学ぶ一覧

日々の強度試験【研究開発】

  • 2018.09.26 Wednesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。
研究開発室です^^

日々の強度試験はかかせない日課です。

ボードの強度をチェックして、接着強度はしっかりしているか、曲げ強さはしっかりしているか、などの検査をしています^^

特殊な糊を使っていることもあり、ロットごとの検査で、問題がないことを確認していきますね。

↓はく離強さの測定
P1070012.JPG

↓曲げ強さの測定
P1070009.JPG

ありがたいことに弊社の研究室にはJIS規格パーティクルボード相当の試験ができる機器類もおよそそなわっています。

ハロゲン水分計、強度試験機、小型プレス機、丸鋸、小型サンダー、・・・

これだけあって、正直、使い切れていないのが現状です笑

導入してから、かれこれ10年近くがたち、これからも大切に長く使っていきたいと思いますね。
(develop)

いなわらボードづくり【試作開発】

  • 2018.08.10 Friday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。
研究開発室です。^^

6月より、京都の飲食店の内装での検討のため、稲わらボードを試作しています。

稲わらは愛知県より、仕入れ。

稲わらの納入の状態も、いろいろあるようで、農家をとりまとめていらっしゃるエスペックミックさんにもいくつもご協力いただいています!
ほんと、助かっています。

P1060988.JPG


ボードを作ってみると、

弊社のいぐさボードと近い感じのイメージでしたが、
意外といぐさよりも1本1本が太めで、
色味や香りは稲わらの"らしさ"を引き出すことができしたね。。。

通常の用途は、雑草防止につかわれたり、家畜につかわれたり、ということで、
こうした建材への利用で、人の目に触れるところで使われるかたちにするのもなかなかいいのでは?
と作りながらも。^^

仕上がりはこんな感じ↓

P1060979.JPG

P1060983.JPG

なんとなく和テーストな感じですね^^

居酒屋さんや和食店、旅館、リラクゼーション施設の内装・・・、なんかにいいのでは?(勝手なイメージ笑)

草木のおくりものの仲間にまたひとつ、いいものができましたね!

気になる方はご連絡を!

担当:長田(おさだ) 電話:058-379-3023


ご協力ありがとうございました。
ご協力企業 エスペックミック株式会社


皆さん、こんにちは。

ここ数日は、さすがに岐阜の各務原でも厳しい寒さ、、、そして雪もちらちら降っています。。。

寒いなかですが、

今月は、ここ3年連続、出展させていただいているウッドコレクション2018(モクコレ)に出展します!

IMG_20180113_0003.jpg

場所 : 東京ビッグサイト 東7・8ホール

日時 : 1月30日 10時~17時、 31日 10時~16時半

エスウッドのブースは、岐阜県ブースが集まった「O-02」です!


国産ストランドボードにくわえ、新たに取り組んできる試作品なども出展していきたいと思っています。

先日、日本クラフト展でも入選した作品なども出展予定ですね。

他の企業さんの製品や技術、セミナーなんかもありますので、みるとこもりだくさん、出会いももりだくさんだと思います^^


ご関心があるかた、ぜひぜひお越しください!!

竹素材の活用 エコプロ展2017

  • 2017.12.16 Saturday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。
研究開発室です。

ご報告が遅くなりましたが、先週のエコプロ展2017では弊社の製作した竹ストランドボードを並べていただきました!


来場者も3日間で16万人と、昨年同様に、大盛りあがりでしたね^^

美濃加茂市さんのブースで、

デザインは、これまで美濃加茂でオリジナルの家具を製作している、WHOL HUTTEさん

昨年のブースでも感じましたが、とてもセンスのいいデザイナーさんだなぁ・・・と。僕がいうもなんですが。

KIMG2567.JPG

KIMG2580.JPG


竹ストランドボードで、

折り畳みのテーブルや

KIMG2576.JPG

収納容器を作ってくれました!

KIMG2574.JPG

んー、これからもありとあらゆる山の資源を、活用していける、そんなお手伝いができればなと思っています。^^

またご興味があるかたはお気軽にご連絡くださいねー。(develop)


皆さん、こんにちは。
研究開発室です。

今年も12月となり、今年度の開発の成果も少しずつ、見えてきているところです^^

今週は、1年間お世話になった美濃加茂市さんとともに、

12月7日~9日かけて開催される、エコプロ2017に出展協力しています。


環境をテーマに、たくさんの企業さんやイベント、セミナーが行われます!

弊社も、竹のボード化技術の開発を通じて、
里山整備であったり、地域内での資源循環を目標にお手伝いさせてもらっています。^^

今年度は、竹ストランドボードの製作や不燃認定の取得(手続き中)、カラーバリエーションの試作などにも取り組んできました。

そのあたりもできる限り、出展していきたいと思っていますね。

年末の慌ただしい時期ではありますが、
皆さん、ぜひ会場に足をお運びください!!(develop)




大学の訪問といろいろな模索...

  • 2017.05.26 Friday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。

5月の連休明けになりますが、愛知大学、豊橋技術科学大学、静岡大学と、3大学を1日でまわってきました!

久しぶりにお会いするかたばかりで、
先生方は、教授や副学長になられており、
とはいえ、変わることなく、気さくな感じで、いろいろと情報交換させてもらいました。^^


大学側と一緒に情報交換したり、何か取り組んだりするのは、とても有意義で、
教授クラスの先生方のもっているものはとても大きく、
また、自分たちの取り組みとかかわりのありそうな、他の先生もご紹介いただいだり。

いつもお世話になってばかりですね。


今後、いくつかの大学とも共同でいろいろやっていくつもりで、
その準備もかねた打ち合わせもばっちり!
今後がまた楽しみです!!(develop)

KIMG0931.JPG

KIMG0932.JPG

KIMG0935.JPG

KIMG0929.JPG


感性工学会 春季大会のご案内

  • 2017.03.22 Wednesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。
研究開発室です。^^

感性工学という、木材の業界ではあまり聞きなれないワード。。

なんとなくですが、

人の感じ方、感性の部分にかかわる学問なのかなぁというところまでは想像もつくんですが。

3月29日と30日に、

JR大阪駅北側の上田安子服飾専門学校にて、「感性工学会春季大会」の研究発表会があります!
今日はそのご案内を。

詳しくはこちらウエブをご覧ください↓


エスウッドのストランドボードを活用した研究テーマで、

「木質材料を用いた壁面材の塗色に関する印象評価」と題して、

岐阜県生活技術研究所さんより、発表をいただくことになりました。

昨年はほぼほぼこの研究を研究所の皆さんと一緒にやり、とてもおもしろい成果も得られましたね。

詳しく聞きたいかたはぜひぜひ会場へ!!

行けない方は僕のほうにでもご連絡をw^^w(電話:058-379-3023、メール:osada@s-wood.jp)


ひとつの同じ空間でも

内装の材料ひとつ違うだけでいろいろな見え方、感じ方として、利用者に伝わっていきます。

施設や空間の用途によっても

利用者がどんな印象をうける空間にしていきたいかは変わってくると思います。


自分達ができる製品や素材は限られますが、

利用者の皆さんが、居心地がいいなぁ、気持ちいいなぁ、と感じてもらえる空間づくりに役に立ちたいですね^^


当日、拝聴されるかたも事前登録が必要のようですので、気をつけて下さいね。。。
(develop)

久しぶりに静岡大学を訪問しました。

  • 2016.12.17 Saturday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

昨日は、久しぶりに静岡大学を訪問しました。。。
静岡大学はこちらを→http://www.shizuoka.ac.jp/

ほんと、ご無沙汰だったのですが、
エスウッドのヒノキストランドを使った研究もやっていただきながら、なかなか行けなくて・・・。
先生とも久しぶりの再会で、近況報告や今後の研究テーマについて議論できました。

僕がエスウッド入り立てのころからのお付き合いで、
当時は一緒にボードのプレス技術開発の研究などもやっていました。


と。。。。

びっくりしたのは、農学部の校舎が新しくなっていたこと!
事前に先生からはちらっと伺ってはいましたが・・・。

写真がとれなかったので、お見せできなくて残念ですが、、

国立大の校舎としては、新築仕立てのとても新鮮な雰囲気の校舎でした。


部分的に、木材の内装仕上げがされていて、
一部の講義室やオープンスペースの天井や階段室では、木が使われています。

んー、よくみると、天井はOSBか・・・!?

化粧材として多少のうるささがあるような気もしますが、見て木を感じる点ではいいかなと思います!!

先生も言われていましたが、
もっと木をふんだんに!そんな気持ちもあったようです。(農学部ですから笑)


研究のほうはというと、竹の活用を焦点において話を進めています。
どう活用するかはこうご期待!ということで。
お互いのノウハウや技術をもちあって、いい研究ができればなと思っています。


最後は、先生や研究室の学生さんと、学食にてご飯。
たくさんの若い学生さんがいて、活気があります。
研究室みんなで食べるところがまたいいな・・・と思った、リフレッシュできた1日でしたね。
(develop)
皆さん、こんにちは。
研究開発室です!

ここ数日の暑さはすさまじい!^^
そんな中、先週末は2日間、大阪市立大学のオープンキャンパスにて、ヒノキストランドボードの色彩にかかわるアンケート調査を実施してきました!!

CIMG6769.JPG

2日間で、何百人、いや1000人は来てそうな勢いで、
高校生や親御さんがぎっしり来てました。

行きの電車はぱんぱんで...
大阪市大のオープンキャンパスの人気ぶりを実感してました^^

準備したアンケート用紙が足りなるほど、たくさんの被験者に回答いただき、楽しみな結果がでそうです。。

ありがたいですね。。。。。

CIMG6772.JPG

今回は、

大阪市立大学の木内先生と岐阜県生活技術研究所の長谷川さん、山口さんにたくさんご協力いただきました。

いや、いつもいつもご支援いただいているのですが。

今回は特に、準備期間が少ない中、中身のある調査ができました^^


高校生とも直接いろいろ話ができ、

建築の分野で勉強してみたいという志の高い学生さんたちもたくさんいました。

いろいろな意味で、

木材、そしてストランドボードに若い子たちが触れる機会が作れたことはとても良かったと思っていますo^^o

CIMG6774.JPG

CIMG6771.JPG

CIMG6764.JPG


10代、20代の若い子たちの意見と40代、50代の方々の意見がどう違うのか、世代間に感じ方に差があるのか、結果は乞うご期待^^

特に、これからの社会を担う若い子たちの意見に触れる機会は、

普段、ないのでとても感心がありますね。


また追々結果も報告していきたいですし、今後の製品開発にも活かしていきたいと思います。
(develop)

大阪市立大学 オープンキャンパスに向けて

  • 2016.07.20 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

8月6日(土)、7日(日)に、大阪市立大学にてオープンキャンパスがあります!

案内はこちら→

うちのストランドボードや茶がらボードの官能試験も実施予定!!
ご都合がつくかたはぜひぜひお越しください^^

数年前より、大阪市立大学の建築材料専攻の木内先生にお世話になりながら、学生さんとの交流や共同実験、調査、研究をやっています^^


先日も打ち合わせで大学へ・・・・

緑豊かなメインストリートはとても気持ちいいです^^

CIMG6595.JPG

CIMG6594.JPG

調査対象の茶がらボードは、木材の色とだいぶ色が馴染んできた感じ↓^^↓

CIMG6592.JPG

オープンキャンパスの段取り、準備はここから追い込み。!!

桧ストランドボードの調査は、
岐阜県生活技術研究所さんにもたくさんお世話になりながら、進めます。
生活研さんは、官能試験などの試験の手法についても、いろいろノウハウを持っており、とてもありがたいパートナーです^^

また、結果がでてきましたら、ご報告していきますね。
(develop)

岐阜県県産材競争力強化事業 採択決定

  • 2016.07.11 Monday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

毎年、いくつかの研究課題に取り組んでいます。いちお、研究開発室ですので笑
前年度からの継続したものもありますし、新しく始めるのもありますね!
その年によっていろいろです^^


今年度は、たまたまですが、

岐阜県県産材競争力強化事業に採択をいただきました。。。
ありがたいです。

テーマはもちろん、県産材を活用したストランドボードにかかわる開発です。

「岐阜県産材ストランドボードの表面塗装技術の開発および普及」というテーマでまずは1年間、きっちりやっていきたいと思っています。

成果をださないとですね!!

そして、目的である、県産材の有効利用に少しでも貢献したいです^^


研究成果は、ホームページにも掲載していきますので、ぜひぜひお楽しみに!(develop)

岐阜聖徳学園大学の講師として

  • 2016.06.22 Wednesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。

先日、岐阜聖徳学園大学さんにおじゃまし、講師を務めてきました。

CIMG6319.JPG

僕が学生さんの前で話せることは、広い世の中のごくごく一部に過ぎませんが、学生の皆さん、すごく真面目に聞いてくれました^^

今回のお仕事は、
岐阜県信用保証協会さんにお声かけで実現。
ウエブはこちら→http://www.cgc-gifu.or.jp/

なかなか信用保証協会さんとの接点も見いだせないわけですが、

昨年、岐阜メモリアルセンターで行われました、「ものづくり岐阜テクノフェア」に出展したところ、岐阜県信用保証協会の藤田さんとお会いすることができ、やりとりするなかで今回のお話しにいたりました。

ねらいとしては、
地域の企業と将来を担う学生さんとが演習をとおして、交流したり、その会社のことを学んだり、そして地元の会社で働くこと、さらには起業・創業などのきっかけづくりになれば、という熱心なお話しを伺い、やらせていただくことにしました。

岐阜県信用保証協会さんも聖徳学園大学と連携して、毎年、学生さんの積極的な支援を行っているようです^^
http://www.cgc-gifu.or.jp/information/entry-431.html

そうした活動に参加でき、僕としても準備段階からとても有意義な時間となりましたね。


また、授業自体も、とてもユニークな主旨のもので、

人だからこそできる仕事、人でしかできない仕事、そこには、コミュニケーション能力が必要であること。
10年後、20年後、いま、人がやっている仕事の一部は確実にAI(人工知能)におきかわっていくこと。そこで必要なのが、人らしさの部分。

そういう主旨の話を先生からも聞く機会があり、とても共感できましたし、長い目でみた会社経営にもそういった視点の必要性を感じる機会になりましたね。


来月、今回学生さんに出した演習課題にたいして、どんな答えがかえってくるか、答えは一つではないですし、大きな可能性をひめた答えを期待していますね!

P1000896.JPG

P1000900 (2).JPG

(develop)



皆さん、こんにちは。
研究開発室です。

こないだ、WASS東海(木と建築で創造する共生社会研究センター、通称WASS)勉強会にて、プレゼンしてきました。

題目
「エスウッドプロジェクト16年の歩みと新たな研究開発の取り組み」

自分のなかでも、これまでの取り組みを整理できる機会として、とてもありがたいオファーでした^^

枝廣淳子さん主宰の勉強会でのノベリティ(コースター)から始まり・・・、

阿伎留医療センター、東京大学弥生講堂アネックス、福井至民中学校・・・、

内装木質化ができる製品として、着々と実績が増えいていることを実感できます。

また、不燃・準不燃の開発にも成功したことで、

みんなの森ぎふメディアコスモス(設計:伊東豊雄氏)の家具・什器への採用、

さらに、商業施設やオフィスなどの内装材として、実績が増えています!


プレゼン内容がよかったかどうかはわかりませんが、参加者の皆さんからも質問をたくさんいただき、とても良かったです^^

その後、参加いただいた身近な方々からもストランドボードの勉強会のオファーや
林野庁関係のかたにも見学に来ていただけるということで、

少しずつ・・・
少しずつ・・・
"国産材ストランドボード"を知ってもらえればなと思っています。


また、この日は、飛騨産業さんにもプレゼンいただき、(どちらかというと、こっちがメインですね。)

題目「飛騨の匠の歴史と文化 飛騨産業の製品づくりにおける考え方と開発経緯」

とても興味深い、おもしろい内容でした!
飛騨産業さんの古くからの歴史と飛彈の文化、技術の継承、すばらしいですね!


WASS東海は、定期的に勉強会を開いています。
今回、会の様子の写真がなかったのが申し訳ないのですが、
ざっくばらんに、サロン的な感じで、いろいろ情報交流できる場です。

CIMG6292.JPG


ご興味があるかたは、また次回夏頃やりますので、お声かけてください!(develop)


こんにちは、研究開発室です。^^

ストランドボードを曲げてみました。どのくらいの曲げに耐えられるのか・・・と思い^^

すると・・・

意外や意外。
曲りますね!!

CIMG5888.JPG

円柱などのアール下地の化粧材としても対応できそうかな。(多少の実績もあります!)

以前、ぎふメディアコスモスの施工にあたり、伊藤豊雄さんの設計事務所のかたから頼まれ、やってみた曲げテストでも、やり方次第でかなり曲がりましたね。^^

P1050559.JPG

P1050558.JPG


製品化には課題はまだありますが、可能性ありですね。

久しぶりに研究室のお話しでした笑(develop)


皆さん、こんにちは^^
研究開発室です。

今日はこの4月から配布を始めている、新カタログのご紹介です!

~タイトル~
豊かな教育環境をつくり、
感性に働きかけて、環境教育に資する
エスウッド 桧・杉ストランドボード

CIMG5997.JPG


学校建築では第一人者であり、東洋大学の名誉教授でもある、長澤悟先生に監修をお願いし、とても内容の濃い、カタログに仕上がりました。

ストランドボードを学校建築で使うことで、子供たちの教育への貢献や機能性のメリット、森林への還元、これまでの施工実績などをわかりやすくコンパクトにまとめてあります。

キーワードは・・・

森を育てる、木を活かす、人を育む

3つの視点から、まとめてありますね。

森林保全にどう寄与しているのかな、
木をどう使い切り、有効活用しているのかな、
学校の内装として、子供たちにどんな貢献ができるのかな、

そんなことがわかります!!

CIMG6000.JPG

ご興味があるかたは、ぜひメールもしくは電話などでお問い合わせください!
弊社より、サンプル等と一緒に郵送しますね。
(メール:osada@s-wood.jp、電話:058-379-3023)

develop
皆さん、こんにちは。
研究開発室です^^

1月26日、福岡市の福岡市民ホールで「学校等公共建築物の木造木質促進シンポジウム」が開催されました。
東京を拠点とするA-WASS、日本木材加工技術協会九州支部、日本木材学会九州支部主催によるとても勉強になるシンポでした。

CIMG5514.JPG

九州ということで、ずっと遠いイメージを持っていましたが、
行ってみると、東京に行くのとそう変わりないな...というのが正直なところで、
思った以上に近く感じました。。。

もちろん、普段使いなれば飛行機での移動ですが・・・笑。


シンポジウムにさきだち、
東洋大学名誉教授でもある長澤悟先生、
そして九州大学の清水邦義先生の基調講演。

改めてWASSの理念を思い返せたとともに、
新しく耳にする研究内容に、とても興味深く聞くことができました!!

CIMG5517.JPG

パネルディカッションも、なるほど!と思うことばかり。
登壇した皆さん、それぞれに強い思いと発信力があり、日々の積み重ねの大切さを強烈に感じる時間となりました。。。

CIMG5519.JPG



そして、夜はA-WASSらしい、懇親会。
木材のこと、建築のこと、個々でやっている仕事のこと、いろいろな話を聞くことができ、濃い半日となりましたね。

まだまだ、僕自身、経験も知識も未熟なので、経験豊富な皆さんとの交流は、何よりも大切な場です!

九州大学の藤本先生、新貝商店の新貝さんにも、大変お世話になるとともに、激励の言葉もいただき、とても感謝感謝です!!


