発

桧ストランドボードの応用編として。

 

吸音ボードを試作しました!^^

P1020920.JPG

有孔加工の技術は、昔からあるようなので、簡単に言ってしまうと、そうした業者さんが見つかれば、OKです!!ちょっと安易な考えですが・・・

 

ただ、困ったことに、意外とこの技術を持っている業者さんが少ない。

初めてなので、なかなか最初は見つかりませんでした。

 

最初、NC加工の業者さんにお願いしてみましたが、1枚のボードで1000個以上ある穴を1個ずつあけるという、日が暮れるような話しになってしまい、却下。。。

結局、知人のご協力をいただき、めぐりめぐって今に至りました。

 

本当に感謝するばかりですv^0^v

 

製品のほうは・・・

バリが心配だったんですが、、、これは問題なし!

穴をあけることによるボードの持ち運びも、、、問題なし!

コストは、、、大幅なコストアップなし!

おかげさまで無事形になりました^^

P1020921.JPG

これから、条件をふって試験をし、製品化をめざしたいと思います!!!

(develop)

舗装タイルを作ってみました。

  • 2011.09.06 Tuesday
  • posted by 開発

ここ最近、実験室のことを書いてなかったので、久しぶりに書こうかなと思いました^^

普段は、実験室にいることが多いので、普段ありふれたことでも少し。

 

今日は木質舗装について!

 

去年から取り組んでいる木質舗装も、現場での測定や経過観察が行われ、実用化にむけ、

少しずつ少しずつ・・・

前進してます。

 

今週実験室では、同じ技術で舗装タイルを試作してみました^^!

はじめてなので、さわる程度でしたが・・・

まさに子供の泥んこ遊びのような気配も・・・>o<

 

ラボレベルのトライなので、ちっちゃなカップで、

材料を変えてみたり、、

配合を変えてみたり、、

混ぜ方変えてみたり、、

いろいろやってみました。。

P1020919.JPG

 

P1020914.JPG

あまりきれいに撮れてませんが・・・

 

今日見たら、とりあえず固まってました!^^(当たり前ですが、、、少しうれしい・・・。)

次回は、もう少し製品に近づけるようなトライをしてみようと思います!

楽しみですねー^^(develop)

つかさのまち夢プロジェクトのプラン

  • 2011.08.30 Tuesday
  • posted by 開発

週末、岐阜の長良川国際会議場に行ってきました。

岐阜のメモリアルセンターの隣です!

 

内容は、、、

岐阜市内の岐阜大学医学部跡地に計画されている「つかさのまち夢プロジェクト」のプレゼンと、パネルディスカッション。

話し手は、建築家の伊東豊雄さんでした。

P8270594.JPG

画像、ぶれててすいません。。

 

基本設計のプレゼンだったので、どんな材料、どんな素材といった具体的なところまでは、話しにあがりませんでした・・・残念>0<

 

エスウッドとしても、

僕個人的にも、

そこに興味があったのですが・・・

 

ただ、建築そのものはやはりおもしろいなぁと感じました。素人ながら・・・

P8270577.JPG

 

聞いていて、環境計画のところと、屋根の構造のあたり、特に力が入っているようでした。

長良川の地下水を使ったエネルギーシステム、

自然採光の取り入れ、

自然換気の効率化、

今の時代、こういうのは大事そうですね。。

P8270583.JPG

 

それと、屋根構造↓

薄手の材を網目のように、組み合わせていて、おもしろいです!

もちろん、木!

P8270590.JPG

 

何より、

このプランには、地元の小学生のアイデアも組み込まれているようで、

伊東豊雄さんも子供の奇抜なアイデアに、わくわくどきどきでしたと言ってました^^

 

新人の若手社員よりも、子供のほうがおもしろいアイデアがでてくると・・・

自分もなるほどなぁと思いながら、聞き入ってましたね。

 

エスウッドの桧ストランドボードも使ってもらいたいなぁと願いつつ・・・

建物ができるのも楽しみにしつつ・・・

今日もエスウッドの実験室で頑張ります^^

(develop)

間伐材コンクールで得られたもの。

  • 2011.08.23 Tuesday
  • posted by 開発

20日、21日の2日間、新宿御苑にて、グリーンチャレンジのつどい2011が開催されました!

今回は、その中の間伐材利用コンクールに参加してきました。。

 

新宿御苑のなかは、芝生がすごくきれいで、涼しかったせいか、赤とんぼがたくさん飛んでました^^

苑内では、ゆったりと時間が流れていて、気持ちよかったですね^^。。

P1020888.JPG

 

当日は、雨だったんですが、昼を過ぎるとたくさんの人が立ち寄ってました。

昼からはメインステージでライブ、トークショー、おどりなどなど・・・

P1020905.JPG

やなばらわーがよかったです^^

 

さて、、、

 

間伐材コンクールのほうは、40作品くらいの応募があり、

残念ながら、

林野庁長官賞はとれず・・・

 

桧ストランドボードというとてもすてきな素材をアピールしきれなかった感が残り、残念でした>o<

P1020889.JPG

 

一般のかたが投票するようなイベントで大事なことは、

一般のひとが欲しがるものやちょっと変わったものを展示するのが、好印象をもたれるようです。

なので、普段の生活で使ってみたいなと思うものは、票をのばしていたかもしれませんね。

 

木を使った小物や家具とか・・・

 

今回、桧ストランドボードの掲示板パネルと書架を準備して、個人的には、素材をPRするには、とてもいいものができたなと思っています!(帝国器材さん、ありがとうございます!)

ただ、それだけで必ずしもベストなことかどうかは別物なのかなと思いました。

 

当たり前のことですが、作り手が作りだすものと使い手が求めるものがあり、

それらを近づけないとうまくいかないなと、感じました。

 

せっかく、現地でいろいろ立ち会えたので、、、

これを普段の仕事にいかに落とし込めるか

・・・これからそれが大事ですね。(develop)

間伐材利用コンクールに参加します。

  • 2011.08.18 Thursday
  • posted by 開発

お盆休みも明け、じっくり仕事再開と思いきや・・・

明けて早々、コンクールの準備におわれています。。楽しいですけどね。^^

 

今回は、週末20日、21日に、新宿御苑で開催される間伐材コンクールに出展!

展示会ではなく、コンクールですね^^

初めての参加ですが、全国各地からいろいろな間伐材製品がくるそうです。=楽しみですね。^^

 

うちからは、「桧ストランドボード」の素材の良さをアピールしていこうと思います。

現地での展示は、掲示板パネル&書棚のセットで行きます!

掲示板パネルは、エスウッドで製作。桧RSBをフラッシュパネルに↓

P1020873.JPG

 

書棚は、帝国器材さんにつくってもらいました。さすがプロです↓いいですねぇ。きれい!^^

書架(帝国製作)110818.JPG

 

コンクールなので、一般の方と関係者の投票で優秀賞が選ばれます。

現地にこなくても下記HPからも1票を投じれるので、ぜひよろしければ、桧ストランドボードに1票を^^

http://www.gtf.tv/award2011/about.html

 

新宿御苑行くのは、初めてなのでそれも楽しみです。

皆さん、20日、21日ぜひ新宿御苑へ^^

では、準備のほうは・・・もうひとふんばり!(develop)

木質舗装の経過観察

  • 2011.08.09 Tuesday
  • posted by 開発

先週、木質舗装の経過観察に行ってきました。

炎天下のなか。陽射し強すぎです・・・。とにかく、あつい!

 

観察順は・・・

岐阜県ふれあいの森→岐阜高専→羽島市総合運動公園

岐阜高専と運動公園は、先月施工したばかりの現場です。

 

まずは、ふれあいの森↓

P1020824.JPG

相変わらず、自然のなかに溶け込んでいる感じが第1印象でした。

施工してから1年がたったけれど、大きな問題もなく・・・、とりあえず、一安心。。。

目立った劣化もなく、弾力性もOK!

いいですねぇ。

 

高専フィールドは・・・↓

P1020831.JPG

ここは、数mごとに条件をかえて施工しました。

センサーがところどころに・・・

表面温度は、高専の吉村先生がばっちり測定してくれています!その他のフォローも・・・^^

 

最後に、羽島の総合運動公園。↓

P1020838.JPG

ちょうど、先週末から昨日まで、国体のソフトボールプレ大会をやってました!