岐阜、愛知を中心としたWASS東海も負けずに活動しています。
WASSについてご興味があるかたは、ぜひぜひご連絡を^^。
(電話:058-379-3023 担当:長田)
ウエブもありますので、ご覧いただければと思います。↓
http://a-wass.org/

皆さん、こんにちは。
研究開発室です^^

今日は、昨年末に参加しました、岐阜県森林技術・普及コンソーシアムのご報告です。

今回はぎふメディアコスモスがテーマということもあり、
弊社代表の角田さんが、ストランドボードの16年間の歩みとメディアコスモスでのストランドボードの使われ方のところをプレゼンしました!!

227.JPG

プレゼンはこんなタイトルで↓^^

swood project 151221 .jpg

ぎふメディアコスモスへの採用は、この16年間の大きな大きな成果です。

そして、今後の新しい展開への第一歩にもなります。

角田さんが話した、9つの教訓。
実体験を通して、学んだ教訓は、体験したひとしか本当のところわからないのかもしれませんが、聞いていてとても勉強になりましたね。
シンプルなことですが、
失敗を恐れず、やってみる、動く、それがさまざまなことを経験できるチャンスになるんだ!と思います。

メディアコスモスも改めて、皆さんと見学↓

CIMG5315.JPG

CIMG5316.JPG

P1060248.JPG


コンソーシアムにご参加いただいたみなさんにも、ありがたいご感想やご意見をいただき、岐阜県での産学官連携にも力を入れて参加していきたいと思っています!


プレゼン内容やコンソーシアムについて、ご関心のあるかたがいましたら、ぜひ下記までご連絡ください。
電話:058-379-3023、FAX:058-379-3024、mail:osada@s-wood.jp
(develop)




皆さん、こんにちは。
研究開発室です^^

寒いような、暖かいのような・・・、少し変わった12月を過ごしています。

さすがに陽の温かさをちょくに受けない実験室は、昼も寒さを感じる季節になってきました><

こないだ、僕が事務局をしているWASSのメンバーで森林文化アカデミーに行ってきました。

CIMG5186.JPG

美濃の山のふもとに、緑に囲まれた、木造施設。
小川のせせらぎや鳥の鳴き声も聞こえます^^

今回、アカデミーの辻先生のご紹介で、小原先生にご案内いただきました!

東京や栃木、福岡等、A-WASSメンバーが参加!!

木造建築にかかわる部分やアカデミーの学生さんが毎年課題で建てる地域材を活用した自力建設の作品をひとつひとつ見せてもらいました!

森林文化アカデミーは、
建築だけなく、
林業だけでなく、
里山再生や環境面のことも学べる、全国でも珍しいスタイルの学校です。

教室での座学だけでなく、実践に重きをおき、

見せていただいた学生さんの建物はどれもすばらしかったです!ひとつひとつの作品の目的がしっかりとしているところがほんとにすばらしいですね!

こちら、ごくごく一部ですが↓

CIMG5200.JPG

CIMG5195.JPG

CIMG5185.JPG

こんなのできちゃうんだ!と思うばかりで・・・
おもしろい作品ばかりでした^^

登ったり、下ったり、
山を歩きながら、一通り見ると、あっという間に2時間近くたっちゃいました・・・笑

終わったあとは、
校内見学と、小原先生のプレゼン。これもすごくよかった!!

CIMG5206.JPG

CIMG5208.JPG

CIMG5209.JPG

建物の細かいところまで、工夫している部分を説明いただき、感謝感謝です^^

もう少しするとここも雪化粧・・・・・
また違った風景を見せてくれるものと思います^^

参加してもらった、東洋大学名誉教授の長澤先生や、九州大学の藤本先生、皆さんからも御礼の声やメールをいただき、やってよかったと思っています^^

岐阜にはこんないいところがある!
それも皆さんに知ってもらいたいと思っています。
岐阜に来られたら、森林文化アカデミー。そしてぎふメディアコスモス!見てもらいたいところもりだくさんですね!!
(develop)

皆さん、こんにちは。
研究開発室です!

今日は、明日開かれる、みなとモデルの木材製品展示会のご紹介です^^

ここ数年、毎年参加している、展示会。。。

チーム東白川として、ストランドボードを展示しています!

東白川村は岐阜県東濃にあり、FSCの森林認証も取得しています。

今年も東白川の木を皆さんに知ってもらいたいですね!!
併せて、ストランドボードも(^0^)

1日だけなんですが、毎年たくさんのかたに来ていただけます。


今年も楽しみ^^
メディアコスモスで使われた素材の紹介パネルも展示しようと思っています。

東京の浜松町駅の近くですが、ご興味があるかたはぜひぜひお越しください!

場所:港区立エコプラザ1階
時間:11時~17時

こちらチラシです↓

昨年はこんな感じでした↓^^
会場①.JPG

CIMG1792.JPG

今年もこののぼりが目印かも笑↓
CIMG1788.JPG

(develop)


皆さん、こんにちは。研究開発室です。

しばらく更新ができていませんでしたが、久しぶりの更新は、

「ものづくり岐阜テクノフェア2015」に出展した報告をしたいと思います。

先週、11月13日と14日の2日間、岐阜メモリアルセンター内ので愛ドームで開催されました(^^)(^^)


予想以上の来場者に、びっくりです。

CIMG4996.JPG

小中学生、高校生、一般のかたまで、幅広い年齢層のかたが見に来てくださいました!

小中学生は、ノートを片手にいろいろメモ。。。勉強熱心です^^

ヒノキやスギ、いぐさ、竹、茶葉などのサンプルボードは人気で、

香りをかいだり、
触ったり、

初めてみるものにとても興味を持ってくれましたね!
がむしゃらにいじるので、話終わるころには、だいたいテーブルの上ははちゃめちゃでしたが笑


あとは、なんといっても、ぎふメディアコスモスですね。

特に小学生は、ほとんどの子が、利用したことがあり、

「メディアコスモス知ってる!」
「メディアコスモスで見たよ、このテーブル!」

こちらから説明するまでものなく、見てくれてたのは嬉しいことです!

今回は、家具開発という新しい取り組みの紹介・PRでもあり、

展示パネルや・・・

CIMG5001.JPG

塗装サンプルや・・・

CIMG4991.JPG

あとは、テーブルの試作品も・・・

CIMG5010.JPG

CIMG5012.JPG


地元のかた、岐阜市民のかたにストランドボードを知ってもらえる、いい展示会でした!!

今回は、以前よりお世話になっている、

岐阜県研究開発財団さんからご協力をいただき、出展した2日間だけでなく、事前準備でも大変お世話になりました。

今後も地元への発信、県や試験機関、異業種の方々との交流に力を入れていきたいですね!!

桧ストランドボードの家具への活用について、
ご関心のあるかた、ぜひ一度お問い合わせください。
(電話:058-379-3023、メール:osada@s-wood.jp、担当:長田)


皆さん、こんにちは。
研究開発室です。

先日、埼玉県ときがわ町に、A-WASSの活動で参加してきました。

町有林の循環に向けて、第1回「A-WASS循環と共生の森づくりinときがわ」です!

講演会の様子↓

CIMG4497.JPG

コナラの伐倒作業↓

CIMG4540.JPG

玉川中学校 ときがわ方式 内装木質化↓

CIMG4515.JPG

1日目には、関口町長さんの講演会や地域のNPO団体等の活動報告、そして、玉川中学校の視察会が町長さんの案内でありました。
2日目は、町有林にはいり、その状況の確認と、60年もののコナラの伐倒を見学させていただきました。

地域材を活用した学校の内装木質化に力をいれている関口町長さんのお話はとても共感できることばかりで、実際に実践されている案件をみれたことはとても勉強になりました!

市内の学校では、マイ机を推奨していて、
小学生は6年間、中学生3年間、自分の机を使うようです。

もちろん、身長がのびますので、高さも調整できるようになっています。

CIMG4519.JPG

コナラの伐倒は、恥ずかしながら初めてみたのですが、とても圧巻でした。
少しずつ、みしみしと音をたてて、倒れるコナラ。
倒れる瞬間の迫力。いいものを見せていただきました^^

CIMG4544.JPG

CIMG4549.JPG

全国の市町村有林の活用をどう考えていくか、地域性もあるでしょうし、樹種も違います。また伐採したあとの整備計画はどうなのか、誰が管理していくのか。

答えはすぐに見つからないのかもしれませんが、町有林の整備について、実際にいろいろな試みに関わりながら、考えていきたいと思います。


ときがわ町有林の整備、陰ながら、応援してきたいと思っています。(develop)

皆さん、こんにちは。研究開発室です^^

先日、少しご紹介しました玩具の安全。


みごと、「玩具の安全」基準に基づいた試験にすべて合格でした!!


幼児や子供が万が一にもなめたりしても、有害な物質は溶出しないというのがこの試験で確認すべきこと。
ストランドボードは、内装や化粧で使われるので、そういう事態にも問題ないことが、立証できたことは、皆さんにもまた安心して使ってもらえる証のひとつと思っています^^

今回は、2013年度に改訂された最新バージョンで、
旧バージョンの8元素から17元素19項目へと大幅に評価項目が増えたことが一番の壁です。


ヨーロッパではこれが当たり前の世界で、

国内でこれを検証する企業さんはまだまだ少ないとのこと。

そこにクリアできたことはとても嬉しいことです!!


先日、試験でご協力いただきました、日本食品分析センターさんの彩都研究所にお邪魔しました。
(サイトはここ ttp://www.jfrl.or.jp/accessmap/saito.html)

今回使った試験機以外にも、いろいろな試験器がそなえられており、
一通り、すべてのフロアーをご案内いただきました。

今回、試験で使用した機器類など↓

CIMG4384.JPG

CIMG4389.JPG

CIMG4383.JPG

全部で6フロアーあったんで、
試験機だけで頭に入れようとすると整理が難しいですが、
パネルを使った説明もしていただき、食品分析センターさんのやっていることがよく理解できました!

何事も勉強!また次の研究に活かしたいですね!

日本食品分析センターの皆さま、ご丁寧にありがとうございました!!



とにもかくにも、まず一安心。。。^^

厳しい最新基準に合格できたことを、ストランドボードの強みのひとつとして、皆さんにもまた随時伝えていきたいですね。

詳しくは、
玩具の安全基準に係るサイトをご覧ください(日本食品分析センターさんのニュースの一部)↓
http://www.jfrl.or.jp/jfrlnews/files/news_vol4_no25.pdf


また結果にかかわる資料をご希望のかたはお声かけてくださいね。
(tel:058-379-3023、osada@s-wood.jp 、長田まで)
(develop)


飛彈の家具フェスティバルでの学び

  • 2015.09.04 Friday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

今日は、飛騨の家具フェスティバルのご報告をすこし^^

CIMG4360.JPG

9月2日~6日にかけて、岐阜県高山市で、飛彈でつくられている家具の展示会をやっています!

なので、この週末もやってますね!!

毎年、テーマが違うようなのですが、

今年は・・・・「伝統を生かす 匠の遺伝子」。。

「飛彈の家具」というブランド認定企業さんがたくさん出展していました。


お付き合いのある飛騨産業さんは、
杉の圧縮材を活用した家具が多く出展していました。
針葉樹というと、やわらかくて、家具の素材としてはどうかという議論がありますが、
飛騨産業さんの圧縮技術にかかれば、家具での利用も可能。

とってもきれいで、欲しくなる一品でした!!

あと、
生活技術研究所さんにもいつもお世話になっており、こちらも見学。
椅子の座面への負担の研究や
桧ストランドボードやイグサボードを使った吸音パーティション等の開発研究をやっています!
エスウッドの共同研究の成果パネルもありましたね。

その他のフロアーでも、、、

1枚もの立派な板材の展示販売や・・・

CIMG4352.JPG

小物類の展示販売や・・・

CIMG4355.JPG

曲げ木技術の展示・・・・

CIMG4361.JPG

さまざまな椅子の展示も・・・

CIMG4357.JPG

ウエブはこちら↓

http://www.hidanokagu.jp/festival/

会場は、飛騨・世界生活文化センター です。

見たら欲しくなる、そんな展示会です^^笑(develop)
こんにちは、研究開発室です^^

この時期、学会の発表が続きます。。。

9月2日~4日は、九州大学 伊都キャンパスにて、廃棄物資源循環学会の研究発表会です。^0^

ポスター案内はこちら。

H26kokuchi.jpg

以前より、一緒に研究を行ってきた、大阪ガスさん、大阪市立大学さんとの共同研究発表です。

テーマは、

「酵素処理を利用した茶廃棄物の複合利用開発(バイオガス化とボード化)」

飲料用として、廃棄されている茶がらの2次・3次利用がテーマ^^
異業種交流!
産学連携!
そして、何よりお互いの良さを活かしたいい取り組みを進められている実感がありますね^^

食物残渣を活用したバイオマスエネルギー利用の開発、そして、茶滓を利用したボード開発。
こうした循環社会の構築にむけた取り組みにも少しずつ貢献していきたいと思っています。

お近くの方、ご興味のあるかた、ぜひお立ち寄りください。
学会ホームページはこちらです。
http://jsmcwm.or.jp/

(develop)


こんにちは、研究開発室です^^

今日は、こないだ実験した、ストランドボード&シナベニアの表面のへこみやすさ、傷つきやすさ、目立ちにくさ・・・の報告です。。。


まず最初に簡単に素材の説明をすると・・・

ストランドボードは、言わずと知れた!?エスウッドの主力製品であり、桧という国産にこだわった木質内装材です。

一方、シナベニアは、輸入材が多いのですが、学校や病院など、広く一般的に使われている木質内装材です^^見た目は無地に近いか・・・。

個人的には、どちらも建物を居心地のよい木の空間にしてくれるいい素材だと思っています^^

細かくいえば、
海外品なのか国産なのか、
環境への配慮はどうか、
意匠はどうか、
木の特長はでているか、
扱っていて安全性はいいか、・・・

挙げるときりがないのですが、ちょっと考えてみれば、微妙なところでたくさんの違いがありますね。

そのなかで、今日は、日常使う中での傷み具合にかかわる試験の報告です。
とりあえず、自社試験なので、手元にある道具で^^、、さくっとやりました!


試験体の構成はこれまたシンプルに、

①石膏ボード12.5mm(基材)+桧ストランドボード4mm(表面材)

CIMG4118.JPG

②石膏ボード12.5mm(基材)+シナベニア4mm(表面材)

CIMG4119.JPG

いずれも総厚さは同条件にしました。
この2つの試験体に対して、重さ2.5kg程度のバーを高さをかえて、自由落下させてみました^^
25cmの高さからスタート、最終150cmから落としました。
さすがに、150cmは怖かったですが。。。

早速、

結果を↓

①石膏ボード12.5mm+桧ストランドボード4mm の試験後の様子

CIMG4114.JPG


②石膏ボード12.5mm+シナベニア4mm の試験後の様子

CIMG4111.JPG

桧ストランドボードは、ご覧のとおりで、
バーの跡がほとんど目立たなかったのが、驚きです!!!

圧縮されたチップ柄があることで、より目立ちにくくなっています。
また凹み具合も、シナベニアと比較するとごくわずか。
ストランドボードももちろん、へこまないというわけにはいきませんが、その違いは見てはっきりしてますね。


・・・まとめ・・・

ストランドボードの特徴は、いろんな学校の先生や設計士さんからも好評をいただいていますが、見た目の"柔らかさ"です。圧迫感のない、穏やかな空間を作ってくれます。コルクっぽいね、とよく言われます^^
視覚で感じる"やわらかさ"。これ、大事ですね!
一方で、今回の結果では、ボード表面の物性はしっかりとしているということがわかりました。
傷つきにくい、目立ちにくい、表面の硬さ、テクスチャー。これも大事かなと。

学校や病院、店舗、あるいは養護学校などでは不特定多数のかたが利用するケースが多い。そんな場面での内装木質化にうってうけかもしれないなぁと感じています。

最終的には、最初にいったように、ここでは書ききれないいろんな要因がありますので、ストランドボードがすべていいというのは一概には言えませんが、ストランドボードの良さがまたひとつ明らかになった感じです!

まだまだ、この素材。研究のしがいがあります!!

ご質問等は弊社まで。
tel:058-379-3023
mail:osada@s-wood.jp (長田)(develop)

ストランドボードの耐衝撃性~1回目~

  • 2015.07.25 Saturday
  • posted by 開発
みなさん、こんにちは。研究開発室です。

木質ボードと一言で言っても、いろんな試験があります。

今日は、いま取り組んでいる「耐衝撃性試験」について。
いつもお世話になっている、高山の生活技術研究所さんにて試験を実施中。。。

CIMG3496.JPG

これ、プラスターボードを比較のため、やってみたのですが、

陥没してしまいました・・・>c<

完全なる規格にそった試験は、できなかったんですが、

いくつかの試験片同士の比較で結果を示そうと思っています!^^

衝撃前はこんな感じ↓

CIMG3490.JPG

砂袋を持ち上げて・・・・

CIMG3494.JPG

自由落下!!
ドスン!!
すると弱いボードは、やっぱり陥没してしまいます・・・。


内装は、石膏ボード+クロス仕上げが一般的ですが、
圧倒的に石膏ボード(12.5mm)よりも、ストランドボード(4mm)の耐衝撃性は強かったですね!

それだけは、まずはっきりしましたー^^

ここ、大事です!!

次回、もう少しこの試験を詰めていこうと思います!!

乞うご期待^^(develop)
みなさん、こんにちは。研究開発室です。

今日は、地元岐阜の中央図書館『ぎふメディアコスモス』の紹介です^^
オープンは来月、7月18日。もうすぐですね!

CIMG3358.JPG

ご存知のかたもいるかと思いますが、

この建物の設計は、建築では名誉あるプリツカー賞を受賞した伊東豊雄さん。

先日、岐阜市のかたの案内で見学させてもらえる機会がありました。


外観もきれいだし、

なかのデザインも木をふんだんに使っていて、あたたかみある感じでした^^(素人的な感想ですが)

天井の格子と書架、収納、テーブル等のストランドボードのテクスチャーがうまくマッチしてましたね。

CIMG3403.JPG

天井格子には岐阜県産の木が何層にも重なっていて、

そのすごさにしばらく上を見上げたまま・・・。^^

収納や書架には、エスウッドのストランドボードがたくさん使われています!

もちろん、オール岐阜県産材です!^^


こちらはテーブルと椅子に↓

丸みあるデザインがとてもかわいい!そしておしゃれです。

CIMG3391.JPG

CIMG3439.JPG

しばらく歩いていると、

書架と書架のあいだから、

何か見えてきました!^^

CIMG3433.JPG

なんだ!?これはって感じです^^

これもストランドボードでつくられています^^
子どもの遊ぶスペースのひとつと聞きました!子どもがここで遊ぶんですねぇ。


2階のフロアーはどこに立っても・・・

右も左も・・・、前も後ろも・・・

ストランドボードの自己主張の少ない落ち着いたテクスチャーが目に入ります。

CIMG3369.JPG

CIMG3416.JPG

CIMG3364.JPG

素材をつくる者として、
ここまでいいものを作り上げていただいた関係者みなさまに感謝感謝です。

ストランドボードという素材の新たな道が見えてきた、「ぎふメディアコスモス」。


まだまだ未熟ではありますが、皆さんのご協力、力をお借りしながら、
これからも、いい報告ができるよう努力していきたいと思います。^^

これからもよろしくお願いします。(develop)

ストランドボード×家具 用途拡大の模索

  • 2015.06.11 Thursday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

前々から、うちにひそかに抑えていた"ストランドボードの家具への新たな試作開発"がようやくスタートしました!

これは、去年の高山の家具フェスティバル↓。
洗練されたデザイン、見せ方、配置、雰囲気・・・。飛彈のたくみですね!

CIMG1468.JPG

ストランドボードというおもしろい自然素材を、家具にも活かしたい!そんな思いにかられていました。^^

そして、むかえた、新年度。

偶然にも、

岐阜県で、「地域材新規用途導入促進事業」というスキームがあり、これに応募したところ、なんと採択をいただきました。。やったー!!