人の通りが多く、場合によっては軽トラも通る・・・とてもハードな環境で試験的に施工させてもらっています。羽島市にはとても感謝してます。^^

何と言っても来年行われる国体の会場。最高のロケーションです。^^

 

将来がとても楽しみな技術なので、ぜひ興味があるかたはご連絡を!

(develop)

竹チップボードを試作しました。

  • 2011.07.28 Thursday
  • posted by 開発

久しぶりのブログです。

 

ここ数日、ひたすら作文と実験のデータのまとめをしていて、すっかり他の試作のほうが止まっていました>o<

 

昨日は、久しぶりにプレスを使って、竹のボードを試作!

竹は、手元にあった真竹です。

竹チップと言っても、砕いた感じのものなので、粉末に近いものから爪楊枝くらいのものまでさまざま。

P1020795.JPG

この原料の違いがやっかいなので、まずは、適当なサイズでふるいわけ。↓↓

P1020794.JPG

そして、接着剤をつけて、プレスへイン!

細かいやり方は...、ひみつで^v^

 

実は、去年も一度やっているので、仕上がりぐあいはイメージできていて、ほぼ予定通り、作ることができました。。

触った感じは、硬いボードで、おそらく原料を変えれば、さらに強く硬いボードになると思います。

P1020791.JPG

 

竹の有効活用に何か貢献できれば・・・

ここからが知恵の出しどころです^^

(develop)

研究ノートがいい思い出です。

  • 2011.07.06 Wednesday
  • posted by 開発

いつもパソコンの横に置いてある研究ノート。

名前ほど立派なものではないけれど、これまでの研究のいろいろなことが書かれてあります。

 

なぜか、Campusの青に変なこだわりがあり^^(青好きですね。。)

けどこういうこだわりはせっかくなので続けたいですねぇ^^

P1020771.JPG

一番最初の日付は、2008年1月31日。

気がつけば、3年ちょっとで10冊超えです。^^

達成感ではないけれど、なんか少しうれしいですね。

 

特に苦労して書いているわけでもなく、日々の実験内容や計算根拠、打ち合わせの議事録、時には気になった言葉などなどが詰まっています。。

 

一番最初のころのノートを少し見返すと、この3年で、ノートの書き方も変わったなぁと感じます。

 

別に何冊目標とかいうのではなく、20冊、30冊となったときに、どんな思いでこのノートを見ているのか、ちょっと楽しみですね。。(develop)

今年の夏はうちわで過ごす。

  • 2011.06.29 Wednesday
  • posted by 開発

桧ストランドボードのうちわ、どうでしょう?

 

涼しさは、普通のうちわと同レベル。ただ、これに桧のほのかな香りがあるんで・・・

普通のうちわより、使ってみる価値ありですね^^

えびせんべいではないので、食べないように・・・>0<

P1020767.JPG

 

ちなみに、、、

今日の岐阜は、たぶん35度くらいでしたね。

なんとか、桧うちわで耐えきりました。。。v^^v 工場は大変だったと思います。あそこは地獄です。。。

 

ちなみに・・・②

うちわとして使わないときは、マウスパッドで使ってます↓

P1020766.JPG

桧うちわでエコ生活ですね!!!

(develop)

懐かしい竹細工でした。

  • 2011.06.21 Tuesday
  • posted by 開発

この間、ホームセンターで竹ひごを買ってきて、実験室でちょこちょこいじってました。。^^

 

昔、竹ひごで飛行機を作ったのを思い出しながら、懐かしいなぁと感じながら・・・。

↓竹ひごを煮詰めて、柔らかくし・・・(下写真)

P1020735.JPG

 

竹は、繊維がしっかりしていて、簡単に折れなくて、弾力性がすごくあります!いい素材だと思うのですが、年々見かけなくなったなと・・・

寂しく思います・・・。

 

今回は、イグサとのコラボでいじっていたのですが、想像通りにいかず、

残念ながら、失敗に終わりました。

試作をしていれば、こういうことは、よくあるので、最近は切り替えも早いです!

 

そういえば、2年前の夏に竹で流しそうめんやって以来、やってませんねぇ。

今年こそは・・・(develop)

意外なものが好評でした。

  • 2011.06.14 Tuesday
  • posted by 開発

新宿のグリリバ2011のつづきです。

今年の目玉は、なんといっても、うちわ!(特別なものではないですが・・・)

夏本番を間近に、定番のエコ商品。

桧やいぐさのうちわは、その香りが特徴です!^^

 

手に持って、試しにあおいでみた人は、100人くらいはいたかもしれないですね。

ほんとに多かった・・・

これは、うれしかったですねぇ^^まさに予測通り!!

 

これとは逆に予想外のこともひとつ。。。

よく値札とかを挿すネームプレートのようなもの。(正式名称がわかりません・・・>o<)

これです↓

P1020736.JPG

 

P1020737.JPGのサムネール画像

 

製作も簡単!いたってシンプル!

これが、意外に好評。

えっ、こんなものが・・・と思いましたが、どうしても欲しいと。

意外な発見でしたね。^^

自然のもの、プラスエスウッドの意匠性が気に入ってもらえたのかなと思ってます。。

(develop)

6月4日と5日、毎年、新宿で行われる「グリーンリバーアート」に出展してきました。

新宿西口のイベントコーナーで行われるのは今年で3年連続。

エスウッドも3年連続の出場です!^^!

P1020698.JPG

そして、今年から、グリリバと言うようにしています。面倒なので・・・。

 

グリリバは、一般のお客さんとやりとりをするので、とても楽しいです。

いろいろ話ができるし、レジうちも接客みたいな感じで、おもしろいですね。

商品の説明をするのに、グリリバ事務局の方々や榎戸材木店の榎戸さんに教えてもらいながら、不慣れながら、なんとかやりきりました!

 

今年の目玉は、榎戸さんが持参した屋久杉の端材。

特に何に使うということもなく、にも関わらず、そのネームバリューと物珍しさで、ばしばしさばけました!!値段も2個100円。破格ですね、これは。

 

イベント中、教わったことですが、、、

屋久杉は、台風等の自然災害で倒れてしまった木だけを山からもってきて製材するそうです。確かにそうかな...と思いました。

屋久杉は、屋久島で何百年、何千年とかけて育った木。だから貴重で。

そんな木を人の手で、どんどん切ってしまっては屋久島は、あっという間にはげてしまうなと。

 

だから、今回の2日間は、お客さんとの話題は屋久杉や屋久島の話がとても多く、僕も10年ぶりに行きたくなりました。

けっこう、行ったことがある人が多いんですよね、屋久島。

年配のかたでも、縄文杉まで登ったみたいな・・・。こりゃ、負けれられませんね。

 

うちからも、いぐさやひのきのうちわを新作で出展。それと掲示板。もちろん、素材としても出展しました!

うちわは、お手頃感をおしだして、柄や骨組みをあえてつけず、イグサボードや桧ストランドボードを薄くし、丸く加工して、販売しました。

結果、いぐさのうちわが大ヒット!2日間、すごく暑くはなかったですが、コンスタントに売れました。

珍しいですからねぇ。とりあえず、良かったです。

 

イベント自体は、今年も大盛況!