P1060145.JPG

どうすれば、家具へ活かせるのか。

家具のプロである飛騨産業さん、そして多くのノウハウを持っている生活技術研究所さんとともに、開発を進めることに。。。。

もう・・・頼もしいばかりです!!

これは、塗装サンプル。
家具屋さんの塗装は、ほんときれいです^^

P1060148.JPG


たくさんの課題がありますが、

皆さんのちからを結集して、

いいものを作っていきたいと思っています!!!乞うご期待^^


最後になりますが。

家具と言えば・・・、
7月18日オープンの岐阜市中央図書館・ぎふメディアコスモスにも使われています。
一般ユーザー向けのテーブルや椅子ということではありませんが、

とてもおもしろい使い方をしていただいているようです!こちらも楽しみです!!
(develop)

ビジネスプラス展inSEKI 出展報告 

  • 2015.05.20 Wednesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。研究開発室です!

先週は、地元岐阜県関市で行われた『ビジネスプラス展2015』に出展し、あわただしい1週間でした。

1日目からたくさんかたが来場。。。

CIMG3155.JPG

CIMG3156.JPG


東京ビッグサイトの展示会のように、

何万人も来るわけではないんですが、

会場がコンパクトな分、

ひっきりなしにブースに寄ってもらえました!!ありがたい!!

今回の出展品も、

桧ストランドボードからはじまり、
イグサボードや茶葉ボード、樹皮や竹のボードもお見せできました。
もちろん、、、不燃タイプと準不燃タイプも^^

まだまだ試作段階のものもありますが、

多品種で対応するのがエスウッド。
皆さんのご希望にそえるよう、皆さんの声に耳をかたむけていきたいと思っています!!

CIMG3154.JPG

ブースにきてくれた皆さんが期待通り、「えっ」といってくれるものがあるんですが、

ひとつは、

桧ストランドボードにマグネットがつくのみたとき^0^。(上の写真の左手に設置してます!)

そしてもうひとつは、

いぐさとか茶葉のいい香りがするボードを手に持ったとき^^こんないいものが!!って^^


今回は、

昔からのお付き合いあるかたも・・・
異業種のかたも・・・
高校生も・・・
一般のかたも・・・

いろんなかたがきてくれて、いい意味で話すぎて、その後3日間は声がらがらでした><""

個人的にもまた勉強になりました!

地元にかたがたにも、エスウッドを知ってもらえました!!

有意義な2日間を無事終え、のどの回復を待って、また出かけたいと思います!!!



そうそう、
ゆるきゃらがたくさん来てましたね^^ゆるゆるでした^^ (develop)

CIMG3148.JPG

こんにちは、研究開発室です。^^

今日は、少し変わった視点で、

いけばなとイグサボードのコラボ作品をご紹介します!


新たな取り組みに積極的なのは、いけばな雪舟流の増野さん。
ホームページもあります→http://sessyu-ryu.com/

いつも展覧会のときなど、イグサボードを使ってくれています^^

いろいろ説明する前に、まずはご覧を!!

CIMG3069.JPG

CIMG3059.JPG

CIMG3037.JPG

増野さんのデザインとイグサボードのシャープ感がとても絶妙で

おそらく、

いけばな界にとっても斬新なつくりだと思います。
(僕は素人ですが・・・。えっ、これがいけばな!驚きと感動・・・)

もちろんですが、部屋に入ると、イグサのほのかな香りがただよってきます。
これがまたいい!


話を伺っていて、
展覧会は、これまでの決まりや流れだけでなく、"自分を表現する場"、とのこと。

なるほど!と思いましたね。^^


今回の展示に向けて、増野さん自身、模型を何回もつくり、かなり試行錯誤してくれました。ありがたいですね^^


僕も初めてのいけばなの見学でしたが、とてもいい経験になりました。
なんとなく、心が研ぎ澄まされるような感じで。^^

東京での展覧会だったので、
外国人のかたにもとても好評だったようです!

増野さんの積極的な姿勢は、新たなつかいかた、新たな価値を生み出してくれます。

また、増野さんは普段からいけばなの体験やスクール、男性向けいけばななど新しい取り組みもされています!


負けないよう頑張らねば!!
これからもよろしくお願いします。(develop)
みなさん、こんにちは。研究開発室です^^


3月のおわり、法政大学の網野禎昭先生のご案内で、

製材工場でデッドストックになっている杉材を活用した建築の見学に行ってきました!

網野先生、平成建設、宮田国造設計事務所がコラボで設計した個人住宅です。^^


建物南面はこんな感じ。
CIMG2863.JPG

平角材を釘などでつないだ大壁面。
CIMG2849.JPG


低利用材の活用は、エスウッドの基本コンセプトでもあるので、材の活用のところでとても共感。

上の写真の空間は、それこそ端部に割れのある平角材や丸みの入った間柱用材でつくられています。
こうした建築をみると、眠っている材でも使い方次第で、いくらでもいいかたちで使えるなぁと・・・、改めて気が引き締まる思いになりましたね!


網野先生の考え方として、

地域で余っている材を地域の大工さん、職人さんが、
ある程度、現場で加工できる製法を。
そんな思いがこの建築をやろうとしたきっかけのひとつとのことでした^^

どうしても新しい技術は、大がかりな設備投資や大きなスペースが必要となりがちですが、
これは、地域の職人の技術を活かしつつ、
しかも、大きな設備を必要ない、

どちらかというと、地域で活躍する中小の工務店さんや大工さんが使いやすい技術になれば。
そんな願いも込められています!^^!

先生の話を聞くうちに、ますますこの取り組みを応援したい!という思いにさせてくれます。


建築の構法としては、マッシヴホルツ構法と題して、

具体的には、国産の杉製材を、スクリューや釘等の簡易な接合方法で積層させ、それを建物の壁や床、屋根に使うというものです。

スクリューや釘なんかは、それこそ、職人さんが現場でよく使うもので、いま流行りのハイテクに対していうならば、まさに「ローテク(手工業的製造)」。

どの業界も効率性を求め、機械化を進める一方で、地方は職不足になやんでいる。僕のなかでもこうした技術の再考はすごく刺激になりますし、残していきたい、継いでいきたいものと捉えています。


当時は、網野先生と一緒で、

設計上の工夫も本当にいろいろ勉強させてもらいました。

低利用材の活用というだけでなく、住まう家として、すばらしい建物ということを感じました^^


生活空間として必要なこと、熱利用をはじめ、採光、断熱、通気、空間・・・。

これらは設計した網野先生に聞かないと、素人の僕ではわからないことばかり≧≦

お忙しいところ、ご案内いただき、感謝感謝です。^^


こんな平角材でつくられています。
CIMG2839.JPG

南面からの採光が室内を明るくしています。
CIMG2851.JPG

国産杉材でつくられた大空間&網野先生によるレクチャー。^^
CIMG2852.JPG

最後になりましたが、

今月24日、25日に竣工にあたり、見学会が開催されます。

ご興味があるかたはご連絡くださいね。
これは実際に見てみないと、写真や画像ではこの良さはわからないですね^^


「オープンハウス 低市場価値製材を活用したマッシヴホルツ構法の建築実証」
場所:静岡県富士宮市

網野先生、平成建設の皆さん、ご案内ありがとうございました!(develop)


美濃加茂の里山と自然、そして教育

  • 2015.04.01 Wednesday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。
研究開発室です^^

早くも4月ですね!
岐阜もだいぶあったかくなり、桜も満開に近づき、いい季節になってきました!


3月の終わり頃ですが、

岐阜県美濃加茂市の里山に行ってきました。^^

CIMG2635.JPG

森林文化アカデミーの先生と学生さん、森林組合と役所のかたで見学。
みなさん、ありがとうございます!!

獣道のような道を最近発見したということで、
早速、そこを通って山頂に向かいます!

少し踏み固められていて、良かった。。。なかなかの急勾配。

CIMG2630.JPG

これから整備が進んでいくみたいですが、

それでも竹などで覆われていた山をきれいに整備。竹がところどころ集められてましたね。

CIMG2642.JPG

幼稚園児や保育園児も

イベントで遊びにくるそう。^^

地元のおじさんが案内しながら、山で遊び学ぶ。。。水もきれい!

いいですねー^^

これからも定期的にやるそうなんで、楽しみです!!


そして、これがお目当てのアベマキ。

ごつごつした感じの樹皮が特徴です。

CIMG2636.JPG

樹皮の層がとても厚くて、手で押してみると、すごく弾力性があって、すごく意外でした!

これをエスウッドでボードにしていくんだなぁ・・・と、実際にいくことでやる気アップ!!
まずはできるかどうかの検証ですね。

CIMG2633.JPG



山頂付近には、地元のたくみアカデミーの学生さんがつくった東屋も≧0≦
ほとんどビスやくぎを使っていないということで、すごい!!と思うばかり。

地元で勉強している学生さんが、
学校の外で、実際にうでを試せるというのは、すごくいい経験だと思います!

CIMG2640.JPG

帰り際。

しいたけ栽培も見せてもらいました。
実は美濃加茂市はしいたけの菌床では有名なようで。

肉厚のしいたけができてました!

これまた新たな発見でしたね!

CIMG2645.JPG

CIMG2647.JPG

アベマキをボードにするために、アベマキがどんなものなのか、

その勉強にきたのですが、

それ以上に、美濃加茂の里山にすばらしさに感動。。。

子供たちが、ここで遊び学ぶ姿が目に浮かびます。


地元にある自然、地元のひとたちで作り上げられるつながりと教育。

また行きたいと思います!!(develop)

皆さん、こんにちは!研究開発室です。

森林総合研究所の高麗さんと進めてきました、木質ボードのパンク防止技術について、ついに特許権を取得しました!!

P1060128.JPG

正式には、

「パンク防止機能を具えたホットプレス装置と木質材料の製造方法」(特許番号:特許第5663726号)

森林総研さんとエスウッドの共同出願です!^^!


森林総研・高麗さんを中心として、静岡大学、東京農工大学、工学院大学、東京都立産業技術研究センター、そしてエスウッド。

このメンバーで平成21年度からの3年間、

「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」を実施!

みごとにその成果が特許としても認められたと思っています。


木質ボードのプレス技術は、世界的にみても一定のレベルに達しているかもしれませんが、

新しい技術や省エネ技術、
おおがかりにならない低コストでの設備導入の可能性について、

まだまだ成長の余地が残っているのではと感じています。

僕も専門家ではないので、深いことは言えませんが。。。


僕にとって、この事業での成果はもちろん、実験の進め方や手法、専門家とのディスカッション、論文などのとりまとめ、すべてがいい経験になりました^^

これらの技術を、どう実用化していくのか、どう効率的にPRしていくか、

まだまだ問題はつきません。

ただ、新しい技術の芽がでだしているのは確かですね。


これからも、関係者の皆さんとのネットワークを大切にして、
次のステージに進めればと思っています!
(develop)


町田市 さふらん幼稚園の木質空間

  • 2015.02.26 Thursday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

今日は、先日見学させていただいた「さふらん幼稚園」さんのご紹介です。

CIMG2548.JPG

さふらん幼稚園は、町田市にある幼稚園。

今月できたばかりの新園舎は、エントランスを入ると、
すぐに木質感あふれる空間が目に飛び込んできます。

清潔感があって、
木の居心地のよさ、
新鮮な空気を、感じることができました!!

4月からは、認定子ども園になるということで、保育園の機能も。
園舎の名前も、「認定こども園"さふらん" 」へ。さふらんナーサリーという保育園ができるそうです。

ホームページはこちらです↓
http://www.safuran.ed.jp/

子どもたちの元気な姿が、ブログでも紹介されていますね。 気持ちいい!≧o≦!

こっちが元気をもらえちゃいます!!


ストランドボードもこの空間で一役かってます!
マグネットがくっつくストランドボードが、教室の壁面やオープンスペースの壁面で使われています。

うるさくない、自己主張の少ない製品で、しかもマグネットがつく。

空間をあたたかく、清潔感ある、おちついた感じに仕上がっていました。

子どもたちの絵や装飾、作品を掲示したときに

うまくひきたたせてくれる木質素材が、エスウッドのストランドボードの特徴ですv^0^v ここ重要ですね!

設計いただいた、「イヅミ建築設計事務所」さんにはとても感謝しています。
また、「三ノ輪建設」さんにも木工事ではお世話になりました。

1階の教室の様子↓

どんなものが貼られるのかなぁ^^

CIMG2524.JPG

円柱の柱にもぐるっと。ベンチの上なので、コンクリート仕上げよりいいですね!↓

CIMG2520.JPG

2階の吹き抜けヨコの掲示面↓

CIMG2541.JPG

1階のオープンスペースの掲示面↓

CIMG2547.JPG


ちょうど伺った時間は、夕方。先生方の会議中でした。 大変なときにすいません。。。
たくさんお話ができなかったのは残念ですが、
そうした先生方の熱心な姿勢は、いつか子供たちにもいい影響を与えるんだろうなと思います。

少しだけ案内いただけた担当の先生には、
「環境教育・木育」と「ストランドボード」の関わりについて、
さわり程度ですが、お話しする時間をいただき、これもありがたかったです!

先生がたの頑張っている姿をみて、

メーカーとしても、もっと頑張らねばと。

子どもが住まう園舎、学校でストランドボードが気持ち良く使ってもらえるよう、
いい仕事を続けていきたいと思う、1日でした。
(develop)


こんにちは、研究開発室です!

いつもお世話になっている岐阜県生活技術研究所さんより、嬉しいニュース。。


岐阜県高山市にある木工製品、家具などの研究開発に精通した研究所ですが(下写真は研究所エントランスの展示)、

今回、弊社のイグサボードと桧ストランドボードを組み合わせた、

「吸遮音タイプのパーティション」を開発していただきました。


P1060057.JPG

担当の木村さんには、3年にわたり、試行錯誤していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

この吸遮音タイプ、片面が吸音タイプ、もう片面が遮音タイプになっていて、

吸音性は、

ヒノキ無垢材と比較して、全音域で吸音性が向上!!

遮音性は、

これまたヒノキ無垢材にかなり近い数値がでています!!!


ヒノキ無垢材に近い遮音性を保持しつつも、吸音性がアップ!!これいいかも!!

これがそのパーティション↓≧≦↓
いい感じに仕上がっています!!

安全安心PJ写真_生活研.JPG


避難施設などの間仕切りやプライバシー保護のためのローパーティションとして、
それがしかも自然素材。。。
いぐさの香り、ヒノキの香りがあり。。。
表面がイグサボードの場合、柔らかく、触り心地もいい。。。
桧ストランドボードも落ち着いた意匠、うるさくない意匠で、平滑な表面がとても気持ちいい。。


生活技術研究所さんのホームページにも掲載されています(新着情報)。
http://www.life.rd.pref.gifu.lg.jp/


生活研通信45号にも載せていただいていますね↓
http://www.life.rd.pref.gifu.lg.jp/pdf/HLTnews2014-45.pdf


さらに、今回の研究報告書はこちら↓
少しデータなども載ってます↓
「避難所における快適環境を提供する高機能建材の開発」

http://www.life.rd.pref.gifu.lg.jp/pdf/kenzai.pdf


まだまだ可能性の拡がる、桧ストランドボードとイグサボード。


たくさんのかたの知恵をいただきながら、

もっともっと活用の幅を広げたいですね。

生活技術研究所の木村さん、関係者皆さん、ありがとうございました!(develop)

木材の乾燥は奥がふかい。

  • 2015.02.03 Tuesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

あっという間に2月に。
今日は節分です^^

岐阜もまだまだ寒い日が続いています。
雪ももう1回、2回くらいは、来るかなぁと、予想してますが、日向にでればあったかい日差しが気持ちいい・・・
春を感じますね^^


先日、東京で行われているA-WASSに参加してきました。^^

6時間くらいの長丁場の勉強会でしたが、とっても勉強になりました!


九州大学の藤本先生から、

木材の乾燥講座があり、

素人の僕にとっては、奥の深い、なるほどと思うことばかり。。。


ストランドボードの乾燥工程でも、

大きな気づきがありました。

なぜ、ストランドボードは、ヒノキの香りが残るのか、
なぜ、ヒノキの良さがボードにしても残せるのか、

このヒントを、、いや半分答えをもらえましたね^0^

あと、こんな実験、こんな試作をやってみようかなぁ!
なんてことを考えながら充実したお話しでしたね。


こういうのって、すごく重要ですね!(笑)


A-WASSは、たくさんの有識者のかたがた、木材の普及を本当に考えているかたがたの集まりで、いつもすごくいい刺激をうける場です。。。

A-WASSのホームページも立ち上がりましたので、ぜひご覧くださいね。
木と建築で創造する共生社会実践研究会  http://a-wass.org/


地域支部として、(少し宣伝を・・・(笑))

WASS東海も活動中です!!!!

東海エリアの皆さん、木のこと、建築のことを考える勉強会やっています!ぜひご参加ください!
事務局は僕なんで、いつでもご連絡を!(osada@s-wood.jp)

2月も頑張りますよー。(develop)

岐阜高山、家具へのこだわり。

  • 2015.01.28 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

先日、高山に行ってきましたぁ。
ワイドビューに乗って、それでも丸2時間。

岐阜市に住んでいる僕からすると、
同じ岐阜とは思えない光景。

冬らしい、飛騨高山らしい気候でしたね。

P1060037.JPG

P1060059.JPG

あいにく、高山駅は改修工事中。
改修後のできあがりが、どんな駅舎になるか、いまから楽しみです!!

本題にそろそろ。。。

高山には、家具屋さんが多い。

そういう勝手なイメージですが、

今回、そのうちの工場の2つを見学させてもらいました。。

と、

その前に、今回は木材の不燃・準不燃化技術にかかわる技術支援講師として、高山訪問^^
生活技術研究所より依頼をうけて。。。

こうして呼んでいただけるのは、とてもありがたい^^

エスウッドも家具への挑戦!!
なんとかストランドボードを使った家具づくりにこぎつきたいところです。(まだまだ個人的な思い^^)

さて、見学した2つの工場は、JAS認定などを受けた、とてもすばらしい工場でした。

驚いたことは、

思っていた以上に、職人さんの手作業が多く、まさに職人技、手作りという印象が強かった。

ああいうふうにできた家具は、そりゃ、質のいい、長持ちするものなんだろうなぁと。

同時に見学のなかでも、学ぶことが多かった!^^!
いろいろ、いろいろ・・・と。。

飛騨高山の家具、いつか買いたいなぁと思います。。
できれば、国産のもの、国産材のものですよね。

そして、いつか国産の桧ストランドボードでも家具が作りたい!
またひとつ、夢そして課題が見つかりましたぁ。(develop)
おはようございます。^^
研究開発室です。

今日は、いまエスウッドも参加させてもらっている環境教育のプロジェクトのご紹介です!

このプロジェクト、主導で動いているのは、

岐阜県美濃加茂市さん、加茂森林組合さん、森林文化アカデミーさんです。


昔から美濃加茂地方で生育する、アベマキ。(ウェキペディアより↓)
あまり聞きなれない木ですが、
コルク質の樹皮、特質した硬さ・重さが特徴です。

250px-Quercus_variabilis_JPG1a.JPG


美濃加茂市で豊富にありながら、有効利用されていないアベマキ。
いろいろ、くせがあるみたいです。。。
これを学童机や掲示ボードに活用しようというのが最終目標。

ただ、、、

それだけでは、大人が作って終わり。

それでは、、、と、提案されたのが、

「子どもたちと地域材をつなぐ取り組み」でした。


このプロジェクトは、来年早々にスタート。

山之上小学校の5年生を対象に、伐倒や製材現場を見学し、勉強します。
乾燥を経て・・・
再来年には、天板製作です^^

そして、
ぴかぴかの新1年生がそれを使う。
すごくいいプロジェクトです!