ちらっと、立ち寄って、珍しい小物を少し買って帰るには、ちょうどいいイベントだなとつくづく思います。

小物を作るワークショップも小さなお子さん連れには、すごく楽しめるし、年配のかたも興味深く、立ち寄ってくれます。中には、エスウッドのボードを素材として、ほめてくれるひともいますし。

終わってから、やってよかったと思えました。。

 

最後に。

今年は、震災の影響もあって、イベントを開催するかどうか、微妙だったみたいです。

ただ、良く言いますが、こんなときだからこそ、やらねば!と、立ち上がり、例年通り開催し、そして僕的には大成功だったと思っています。

経済も政治もまだまだ混乱の渦のなかという感じですが、市民レベルのなかで、こうした活動を続けるのは、とても大事なことだなと思いました。

出展させていただき、感謝感謝です。。^^

(develop)

P1020695.JPG

P1020699.JPG

 

3月11日 4話 震災の中での体験

  • 2011.04.05 Tuesday
  • posted by 開発

ご存じのとおり、3月11日、東日本大震災が起こりました。

僕は、ちょうど東京にいて、震度5強の地震を体験しました。

 

ここで、あの日感じたことをそのまま日記に書きます。

 

東京は、震源地に近い岩手や福島に比べると、揺れは小さく、

それでも、震度5強ですが。

ただ、震度5強でも、東京は混乱し、公共交通はとまり、電話はつながらない。帰宅する人で歩道は埋め尽くされ、車道も渋滞・・・。少し大きめのスーツケースを抱えていた僕にとっては、とても移動がしにくい状態でした。

さらに、コンビニのおにぎりやパンは、夕方には品薄の状態。

感じたことは、震度5強でも、この混乱。もっと震源地が近くて、地震が大きかったら、どうなるのか。

大都会の弱さを感じました。

そして、将来が不安になりました。

 

東京駅に向け、歩を進めると、ますますこの状況は悪化。帰宅する人が波のように多くなりました。

この状況で、自転車で強引に進めようとする人もいて、むかつきました。

日も落ち始めると、まだまだ寒く。ビル風も強く。

ただ、東京駅構内には、自由に出入りができ、駅構内は、人が集まってきていたこともあって、暖かった。これで寒さはしのげると思いました。

 

その後、僕は運がいいことに、夜8時ころから数本再開された新幹線で名古屋に帰ることができました。

もちろん、新幹線のなかは、人が多く、名古屋までたっていましたが、そんな中で、人の助け合い、暖かさを感じる一面がありました。

乗車した新幹線が、そろそろ出発するという時、

車椅子のかたが乗車されました。みんな、スペースを空けようと、もっと奥に入ってくださいと言いながら、スペース確保に協力してました。

それから、子供づれのかたは優先的に座らせてあげたり、通路でたっている人の荷物を座席の前において、一人でも多くのひとが乗れるよう、声をかけていました。

新横浜まで1時間以上がかかり、そこを過ぎたあたりから、座っていた人が、入れ替わりで立っている人と変わってあげる光景もありました。

車内担当の女性の駅員さんは、たくさんの人に対応に追われ、何度も何度も行き来し、状況報告とおわびを繰り返してました。本当に大変だったと思います。僕は名古屋で降りれますが、あの駅員さんは、岡山までまだまだ長い道のりをお客さん対応に走り回ったことと思います。

けど、名古屋で降りるほとんどの人が、降りるときに駅員さんに「もう少し頑張ってください」「ありがとう」の一言をかけていました。

 

今、その時のことを思い返しても、心温まります。

今でもニュースを見れば、救済、義援金、現地での人と人との助け合い・・・、たくさん報道されています。だけど、やっぱり、目の前でみるのと、テレビを通してみるのでは違います。

残念ながら。

 

震災地の人たちの苦労、心の痛み、どうしようもない状況、、、それに比べてたら、僕が11日にあった出来事はちっちゃなちっちゃなことだったかもしれません。

それでも、すごく心に刻まれた体験でした。

 

岐阜にいて、できること。震災地から離れたこの地で、やれることなんて、なかなかねと言っていては、始まりません。

少しでも役立つ行動に移せるよう日々思いながら、行動しながら過ごしていきたいと思います。

(develop)

 

3月11日 3話 エコひい木展示会と・・・

  • 2011.03.30 Wednesday
  • posted by 開発

午前中の発表会が終わった後、品川で開催されていた「エコひい木大作戦」に行ってきました!

23年度より、港区が国産材を積極的に利用していこうということで、3/9日?19日の期間、展示会が実施されていました。

まずは、公共建築物への活用がメインとなりそうです。

 

ここに着く直前に、東日本大地震が起こり、少しパニック状態のまま、会場入り。。

会場は、人気がなく・・・

P1020494.JPG

 

ここでは、たくさんの木製品が並び、、、

その中に、桧ストランドボードも展示させていただきました!^^

P1020496.JPG

 

スペースは、それほど大きくありませんが、かなり凝ったおもしろい空間演出がされてましたね。^^

P1020501.JPG

P1020499.JPG

P1020516.JPG

木の暖かさと香りで、少しのあいだ、とても気持ちの良い、静かな時間を過ごせました。

しかも、人気がなく、ゆったり見ることができました。

 

あとは、かわいい小物も多かったですね。(勉強になります!)

P1020505.JPG

P1020508.JPG

 

会場をあとにすると、地震の影響、さらには余震で、あたりは混乱した感じで・・・

少しでも広いところに逃げようと、広場は、人でいっぱいでした。

 

品川駅に近づくほど、人が多くなり、駅前も駅の中も混乱した状況で、改札口前のテレビでは、ちょうど大津波が建物や橋、田畑・・・をことごとく、のみ込んでいく中継が流れていました・・・。

このときは、ただただ、茫然とみるだけで、足がそこから動きませんでした。。

(develop) →4話へ

3月11日 2話 新製品開発報告会

  • 2011.03.23 Wednesday
  • posted by 開発

11日、新木場にある木材会館(まだできたばかりです^^)で、今年度実施してきた「マンション内装材の新製品開発」の報告発表会がありました!

 

空も青く、太陽の光がまぶしいくらい、良い天気^^!

↓木材会館の外観です。。

P1020479.JPG

 

初めて、中に入ったのですが、これがまた凝ったつくりで・・・。

なんか部屋が入り組んでいる感じです。

だけど、やっぱり最初の印象はすごいなと感じさせられました。

P1020481.JPG

 

発表会の会場は、とても広く、ここまでくると、気が引き締まり・・・。

この日も、生活研の長谷川さんが来てくださり、とてもありがたかったです。

P1020486.JPG

普段、あまり緊張しないのですが、、、

久しぶりに緊張しました^^これも良い経験です。

 

プレゼンが終わると、、早速、質疑。

評価委員のかたや参加者の方々から、貴重なご感想、ご質問をいただきました!!

 

質問が集中したのは、やはり、桧ストランドボード自身の質問が多かったですね。

設計や教育現場、実際に使っているひとがどう感じているのか?

木材製品としての木材らしさ、木質感といった判断基準のようなものは?

・・・・・

 

なかなか数値では表せない感覚的な質問内容が多かったように思います。

これもすごくありがたいご意見です。

いずれまた、何かの機会にアンケートで、一般の人がどう感じるのか、、聞いてみるのが一番いいのかなと思いました。

 

無垢材とは違う意匠であり、桧ストランドボードへの関心はとても高く、昼休みの時間に入ったあとも何人のかたとRSBをねたに話しができました!

新しい情報やまた別件で今後の研究課題になりそうなお話も、参加者のかたがたから聞けることができ、とてもとても、濃いぃぃ時間でした^0^

 

この日は、午前中で関連する発表が終わり、午後最初のプレゼンだけを聞いて、品川のほうに行くことに・・・。

ちょうど、午後一番のプレゼンは、耐震をテーマにした製品開発の内容で、しかも宮城のかたでした。。。

来年度早々にでも、製品化、販売を目指すと言っていたのに・・・

 

そのときは、まだ平穏ないつも通りの風景でした。。。

(develop)  →3話へ

3月11日 1話 建材展見学

  • 2011.03.16 Wednesday
  • posted by 開発

あの日は、ちょうど東京出張でした。

11日の「22年度マンション内装材の新製品開発成果報告会」のため、前日10日から東京入りしました。

 

まさかあんな事態になるとも思わず・・・

10日は、いつも通り、会社に出勤。午前にひとつ打ち合わせし、午後から東京へ。

 

10日は、ビッグサイトでちょうど建材展が開催されていて、岐阜県生活技術研究所の長谷川さんと一緒に見て回りました。

ビッグサイトでは、その他にも展示会が行われていて、人だくさん。。。

P1020477.JPG

招待券などがなく、仕方なく、チケット売り場で並んでいると、一人の男性が・・。

なんと!

チケットをくれました。おかげで1500円うきました!なんと、運がいい。そのときはただただ、そう思ってうかれてました。。。v^^v

 

建材展のほうも、収穫があり、ありがたいことに、ちょうど今年の国産材コーナーは、不燃や耐火、塗料関連のブースが多く。

今、エスウッドが取り組んでいる課題、まさに合致!!

その他でも価格は横においといて、おもしろい製品や技術ばかりです^^。

P1020475.JPG

P1020474.JPG

長谷川さんに誘われ、行くことにしたんですが、とてもよかったです。感謝、感謝です。

長谷川さん、ありがとうございます!

 

そういえば、話しが全然変わるのですが、

建材展手前のところで、セイシンエココーポレーションの奥田社長にも、偶然、ほんとに偶然でくわした。こういう経験は少ないので、あるんだなぁと感じつつ・・・近況報告や世間話できたのも、久しぶりに会ったこともあり、気持ち良かったです。

 

と、10日はいいことづくめでした。(develop)  ...2話へ

東京マラソン 完走・・・いや完歩。

  • 2011.03.09 Wednesday
  • posted by 開発

2月27日、3年ぶりに東京マラソンにでてきました!

スタート場所の新宿は、朝7時から、たくさんの人で賑わい。わいわい、がやがや。

 

3万5千人のランナーと、応援する家族、友達・・・・。

やはり、東京マラソンは、ビッグイベントです!^^

 

今年は、3回目の挑戦なので、スタート地点にたつまで、落ち着いて準備することができました。

スタート場所は、およその持ちタイムで区分けされていて、そこに規定時間までに入れないと、一番最後尾からのスタートです。。。

 

8時50分くらいになると、かなーり前のほう、まったく見えないのですが、オープニングセレモニーらしきものでがやがやしだし・・・、結局、スタートゲートくぐったのは、号砲から10分後でした。

 

今回、直前2週間のトレーニングがあまりできてなく(いいわけですが・・・)、30kmくらいまでは、ほぼ順調にタイムを刻んだものの、それ以降、ぱったり、足がとまり。。。

ラスト5kmは、ランとウォーキングでなんとか乗り切りました・・・><

 

東京マラソンは、本当にまわりからの声援が多くて、後半なればなるほど、自前でお菓子やおにぎりを手渡ししてくれるひともいて・・・すごくあったかいイベントです。

しんどいときほど、力になります!本当に。

 

よく、マラソン選手が走り終えたあと、"沿道の声援が励みに・・・"というコメントを残しますが、それが本当に実感できます。日本の市民イベントとしては、世界に誇れるものだと思います。

 

個人としては、今回は、まったく満足いく走りができなかったので、また次回、準備をしっかりして挑戦したい気持ちです!後悔ばかりしてもしょうがないので。。

なんせ、70歳、80歳でも参加して走っているが、たくさんいるので、僕もまだまだこれからです。

体力と忍耐力つけて、仕事のほうも今年度もうひと踏ん張りです!!(develop)

東京マラソンEXPO↓

P1020470.JPG

P1020469.JPG

 

準不燃ストランドボード 目標達成!

  • 2011.02.21 Monday
  • posted by 開発

祝!祝!祝!

ヒノキストランドボードが準不燃材料レベルに到達!^^ ついに!

 

今年度は、性能だけでなく、生産効率も重視しながら、いろいろ取り組んできました。

そして、それ以外にも・・・

表面の見栄え、

ひびや割れの有無、

白化現象の有無、、、、、、、、も大事。

 

あれをとると、こちらはダメ、また別の何かをとると、また違う何かがだめ。

それの繰り返しでした。

それが、ようやく合格!頑張って受験に合格したみたいな気分ですね^^この時期だと。。

 

試験結果の用紙が送られてくる封筒を切る、ドキドキ感。

封を切って、用紙の真ん中より下側に記載されている合否を見るまで・・・頼むーって感じでした^^

 

一番悩んだのは、生産性を重視しすぎると、どうしても性能や見栄えなどが落ちると言うこと。

生産のほうで、コストに乗るある程度の妥協点を見い出し、昨年暮れくらいにようやくゴールが見えはじめ・・・

 

今月、ついに合格です。。!^^

 

今後は、大臣認定取得。聞くところによると、最近は、認定取得がかなり厳しいようで、これまた、すんなりいくかどうか。

また新たな課題が出てくる可能性もありますね。

けど、またその時は、課題クリアを目指し、みんなで知恵を出し合います!

(develop)

難燃剤浸漬の様子です↓ 浸透剤の泡がたくさん。

P1020448.JPG

P1020444.JPG

 

小さなこともコツがある。

  • 2011.02.04 Friday
  • posted by 開発

画鋲をつくる!?

ぜんぜん、関係ないように思いますが・・・、

数日前、実験室では画鋲を作っていました。

 

なぜ、画鋲かというと、実はヒノキストランドボードにどれだけ画鋲がささるか、実験をするため小道具です^^

ヒノキストランドボードは、内装材兼掲示板。掲示板となると、刺すのにどの程度の力が必要になるか、データとりをしておく必要と考えたのが、始まりです。。

 

市販の画鋲でもいいんですが、試験器具への取り付けが不可能・・・

というわけで、作ってみました!

 

画鋲なんて、なんてことない!細い針金のようなもの?を買ってきて削ればOK!

そんな気持ちだったんですが、うまく作るには、職人ならではのコツがいりました。

もちろん、画鋲なんて、普通作らないですけどね^^

 

これも実験室ならではです。。

 

こんなにまじまじと画鋲を観察したのは初めてなのですが、

画鋲の先は、とがっているというよりは、意外に少し丸くなっており、新しいちっちゃな発見でした!^^

怪我をしないよう工夫されてるんですね。

 

画鋲をつくるのは、先の部分をどううまく作るか、そこにつきます。。

やすりで手で削ればいいかなと思ってやりましたが、どうも削る角度がアンバランス・・・。

 

やはりここは職人の出番です!

 

職人は、小型サンダーとインパクトドライバーをひっぱり出してきて、ものの30秒で仕上げちゃいました。手で何分もかかったのに・・・

職人、さすがです!^^

P1020438.JPG

ものづくりには、道具が命!

そして、道具を使いこなす経験も必要です。

P1020434.JPG

P1020439.JPG

簡単に思えることも、やり方ひとつで全く違うものができるんだなと、改めて思った日でした。(develop)

 

準不燃ストランドボードも大詰め。

  • 2011.01.28 Friday
  • posted by 開発

準不燃ストランドボードの改良もおおづめです!

まだ、満足できない部分もあって、もう少し時間が必要ですが、なんとか、ゴールが見えてきました!^^

 

そう、マラソンに例えれば、40km地点。ラストもうひと踏ん張りです!

 

製品化するにあたっては、難燃性能だけでなく、表面の見栄えはもちろん、ボードの反りやヒビなどの損傷がないかどうかの確認も必要です。(→これだけではないのですが・・・)

 

うちの実験室には、特別、専用の機械があまりないので、簡易バージョンを作りました!

ほんとに簡易の・・・。。

開発中の試験ってかんじです^^(↓装置の設置途中)

P1020431.JPG

そして、難燃処理は、処理を始めると、ただただ待つばかり^ε^

準不燃ボード開発という今年度の目標達成に向けて、期待とまだまだ不安がつのる毎日です。。

(develop)

冬景色。。

  • 2011.01.19 Wednesday
  • posted by 開発

この間の日曜から、冬らしく雪がこんこんと...いや、どさっと降りました。。

 

毎年、ノーマルタイヤで乗り切っていたので、今年もこのまま・・・

最近、さすがにスタッドレスに変えるか変えまいか悩んでいます。。

 

僕は、各務原の苧ヶ瀬池という地元ではちょっと有名な池の近くに住んでいて、

今朝横を通ってみると・・・

 

なんと!

 

凍ってました。。

苧ヶ瀬池は、周囲1kmか1.5kmくらいなので、そこそこの大きさの池です。

それが。まさか!