エスウッドの関わりとしては、

その樹皮の活用。学校の掲示板として利用見込みですねv^o^v

コルク質の樹皮は、市販されているコルクボードの原料に近いもので、

すでにボードも試作済み^^

アベマキ樹皮の原料は、こんな感じ↓
にぎるとちょっと硬めのグミみたいな。≧≦

1.アベマキ樹皮原料.JPG

ノンゲルを噴霧して、成形へ。
まだ試作段階なので、手作業です@_@

考えてみたら、ノンゲルも安全性の高いゴム系の糊。いいマッチ!!

3.原料のフォーミング.JPG

成形したら、こんな感じに↓

4.成形マット.JPG

加圧と加熱で、こんな感じに↓

弾力性のある樹皮ボードの仕上がり≧0≦

6.ボードの完成.JPG

掲示用が見込まれているので、
画鋲のささり具合もテストしてみたら、

学校で一般に使われている掲示ボードと同等のささりやすさ。(数値としてもでてます!)

これはいい!!

地元の材を使って、

地元で加工、

子どもも手伝いながら、

できたものを地元の学校で使う。

こんな活動が、あたりまえになる時代がくるといいなと、、、

思いながら。

来年からのプロジェクトが楽しみです^^(develop)

こんにちは、研究開発室です^^

今日は、茶葉や茶がらを活用したボード開発の一部をご紹介。

以前に行った岐阜県白川の茶葉畑。
感動的な日本らしい風景^^

癒されますねー^^

P1040653.JPG

P1040655.JPG

少しずつですが、

我が工房、実験のほうでも、いろいろやっています。(実は。)

今回、工場で1m×1mサイズで試作。

P1050944.JPG

P1050950.JPG

お茶の香りが・・・^^

ボードづくりの精度を高めていく必要はありますが、

お茶が凝縮された感じです!


先週、このボードを有孔加工してみました。

うまくできるか心配だなぁと、思いつつ、仕上がりは・・・

P1050990.JPG

おっ!?

なかなかいい感じですv^0^v

やってみるもんですねぇ。

ちなみに今日からは、茶葉ボードの調湿試験。
なんとなく、調湿性ありそうだなぁ。。。

P1050995.JPG

結果はまた後日、公開!!

今年もあと1カ月。
やっておかねばいけないことが盛りだくさんです。
皆さん、ラスト、悔いの残らないようがんばりましょう!!(develop)
おはようございます!研究開発室です^^

11月8日、福島での展示会に出展してきました!
テーマは、「環境とエネルギー」。

CIMG1864.JPG

JIA東北支部が主催するシンポジウムと展示会が同会場で行われていて、
福島をはじめ東北エリアを中心に活動されている設計のかたが集合!!^^

シンポジウムでは、地元で活躍されている設計事務所や学識者によるディスカッション。
テーマは東北復興ですね。。


建築がどう役割を果たしていくべきか、

自分たちの立場だからこそ、発信していくべきことがあるのではないか、

共感しながら、聞くことができました。。(展示会の合間に少し・・・)


展示会のほうはというと、


CIMG1860.JPG

うちの国産ストランドボード、

あと、断熱性のいい木製サッシ、

そして、自然塗料のリボス。

この3本立てでした。^0^


お客さんの入りも上々。。

学生さんも多かったですね。。


何人かの設計担当との意見交換では、

販路拡大への課題を挙げられ、その対応にも今後は取り組みたいと思っています。

学生さんの模型など↓
CIMG1866.JPG

展示会の様子↓
CIMG1872.JPG

CIMG1869.JPG



復興に向けた動きが、必ずしも順調ではないのかなと感じつつ、

岐阜という離れた場所にいると、

それを考え、思うことも少なくなっていたことを感じさせられました。


自分が何ができるのかと言われると、

直接、これができるということが言えないのも、何とも言えない思いがこみ上げてきます。


今回のこうした展示会をきっかけに、

エスウッドの活動が、国産ストランドボードが、

何かしらのかたちで、復興のお手伝いができるといいなと感じています。

ちょうど、このタイミングで、

福島の小学校にも、桧ストランドボードが納品され、

学校建築という分野で、復興へのお手伝いもできるのかなと感じています。


個人的にも、

仕事の取り組みにとっても、

何か、あらためて頭のスイッチを入れられたような2日間となりましたね。

感謝です。。ありがとうございました。^^(develop)

おはようございます、研究開発室です^^

先日、こちらに行ってきました↓

CIMG1758.JPG

東京、新木場にある木材合板博物館。。。立派な建物ですね。

今月16日になりますが、

RC造やS造建築物における木質内装セミナーに参加してきました^^

CIMG1776.JPG

RC造、S造建築の内装木質化に焦点をあてたハンドブックとサイトができました。
ということで、セミナーに参加。。
こういうのができてくるのはとてもありがたいことですね^^

そこにもエスウッドの紹介がされていますので、ぜひご確認ください!
http://www.woodmuseum.jp/naisou/index.html

やっぱり、不燃と準不燃。ここ注目です!


それと、

ティンバライズ TOKYO2020を見学。これは、2020年のオリンピックに向けた木造建築の可能性について模型などのプレゼンがされてました!

CIMG1771.JPG

CIMG1770.JPG

CIMG1772.JPG

2020年、新しい価値を見出す可能性のあるオリンピック。

木を使った都市空間がどんなふうに展開していくのか、とても楽しみになります!!

そこに、ストランドボード不燃も使われるといいなと思いつつ。。。
不燃タイプの新素材として十分、その可能性はあるのかなと思ってます!!


話しをもとにもどして。。。

都市部では、どうしても大規模な建築になるほど木造というのが法的に難しくなるのかなと。
そこで、RC造やS造でも簡単に内装木質化できる体制づくりというか、PR手法というのか、そういうのはメーカーとしても必要じゃないかと思っています。

構造躯体で使いにくい土地柄では、

内装であったり、

外装やエクステリアであったり、

家具など備品類であったり、

・・・と、

それでも使える場所はたくさんあるのかなと思います。


そんななかで、

最近、設計事務所のかたと話して、

ストランドボードって、意外にコンクリートむき出し面でも意匠的にも合うんですよね、

そんな話を聞きます。

国産ストランドボードの普及に向けて、1歩1歩前進していきたいですね!!(develop)

飛彈の家具 学びの旅

  • 2014.09.17 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

先日、岐阜県高山市の「飛彈の家具フェスティバル2014」に勉強に行ってきました。

CIMG1468.JPG

岐阜高山と言えば、皆さん何を連想しますか。。

歴史ある街並み。。。
合掌造りの白川郷。。。
奥飛騨などの名湯温泉。。。

そして、それらと並んで、

歴史の深い洗練された技術によって生み出される"飛彈の家具"。

今回は、飛騨の家具の新製品やその歴史を学ぶことができました。(かじりぐらいですが(笑))


展示会場にはいると、

ごみごみした感じではなく、作品の絶妙な配置や照明などの空間デザイン、そして洗練された家具のひとつひとつに、感銘を受けました^^

CIMG1470.JPG

CIMG1478.JPG

以前、うちでも少し開発に取り組んだ有名なデザイナーさんエンツォ・マーリ氏の椅子も展示されており、懐かしい気分にも。^^

ストランドボードの使い方には、まだまだ開発の余地があるなと感じました。

こんなかわいい木工おもちゃもありました^^つみぼぼって言います。↓

CIMG1453.JPG


夕刻、場所を移動しまして、

飛騨産業さんにおじゃま。

その一角は、木造校舎をリニューアルした感をそのままに、木々の間からは木漏れ日も、気持ちいい時間が過ごせました。

CIMG1487.JPG

外の気持ちいい環境のなか、お茶をして、

飛騨産業さんのショールームを初めて、見学させてもらいました。

CIMG1489.JPG

CIMG1490.JPG

良質なさまざまなタイプのダイニングテーブルやチェアがならび、僕自身、家具の見方も少し変わったような気がします。
柾目をあらわしにした新製品のテーブルもとてもほしくなる一品でしたね!


ストランドボードも陳列棚用の素材として、きれいに使われていました!^^!。↓

CIMG1505.JPG

CIMG1503.JPG

CIMG1508.JPG

ストランドボードのクリア塗装の部分と少しダークに色づけ塗装した部分と絶妙な照明がうまく椅子などの展示品をひきたたせてくれています!

純粋なヒノキを活用し、うるささのない、かといって無地ののっぺりした感もない絶妙な意匠が、主役をひき立て役になっているのかなと。

うまく活用してもらい、飛騨産業さんにはとても感謝しています。^^

また高山に行ったら、寄りたいですね。
今回もとてもいい勉強になりました。そして、この経験を次につなげたいですね。(develop)

見に行きたくなる木造建築

  • 2014.07.28 Monday
  • posted by 開発
皆さん、こんにちは。研究開発室です。

いきなりですが。この建築、驚きです^^

23656323.jpg

sunnyhills-by-kengo-kuma-associates-2.jpg

隈研吾さん設計、作ったのは岐阜県白川にある翠豊さん。
台湾発のケーキ屋さん(サニーヒルズ)です。場所は南青山。

新建築などにも掲載されているようですが、岐阜県東白川の木で組まれた構造で、たくさん木が使われています!

一度、実際に目にしたいですね。
今度東京出張のときは・・・。


この話題。。。

先週末、WASS東海の勉強会で、翠豊の今井社長より、特殊な木造建築について、ご講演のなかで紹介がありました。
事例紹介では、長いあいだ、木造建築に携われていて、おもしろいユニークな建築ばかり^^

見ていて楽しい!!
聞いてて楽しい!!

とにかく、見に行ってみたいな・・・と思う建物が多かったですね!

今回の講演テーマは、
「これまでも木造、これからも木造 ~なぜ特殊な木造をやるようになったのか~」

写真は、すごくかたそうですな感じですが、
そんなことはなく、とてもやんわりとした感じで進行・・・。

P1050723.JPG

P1050730.JPG

参加者の皆さんからも、
時間いっぱい、質問や意見、普段のお仕事で感じていることなど、有意義なディスカッションが展開。

素人の僕からみると、

サニーヒルズ(上の写真)の建物は・・・

構造計算よくしたなぁとか、
部材のカットする角度や寸法も精度が求められるんだろうなぁとか、
さらに不燃処理されているということで、そのリスクもあるなぁとか、

とても洗練された建物に感心するばかりで。。。

地元の岐阜に、こんなにすばらしい建築をつくる翠豊さんがあることは素直に嬉しいです。^^

こうした勉強会に参加していると、
木の良さを知ってもらうために、
ほんとに多くのかたが、頑張って、取り組まれている。


いつも刺激を受けることばかりなんですが、

エスウッドも地元にたくさん貢献できる仕事だと思っているので、
皆さんに力をもらいながら、嬉しい気持ちにさせたり、喜んでもらえることをやっていきたいなと思います!(develop)


断熱性の良し悪し。

  • 2014.07.15 Tuesday
  • posted by 開発
こんにちは、更新が少しあいてしまいましたが、久しぶりに開発のほうを。

昨日は、森林文化アカデミーさんに行ってきました!

P1050705.JPG

なんとなく、木の建物をみると、嬉しくなります^^

P1050707.JPG

本日の仕事場。横には集成材工場かな。お昼には作業による若干の振動も・・・。
中は全面的に木質化されていて、とてもいい環境でした。。。

そして、
今日使う機械はこれ。

P1050697.JPG

P1050700.JPG

熱伝導率の測定装置ですね。

試料となるボードの上が温かく、下が冷たくなっています。
一定時間置くと、機械が勝手にデータ取りして、製品の熱伝導率を試算してくれるというしくみ。

こんな感じででてきます。スーパーのレシートみたいv^^v

P1050690.JPG

昨日はボードの種類や厚さ、密度などさまざまな設定で、11体の測定ができました!
今回の成果はまたホームページにもアップしますね。

ちなみに、おおまかにご報告しますと・・・

桧ストランドボード標準タイプの熱伝導率は、
桧無垢材同等か、
それより優れていることがわかりました^^

良いデータとりができて、よかった!

次回はここからさらに断熱性能を上げるため、一工夫しますよ^^!
楽しみ楽しみ。。。(笑)
(develop)

里山資本主義を考える。

  • 2014.06.04 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。

皆さん、里山資本主義って知ってますか?

僕もここ最近、本を読んだり、講演を聞いたり、テレビでみたり・・・と。
興味がわいてきたお話しです。^^


簡単には言えないのですが、
というか、まだまだすべてをわかっていないのですが。

お金に頼る社会ではなく(いわゆるマネー資本主義ではなく)、
地域でのコミュニケーションや社会形成、
例えば、ものの物々交換とか、化石燃料に頼らない木質バイオマス等のエネルギー社会システムの形成とか、お金に換算できないものとか・・・

そういうのを大事にしていこう!自分の身の回りでそういう関係を築こう!

そんなことだと思っています。

まだまだ深く勉強していないので、難しいことはわかりません・・・。ただ、自分の身の周りでできることを変えていければ、そう難しいしくみでもないような気がしてますね。


先週土曜日、著者である藻谷浩介さんの講演を聞く機会がありました^^
ますます、のめりこみそうなんですが、ほんとに新しい視点での見方が広がって、とても良かったですね。

講演の最後に、藻谷さんからの質問がありました。
「今、普段の生活で、お金を使わずに、ものをもらったり、あげたりすることはありますか?」そんな問いかけでした。

もちろん、スーパーにいけば食べ物はありますし、コンビニに行けば、弁当も雑誌も飲み物もあります。ただ、そうではなくて、身近な環境のなかに、少しでも物々交換みたいなことがあるのかなという質問ですね。

僕の場合、いまはたまにあるくらいですね。もらって、御礼であげたり。逆にあげたら、御礼でもらったり。
すべてをそうすることはできないにしても、そういう関係を増やしたいですね^^

CIMG0880.JPG

CIMG0887.JPG

CIMG0888.JPG

そういえば、本もでてます!ほぼ読破!^^ よろしければ、読んでみては^^

P1050629.JPG

それから、
こないだの日曜、BSでも「Biz+サンデー」という番組で、2時間特集やってましたね!
(再放送やるのかどうか・・・)

録画したんで、興味があるかたはぜひお声かけてください^^


最後に・・・
先日の講演の感想と僕個人の意見とをまとめると。木の有効利用という視点から。。

木は、何十年もかけて育った貴重な資源。
だからこそ、山で切ってそれをすぐに燃やしてエネルギー利用だけのために使うのはどうなのかと思っています。
使いづらい細い木や曲がった木はあります。
そうした木はおもちゃや小さな家具で使うのもいいと思います。
もちろん、ストランドボードもまさにそのために開発された製品です。

人が何年、何十年と感謝して使い、そのあとに最終的には粉砕したり、薪としてエネルギーとして利用するというのがいいじゃないのかな、それが日本の山のためにもなるんじゃないのかなと、改めて思っています。


生意気なことをつらつらと書きましたが、改めて木の利用、そしてストランドボードの利用を考えていければと思っていますね^^
(develop)

木材産業under30研修会に参加して

  • 2014.05.20 Tuesday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。

先日、木材にかかわっているU-30世代の研修会があり、森林文化アカデミーに行ってきました!

P1050575.JPG

P1050576.JPG

普段は、年上のかたとの交流が多く、深く勉強させていただいているのですが、

今日は、若手が多く、別の視点から、これまた有意義な時間となりました。

環境評価、マーケティング、政策・・・略して、EMP。
頭文字をとって・・・。
ここでは、木材利用システムの重要3要素として、これにそった講演が午後フルにありました。


地球温暖化対策という地球規模のお話し。
岐阜における木材産業の現状と課題という地域のお話し。
住環境にかかわる住まいの小単位レベルのお話し。

そして、実務的な、マーケティングや木材の流通のお話し。

と、かなりぎゅっとつまった研修会でしたね。
どれも"木"がからんでいるわけですが。

身のまわりから地球規模まで、木材は関わっているんですね。
それが、循環資源ということを意味してるんだなと思ったりもします。


ここで、ちょっと余談。

日常生活、お役立ち情報を^^

WASS東海のメンバーでもある、森林文化アカデミーの辻先生より、おもしろいお話があったので、ご紹介します。

自分が普段の生活で、どれくらいのエネルギーを使っているのか。

P1050597.JPG

電気やガスは毎月詳細がとどくと思うんですが、

で、エネルギーどれくらい使っちゃってるの?そこを試算してみようと。

電気の単位は「kWh」。
ガスの単位は「m3」。
水道の単位も「m3」。
灯油は「リットル」。

いろんな表示がいりまじっていて、評価できないということで、簡単なエネルギー使用量への試算方法を教えてもらいました!

地域別と家族の人数別に平均値もでていて、自分の家が平均と比べてどれくらい使っているのか、わかるようになっています。

おぉ、こんなのがあったのか!という感じです^^

これでみると、ガスはいかにエネルギーを消費してしまうのかが実感できます^^

もし、ご興味がありましたら、ご連絡くださいね。(develop)
mail:osada@s-wood.jp、電話:058-379-3023

新建築2014 4月号のご紹介

  • 2014.04.17 Thursday
  • posted by 開発
こんにちは。研究開発室です。

今日は、新建築のご紹介を^^ ストランドボードをからめつつ。

P1050432.JPG

いま販売中の新建築4月号。

桧ストランドボードのローパーティションが使われている甲府市庁舎が掲載されました!

P1050440.JPG

設計は、日本設計さんなど設計共同企業体。
いくつかの設計士さんがかかわっているみたいですね。

P1050444.JPG

ファサードは、市庁舎とは思えないくらい、きれい!

太陽光発電パネルもたくさん設置されているようですね。

山梨の代表的なくだもの、ブドウ棚に見立ててデザインされたようです。。いいですね!

そして、何より、

現在の市庁舎建築としては、日本最大となる300kWを発電できる!

甲府市が、

県庁所在地では、日本最大の日射量をほこるという地の利を生かした設計ですね。。


桧ストランドボードは、ローパーティションで使われています!!

02.JPG

最近感じることですが、

桧ストランドボードの色目は、

RCがむき出しになっていても、白の塗装仕上げをしていても、
相性がいいなぁと思いますね。

全く柄ないというわけでもなく、かといって、インパクトの強い目立つようなイメージもない。

今回もパーティションとして、とてもうまく使っていただき、感謝感謝です。

これからもいろいろなかたちで、ストランドボードが役にたつことを目指したいですね!!

壁面材に限らず、パーティションに限らず、・・・次はなんでしょう。

いまも、ちゃくちゃくと、
開発を進めています。^^

ご要望がありましたら、こちらまで^^→電話:058-379-3023(develop)

こんにちは、研究開発室です^^

今日は桧ストランドボードの納品事例の紹介です!
僕が行ってきたのは、福井県坂井市にある春江中学校。

CIMG0414.JPG

名古屋から車でおよそ2時間半。
角田さん(社長)と一緒に学校見学、設計事務所との意見交換、教育委員会訪問と。
充実した1日となりましたね^^♪

今回、春江中学校では、

◆桧ストランドボード ソフト仕様
そして、
◆桧ストランドボード マグネット仕様

が採用。

同じ物件で、ソフト仕様とマグネット仕様が同時使用されるのははじめて^^

どんな使われ方がされているのか楽しみでしたね。

マグネット仕様は、保健室周辺で。

CIMG0418.JPG

残念ながら、新学期が始まる前で、掲示物がありませんでしたが、

保健室まわりは画鋲ではなくマグネット!より安全にという配慮ですね^^


そして、標準仕様よりも画鋲がささりやすくなったソフト仕様は、

教室の前や、昇降口正面で。

教室の前は、塗装仕上げとストランドボード仕上げが交互につらなってました^^

CIMG0447.JPG

習字やクラスの掲示物もOK!