 

道端の石を投げると、ちっちゃな穴が。やはり凍ってました。

 

あと、久しぶりにチェーンの車をみかけ、がちゃがちゃと音をたててました。

昔は、よくみたのに。。あれ、乗り心地もあまりよろしくないんですよね^^

 

ともあれ、今回の雪で今年は終わりにしてもらいたいなぁと、日々思うばかりです。。

雪雲が少しきれ、晴れ間が顔をのぞかせた瞬間を撮影したので、載せますね。。^^

(develop)

P1020413.JPG

 

 

Tokyo-igusa 新年会です。

  • 2011.01.14 Friday
  • posted by 開発

新年が明けて、あっという間に2週間が過ぎてしまいました・・・、早すぎ!!

毎月、月末になると、今月何やってたのかなーと思うくらい、毎月毎月があっという間に過ぎちゃいます。

 

昨日は、Tokyo-igusaの今年最初のミーティングで、1日東京でした。

最近は、僕も毎月のミーティングに参加させてもらっていて、ようやく、Tokyo-igusaの中身がつかめてきたかなと。

 

東京のダイヒットカンパニーさんは、おもしろい人ばかりで、ミーティングも楽しみつつ・・・

けど、しっかりと目標の設定や中身の試行錯誤を深くふかーく追い求めています。。^^

 

夜は近くの中華料理屋さんで、新年会(?)をしました!。。

 

ダイヒットカンパニー&エスウッド間では、、、

上海ネタがつきないので、中華料理、プラス上海ネタ、カケル理事長角田さんの中国語で大盛り上がり!!!

新年早々(?)、すごく楽しかったです^^!

ちなみに、昨日行った、「来来」っていう、中華料理屋さん。

すごくおいしいです!

特に餃子!

絶品です!!

JR浅草橋駅から徒歩10分。みなさん探してみてください^^(develop)

CA390184.JPGのサムネール画像

CA390185.JPG

 

 

 

先週の9日?11日の3日間、ビッグサイトで毎年恒例となったエコプロダクツ展に行ってきました。

 

3日間とも、天候に恵まれ、12月にしては暖かいなか、毎年ながら盛大なイベントでした!

エスウッドは今年もNPO国産材の榎戸さんのご協力で、国産材ブースの一角(?)いや、半分を使わせてもらい、とても有意義なプレゼンができました。^^

 

今年は、同じNPO国産材の岡本さんが、とてもわかりやすいポスターを作成してくれたので、僕も負けじとストランドボードのポスターをどどーんと作ってみました。

かなり素人感がでてしまいましたが、ブースに立ち寄ってくれたひとへの説明のときには、少しは役立ったかなと思います^^!

 

今年の目玉は、なんといっても、木質舗装。

サンプルがしっかり用意できなかったのが、悔いが残りますが、小さなサンプルとポスターで、かなりPRできたんじゃないかなと・・・

 

あとは、毎年、人気No1のイグサボード。

持って行ったサンプル100枚は、飛ぶようになくなりました。途中から、出し控えないとまずいくらい。

 

エコプロは、毎年、おもしろいネタや新しい発見が、たくさん眠っているので、見て回るのもとても楽しいです^^ 3?4時間はあっという間。

逆にいうと、ほぼタダで1日満喫できます!

 

また、ぜひ来年も参加したいですねー。

今年の成果は、おいおいまた報告します!(develop)

PC100371.JPG

PC110374.JPG

PC100370.JPG

店産店消の気持ち

  • 2010.12.01 Wednesday
  • posted by 開発

つい最近、ラジオで店産店消の紹介をしていました。。

思わず、耳をかたむけ、聞きいってました。

 

地産地消はよく聞きますが、店産店消って・・・

 

ざくっと言うと、字の通り、お店で作り、その場で売り、新鮮な状態でお客さんに渡すというのが主旨。

紹介されていたのは、野菜をその場でつくって、その野菜を使って、料理し、新鮮な食を楽しんでもらおうというもの。つい10分前まで、土に植わっていた野菜だから、すごく、新鮮。みずみずしく、しゃきしゃき・・・

 

と、あまりエスウッドと関係ないのですが、やはり作りたて、新鮮なものはいいですよね。

うちのいぐさも新鮮な状態でお客さんのところに届けられるといいなと・・・^^

 

というわけで、少し前ですが、イグサボードを真空パックで詰めてみました↓

(この写真をまさかこんなところで、公開するとは・・)

 

店産店消とは行かずとも、、これならにおいも製造時のまま、堪能できるはず!

3×6のボードを真空詰めするわけにはいきませんがね。

P1020372.JPG

 

ちなみに・・・

「店産店消」と、この字を書くのかどうかは知りません。勝手にラジオを聞きながら、僕がイメージしたものなので。ご了承を。

木のリラクゼーション効果

  • 2010.11.20 Saturday
  • posted by 開発

昨日、名古屋の港湾会館で、オーシカさん主催の接着剤講習会がありました。

接着剤の講習会に参加できるのは、めったにないことなので、参加できてよかったです^^

 

中でも、気になったプレゼンが、いつもお世話になっている高山市の生活技術研究所の高田さんのお話でした。

 

木のイメージって言われるとよくでてくるコトバ。

温かみ

落ち着く

心地よい

...

いろいろでてきますよね。けど、それは、ほとんどが感覚的なもので、なんとなく・・・という感じ。ということも多いですよね。

 

それを、誰にでもわかりやすく評価しよう!という試みがあるそうで、実際にこれまでに実験した例をプレゼンしてくれました!ココは興味深々でした!^^!

 

ここでは、

「誰にでもわかりやすく」ということで、いろいろな因子を最終的に数値化するというのが目的。

 

被験者に一定時間、仕事してもらい(ストレスをかけ)、その後、木の内装材が張られた空間で休息してもらい、それを繰り返すというのが実験方法です。

つまり、、、、

疲れた心身を木内装の部屋がどの程度、癒してくれるのか!単純なアンケートだけでなく、生理的(唾液アミラーゼ、血圧、心電図・・・)に調べるそうです。

 

これって、わかるとすごいいいですよね。

ぜひ、うちのストランドボードで試してもらいたい!と思いました。いい効果がでるような気がします。。

 

プレゼン後、すぐに尋ねました!!

 

しかし、まだ、試験機関のなかでも実験方法や評価方法が定まっておらず、一般の民間企業に対し、試験できるのは、まだ先になるとのこと。。。残念。

 

けれど、こうした公設試さんの努力が、いつか民間にもおちてくるはず。頑張ってください!

 

ボードの物性をみるのも価値はありますが、こうした感覚的なことを評価してくれれば、うちのストランドボードの価値はもっともっとあがるような気がします。。

今後が楽しみです!

(develop)

竹チップを使いました。

  • 2010.11.13 Saturday
  • posted by 開発

今日、竹チップでボードを作りました!

竹チップといっても、細長いものから、粒状の物、粉末に近いものと、形状にかなりばらつきのあるものを今回は、ひっくるめて、チップとして、ボードづくりしました。

 

竹は、とても硬く、古くからいろいろな用途で使われていたようですが、最近は、見る機会も少なくなりました・・・、というか、最近いつ見たかなと思うくらい。

そういえば、足裏で踏むのは、見たような・・・

とにかく、それくらい、竹の使用用途は、プラスチップなどにおさえられてしまっているようです。

 

竹のイメージは、

青々したイメージなのですが、残念ながら、乾燥やプレスで熱を加えていくと、その色がなくなっていきます。ただ完全にはなくなりませんね^^

P1020334.JPG

 

チップの乾燥やプレスあがりには、ほのかな竹のにおいが香ります^^!

こういうとき、自然のものはやっぱりいいなと感じたりします。

においをお伝えできないのが残念>0<

P1020328.JPG

 

竹の活用方法のひとつとして、貢献できれば一番ですが、製品として作り上げるにも、まだまだこれから。開発には・・・時間がかかりますね。。

(develop)

 

木質舗装の経過です。

  • 2010.11.08 Monday
  • posted by 開発

先月初め(もう1ヵ月たってしまいました・・・)、木質舗装の補修に行ってきました。

 

P1020281.JPG

 

なぜ、補修かと・・・

 

キノコがかなり発生したようで、これはまずいと思い、早速補修にあたりました!

いや・・・、まずいと思う人とそうでない人といるようです。

ちなみに、僕は、まずいと思わなかった人。きのこが生えるのは、舗装が人工的なものでなく、より自然に近いものであり、そう考えれば、そう大きな問題でもないような気がします^^

より環境に優しい材料で舗装しているわけで。

 

とにかく、歩行や見栄えも考え、キノコ対策に行ってきたわけです。。

 

1ヵ月後・・・・

 

昨日、ちらっと見てきました!

対策の効果はばっちりです!^^!1本も生えてませんでした。

 

きのこの発生時期もそろそろ終盤となっており、それもあるかもしれませんが、とにかく、問題解決です。。良かった。

PB070327.JPG

 

ふれあいの森も、もうすぐ紅葉の時期で、道のうえも落ち葉や木の実がころがっていました。

すごく森の中にとけこんでいる感がとても良かったです。

(develop)

 

イグサボードを難燃化しています。

  • 2010.08.19 Thursday
  • posted by 開発

今年は、ヒノキといい、イグサといい、植物資源の難燃化がひとつの研究開発テーマです!

 

難燃化と聞くと、聞こえがいいのですが、作業はとてもシンプルです^^

 

工程で言うと、3つか4つか・・・ざくっと、それくらいです^0^ 

写真も地味なものが多く・・・

P1020032.JPGのサムネール画像

 

P1020189.JPG

 

ただ、細かく細かくくだくと、これらの工程にたどりつくまでに、相当の時間がかかっています。むしろ、シンプルな作業というのは、だいぶ完成形に近いかもしれない・・・最近、そう思うこともあります。

 

現時点で一通り、難燃性をクリアし、形になってきたものの、内装材として扱うには、まだまだ意匠の面や現場での扱いやすさを加味しながら、もう2歩か3歩くらいは工夫が必要と感じ・・・

ただ、より良い完成形を目指して、頭も体も使って頑張るだけです!!(develop)

昨日は、愛知県弥富市にある浅井合板工場さんに行ってきました。

P1020188.JPG

弥富のあたりは、木材を扱っている会社が多いようで、車で走っていると、右も左も??木材の文字が並んでいます。木材物流の拠点かもしれませんね、あそこは。

 

昨日は、ヒノキストランドボードの難燃処理テストが目的で、難燃剤の塗布とボード乾燥をやってもらいました。

難燃剤の塗布は、ひとりで人力でやろうとすると、時間ばかりかかり効率が悪い。そのうえ、均一に塗れているかどうか、わからない部分が多いのが問題です。

 

そんな感じで困っていたところ、助け舟をだしてくれたのが、丸菱油化工業の高橋さんとTNBの鵜飼さん。ちょうど不燃合板の製造で共通の作業工程を行っている浅井合板さんを紹介してくれました!グッドタイミングです!^^

 

機械はシンプルな構造なのですが、とても理にかなっており、これで生産効率も2倍、3倍・・・、いやもっと良くなりそうです^^ あとは性能・・・ですね。

P1020185.JPG

 

近々、コーンカロリーメーターを通じて、燃焼テストを実施する予定で、これが一発でクリアできれば、最高ですね!

 

御礼・・・

昨日は、高橋さん、鵜飼さんの両氏にも立ち会っていただき、作業のお手伝いいただき、とても助かりました。(日中の暑いなか・・・)

また、浅井合板工場さんには、小量のテストながら、ご対応いただきとてもありがたく感謝感謝です!

(develop)

 

先週土曜、ながら川ふれあいの森に行ってきました^^

 

先週は1週間を通して、猛暑日。ただただ暑い!>o<

夕方、日が暮れるころになっても、30度以上の過酷な毎日でした。

 

これからもそんな日が続くかと思うとぞっとしますが、そんなときは森に出かけるのひとつですね。

こないだの土曜は、それをすごく実感できました^^

 

ふれあいの森のなかは、いろんな種類の木が多く、鳥たちがさえずっています。公園内の道を歩いていても、ほとんどが木陰で、心地よい風が吹いていて・・・。気持ちいい^^!

最近は、運よく風があってもぬるいというか、効果なしな感じで。

 

それに行き交うひとは、みんな気持ちよくあいさつしてくれます。。

ほんとにいいところです^^

 

ふれあいの森に行ったのは、例の木質舗装です。

1回目の現地実証試験が公園内の一部で実施されています。その経過を見学に行ってきました。

1回目ということもあって、想定外のこともでてきたり、課題もでてきて、なかなか有意義な1回目のテストになりそうです^^課題が見つかれば、ラッキーですから。あとは、それをクリアするに全力投球です!

 

木質舗装については、理事長からも随時、ブログアップがあると思います!楽しみにしていてください^^!(develop)

P1020103.JPG

P1020108.JPG

地域材をもっと活用するために。

  • 2010.07.15 Thursday
  • posted by 開発

少し前になりますが、岐阜県がだしていた「地域資源発掘活用プロジェクト事業」に応募したところ、うちの木質内装材のヒノキストランドボード準不燃材料の開発テーマがみごと採択されました!^^

 

これは、とてもうれしいニュースです!

 

地域材の有効活用が目的のこの事業は、とりあえず単年度ですが、しっかりやれば来年度にもつながります。。

最近は、これまで以上に、国産材を活かすための国や県の事業が多くなり、研究開発部としてはうれしくもあり、感謝しながら使わせてもらっています^^v

 

今回テーマに挙げている準不燃材料は、以前にも開発に携わっており、そのときの経験を活かし、さらに良いものができそうな予感です。

今年はヒノキ以外にもいぐさの難燃化にも挑戦するつもりなので、乞うご期待!

(develop)

 

ゲリラ豪雨への秘策か

  • 2010.07.08 Thursday
  • posted by 開発

最近、朝も夜も毎日のようにニュースでとりあげられている感があるゲリラ豪雨。

 

特に今年は東京がひどいようですね。水浸しのまち、車の立ち往生、がけ崩れ・・・

ちなみに今年の岐阜はほとんど無縁の天候です^o^

 

おととい、テレ朝の夜のニュースを見ていたら、東京ではゲリラ豪雨対策として、歩道舗装の質の向上をかかげているようです。

意外なところで豪雨対策ができるんだなと思いつつ。

豪雨対策って、もっと大掛かりなものとばかり思っていたので、驚きでした。

 

そして、すぐ頭によぎったのが「木質舗装」!!これはいけるんじゃないかと。

この時期に木質舗装の開発をスタートできるのは、とても有意義で、ある意味、幸運だなと思いました。

 

原理は、こうです↓

豪雨にあたると、大量の水が舗装→側溝→下水道や河川という順に流れ、ものの数十分もすると河川は氾濫の危機。

そこで、ポイントは「舗装→側溝」。

ここの水の流れを「舗装→地下」にしてしまえば、ちょくで河川に流れていかず、河川流量の増える時間を抑えられるというのが、ねらい。

 

なるほど!と思いながら、ますます木質舗装の開発の重要性がわいてきました^^!

開発をしていけば、これまた、いろいろ課題はあがってくるかもしれませんが、それもまた楽しみですね。

 

今回、何も写真がなくてすいません>o<」 (develop)

6月12日と13日に、新宿駅の地下で「グリーンリバーアート」があり、2日間お手伝いに行ってきました^^

P1020052.JPG

まずは、グリーンリバーアートって何? そこですよね。

簡単に言うと・・・

一般のかたに木に触れてもらおう!

いろんな木の製品を見てもらおう!

あわよくば、買ってもらおう!

 

そんなイベントです!^^!(事務局側の主旨は違うかもしれませんね。)

あくまで、手伝っていて個人的に感じた主旨です。

 

2日間ともさすがに新宿駅の地下というだけあって、人の流れが絶えることなく、盛況、盛況、盛況。

特にワークショップは、木に色づけしたり、糊でくっつけたり、組み立てたり・・・、子供たちが楽しく遊んでました^^木で何か作っている子供たちの表情は真剣そのもので、気づけば、あっという間に1時間くらいは、過ぎてしまいます。こういうときの子供の集中力ってすごいですね^^

 

うちも少し売り物をだしていて、人気ベスト3は・・・・・・・

1位 ヒノキ香りパック  自然のヒノキ、100円という安さがうけたんでしょうね。

2位 いぐさボード  目新しさ、どことなく懐かしいにおいが評判でした。

3位 ヒノキやいぐさを使った小物  筆箱や小物入れなど、売り物ではなかったんですけどね、売れちゃいました^^

 

やはり、少し立ち寄って買ってもらうには、自然のもの、持ち帰りやすい大きさ、価格の手ごろさが重要と感じましたね。

また来年も同時期にやると思いますので、ぜひお立ち寄りください!