CIMG0457.JPG

玄関入口付近。毎日学校にきたら、ストランドボードが待ってくれています^^

CIMG0437.JPG

下駄箱横の柱にもストランドボードで化粧。コンクリートむき出しよりいいかな。

CIMG0421.JPG

体育館専用の玄関。入れば桧の香りが。

CIMG0461.JPG

教頭先生からも、掲示スペースがたくさんできて、ありがたい。
画鋲のささりぐあいもマグネットのつきぐあいも問題ないですね。と感想をいただきました!

ソフト仕様もマグネット仕様もしっかり機能をはたしていて、

メーカーとしても

大満足!!

教頭先生、お忙しいところありがとうございました!


今回、設計を担当してくださったSさん。
学校見学後の意見交換会では、こんな意見もいただきました。↓

◆輸入材OSBよりも、表面がきれい。(OSBから桧ストランドボードへの変更)
◆4mm厚という薄さで、掲示用としても従来使っていたものと同等の厚さで、しかも木質感があって良かった。
◆今回は改修ということで、もともとの白を基調とした塗装仕上げと桧ストランドボードの色合いがとてもマッチしていた。(RC造の塗装仕上げとの相性もいい!)
◆とてもいい素材なので、自宅でも使ってます^^

そして、教育委員会のHさんからも。こんな意見。

◆OSBよりやわらかい印象が強く、学校内装に適している。
◆掲示スペースとしては、コルクよりも表面がしっかりしていて、子供たちがいじってもぼろぼろこない。耐久性があり、メンテナンスが少なくてすむ。

みなさん、ありがたいお言葉ありがとうございます!!

今回の訪問では。

RC造の塗装仕上げとの相性が実はいい!
マグネット仕様やソフト仕様がしっかり役割をはたしている!
OSB仕上げよりも国産の桧ストランドボード仕上げが好評だった!

そんなことが率直な意見として聞けたのは嬉しかったですねぇ^^♪♪
そして、とても勉強になりましたね。

また、納品事例の紹介はアップしていきますので、何かありましたらお声かけてください!
(tel:058-379-3023)(develop)

桧ストランドボード ソフト仕様とは。

  • 2014.03.27 Thursday
  • posted by 開発

こんにちは、研究開発室です。^^


以前から、

桧ストランドボードは画鋲がささるのか、、、

いや、ささってもささりにくいのでは、、、

 

という声が問い合わせでもありました。

 

というのも、桧ストランドボードは、幼稚園や保育園を含めた学校などの公共建築で活用されることが多いため。

学校は子供たちが書いた絵、習字、クラスの掲示物、学校からの掲示物・・・

たくさんの掲示物があります。


それをたくさん貼りたい。そのためには、たくさんの掲示場所がいる。

桧ストランドボードは、その要望にも応えられる素材です!!


福井県の学校の物件でも、

この素材は、「情報の壁」。

そんなネーミングを設計士さんにつけていただきました!


いろんな設計士さんがいますが、製品の意匠、安全性をとても評価してもらい、多くの場所で使ってもらっています^^

(ありがたい♪)

 

本題にもどり・・・、

 

そうした声にも応えるべく、弊社でも試作開発、研究を実施!!!

ようやく数字として結果がでましたので、ご報告しますね。。

 

試験は、社内実験室にて独自の方法で行いました。

名付けて、「画鋲挿し込み抵抗力試験」^0^ながっ

独自の方法といっても、できるだけ現実に近いかたち、人が画鋲をさすときを想定した方法を採用しました。

 

画鋲の針を機械にセット。挿す角度、速度は一定です。

繰り返し数は20です。(細かい試験条件など、ご興味がありましたら問い合わせくださいね。)

P1050414.JPGのサムネール画像

結果のグラフを下に。

IMG_0001.jpgのサムネール画像

標準仕様(棒グラフ左3つ)はいずれも抵抗力が高く、挿しづらい傾向を示していますね。


ただ、その改良版として、今回開発した「ソフト仕様」(棒グラフ右3つ)は、大きく改善されています!

 (いい感じ!^^♫)


桧ストランドボード標準仕様と見た目は全く同じで、

それと比較すると、だいぶ挿しやすい製品になっています(抵抗力が小さい!)^0^

 

シナ合板にもかなり近い抵抗力ですね。

 

さずがにコルクまでの挿さりやすさは、実現できませんが、

コルクのように「表面がやわらかい」 = 「表面の耐久性がない」 = 「長持ちしない」

というのが一般的な見方のように思いますね。皆さんどう考えるでしょうか?

 

「やわらかさ」と「表面強度」というのは相反しますが、そこのバランスが大事なんじゃないかなと。

 

もちろん、これらの結果は、客観的に見ての成果です。

なので、皆さん、サンプルで実際に試してみてください!!(サンプル、無償提供中です^^)

develop


A-WASS  第1回研修会に参加して。

  • 2014.03.17 Monday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。^^

ようやく春の予感を思わせる陽気になってきました。昼間はあったかいですね。
桜の開花予測もちらほら。

気持ちいい毎日です。

先日、まだまだ寒い東京ではありましたが、
第1回目のA-WASS研修会があり、熱いプレゼン、熱い懇親会に参加してきました。

講演のテーマは、

地域再生機構 丹羽健治さんによる 「木の駅プロジェクト」。

P1050365.JPG

コトバを聞いたことはありましたが、
こうしてしっかり内容を聞くのは初めて。

いろいろな要素がこの木の駅には含まれていますが、

中山間地の地域コミュニティの活性化というのが根幹にあるように思います。

その素となるものが、「木」。

木で地域コミュニティを活性化。いいですね!

聞いていて、ほんとすばらしい取り組みだと思いました。

課題もあるようですが、うまくまわっている地域もたくさんあります。

地元のかたでも、力のある男性ばかりでなく、
女性も参加しています(木の駅女子部なんかもあるみたい)。
そして、
都会など外からくる若者も多い(今、こうしたことが若者のあいだでも見直されているのかもしれませんね)。

そして、地域通貨をつくる、ということも大事だなと思います。

地元の木を使って、
小遣いかせぎ(地元通貨をもらって)、
それをまた地元で使う。(決して、外部に出さない。)

小さい地域での循環ですね。

集まった木は、決して大木ではなく、数十センチの丸太。だから女性でも大丈夫。
それらは木質バイオマスとして、燃料などエネルギー源になる。

僕のなかでのイメージとして↓

「人の交わり」 × 「低利用材の利用」 × 「エネルギーの有効利用」 = 木の駅プロジェクト
(解釈が違うかもしれませんので、以下HPご覧ください。^^)

http://kinoeki.org/

P1050381.JPG

P1050375.JPG

さいごに。

うちのストランドボードとのコラボも十分にありえるんじゃないかなぁと感じました。

ストランドボードは、もともと、あまり使われていない細い丸太を使えるようにするための技術。
それをただいま実践中!!

細くても、多少曲がっていても、
きれいなボードにできます。
太い丸太はいりませんね。そこが、すごい技術だと思います。

いきなり燃料用、というのもありかもしれませんが、
ちょっと、ストランドボードにも目を向けてもらえるとたりがたいですね!^^

みなさんが採ってきた木が新しいストランドボードに生まれ変わります!

ご興味がありましたら、ご連絡くださいね。
(develop)

WASS東海 第4回勉強会を終えて。

  • 2014.03.05 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは!研究開発室です。

あっという間に今年も2カ月がすぎ、花粉が飛ぶ時期になりました。(僕は大丈夫ですが。)
テレビでは、桜前線うんぬんと、春の話題目白押しですね!


WASS東海では、昨年から引き続き、4回目の勉強会を3月1日に行いました。

テーマは、

① 大規模木造公共施設の建築にかかわる問題点と課題点

② 大規模木造公共施設の建築にかかわる低コストマニュアルの紹介

です。。。(また一歩前進か・・・)

P1050317.JPG

プレゼンテーターは、WASS東海のコアメンバーでもある、NPO WOODACの河本さん。

お忙しいなか、準備ありがとうございました!!
そして、すばらしいプレゼンを!!(感謝!)

今回は、林業、製材業、設計、行政、県の公設試、そしてボードメーカー・エスウッドも含めて、幅広いメンバーが勢ぞろい^^

嬉しいですね!^^!

P1050319.JPG

P1050322.JPG

法律で、木造でできる大きさは制限されているものの、

まだまだ、

木造でできるのに、RC造やS造で造ってしまう建物も多いのではという観点から、

どこをどうしていけば、木造を増やしていけるかってとこを求めていきたいですね。

そのための議論であり、情報共有の場なんです^^

例えば、幼稚園とか保育園、老人ホーム、地元の公民館とか、
木造や内装木質化を選んだほうがいいんじゃないかなって思う建物のも世の中多いですよね。


けど、決して、すべて木造にしなきゃってわけじゃないですよ。

構造はRC造でも内装は木でっていうやりかたもありますし、木造とRC造の混構造ってもひとつの手だと思いますね。

柔軟に選択肢のなかから選べばいいと思うんです。

ただ、現状、最初の計画の段階から、木造というのが同じ土俵にのらずして、はずされてしまっている>0<
そんな現状もあるんです。。。(悲)

そこを解決していきたいですね!!まずは同じ土俵のうえで、どんな構法にしようかと。


とは、言っても当日の勉強会は、とてもざっくばらん。^^)^^)
プレゼンを聞きながら、わいわいと思いをいって、

うんうん、なるほど!
いやそうかな?
へー、そうだったの。

みたいな。
新たな発見、新たな共有、新たな創出。

いやぁ、いい会です。

建物の木造化。建物の木質内装化。
これらは地元の木をつかっていきましょう、
そしたら、地元の山がよくなるよね。
思いはシンプルであり、そしてそこに到達するのは何段もの階段をのぼらないと、と思っています。

エスウッドも建物の木質内装化という仕事で貢献していきたいですね^^
桧ストランドボード、建物の内装におすすめですよ。
ぜひぜひご検討ください!!笑
(develop)


環境配慮契約法 説明会に参加して。

  • 2014.02.24 Monday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です。

環境配慮契約法・・・

普段あまり聞いたことのない法律ですが、僕なりのコトバで簡単にいってしまうと・・・

「ものやサービスをうけるときに、より環境によいほうを選びましょう!」

というもののようです^^

こんな法律もあったんですね!知られていないのが残念。>×<


まぁ、対象が国の機関や地方の公的機関なので、一般市民まで広まらないのかもしれないなと思いつつ・・・、

それでも、そういうきまりがあることを、軽くでも知っておくだけで、何か普段買い物とかで選ぶときに頭をよぎることも・・・あるのでは。

今回、その説明会、概要でしたが、触れることができとても良かったと思っていますv^^v

P1050297.JPG

P1050295.JPG

例えば、

国や市町村が建物を新築したり、改築したり、
自動車を買うときだったり、
電力源の選定を新規に選ぶときに、

より環境負荷のひくいものを選んでいきましょう、そんな選び方のルールになるんですね。

建築では、木材はうってつけの素材ですね!!

ただ、正直なところ、ほんとにそう動けているのか、市町村の各担当者まで知れわたっているのか、そこが心配なところです。

法律作って、何もやり方変わりませんでは、意味がないですよね^^

これを機に、また少しでも環境に配慮した行動や判断をしようと心掛けたいと思います!
気持ちの問題、気持ちの問題。
みなさんもぜひぜひ。。
(develop)
2月1日。

東京、法政大学市谷田町校舎に錚々たるメンバーが集結しました。
(ファサードがきれい^^↓)

P1050184.JPG

この日は、2年越しに発足する、、

「木と建築で創造する共生社会実践研究会」、通称A-WASSの発足会です!!

P1050188.JPG

目指すべき到達点は。。。

「持続可能な森林資源の活用を通じ、
 地域産業の活性化、
 ひいては地域に根差した持続可能な社会経済の実現をはかること。」

平成19年度より第1期WASSとして活動をしてきた関係者有志が中心となり、ついに!
この会の発足が決まりました。


学校建築の第一人者である長澤先生(東洋大学)を会長に、
網野先生(法政大学)、浦江先生(東京大学)がしっかりわきをかためる副会長、
そして、そして
発起人メンバーには、角田さんも加わっています!^^!(嬉しいです!)


あの場に入れることを幸せに思いつつも、

僕ができることは、

東海地区で活動するWASS東海にいかに還元できるか。。。
この地域に何か活かせれば。。。

そこの部分は常に頭に入れておきたいなと思います。

そして、

これまでの蓄積してきた成果をいかしつつ、

幅広く本会の理念を伝えていきたいと思っています!

そのためにまずは頑張って勉強して、ついて行かないと・・・^^


最後に・・・全員集合で撮影!!これからが楽しみです!

R0013744.JPG

これからもよろしくお願いします。。(develop)

桧ストランドボード 新たな試み

  • 2014.02.03 Monday
  • posted by 開発
こんにちは、研究開発室です^^

今日は、桧ストランドボードを低温でちょっと煮詰めてみましたぁ。

どうなることか・・・

ストランドがばらばらになるかならないか・・・。

どの程度膨張し、はがれくらいはおきるか・・・。

地味ですが試験してみました^^!


まずは、大きなボールに試験片を配置。

P1050171.JPG

そして水温30度、40度、50度に条件をふって、
まずは、30度の水!?いやお湯!?を投入。おもしをのせて・・・

P1050182.JPG

2時間後、取り出してみると。

P1050176.JPG

ばらばらになる様子もなく・・・
剥がれもなし。

ふにゃふにゃってわけでもない。原型をとどめている!!
意外に強いかも。

水に弱い弱いと思っていましたが、思っていたよりも弱くはない感じですね。

ただ、常温時のテストよりも膨張はしていますね。多少の凸凹はあります・・・!
それだけ負荷がかかっているってことですね。

また「桧ストランドボードシリーズ テストあれやこれや」

の結果をブログでも挙げていきたいと思います^^。(develop)
こんにちは。研究開発室です。

昨年になりますが、桧ストランドボードの施工後の様子を見に福島県矢吹町に行ってきました^^

今日は、

矢吹中学校での施工事例を少し紹介しようかと。

まずは、外観から。
まだ2年くらいなので、新しくてとてもきれい^^

131119矢吹中学校‐119.JPG

131119矢吹中学校-3.JPG


矢吹中はおかげさまでとてもたくさんの桧ストランドボードが内装用として使われていて、

壁面のほとんどが、桧ストランドボード!

いい味だしてます!
いい雰囲気と空間作ってます!
いい使い方されています!(内装材 兼 掲示板。。)

こだわりを持って使っていただいた設計士さん、
そして、多くのご協力をいただいた長澤先生(東洋大)、
そして、現地の教育委員会のかたがた、現場の先生がた、

感謝×感謝です^0^


廊下はもちろん・・・

131119矢吹中学校‐97.JPG

131119矢吹中学校‐46.JPG

教室に・・・

131119矢吹中学校‐17.JPG

131119矢吹中学校‐15.JPG

体育館に・・・

131119矢吹中学校‐52.JPG

131119矢吹中学校‐54.JPG

そして武道場に・・・。

131119矢吹中学校‐73.JPG

トイレ入り口まで。

131119矢吹中学校‐37.JPG


どこにでも使えますね。これは!

ここでもそうですが、最近では、家具や建具の化粧材としても、いけてます!
(扱いには要注意ですが。ご相談ください。)

圧迫感がないですし、うるささもない。
かといって、全く無地で模様がないというわけでもない。
ひとつとして同じ柄はない。

改めて直接見て、そのよさを実感ですね^^

今年もまたひとつふたつ直接見に行って、ご報告できればと思います。
(develop)
こんにちは、研究開発室です!

今年もあとわずか。。。

今年の成果のひとつに、
岐阜県産経センターが事務局の「岐阜県 農商工連携ファンド事業」があります。

P1050139.JPG

ちょうど1年前。

なんとか本事業の採択をいただき、おかげさまでいろいろ試験、試作ができました。
東白川村、山共の田口さんにもご協力をいただき、とても助かりました。

テーマは、準不燃桧ストランドボードの実用化で、

大きな成果を一言でいえば、

難燃剤の白華現象の抑制に成功!!!

これですね。

簡単に言うと、

木材を燃えにくくしてくれる難燃剤が表面に白っぽく粉をふくのですが、世間一般的にこれが大きな大きな課題。
これを抑制する作り方をつかんだんです!

そこは㊙ですね^^

来年は、準不燃の販売もでてきそうで、楽しみです。^^


そして、そして、

農商工事業で取り組んだ「準不燃」

これのもうひとつ上をいく「不燃」。これも現在大臣認定申請中。

結果は春頃ですかね。。。(これはまた追々。)

来年が楽しみです^^
(develop)
こんにちは、研究開発室です^^

先週12日~14日にかけて、行われたのが日本最大級のエコ展。

エコプロダクツ展2013。。。

今年もNPO国産材の一員として、しっかり出展してきました!

P1050061.JPG

今年はエントランス受付も「木」で組み立てられ、休憩スペースも「木」のベンチやテーブルがたくさん並んでました^^

やっぱり、スチール製や樹脂製に比べると、気持ちいい!^^
そんな気持ちになるのは僕だけか・・・いや、皆さんそうかと思います!


今年のわがブースは、

桧のマグネットタイプを中心に(下の写真:掲示板のような感じで)、
ソフトタイプや不燃タイプ(大臣認定申請中ですが。)を並べてみました^^
そして、
茶葉ボードも^^(下の写真:掲示板のような感じで)

P1050073.JPG

P1050075.JPG

一番人気は、ひのきのマグネットタイプ。
見た目はひのきのストランドボード。なのに、マグネットがついちゃうんです!?

皆さん、不思議そうな顔で立ち寄ってくれましたね。

あとは、茶葉ボード。
茶葉の香りがほのかにして、一般のかただけでなく、家具や建築関係のかたにも興味を持ってもらいました。(ありがたい・・・)

社長の角田さんにも3日間がんがん頑張ってもらい、無事3日間終えることができました^^

P1050085.JPG

P1050091.JPG

番外編ですが、

毎年、必ずうちのブースには欧米系の外国人が立ち寄ってくれます。
もちろん、素人ではなく、その道に精通した方々ばかり。(そのたびに角田さんに英語での対応をお願い^^)

今年もドイツから来たかたがよほど気に入ってくれたのか・・・3度も繰り返し立ち寄ってくれました。

うちの製品の良さを理解し、サンプルやカタログを持ち帰ってくれました。
いつか、ヨーロッパで!!
夢であり、目標ですねぇ。

年末の忙しい時期にお手伝いいただいた榎戸さん、そしてブースに立ち寄ってくれた皆さん、ありがとうございました!
今後もよろしくお願いします。(develop)
こんにちは、研究開発室です。

先日、美濃市にある森林文化アカデミーにて、設計士さんや工務店さんとの交流会が開かれました!
いわゆる、ビジネスミーティングってやつですね^^

プレゼンは15分を5回。

いかにわかりやすくプレゼンするか、あれやこれやとイメトレと事前準備。
んー、悩みながらも楽しめました。v^^v

森林文化アカデミーは、山中にある、木にかかわる基本から雑学までの勉強や実作業が学べるすばらしいところ。

建物ももちろん「木」

P1040981.JPG

P1040978.JPG

内装にも「木」

P1040977.JPG

格子上に作られた外装や内装が木のおもしろみを際立たせてますね^^


そして、プレゼン。

今回はシンプルに他の製品との比較をテーマにプレゼン。。
2年前に参加したときよりも、確実に聞いてくださったかたがたの反応は良かったですね^^

何より、

ある程度のストランドボードの実績ができてきたこと。
そして・・・木質でありながら、目新しい意匠をもった製品であること。
そしてそして・・・不燃タイプ(大臣認定取得中)や準不燃タイプがラインナップされてきたこと。

着実にいい方向に向かってますね!!(期待大!)

当日も質問が多かったのですが、このネットワークを生かせるかどうか・・・これから次第ですね。
がんばらねば!!

P1040987.JPG

(develop)

こんにちは。研究開発室です。

前回の続編ということで、北海道に到着。
僕が行った11月2日はまだまだあたたかくて、とても過ごしやすかったですね。

1週間遅れていたら・・・、寒さが恐ろしかった・・・。


紅葉もいい時期で、北海道大学のキャンパス内のいちょう並木もとてもきれい!!

P1040901.JPG

季節感を感じながら、歩いていざ発表の地へ!!

発表テーマは、

「茶がらとひのき間伐材を活用した建築仕上げ材の開発」。。。

発表の時間帯が10時過ぎだったこともあり、立ち見のかたがいるくらいたくさんの方に聞いてもらえました^^

質疑も3つ4つあり、セッション終了後にも興味を持たれたかたが来てくださいました。嬉しい!!


で、、、

早速、昨日、そのフォローのため大阪へ。
具体的には何もまだ言えませんが、うちのやりたいコンセプトとうまく合致しそうです!(やった!)

いい開発がまたひとつ。。できそうです^0^
発表時、声をかけていただいたみなさんには感謝感謝です。


ちなみに。

北海道での唯一の贅沢は↓
スープカレーでした^^ おいしかったぁ。。

P1040905.JPG

食べてるだけじゃないですよ。

内装もおもしろいものが使われてました!↓

P1040902.JPG

木毛セメント板のようなかんじですね。エレメントの形状がおもしろいです!
ホワイトで塗装仕上げされてました。

展示会と学会とであわただしかったのですが、とてもいい時間を過ごせましたね。
皆さん、ありがとうございました!!!
(develop)
こんにちは、研究開発室です。

先週末、2日と3日は2つのイベントがありました。

ひとつは岐阜で行われた技能フェスティバル。
確か・・・2年前にも参加した記憶があり、2回目の出展です!

今年は内装用・化粧用茶葉ボードを出展^^(まだ開発途中ですが。)
掲示板として使ってみました↓^0^↓
その横には、ヒノキストランドボードのマグネットタイプ。磁石でポスターとめつけました!

もっと拡大して撮っとけばよかった><""

P1040887.JPG


技能というだけあって、職人さんがたくさんいて子供たちにとってはいい見せ場ですね。
ちっちゃな子から大人まで、楽しめる工作がもりだくさん。

お昼には、展示会場の真ん中に家が!

P1040891.JPG

そして、上棟式!餅投げでなく・・・お菓子投げ^^みんな頑張ってました!

P1040895.JPG

そして、そして、屋根瓦。土壁用の竹ですかね。↓

P1040896.JPG

そしてそして、完成です!


写真がなくてすいません。。。(ここまできて!)
完成像はみなさんの想像力におまかせします!

ブースに戻りまして・・・
いつもよりワンサイズ小さいコースターサイズのものを皆さんに配って、喜んでもらえました!なかなかの好評で皆さんのリアクションが良かったですね!

サンプルを並べていて、おしゃれですねぇ、とか、きれいですね、とか言ってもらえるのが一番うれしく感じます!

夕方・・・、学会発表の地。北海道へはばたきました。。。(続、次回ブログへ)


最後になりましたが、今回は岐阜県産経センターの箕浦さんに大変お世話になりました。
ありがとうございました!これからもよろしくお願いします。
(develop)

みなとモデル 製品展示会に参加して。

  • 2013.10.23 Wednesday
  • posted by 開発
こんにちは。

先週金曜、東京港区が主催するみなとモデル制度の製品展示会に出展してきました!
弊社のボードくんたちは、大人気で皆さんの対応をしていたら、終わりがけになんとか写真撮影できました↓^^そしてさまざまな木製品が出展されてました。↓

P1040859.JPG

P1040844.JPG

お昼はとても大賑わいでしたね!

今回は、

1.標準タイプの桧ストランドボード&杉ストランドボード。
2.準不燃タイプの桧ストランドボード。(認定取得済)
3・そして、不燃タイプの桧ストランドボード。(認定申請中です。。。年内取得目標!)

の4種類を展示。

テーマは、国内でも類のないストランドボードの不燃・準不燃タイプのお披露目です^^

大盛況大盛況でした。


そして何より、忘れてはいけないのが、今回、岐阜県東白川村の林務商工係の今井さんや山共の田口さんの声掛けで出展することができ、とてもとてもお世話になりました!

その名も・・・

「チーム東白川」!!!

いいですねぇ。。。(こういうの大好きです^0^)
何がすごいか?

それはチーム力です!!

P1040857.JPG

いい機会にお誘いいただき、とてもありがたかったです。今井さん、田口さんありがとうございました!

今年は、この展示会を皮切りに11月、12月とあと3つ展示会があります!

いや、楽しみです^^
通常の仕事にもより力が入ります!今年はまだまだ報告することが多そうです。
乞うご期待ください。
(develop)

WASS東海 第2回勉強会の報告

  • 2013.09.26 Thursday
  • posted by 開発
9月23日、WASS東海の勉強会を行いました!

今回は初めての新しいメンバーも4名参加してもらい、皆さんからたくさんの意見、思い、情熱を共有することができました^^)^^)


プレゼンテーターは、県産材流通課の中通さんに依頼。


トークが絶妙でした^^
テーマは「岐阜県の県産材供給と公共建築物などの木造化・木質化の現状と課題について」!

P1040796.JPG

内容はしっかりしたもので、どちらかというとがちっと硬いものでしたが、トークがうまい!
あっという間に時間が過ぎていきました・・・


岐阜の木材に係る最新のデータをネタに中通さんのご意見、
そして、
参加者の素朴な疑問、普段のお仕事で感じていること、問題意識、解決策の提案など、

話は広がりましたね。


こうした活動をしていると、森林が荒れている・・・とか、木材の流通がうまくまわっていない・・・とか、いろいろな課題がありますが、
それらの課題が絡み合うように何重にもなっているなかで、個々の会社が個々でなんとか頑張っている。そんな思いになることがあります。

やっぱり、川上から川下までかかわる方々が山の事を知り、加工のことを知り、設計のことを知り。

つまり、ネットワークを作って、お互いを知る。!^^

これが大事だなと思います。


まだまだ活動は始まったばかりですが、少しずつ経験、情報、知識を蓄積して、何か地域に発信できるグループになれればと思います。

参加はどなたでもOKです^^
皆さんのご参加お待ちしてます!(develop)

P1040780.JPG

P1040784.JPG

ストランドボードの準不燃バージョンは、すでに大臣認定も取得し、世の中にも少しずつ広まっています^^

今、取り組んでいるのが、準不燃をさらに上をいく"不燃"。

これまで取り組んできた準不燃バージョンから大きな大きな壁を乗り越えないといけない技術開発です。


今日は、基材となるダイライトと弊社生産中のストランドボードの接着力のテスト中。

接着力の基準となるのはJAS規格。

12通りの条件をふって、試作してみました!


・・・結果・・・

うまいこと、規格をとおる接着力を保持しつつ、燃焼性を抑えられる条件を見出せましたね。
なかなか順調です。^^

ただいま外部に燃焼試験に出しています。

いい結果がでることを祈るばかりですね。(develop)

P1040679.JPG

P1040681.JPG

全国高専テクノフォーラムにてプレゼン

  • 2013.08.21 Wednesday
  • posted by 開発
昨日、全国の高専が集結するテクノフォーラムにて、プレゼンしてきました!

P1040627.JPG

高専とエスウッドのつながりって・・・


実は・・・

平成22年より、岐阜高専の吉村先生(現副学長です)や西濃建設さんと共同で、新しい木質舗装を開発してきました。
非加熱・無溶剤タイプの舗装で、断熱性、透水性、歩行者への負担軽減など、メリット盛りだくさんです^^
何度か、ブログにアップしましたが、改めて今回プレゼンを聞いていると、いい舗装だなと思うばかりです^^

ちなみにですが、
プレゼンは僕ではなく、

社長の角田さんです(≧v≦)"

角田さんのプレゼンはいつも通り、インパクトがあり、聞いていて心に入ってきますね!

P1040615.JPG

P1040608.JPG

P1040604.JPG

質問もいくつかありましたが、

一番は、木(木質破砕材)の品質の部分。
基本的には、未利用材である枝や皮でも舗装用として再利用が可能なんです。

ただ、どういった舗装にするか。
公園の舗装なのか・・・
森林の遊歩道なのか・・・
学校や病院などの舗装なのか・・・
都市部の歩道なのか・・・

歩道のなかにもさまざまなものがあります。
それによって、木質破砕材の使い分けも必要になってくると考えていますね。


今後も岐阜高専の吉村先生をはじめ、研究室の学生さん、西濃建設さん、多くのかたにお世話になりながら、この舗装を使えるものにしてきたい!

そして、地域の林地残材を少しでも減らせるものにしたい!


そう感じさせてもらえたイベントになりました^^
今日からまた気持ちをいれて、少しずつではありますが、開発を進めたいと思います!!


余談ですが、僕も千葉の木更津高専出身で、交流会では木更津の関係者の方々を少しばかり交流することができ、とても有意義な時間となりましたね。
(develop)

WASS東海 キックオフミーティング

  • 2013.07.31 Wednesday
  • posted by 開発
7月27日、岐阜駅前のホテルリソル岐阜にて、WASS東海のキックオフミーティングを開催しました!

初めてのかたもいるかもしれませんので・・・


WASS東海とは・・・何?

木と建築で創造する共生社会研究センター 東海版の略称です。^^

27日はこの研究センターのスタートとなる記念イベント。偶然にも長良川の花火大会とぶつかりましたね^^


遠路はるばる、県内では高山や白川から、県外では名古屋や東京からと、とてもありがたいですね^^

講師の先生は、

学校の木造や木質化の専門でもある東洋大学の長澤悟先生。

そして、

ヨーロッパの建築や木、地域社会を専門とされている法政大学の網野禎昭先生。


おかげさまで、充実した中身の濃いすばらしい講演会となりました!
あとから行われた交流会では大好評でしたね!ほんとに聞けて良かったです!

P1040498.JPG

P1040502.JPG

P1040504.JPG

WASS東海は、地域に根差した木材利用や学校などの公共建築物により効率的に木材を活かせるシステムの研究を皆さんとオープンなディスカッションを通して解決していきたい!

そんな願いがあります。

もちろん、それだけはありませんが、

とにかく、狭い分野や業界だけで集まってどうこうではなく、

林業、加工、設計、施工、さらには地域や教育に携わる皆さんの力を結集したい!
そしてネットワークを大事にしたい!

まだまだ、
スタートしたばかりですが、これから自分たちがどんなことができるのか、何か変えていければいいかなと思っています。^^

自分が頑張った分が誰かの力になる。
それを信じて取り組んでいきたいですね^^(develop)

近代建築(7月号)に掲載されました。

  • 2013.07.19 Friday
  • posted by 開発
7月号の近代建築に弊社の記事が掲載されました!^^

P1040485.JPG

今月号は学校建築がテーマ。。。

「地域の核となる長寿命な学校づくり」の特集です!!
読んでいて、とても勉強になりますね!

監修は長澤悟先生です^^


どこに載っているかなと、ページをめくっていくと・・・ありましたね^0^

早速の5ページを^^
P1040487.JPG


福井の安居中学の取材内容で、福井に設計事務所をかまえる顕塾さんにもとてもお世話になった物件です。

桧ストランドボードの標準タイプを掲示板として使用し・・・
準不燃タイプを技術室や理科室に使ってもらっています!


安居中学さんは「教科センター方式」の先駆的事例として、テレビでも見たことがありますね。


さらに!!

今回は、186ページ。準不燃タイプのストランドボードの広告が載っています。。

P1040492.JPG

ぜひ、皆さんにも読んでもらえればと思います。(develop)

岐阜県地域活性化ファンド事業のとりくみ

  • 2013.07.11 Thursday
  • posted by 開発
昨年8月から実施してきた「岐阜県地域活性化ファンド事業」もあっという間に1年目が終わろうとしています。

1年は速い!!

岐阜県から補助をいただきながら、小規模ながら少しずつ前進しつつある、茶葉ボード&茶がらボード^^

ほんとにありがたいですね!

昨日は開発でお世話になっている大阪市立大学の木内先生と1年間の総括と2年目の実施計画のつめに行ってきました。。
いつもありがとうございます!

P1040449.JPG

大学は、大阪の中心から少し離れていて、ざわざわしてなくて、古い歴史ある建物と新しい近代的な建物が広がっていますいいところです^^


開発のほうはというと・・・

茶葉や茶がらに関わりをもって、いろいろ知識が身について、これからが勝負です!^^!

ある程度、メドがたって予想できることだけではおもしろくないので、
新たな取り組みにもチャレンジしたいですね!

新たな取り組みは今はまだ秘密です^^。。

うまくいけば、グレードアップした茶葉ボードが・・・。

まだ未定なので、今後に期待しておいてくださいね。
(develop)


WASS東海 始動です!

  • 2013.06.24 Monday
  • posted by 開発
先週金曜、東海地区のWASSがスタートをきりました!

正確にいうと、

先週を行ったのは、来月のキックオフミーティングの準備会なんですが。それでもスタートですね^^


と・・・

WASSって何って??

WASSとは、"木と建築で創造する共生社会研究センター"のこと^^

"木"、"建築"、"地域社会"。
こうしたキーワードをテーマに、地域社会に何か貢献したい!
そんな思いを胸に集まっているグループです。
皆さん、仕事があるなか、集まっていただき、とてもありがたいですね。

P1040329.JPG

岐阜にもたくさんの優良な木が眠っている森林があり。
昔は大工さんがいて、木を使った建物も多かったのかなと。低層建築が多くて、高層が少なかったのかな。

地域材をいかに有効に活用していくか。そのためにはどうすればいいのか。

山側だけで考えるのはなく。
加工業者だけで考えるのではなく。
設計士だけで考えるのはなく。


みんな集まってクリアにしていきたい!
そして少しでも地域へ情報発信をしていきたい!

まだまだ具体的にどういう方向性になるか、決まっていませんが、スタートをきったことにまずは期待がふくらむばかりです^^

皆さんとともに、地域社会に貢献できる会に!
ご興味がある方がいましたら、エスウッド(058-379-3023、担当:長田)まで。ぜひご連絡を!
(develop)

ものづくり補助金に採択されました!

  • 2013.06.13 Thursday
  • posted by 開発
新年度、早速、ものづくり補助金の採択が決定しました!!

今年度は中小企業向けの補助事業も多く、有効に活用したいですね。^^

昨日は、長良川国際会議場で、ものづくり補助金事業の実施説明会があり・・・、書類整理は相変わらず大変そうですね。(率直なところ。)


ただ、やるからには、しっかりと!成果を上げなければいけないんで、実験も書類整理も頑張ります!!


今回のテーマは、桧ストランドボードの不燃タイプの生産性の効率化、低コスト化です^^
まだまだやることは多いんで、それはそれで楽しみですね。

ちゃくちゃくと将来に向けて土台がしっかりしてきているようで、数年後が楽しみでしかたなく・・・。


ご協力いただいている皆さんにもいい報告ができるよう、

またブログで経過をお知らせします。。(develop)

木材利用ポイントって・・・

  • 2013.05.17 Friday
  • posted by 開発
今年度、林野庁が始める木材利用ポイント。

まだまだ知られていないのでは・・・>w<

簡単に言えば、

エコカーやエコ家電のように、買うとポイントがついてきますよってのですね^^
それで、そのポイントで商品券や地域の特産物などなどに交換できる。

これの木バージョンですね*^u^*

木と言っても、海外で非合法的に伐採された木を使えばいいというわけではなく、地域の木材を使いましょうというものです。。

たくさん地元の木を使えば・・・、
林業にも貢献できるし、
健全な森林管理にも貢献できるし、
大きな意味では地球温暖化にも役立つ!
はげた山より緑が生い茂った山が一番です!

何より・・・
使っている自分がなんとも言えないいい気持ちになれる!

良いことづくしです^^

国が期待しているのは、木造住宅や木質内装化(かな?)。
ただ、木造住宅は家を買う予定の人、木質内装化はリフォームを考えている人。限定されますよねぇ。
木の製品ももちろんOKです。これはいいかもしれませんね。簡単に大きな費用がかからず手に入れられる。


エスウッドの内装材も忘れずに。とてもきれいですし、落ち着きます。
ただいま、材料登録、真っ最中!^^!


エスウッド化粧材を使って、ポイントゲットです!!!


まずはサイトにですね。。よろしければ見てくださいね(木材利用ポイントとは?)
http://mokuzai-points.jp/index.html

またしばらくして経過を報告します!。(develop)

茶がらの再利用

  • 2013.05.09 Thursday
  • posted by 開発
連休明け・・・

伊藤園さんより茶がらが届きました。まだちょっと凍ってますね。
いつもありがたいばかりです^^

P1040250.JPG

エスウッドでも茶がらの再利用に向けて、ちゃくちゃくと前進しています!

茶がらについていろいろ調べたり、伊藤園さんからいろいろ教えてもらっていると・・・

ますます内装用高機能ボードが見えてきそうです^^

これは楽しみ!!

ただ単にボード化するだけでなく、いかにエネルギーを余計に使わず、作るかそこがポイントですね^^

ちなみにですが、
茶葉配合ボードの写真です。↓

P1040253.JPG

今年度はどんどん性能評価試験をして・・・

年末までにいいデータを集めて・・・整理して・・・

来年度以降の飛躍に期待してます!^^
(develop)

木材学会誌に掲載されました。

  • 2013.04.10 Wednesday
  • posted by 開発
一時、サーバーの関係でブログが休止してましたが、復活です!

復活後、最初の話題は、木材学会誌です^^


木材学会誌の59巻2号にエスウッドでも取り組んでいる研究が掲載されました!

森林総研・複合化研究室の高麗さんのアイデアで一緒に進めてきた研究でいい成果が挙がっています!^^!
投稿者は、高麗さんと角田社長、僕の3人です。

P1040197.JPG

研究テーマは・・・

「高含水率のパーティクルからボードを製造するための高周波空気噴射プレスの開発」

一言でまとめると・・

エネルギー消費量を抑えた省エネルギー型のプレス技術の開発です^^


まだまだ実用化に向けて、機器の改良やデータ分析が必要ですが、着々と前進してますね。
国内特許もただいま取得に向けて申請中です!!

ご興味のあるかた、資料などご希望のかたはぜひご連絡を^^
資料をお渡ししますので。
(develop)

難燃剤のリスクマネジメント

  • 2013.03.29 Friday
  • posted by 開発
東京駅近くにある東京国際フォーラムに行ってきました!

とてもおもしろい空間で。
びっくりでした。

ちょうどどこかの大学か何かの卒業式で若者でにぎわってましたね。^^

P1040135.JPG

立派な国際フォーラムでこの日行われたのが・・・

「難燃剤とその代替物質のリスク」に関するワークショップでした!同時通訳付き!


P1040139.JPG

エスウッドでも桧ストランドボードの不燃タイプ&準不燃タイプの開発に力を入れていて使っていますが、
もっともっと一般的なものにもたくさん使われているんですね。^^

テレビ、パソコン等の家電、カーテンや断熱材などなど。

確かに燃えては困りそうなものばかり。


ここで、難燃剤の何が問題かということ。

ヨーロッパでは規定が厳しく、使用が制限されたり、使用できなくなったりするものが増えているそうで、

工場での生産や製品の加工中・・・
製品の使用中・・・
そして、ごみとして廃棄した後・・・
こうした中で有害な成分が、室内などの空気中にでたり、水に溶けだして海の魚や野菜とかに蓄積されてしまう。

ということは、

まわりまわって、結局、人の健康に悪影響になるんですね。


どうすればいいか?