P1020049.JPG

P1020047.JPG

 

イグサボード...イタリアへ

  • 2010.04.18 Sunday
  • posted by 開発

先週金曜、東京で「パンク防止技術」プロジェクトの本年度スタートの打ち合わせがありました。

東京は寒かった。。。岐阜よりも・・・。

 

打ち合わせが終わるころ、非通知で電話が1本。

怪しかったのですが、とりあえず出ました。

 

すると・・・

 

海外からの電話で、聞きなれた関西弁。。移動式茶室でお付き合いのある(株)アクトの藪田さんでした!^^

あっそういえば、と思いだし、14日?19日の期間、イタリアミラノで、家具やインテリアのとても有名な展示会に茶室とともに、うちのイグサボードも出展中でした!!!

いよいよ、イタリア!

僕はよく展示会のことは知りませんが、かなり有名だそうで、一緒に行って、ピザでも食べたかった^^

 

展示会のほうはどうかというと、アイスランドの噴火の影響でかなり移動に苦労したようで、本人だけでなく、お客さんも当然大影響。僕も昨日、ニュースで見ながら影響がないことを祈りつつ・・・。あの噴煙はすごい・・・

ただ、少なからずお客さんの入りには影響があるようです>o< んー。。

イグサボードを内装したお茶室が、ヨーロッパでどんな反応を受けるか。きっと国内よりは受けはいいと思います!

とりあえず、藪田さんの帰国を期待しつつ、待っています。展示会の報告は、また次回^^!

(develop)

 

犬山祭 お茶会にいってきました。

  • 2010.04.06 Tuesday
  • posted by 開発

週末は、2日間犬山祭に参加させてもらいました。

1日目こそ少し寒かったですが、両日とも快晴で気持ちよかったです^^写真は犬山祭名物の山車(ヤマ)です!迫力ありました。

 P1010873.JPG

 

前の週にブログした、移動式茶室"どうらく庵"

犬山のビッグイベント「犬山祭」のお茶会会場の一角におかしてもらったのですが・・・これが、とてもその雰囲気にあっていて、いつも以上に輝いてました!

P1010903.JPG 

 

メインは、お茶の先生方がお茶をたて、来場された方々が出されたお菓子とお茶をいただく。

その横では、会場の壁にそって、きれいな生け花が飾られており、どうらく庵もお茶会と生け花に負けないくらいみなさんに触れてもらえました。

そして先生がたのご協力もあり、希望のかたにはどうらく庵の中でもお茶を楽しんでもらいました。

どうらく庵のなかでお茶を飲みながら、まわりのイグサボードに目をむけ、それが話題になったり、触ってみたり、香りをかいでみたり・・・、なんか嬉しい気持ちになりました。。目の前でこれいいねーってたくさんの方が思ってくれたのがとてもよかったです。

 

僕もはじめて、目の前でお茶をたててもらい、茶道の基礎中の基礎を勉強することができました。なんといってもお菓子がおいしかった^^たてていただいたお茶も苦くなく、飲みやすかったです。

大満足!!!

 

今回の一番の成果は、たくさんの方に見てもらえたことかなと思います。まずは知ってもらえた。

そして、何より茶道という落ち着いた雰囲気に、すごくマッチして想像以上に輝きをはなってくれるということがわかりました!(develop

P1010901.JPG

P1010888.JPG

 

移動式茶室"どうらく庵"とは?

簡単に言うと、縦、横、奥行きが2mくらいの組み立て式のお茶室・・・おしゃれです^^。(製造:(株)アクトさん)

 

P1010809.JPG

 

壁面には、イグサボードが両面に貼りあわされています(注目!!!)

どうらく庵にもいくつかパターンがあるのですが、写真(上)は格子が組み込まれているタイプです。たたみ2畳分の大きさなので、2人くらいで中に入って落ち着いた雰囲気を楽しむのがベストです!

 

そして・・・

ちょうど先週、26日、27日の2日間にわたり、中部地方では初のお披露目をしてきました!

 

4月3日、4日が愛知県犬山市の犬山祭で、その中で茶道の先生方に使っていただくことが決まっていて、まさに本番直前のお披露目会となりました^^

2日間を通して、茶道関係のかたや行政のかた、設計関係のかたなど多数お越しいただき、どうらく庵を知ってもらうには、とてもいいきっかけになったと思います。

 

来週土日は、国宝である犬山城下で毎年、たくさんのかたが来られる犬山祭。

今から楽しみです!!^^

場所は、犬山市武道館。(犬山城 有料駐車場の南側。犬山城から徒歩3?4分です。)

(develop)

P1010776.JPG

P1010793.JPG

 

 

公共施設の木造化で森林再生をめざす

  • 2010.03.10 Wednesday
  • posted by 開発

先週、公共施設木造化の研修会に参加してきました。

今回は研修のほとんどが建物の構造チェック方法のひとつであるスパン表の使い方のお話。

 

もともと大学は建築出身なので、仕事でも住宅の構造計算をやっていたころもあり、そのころを思い出しながら、聞くことができ、とても勉強になりました。

自分で勉強しよう!って気にならないので、こういう講座は個人的にもとってもありがたいです^^!

 

研修後半は、公共施設の木造化に向けた国や県の動きのお話。

どうやら、民主党に変わってエスウッドにとってさらに追い風が吹きそうな様相です!

かなり!!!

これはチャンスです!よく理事長の角田さんからも今年こそ勝負の年!と耳にすることも・・・。

 

教育施設でエスウッドが花開くのも、もうすぐそこかもしれません。これは、、期待です!

 

話が変わりますが、、、

その研修会のなかで、美濃の道の駅が紹介されてました。最近はとてもユニークな道の駅が多いようです。ちょうど、この前の日曜にその前を通る機会があったので、ふと寄ってみました。

美濃の道の駅は、岐阜県産材を使っていて、何かが日本一らしいです。何かが・・・

ずっと思い出そうと思いながら・・・その何かが思い出せません><

けれど、梁がとても大きく、立派な道の駅でした。

美濃に行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてください。(develop)

P3060039.JPG

P3060049.JPG

 

 

実用技術開発の報告会、そして・・・

  • 2010.03.05 Friday
  • posted by 開発

もう1カ月くらいたちますが、今年度よりスタートした実用技術開発プロジェクトの年度末報告会がありました。

 

場所はとてもとても遠い茨城のつくば市、森林総研です。。。

東京からが遠いんです>o<

 

今年度は、担当されていた実験も順調に進み、無事目標を達成することができました!

実験はたまにブログしてますが、ほとんどがボードを繰り返しつくる作業。

けれど、1枚1枚どんな結果がでるのか、楽しみながら作っています^^

 

当日報告会が終わったあとは、同じプロジェクトのみなさんと1年目が無事に進められたことを祝しておしゃれなお店に行きました。。。

ビールがおいしいということで・・・。

ビールにおいしいおつまみで、とても楽しめました!たまにはいいですね。

 

来年の今頃も、プロジェクトの成功を目指してこうして飲みたいです。

CA390143.JPG

料理の写真を撮るの忘れました・・・(develop)

 

先週、岐阜の産業会館であった「木の家づくりセミナー」に行ってきました。

自然な建築と暮らしをデザインする、、、

最近はよく耳にしがちなテーマですが、とてもおもしろい講演を聞くことができました。

 

東京での暮らしと聞くと、ひしめき合う住宅と住宅、狭い敷地、少ない緑・・・、そんな光景が浮かび上がります。けれど、そんな中でも緑があって、風とおしがよくて、木でつくられた住居があって・・・、そういう居住空間って、気持ちだろうなと思いました。。

紹介されてた家は、まさしく住んでみたいと思わせる家が多かったです!