建物が燃えてもいいから、難燃剤を使わない。これ、確実ですね!
でも、ひとはそうしないんですよね。

ひとの安全を守る。経済的な側面が気になる。


だからこそ、これまでの違うより安全な代替物質が必要であり、そのリスク検証が今大事になっています!
世界的にもまだまだ発展途上の研究分野のように思いました。。。(素人ながらにすいません。)

近い将来、ヨーロッパで規制されている物質は日本でも使えなくなります。(早くそうあってほしい。)
例えば・・・臭素系難燃剤などが厳しくなりつつありそうです。


ただ、
今、エスウッドの準不燃タイプに使われている難燃剤はまったくの別物ですので大丈夫です!
皆さん、ご安心を。^^
僕も一安心です。

もっともっと幅広く勉強しないといけないな、と思うばかりでした^
(develop)

山の大切さ

  • 2013.03.07 Thursday
  • posted by 開発
4日、岐阜の美山に行ってきました!

名前の由来もわかりませんが、美山というだけあり、美しい山々が連なっています^^
天気は晴れ!
真っ青な空!

気持ちよかったですねぇ^^

P1040107.JPG


この日は、角田さんの良き知り合いでもある中原林業の中原さんに「山の資源」をアグレッシブにレクチャーしてもらいました!!
森の贈り物研究会の花岡先生もご一緒です^^(ありがたいですね。)

そして角田さんもあわせて、みなさんパワフルでしてた!!

P1040109.JPG


林業の難しさはよく耳にします。
ただ、それを全く感じさせない溢れるパワーを中原さんからは感じましたし、しっかりとした山の管理がされていました。。


山を持続可能に育てるのに一番大事なのは、、、

木の年輪は必ず1年に1つずつ増えるということ。
そして樹高も太さも大きくなっていく。

だからこそ、20年や30年のスパンで考えるのではなく、もっともっと長いスパンでの育成プランが必要ということです。


人も同じですね。
いまのひとはすぐに結果を求めるところがあるかなと思います。欲がでちゃうんですかね。
もっと長い目で見て、どうなるか、それを見定めないといけないなと思うことがよくあります。^^

P1040095.JPG


話は戻りますが、

山に入ると、僕のコルトでは登れないような狭くて急な林道が続きます。
よく作ったなぁと感心するばかりで・・・

少しばかり林道のぼり^^

P1040091.JPG

けど林道は大事です。これがなければ山から木を持ち出すことができない。
林道づくりは自然との共存、そのための細かい技術、ノウハウが詰まってます。

現地の山、自然を知らなければできないことですね^^。(かっこいい!)


しかし!

今、山を深く考えず、山を知ろうとせずに、外から来た企業が山を資源の乏しいものにしているそうです。たった今、木という資源がほしいという、その欲求だけでどんどん伐採し・・・。

中原さんいわく、

数十年後の今豊かな岐阜の山は荒廃するだろう


とのことでした。


どうすればいいんだろう?
ひとりひとりが何かできることはあるのかな?

難しいです・・・(develop)

いじめ、暴力に対応できる建築

  • 2013.02.27 Wednesday
  • posted by 開発
今日の話題は、建築でいじめ対策!?

です^o^

昨夜、古館さんがでている○○ステーションを見ていると・・・

なにやら、見覚えのある風景が!


ここは!


これまでにも何回か訪れたことのある福井市立安居中学校。
HPはこちら↓

http://www.fukui-city.ed.jp/ago-j/

まわりは山々に囲まれ、自然がたくさん!

何より校舎内がオープンで、教室ごとの区分けがない!
設計士さんと話したことがありますが、新たな教育形態、新たな建築!新しい試みですね!^^!

おもしろい!


そしてそして、何より

安居中学校さんの内装材には桧ストランドボードがきれいに使われています!^^!

準不燃ストランドボードもたくさん使ってもらっていますね!^^!
(僕が撮った写真を↓)

P1030834.JPG

P1030803.JPG

P1030828.JPG


昨日の○○ステーションの紹介では、

オープンな間取りになっていることで、先生方の目が届きやすく、生徒さん同士も誰が何をやっているのか、すぐにわかるとのこと。
こそこそ隠れて何かやったりすることができないみたいですね^^

しかも自分の教室に先生が来るのはなく、生徒さん達が教室を移動する。
だから、休み時間中も生徒さんたちがいたるところで動き回る。

あとは、

掲示スペースが多いのも特徴ですね。(→上の写真:桧ストランドボード掲示板タイプです!^^)


掲示スペースには自分たちで作ったものや情報を貼り付けていきます。
もちろん先生たちもいろいろな情報を掲示していきます。

それらを自主的に「確認して」、「考えて」、「行動する」、そんな学校なのかなと僕は思っています^^
先生や大人に言われて行動するというのは、簡単だけど、こういう意識は小学生、中学生から植えつけたいですね。


福井県は教育にとてもとても熱心で、設計士さんとともに研究されています。

今、ニュースではいじめ、体罰や暴力、暴言みたいな悲しい話が多く、残念です><

時代の変化とともに、少しずつ指導の方法も変えないといけないと思っています(中学校でサッカーの指導をしているひとりとして・・・)。
ただ、それだけではなく、そうした社会問題に対して、建築というアプローチのしかたもひとつの手立てになるのではと改めて思いましたね。


先進的な取り組みに関心しながらも、

その現場にエスウッドの材が使われ、活躍していることをうれしく思いながら、

昨日は眠りにつきました^^zzz
(develop)

ローカリストとして生きる覚悟

  • 2013.02.04 Monday
  • posted by 開発
先月末、岐阜駅前の岐阜大サテライトキャンパスで、圧倒される題目の講演を聞いてきました^^

タイトルは・・・「ローカリストとして生きる覚悟」


聞いただけでかっこいい!
こういう芯が通ったこと、好きですね^o^
その覚悟をもって生き、それを講演するほどのお話しなので、期待を膨らませ行ってきました!

講演者は、、、
東日本大震災でも被災地となった石巻、女川地域を拠点とする石巻日日新聞社社長の近江弘一さん。


講演は、近江さんの若かりし頃から今に至るまでの経験、下した判断、行動などなど多岐にわたり・・・


中でも印象深かったのは。

「目指すべきは地域に活かされる企業づくり」
「はるか遠い未来への目標づくり」
「目標に向かうためにいますべきことへの固い信念と行動」
・・・

やれることの違い・大きさはあるにしても、僕も小さなことからやらねば!と思いましたね。


近江さんは、阪神大震災、同時多発テロ、リーマンショックそして東日本大震災。
大きな災害、事故のたびに、大きな影響を受け、いきづまったそうです。
それでも、何かを感じ、生き延びてきた。

グローバルな社会でその風潮に沿うように会社も大きくしてきた。そんな中で起きた9.11。
会社は大きな打撃を受け、グローバル化への考え方のターニングポイントになったそうです。

居住する地域を飛び越えて、世界だけを見据え、飛びまわり、1カ月のうち、どれだけ家に地域にいるのか。

あわただしく、ビジネスに打ち込んで積み重ねたもの、自分とは関係のないところで起きた9.11で、ゼロになってしまいました。

そうなったとき、ローカリストとしての断固たる覚悟ができたのではと思いました。
日日新聞は、先代から続いている創立100年の会社。他地域のことは書かないそうです。自分たちの地域、そこのちっちゃな出来事を記事にする。

僕もビジネスで世界にいけば、世界で飛び回ればかっこいいというわけではないと思っています。

数年前、僕が中国で働いていることに対して、すごいなとかかっこいいなと言う人がいるんです。
けど、それだけで判断するのはおかしいと思うばかりでした。

今いる地域、慣れしたしんだ地域、育ててくれた地域・・・
地域には、毎日通う会社・学校があり、遊ぶ場所があり、家族がいて、友達がいて・・・
そこを大事にしていかないといけないなと強く強く思いました。

とてもとても勉強になりました^^

解釈の違いや言葉たらずの部分もあるかと思いますが、
岐阜で生きる覚悟を改めて強くもった日になりましたね!

ありがとうございました!!(develop)


大和ハウスさんを訪ね。

  • 2013.01.17 Thursday
  • posted by 開発
昨日、大和ハウスさんの商談会にいってきました^^
岐阜支店は、昨年リニューアルしたばかりで、とてもきれいでした。

P1030972.JPG

商談会は・・・

持ち時間は40分程度でしたが、楽しくと言ってはなんですが、とても勉強になる充実した時間でした!

大和ハウスさんは皆さんご存知のとおり、「スマートハウス」という独自の戸建を売り出していますよね。CMでも見る機会があるような...。
ただ、それ以外にもいろいろな取り組みをしているのが今回新たな発見でしたねぇ。


大手の住宅メーカーさんがどんなことを考えているのか・・・、
何を求めているのか・・・、

そんな話をじかに聞くことができたのが良かったです!^^!


これまで、住宅メーカーというと価格最重要視!

そんなイメージでしたが。(個人の勝手な思いですが。)

そんなスタンスよりも、多少高価格でも何か特化したいいものを!

そんな印象を感じることができました!

総合技術研究所の副所長さんからは、具体的にこんなもの、あんなもの・・・いろいろアドバイスももらえて、今後の開発課題のひとつにしていきたいですね^^


最後に。桧ストランドボードだけでなく、イグサボードや茶葉ボードなどの特徴的な新素材を知ってもらい、興味をもってもらえたのは、うれしさあり、おどろきあり、可能性を実感しつつ、今後につなげていきたいところです!

今年も課題がたくさんあって頑張りがいがありますね!!
(develop)

エコプロダクツ2012に向けて

  • 2012.12.03 Monday
  • posted by 開発
今年もあっという間にこの時期がきましたねぇ。^^

12月13日~15日の3日間、東京ビッグサイトでエコプロダクツ展が行われます!

エスウッドも毎年同様、NPO国産材さんのブースの一部にて参加することになりました!
いつも榎戸材木店の榎戸さんにもお世話になり、ありがたいですね。

昨年度はこんな感じでした↓↓

PC160685.JPG

PC160687.JPG


2012年は・・・

なんといっても、準不燃桧ストランドボード!^^
無垢材とは異なる意匠であり、なおかつ準不燃性能をもち、ここ数カ月の試行錯誤で施工後の品質の安定性がおおきく改善されています!

茶葉ボードは初めて住宅で採用され、新たなスタート!
材料配合を変えることで見た目も変わってくる素材です。

さらに・・・桧ストランドボードのオプションとして、マグネットタイプ・画鋲タイプが登場!
見た目はストランドボードのそのままに、マグネットがついたり、画鋲がこれまでよりも挿しやすい仕様になっています!


今年も挙げだせば、いろいろ開発、改良、改善やってきましたねぇ^^。

どこまで出展できるか、わかりませんが、今年の成果を少しでも多くお見せできればと思っています!

ご興味・ご関心があるかたは、ぜひお越しください!!
NPO・NGOコーナーの「N-10:NPO国産材」です。要注意!!

お待ちしております^^(develop)

「参考までに」
エコプロダクツ2012HP
http://eco-pro.com/eco2012/






先週、オーシカ接着剤講習会に参加してきました!

今年は表題の"木肌の温もり 木目の魅力"という副題に興味をいだき、京都大学農学研究科の仲村匡司先生の講演を聞いてきました。

仲村先生の研究は、ごくごくありふれた木に関する普段の疑問を徹底的に追及したもので、

例えば...

「人はなんで木にあたたかみを感じるのか」
「人はなんで木目調を気に入るのか」
「人はなんで木製グッズや木製おもちゃをかわいいなと感じるのか」

これってそうだなぁと思うんですが、なぜ?と考えたことがない!
そして、これって本当に一般論なの?

そんな投げかけをいろいろな研究データもあわせて、説明いただいたので、とても勉強になりました^^


話が変わりますが、みなさん、木の家って、ぱっといいイメージを持たれる人が多いんじゃないでしょうか?
建物の中には・・・本物の木でなくてもコンクリートなのに木目や節を転写したり、壁用塩ビクロスやタイルとかもたくさんの木目調のシリーズがあると思います。

本物でなくても見た目が木目調だと好まれる。。。

不思議ですねぇ・・・。そして、木材を扱うものとしては、残念ですねぇ・・・。
ただ、現実はそんな傾向があるのかもしれません。


ということは、
ここからは個人の見解ですが。

木の本来の特徴には「あたたかさ」、「香り」、「触り心地」、「調湿性能」などなどたくさんあるのですが、結局のところ、視覚的な木目や節がポイントになるのかなと思いました。

言い方が悪いかもしれませんが、見た目だけの商品(木目調の壁紙など)でも売れるということは、そういうことなのかなと。

言うまでもなく、本物の木は見た目だけでなく、たくさんの良さがあり、こうしたところにも目を向けてほしい!というのが本音です!
特に木質内装といえば、日常的に直接木を感じられ、気をより多く使うことができる住宅部材のひとつです。

ぜひぜひ、木目調の塩ビクロスや建具化粧材に満足するのではなく、本物の木を使ってもらいたいなと感じるばかりですね^^


ここで、ちょっと先生のプレゼンで紹介されたデータを。

木材住宅へのイメージアンケート調査で、明快な違いがでたキーワードは・・・
「落ち着きのある>落ち着きがない」、
「安心な>不安な」、
「美しい>みにくい」、
「あたたかい>つめたい」、
「好きな>嫌いな」、
「きれいな>きたない」

いいですねぇ。。。なんと、気持ちいい!!!

また、住宅供給業者がいだく家のイメージ!ベスト3!!
1位 「癒」
2位 「和」
3位 「健」

これまたいいですねぇ・・・みなさん、木をたくさん使いましょう!^^!
ストランドボードはおすすめです! 次回またこの続きを...
(develop) 
 

建築解体材を使った実験中です。

  • 2012.04.10 Tuesday
  • posted by 開発

昨年度まで実施してきたプロジェクトのフォローで4月も実験中です。

 

・・・・今月で完了かなと思いますね。^^

 

プロジェクトはひと段落し、これからこの技術がどう使われていくのか、そこが大切ですね。

 

話がとびますが、、

今でも震災のがれき処理で右往左往しており、たまにニュースでも見ます。

再利用していくには、がれきの分別も大変な作業だなと思いながら。

現地では、そうしたがれきを使った復興ボードというものが開発されたようで、うまく用途が見つかることを願うばかりです。

 

うちの実験室でもちょうど解体材を使っていて、

共通する部分が少しはあるかなと思いつつ、実験してます^^

どうなんでしょう?

P1030421.JPG

P1030422.JPG

P1030423.JPG

 

解体材はかなり水分をもっているので、通常、エネルギーを使って高温で乾燥しないといけないところ・・・

今やっているのは、その乾燥工程を省略したエコな技術です。^0^

いつかこの技術が使えるようになるといいかなと。

(まだラボレベルですけどね。。)

 

もうしばらくは、報告書と論文のまとめが続き・・・

まとまったら、またブログします^^

(develop)

 

お茶のボードの紹介です。

  • 2012.03.02 Friday
  • posted by 開発

試作で進めてきたお茶のボード。

 

お茶はもともと栄養素が高く、体にはいい!

そんなイメージですが、実際ボードとしては、どうなのか・・・

 

そこは、今後の研究課題です^^

課題があるのは、いいことです^^。

 

今日は、そのお茶ボードがどんな感じなのか・・・・・

 

こんな感じになりました↓↓

P1030281.JPG

緑色の真ん中のボードがお茶です!

なかなかお茶っぽいボードができました。

 

調べた結果、、、

強度は問題なし!

においもあり。ここは大事ですよね。

 

ご興味あるかたは、ぜひエスウッドまで^^よろしくお願いします!

(develop)

ブレンダーができました!

  • 2012.02.23 Thursday
  • posted by 開発

先週、ついにブレンダーができました!^^

ブレンダーは、接着剤を塗布したり、原料を撹拌したりするのに使います。

 

中に羽根をつけました。。↓ こうすることで、より撹拌がよくなると思い。

P1030248.JPG

 

と・・・・・・

 

早速ですが・・・・

置き場所に困ってます。。。段取り悪すぎです・・・><

そろそろ研究室増設計画でも・・・^^  したいですねぇ。

 

ブレンダー自体はコンパクトなんですけど、モーターまであわせると意外に大きい!

とりあえず、現ブレンダーの横にでも置いておきます。

 

ブレンダーを小さくすることで、接着剤の塗布むらやロスを減らすことができそうなのと、原料が小さい場合にはやはり小さいブレンダーがいいかと思います。

 

ブレンダーも何でも万能!ではなくケースバイケースですね。^^

 

こうやって、少しずついいものができていくんですねぇ^^

勉強になります!!(develop)

エコプロダクツ展2011に行ってきます。

  • 2011.12.11 Sunday
  • posted by 開発

今日、岐阜で開催されていた「ぎふ技能フェスティバル」を無事終えることができました。

ご報告はあらためて^^

 

と・・・

今月は早速、次の展示会が迫っています!

 

エコプロダクツ展。。

期間は、来週15日~17日です。

今年もNPO国産材のブースで、榎戸材木店の榎戸さんのご協力を得ながら、参加することになりました。

いつもありがたいですね。^^

 

今年は、本年度、研究開発しながら、施工実績を少しずつ積んできた木質舗装を持っていきます!

ボードメーカーのエスウッドにとっては、新しい分野への大きな一歩^0^

まだまだ開発段階で、改善の余地はたくさんありますが、途中経過をみなさんにも見てもらえればと思っています。

舗装の展示はこんな感じです↓

P1030091.JPG

いろいろ意見がもらえるといいなと思いながら、不安あり楽しみありな感じです。

 

あとは、毎年恒例、特別にボードサンプルを無料配布します!

ここ最近は、少しずつ認知度があがっているなと実感していますが、まだまだこれから。

サンプルの看板作ってみました^^↓

P1030093.JPG

3日間、アグレッシブに頑張ろうと思います!^^

 

みなさん、エコプロに来る時は、一度お立ち寄りください。。(develop)

ぎふ技能フェスティバルに行ってきます。

  • 2011.12.07 Wednesday
  • posted by 開発

今週の10日(土)、11日(日)は、「ぎふ技能フェスティバル」に出展してきます!

場所は、岐阜産業会館。

岐阜県のサイトから↓

http://www.pref.gifu.lg.jp/kensei-unei/kocho-koho/event-calendar/gyoji/roko/ginou-festaH23.html

 

早速ですが・・・チラシです↓

Epson_0061_1.jpg

初めて参加するんですが、家族で楽しめそうなイベントになりそうですね。^^!

 

チラシをみると・・・

ものづくり体験コーナーや

おいしい美食コーナーや

格安販売のコーナーなんかも

あるみたいで・・・

 

出展するだけでなく、見てまわるのもおもしろそうな予感全快です^0^

 

今回の出展のお話は、本年度お世話になっている岐阜県の研究開発財団さんからのお誘いで実現しました!とてもありがたいことで、とてもとても感謝しております。^^

エスウッド単独ではないので、もし来られるかたは、研究開発財団を目指してください!

 

中身ですが、、、

この2日間、何をお見せしよう・・・と考えた結果、

これまでにエスウッドで試作や開発してきたいろいろなボードをどーん^^と出すことにしました。

ちっちゃいサンプルを・・・

少しずつですが・・・。

 

子供が多ければちょっとしたゲーム形式にしてもいいかなと思っています^^

そのあたり臨機応変に。。

まず楽しければ、OKです^^

 

最後に個人的に気になるところを。(関係ないのですが・・・)

瓦割り体験・・・ほんとにできるのか、できたとしても痛いような・・・目指せ10枚!

いすづくり体験・・・簡単にできるなら作ってみたい・・・勉強になります。

高山ラーメン・・・食べたことがないので一度食べてみたい。

 

いろいろありますが、展示会やイベントは、やはり僕にとっては製品のPRの場であり、勉強の場ですね。

また、イベントが無事終わりましたら、ご報告します!(develop)

昨日、福井市安居中学の見学に行ってきました^^

天気は、快晴。名古屋からも車で2時間ちょっとでした。

福井市の中心から、山のほう山のほうにむかい、とても近代的なシンボル的な建物が見えてきました。

最初は、あまりに立派なので、これ学校?って思うほど・・・

P1030032.JPG

 

今回、まだ施工中の物件でしたが、

施工現場に行く機会は少ないのでとても良かったです。

 

何より・・・

福井県には、桧ストランドボードをとても理解し、大事に扱ってくれている顕塾の柳川さんがいらっしゃいます!