 

講演が終わって、展示会も少しのぞいてきました。

県木連のブースには、うちのイグサの座布団が展示されていて、木で作られたブースの雰囲気にとてもマッチしてました。なかなかイグサ座布団は、PRの機会がないので、とてもとてもありがたいです^^ 下の写真をどうぞ。。

P1010587.JPG

 

実験用治具が届きました。

  • 2010.01.14 Thursday
  • posted by 開発

実験に使う新しい治具が届きました!

P1010435.JPG

今、やっている実験の目的は、ボード内部にある水分をいかに簡単に、すばやく、たくさん外気に逃がすことができるか、そこが焦点です。

 

ボードの中にはたくさんの水分があり、それを熱で追い出し、一緒に圧力を加え成形するのが最も一般的なボード製造方法です。

 

今、実施している実験は、ボードに強制的に多量なエアーを送り、一気に水分を外気に追い出してしまおう!という技術。

まだまだ課題はありますが、ここまで順調に実験をすすめています。

 

開発がうまくいけば、ボード製造に関わるエネルギー消費を30%・・・いや、もっとかもしれません、おさえることができます。おそらく。

そのためにも必要なのが今回届いた治具。。

 

うまくいい結果がでるといいのですが・・・。今から楽しみです^^ (develop)

P1010499.JPG

 

2010年スタート

  • 2010.01.07 Thursday
  • posted by 開発

2010年がスタート!

個人的な話ですが、今年は区切りの年になるので、公私とも何か新しいことにチャレンジしたいと思います!

去年もいろいろチャレンジしましたが、それに満足することなく、今年もやるぞ!という気持ちです。

 

そして、皆さんのご協力があって、初めてできることもあり、前進できることあり、そんなことばかりなので、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。(develop)

 

今年の初雪

  • 2009.12.22 Tuesday
  • posted by 開発

この前の週末は、全国的に真冬で、各務原も凍えるような寒さでした。

初雪も見られました。

 

工場のヒノキの丸太も雪をかぶってます。

この時期になると、空気も澄んで、はるか遠くに雪化粧した伊吹山が見られます。

毎朝、家をでると、厳しい寒さときれいな伊吹山が気持ちを引き締めてくれます^^

(develop)

P1010430.JPG

 

エコプロ展に出展!大盛況!

  • 2009.12.18 Friday
  • posted by 開発

今年も東京ビッグサイトで行われた日本最大の環境展「エコプロダクツ2009」に出展してきました!

 

毎年、何か新しいものを。

ということで、、、今年は、「イグサボードを使った移動式茶室」です。

P1010416.JPG

どこもかしこも、人、人、人・・・でしたが、そんなかでもひと際存在感を発してました?^^/。

ときには、茶室を覗くひとで通路をふさぎ、ときには、熱心に話しこみ対応が遅れ待たせてしまうかたも。。。すいません。。

 

それでも今回は、いつもお世話になっている「NPO国産材」さん、茶室を大阪から持ってきてくれてブースを当番してくれた「(株)アクト」さんと一緒に協力しながら、終わってみればあっという間の3日間でした。

この場をかりて、NPO国産材の榎戸さん、岡本さん、(株)アクトの橋詰さん、薮田さん、太田さんお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

下の写真は協力の証です↓上からNPO国産材さん、エスウッド、どうらく庵((株)アクトさん)

2009.エコプロ展 017.jpg

 

当日の様子もどうぞ。。

P1010417.JPG

P1010409.JPG

P1010415.JPG

 

なかなか茶室とマッチしていました^^↓ ヒノキストランドボードのBOXにイグサアートグリーンと売り出し中のいぐさ石鹸を飾ってみました。

2009.エコプロ展 015.jpg

床下からのライトアップもとてもいい雰囲気^^・・・↓

2009.エコプロ展 019.jpg

ヒノキの筆箱?いや名刺入れ?もなかなか好評でした^^

2009.エコプロ展 032.jpg

ちなみに・・・

今年は2日目が雨でしたが、それでも去年を上回る18万2千人のかたがエコプロ展に来場されたようです。エコへの意識はますます右肩のぼりですね。とってもいいことです。(develop)

パンクの実験

  • 2009.10.31 Saturday
  • posted by 開発

昨日今日とまた実験室でボードをひたすら作りました。

ざっくり言うと、ヒノキのストランドに接着剤をふき、水をふき、成形して、プレスという作業です。

2日間で作れるボードは限られていますが、ボードをたくさん作れば作るほど、強度試験用の試験体の数も多くなり、それはそれは・・・>o<

 

今回は、強度試験のことを極力考えないようにして、ボードを30枚ちょっと作りました^^なかなかの枚数です。。

 

来週はおそらく強度試験。

覚悟を決めて、月曜から頑張るぞーって感じです^^

12月末にまたプロジェクトの中間発表会があるので、それに向けていい準備をしたいと思います!

(develop)

下の写真は作業風景の一部です。。

P1010325.JPG

P1010327.JPG

 

 

先週23日(金)、東京の産業技術研究センターにて、実用技術開発プロジェクトの検討会がありました。中間発表会のようなものです。

 

全部で6つの機関が、共同でプロジェクトを進めています。中核となるのは、本プロジェクトのアイデアの発案者であり、研究統括の森林総合研究所です。

9月スタートのプロジェクトですが、定期的に検討会は行われるようです。

 

東京まで行くのは少し大変ですが、大学の先生方を始め、木質ボードや接着剤の分野のエキスパートの方々の意見や話を聞けるので、とてもとても勉強になります。むしろ、僕のような素人がここにいていいのか、くらいの感じです。

大学の学生さんも手伝いや自分たちの論文も兼ねて参加していますが、彼らのほうが大学で専攻し勉強しているだけに、先輩のようなものです。

 

検討会では、本当にいろいろな意見が交わされるので、まず予定通りには終わらず、1時間とか2時間オーバーで終結します。でも僕にとってはあっという間で、これからもなんとかついて行こうと思います。

 

今回初めて産業技術センターに行ったので、写真を撮ろうと思ったのですが、終わって外に出ると暗く、そんなときちょうど玄関に模型があったので、今回は模型だけ撮影してきました^^↓

次回はしっかり撮ってきます!(develop)

CA390131.JPG

 

 

パンクの実験

  • 2009.10.20 Tuesday
  • posted by 開発

ここ数日、ひたすらに実験室でボード製造にあけくれました。

表題のとおり、パンクの実験です。パンクとは、ボード内部に水蒸気がたまり、プレス機があがるときにその水蒸気が爆発することで、ボードの厚み方向の中心が割れてしまう現象です。。パンクを起こしたボードは、真ん中に亀裂が入っているので、強度も弱く、使えません。

 

今回作ったボードの半分以上が、パンクで、使えないボードです。(>o<)#

 

ただ、意味のない実験では決してなく、どういった条件でパンクが起きてしまうのか、それをいろいろ条件を変えて実験するのが、我が実験室です。

さすがに、作るボード作るボード、パンクばかりが連発すると、気持ちもずるずると落ちますが、少しずつ前進している!と言い聞かせながら、昨日ついに一区切りしたところです。

ボードが散乱してます↓↓↓(ほんのほんの一部です。)

P1010311.JPG

パンクの実験は、これからも続きがあるので、たまにご報告します。(develop-o)

 

機械故障で思うこと

  • 2009.10.10 Saturday
  • posted by 開発

昨日は実験室のプレス機が動かなくなり、どたばたしてました。

ちょうど、実験をやりたいところに故障。以前から、少しその兆候があったのですが、そのまま使い続けてしまったのが、良くないところ。

 

早めの対応が大事なことをどたばたしながら実感してました。。

 

プレス機の業者さんと電話で話しながら、電気的な問題なのか、機械的な問題なのか・・・、電話越しでの話しとなると、なかなか前に進まず・・・、さらに電気系統の話となると全くの素人なので、僕からの説明も曖昧、さらに相手の言ってることも把握できない、とあって昨日の時点で動かせるようになったのは、奇跡です!!

 

とにかく、どたばたでした。。

 

今思うと、やはり業者さんのプロの説明、指示がよかったと、感謝感謝です。

なかなか電気回路図を見る機会もなかったので、見方も結局わからないままですが、いい経験になりました。少しは勉強しないといけないな・・・と。(develop-o)

 

棚づくり ポイントは平滑性

  • 2009.10.07 Wednesday
  • posted by 開発