安居中も柳川さん設計の物件で、とてもおもしろい間取り、デザイン、桧ストランドボードの使い方をしてくれています^^!

本当にありがたいです。

 

福井ではいろいろな教育活動、新しい試みがなされているようで、

教育と環境という両面からアプローチした学校になるのでは、と思っていました。ほんとにいい取り組みだと思います。^^

もちろん、それだけではないと思いますが・・・

 

桧ストランドボードの写真を少し撮ってきましたので、ぜひご覧ください↓

写真撮影が下手ですいません・・・

P1030016.JPG

P1030023.JPG

P1030019.JPG

P1030026.JPG

今月末、内装も完成のようですので、また完成後、行ってみたいですね。

 

今回の案件でも、たくさんの方のご協力があって教育の場の一内装材として使っていただきました。

とてもとても感謝しています。

これからも、使ってもらって喜んでもらえるものを作っていきたいと思います。!

(develop)

舗装タイルを作ってみました。

  • 2011.09.06 Tuesday
  • posted by 開発

ここ最近、実験室のことを書いてなかったので、久しぶりに書こうかなと思いました^^

普段は、実験室にいることが多いので、普段ありふれたことでも少し。

 

今日は木質舗装について!

 

去年から取り組んでいる木質舗装も、現場での測定や経過観察が行われ、実用化にむけ、

少しずつ少しずつ・・・

前進してます。

 

今週実験室では、同じ技術で舗装タイルを試作してみました^^!

はじめてなので、さわる程度でしたが・・・

まさに子供の泥んこ遊びのような気配も・・・>o<

 

ラボレベルのトライなので、ちっちゃなカップで、

材料を変えてみたり、、

配合を変えてみたり、、

混ぜ方変えてみたり、、

いろいろやってみました。。

P1020919.JPG

 

P1020914.JPG

あまりきれいに撮れてませんが・・・

 

今日見たら、とりあえず固まってました!^^(当たり前ですが、、、少しうれしい・・・。)

次回は、もう少し製品に近づけるようなトライをしてみようと思います!

楽しみですねー^^(develop)

つかさのまち夢プロジェクトのプラン

  • 2011.08.30 Tuesday
  • posted by 開発

週末、岐阜の長良川国際会議場に行ってきました。

岐阜のメモリアルセンターの隣です!

 

内容は、、、

岐阜市内の岐阜大学医学部跡地に計画されている「つかさのまち夢プロジェクト」のプレゼンと、パネルディスカッション。

話し手は、建築家の伊東豊雄さんでした。

P8270594.JPG

画像、ぶれててすいません。。

 

基本設計のプレゼンだったので、どんな材料、どんな素材といった具体的なところまでは、話しにあがりませんでした・・・残念>0<

 

エスウッドとしても、

僕個人的にも、

そこに興味があったのですが・・・

 

ただ、建築そのものはやはりおもしろいなぁと感じました。素人ながら・・・

P8270577.JPG

 

聞いていて、環境計画のところと、屋根の構造のあたり、特に力が入っているようでした。

長良川の地下水を使ったエネルギーシステム、

自然採光の取り入れ、

自然換気の効率化、

今の時代、こういうのは大事そうですね。。

P8270583.JPG

 

それと、屋根構造↓

薄手の材を網目のように、組み合わせていて、おもしろいです!

もちろん、木!

P8270590.JPG

 

何より、

このプランには、地元の小学生のアイデアも組み込まれているようで、

伊東豊雄さんも子供の奇抜なアイデアに、わくわくどきどきでしたと言ってました^^

 

新人の若手社員よりも、子供のほうがおもしろいアイデアがでてくると・・・

自分もなるほどなぁと思いながら、聞き入ってましたね。

 

エスウッドの桧ストランドボードも使ってもらいたいなぁと願いつつ・・・

建物ができるのも楽しみにしつつ・・・

今日もエスウッドの実験室で頑張ります^^

(develop)

間伐材コンクールで得られたもの。

  • 2011.08.23 Tuesday
  • posted by 開発

20日、21日の2日間、新宿御苑にて、グリーンチャレンジのつどい2011が開催されました!

今回は、その中の間伐材利用コンクールに参加してきました。。

 

新宿御苑のなかは、芝生がすごくきれいで、涼しかったせいか、赤とんぼがたくさん飛んでました^^

苑内では、ゆったりと時間が流れていて、気持ちよかったですね^^。。

P1020888.JPG

 

当日は、雨だったんですが、昼を過ぎるとたくさんの人が立ち寄ってました。

昼からはメインステージでライブ、トークショー、おどりなどなど・・・

P1020905.JPG

やなばらわーがよかったです^^

 

さて、、、

 

間伐材コンクールのほうは、40作品くらいの応募があり、

残念ながら、

林野庁長官賞はとれず・・・

 

桧ストランドボードというとてもすてきな素材をアピールしきれなかった感が残り、残念でした>o<

P1020889.JPG

 

一般のかたが投票するようなイベントで大事なことは、

一般のひとが欲しがるものやちょっと変わったものを展示するのが、好印象をもたれるようです。

なので、普段の生活で使ってみたいなと思うものは、票をのばしていたかもしれませんね。

 

木を使った小物や家具とか・・・

 

今回、桧ストランドボードの掲示板パネルと書架を準備して、個人的には、素材をPRするには、とてもいいものができたなと思っています!(帝国器材さん、ありがとうございます!)

ただ、それだけで必ずしもベストなことかどうかは別物なのかなと思いました。

 

当たり前のことですが、作り手が作りだすものと使い手が求めるものがあり、

それらを近づけないとうまくいかないなと、感じました。

 

せっかく、現地でいろいろ立ち会えたので、、、

これを普段の仕事にいかに落とし込めるか

・・・これからそれが大事ですね。(develop)

研究ノートがいい思い出です。

  • 2011.07.06 Wednesday
  • posted by 開発

いつもパソコンの横に置いてある研究ノート。

名前ほど立派なものではないけれど、これまでの研究のいろいろなことが書かれてあります。

 

なぜか、Campusの青に変なこだわりがあり^^(青好きですね。。)

けどこういうこだわりはせっかくなので続けたいですねぇ^^

P1020771.JPG

一番最初の日付は、2008年1月31日。

気がつけば、3年ちょっとで10冊超えです。^^

達成感ではないけれど、なんか少しうれしいですね。

 

特に苦労して書いているわけでもなく、日々の実験内容や計算根拠、打ち合わせの議事録、時には気になった言葉などなどが詰まっています。。

 

一番最初のころのノートを少し見返すと、この3年で、ノートの書き方も変わったなぁと感じます。

 

別に何冊目標とかいうのではなく、20冊、30冊となったときに、どんな思いでこのノートを見ているのか、ちょっと楽しみですね。。(develop)

意外なものが好評でした。

  • 2011.06.14 Tuesday
  • posted by 開発

新宿のグリリバ2011のつづきです。

今年の目玉は、なんといっても、うちわ!(特別なものではないですが・・・)

夏本番を間近に、定番のエコ商品。

桧やいぐさのうちわは、その香りが特徴です!^^

 

手に持って、試しにあおいでみた人は、100人くらいはいたかもしれないですね。

ほんとに多かった・・・

これは、うれしかったですねぇ^^まさに予測通り!!

 

これとは逆に予想外のこともひとつ。。。

よく値札とかを挿すネームプレートのようなもの。(正式名称がわかりません・・・>o<)

これです↓

P1020736.JPG

 

P1020737.JPGのサムネール画像

 

製作も簡単!いたってシンプル!

これが、意外に好評。

えっ、こんなものが・・・と思いましたが、どうしても欲しいと。

意外な発見でしたね。^^

自然のもの、プラスエスウッドの意匠性が気に入ってもらえたのかなと思ってます。。

(develop)

6月4日と5日、毎年、新宿で行われる「グリーンリバーアート」に出展してきました。

新宿西口のイベントコーナーで行われるのは今年で3年連続。

エスウッドも3年連続の出場です!^^!

P1020698.JPG

そして、今年から、グリリバと言うようにしています。面倒なので・・・。

 

グリリバは、一般のお客さんとやりとりをするので、とても楽しいです。

いろいろ話ができるし、レジうちも接客みたいな感じで、おもしろいですね。

商品の説明をするのに、グリリバ事務局の方々や榎戸材木店の榎戸さんに教えてもらいながら、不慣れながら、なんとかやりきりました!

 

今年の目玉は、榎戸さんが持参した屋久杉の端材。

特に何に使うということもなく、にも関わらず、そのネームバリューと物珍しさで、ばしばしさばけました!!値段も2個100円。破格ですね、これは。

 

イベント中、教わったことですが、、、

屋久杉は、台風等の自然災害で倒れてしまった木だけを山からもってきて製材するそうです。確かにそうかな...と思いました。

屋久杉は、屋久島で何百年、何千年とかけて育った木。だから貴重で。

そんな木を人の手で、どんどん切ってしまっては屋久島は、あっという間にはげてしまうなと。

 

だから、今回の2日間は、お客さんとの話題は屋久杉や屋久島の話がとても多く、僕も10年ぶりに行きたくなりました。

けっこう、行ったことがある人が多いんですよね、屋久島。

年配のかたでも、縄文杉まで登ったみたいな・・・。こりゃ、負けれられませんね。

 

うちからも、いぐさやひのきのうちわを新作で出展。それと掲示板。もちろん、素材としても出展しました!

うちわは、お手頃感をおしだして、柄や骨組みをあえてつけず、イグサボードや桧ストランドボードを薄くし、丸く加工して、販売しました。

結果、いぐさのうちわが大ヒット!2日間、すごく暑くはなかったですが、コンスタントに売れました。

珍しいですからねぇ。とりあえず、良かったです。

 

イベント自体は、今年も大盛況!

ちらっと、立ち寄って、珍しい小物を少し買って帰るには、ちょうどいいイベントだなとつくづく思います。

小物を作るワークショップも小さなお子さん連れには、すごく楽しめるし、年配のかたも興味深く、立ち寄ってくれます。中には、エスウッドのボードを素材として、ほめてくれるひともいますし。

終わってから、やってよかったと思えました。。

 

最後に。

今年は、震災の影響もあって、イベントを開催するかどうか、微妙だったみたいです。

ただ、良く言いますが、こんなときだからこそ、やらねば!と、立ち上がり、例年通り開催し、そして僕的には大成功だったと思っています。

経済も政治もまだまだ混乱の渦のなかという感じですが、市民レベルのなかで、こうした活動を続けるのは、とても大事なことだなと思いました。

出展させていただき、感謝感謝です。。^^

(develop)

P1020695.JPG

P1020699.JPG

 

3月11日 3話 エコひい木展示会と・・・

  • 2011.03.30 Wednesday
  • posted by 開発

午前中の発表会が終わった後、品川で開催されていた「エコひい木大作戦」に行ってきました!

23年度より、港区が国産材を積極的に利用していこうということで、3/9日?19日の期間、展示会が実施されていました。

まずは、公共建築物への活用がメインとなりそうです。

 

ここに着く直前に、東日本大地震が起こり、少しパニック状態のまま、会場入り。。

会場は、人気がなく・・・

P1020494.JPG

 

ここでは、たくさんの木製品が並び、、、

その中に、桧ストランドボードも展示させていただきました!^^

P1020496.JPG

 

スペースは、それほど大きくありませんが、かなり凝ったおもしろい空間演出がされてましたね。^^

P1020501.JPG

P1020499.JPG

P1020516.JPG

木の暖かさと香りで、少しのあいだ、とても気持ちの良い、静かな時間を過ごせました。

しかも、人気がなく、ゆったり見ることができました。

 

あとは、かわいい小物も多かったですね。(勉強になります!)

P1020505.JPG

P1020508.JPG

 

会場をあとにすると、地震の影響、さらには余震で、あたりは混乱した感じで・・・

少しでも広いところに逃げようと、広場は、人でいっぱいでした。

 

品川駅に近づくほど、人が多くなり、駅前も駅の中も混乱した状況で、改札口前のテレビでは、ちょうど大津波が建物や橋、田畑・・・をことごとく、のみ込んでいく中継が流れていました・・・。

このときは、ただただ、茫然とみるだけで、足がそこから動きませんでした。。

(develop) →4話へ

3月11日 2話 新製品開発報告会

  • 2011.03.23 Wednesday
  • posted by 開発

11日、新木場にある木材会館(まだできたばかりです^^)で、今年度実施してきた「マンション内装材の新製品開発」の報告発表会がありました!

 

空も青く、太陽の光がまぶしいくらい、良い天気^^!

↓木材会館の外観です。。

P1020479.JPG

 

初めて、中に入ったのですが、これがまた凝ったつくりで・・・。

なんか部屋が入り組んでいる感じです。

だけど、やっぱり最初の印象はすごいなと感じさせられました。

P1020481.JPG

 

発表会の会場は、とても広く、ここまでくると、気が引き締まり・・・。

この日も、生活研の長谷川さんが来てくださり、とてもありがたかったです。

P1020486.JPG

普段、あまり緊張しないのですが、、、

久しぶりに緊張しました^^これも良い経験です。

 

プレゼンが終わると、、早速、質疑。

評価委員のかたや参加者の方々から、貴重なご感想、ご質問をいただきました!!

 

質問が集中したのは、やはり、桧ストランドボード自身の質問が多かったですね。

設計や教育現場、実際に使っているひとがどう感じているのか?

木材製品としての木材らしさ、木質感といった判断基準のようなものは?

・・・・・

 

なかなか数値では表せない感覚的な質問内容が多かったように思います。

これもすごくありがたいご意見です。

いずれまた、何かの機会にアンケートで、一般の人がどう感じるのか、、聞いてみるのが一番いいのかなと思いました。

 

無垢材とは違う意匠であり、桧ストランドボードへの関心はとても高く、昼休みの時間に入ったあとも何人のかたとRSBをねたに話しができました!

新しい情報やまた別件で今後の研究課題になりそうなお話も、参加者のかたがたから聞けることができ、とてもとても、濃いぃぃ時間でした^0^

 

この日は、午前中で関連する発表が終わり、午後最初のプレゼンだけを聞いて、品川のほうに行くことに・・・。

ちょうど、午後一番のプレゼンは、耐震をテーマにした製品開発の内容で、しかも宮城のかたでした。。。

来年度早々にでも、製品化、販売を目指すと言っていたのに・・・

 

そのときは、まだ平穏ないつも通りの風景でした。。。

(develop)  →3話へ

3月11日 1話 建材展見学

  • 2011.03.16 Wednesday
  • posted by 開発

あの日は、ちょうど東京出張でした。

11日の「22年度マンション内装材の新製品開発成果報告会」のため、前日10日から東京入りしました。

 

まさかあんな事態になるとも思わず・・・

10日は、いつも通り、会社に出勤。午前にひとつ打ち合わせし、午後から東京へ。

 

10日は、ビッグサイトでちょうど建材展が開催されていて、岐阜県生活技術研究所の長谷川さんと一緒に見て回りました。

ビッグサイトでは、その他にも展示会が行われていて、人だくさん。。。

P1020477.JPG

招待券などがなく、仕方なく、チケット売り場で並んでいると、一人の男性が・・。

なんと!

チケットをくれました。おかげで1500円うきました!なんと、運がいい。そのときはただただ、そう思ってうかれてました。。。v^^v

 

建材展のほうも、収穫があり、ありがたいことに、ちょうど今年の国産材コーナーは、不燃や耐火、塗料関連のブースが多く。

今、エスウッドが取り組んでいる課題、まさに合致!!

その他でも価格は横においといて、おもしろい製品や技術ばかりです^^。

P1020475.JPG

P1020474.JPG

長谷川さんに誘われ、行くことにしたんですが、とてもよかったです。感謝、感謝です。

長谷川さん、ありがとうございます!

 

そういえば、話しが全然変わるのですが、

建材展手前のところで、セイシンエココーポレーションの奥田社長にも、偶然、ほんとに偶然でくわした。こういう経験は少ないので、あるんだなぁと感じつつ・・・近況報告や世間話できたのも、久しぶりに会ったこともあり、気持ち良かったです。

 

と、10日はいいことづくめでした。(develop)  ...2話へ

準不燃ストランドボード 目標達成!

  • 2011.02.21 Monday
  • posted by 開発

祝!祝!祝!

ヒノキストランドボードが準不燃材料レベルに到達!^^ ついに!

 

今年度は、性能だけでなく、生産効率も重視しながら、いろいろ取り組んできました。

そして、それ以外にも・・・

表面の見栄え、

ひびや割れの有無、

白化現象の有無、、、、、、、、も大事。

 

あれをとると、こちらはダメ、また別の何かをとると、また違う何かがだめ。

それの繰り返しでした。

それが、ようやく合格!頑張って受験に合格したみたいな気分ですね^^この時期だと。。

 

試験結果の用紙が送られてくる封筒を切る、ドキドキ感。

封を切って、用紙の真ん中より下側に記載されている合否を見るまで・・・頼むーって感じでした^^

 

一番悩んだのは、生産性を重視しすぎると、どうしても性能や見栄えなどが落ちると言うこと。

生産のほうで、コストに乗るある程度の妥協点を見い出し、昨年暮れくらいにようやくゴールが見えはじめ・・・

 

今月、ついに合格です。。!^^

 

今後は、大臣認定取得。聞くところによると、最近は、認定取得がかなり厳しいようで、これまた、すんなりいくかどうか。

また新たな課題が出てくる可能性もありますね。

けど、またその時は、課題クリアを目指し、みんなで知恵を出し合います!

(develop)

難燃剤浸漬の様子です↓ 浸透剤の泡がたくさん。

P1020448.JPG

P1020444.JPG

 

小さなこともコツがある。

  • 2011.02.04 Friday
  • posted by 開発

画鋲をつくる!?

ぜんぜん、関係ないように思いますが・・・、

数日前、実験室では画鋲を作っていました。

 

なぜ、画鋲かというと、実はヒノキストランドボードにどれだけ画鋲がささるか、実験をするため小道具です^^

ヒノキストランドボードは、内装材兼掲示板。掲示板となると、刺すのにどの程度の力が必要になるか、データとりをしておく必要と考えたのが、始まりです。。

 

市販の画鋲でもいいんですが、試験器具への取り付けが不可能・・・

というわけで、作ってみました!

 

画鋲なんて、なんてことない!細い針金のようなもの?を買ってきて削ればOK!

そんな気持ちだったんですが、うまく作るには、職人ならではのコツがいりました。

もちろん、画鋲なんて、普通作らないですけどね^^

 

これも実験室ならではです。。

 

こんなにまじまじと画鋲を観察したのは初めてなのですが、

画鋲の先は、とがっているというよりは、意外に少し丸くなっており、新しいちっちゃな発見でした!^^

怪我をしないよう工夫されてるんですね。

 

画鋲をつくるのは、先の部分をどううまく作るか、そこにつきます。。

やすりで手で削ればいいかなと思ってやりましたが、どうも削る角度がアンバランス・・・。

 

やはりここは職人の出番です!

 

職人は、小型サンダーとインパクトドライバーをひっぱり出してきて、ものの30秒で仕上げちゃいました。手で何分もかかったのに・・・

職人、さすがです!^^

P1020438.JPG

ものづくりには、道具が命!

そして、道具を使いこなす経験も必要です。

P1020434.JPG

P1020439.JPG

簡単に思えることも、やり方ひとつで全く違うものができるんだなと、改めて思った日でした。(develop)

 

準不燃ストランドボードも大詰め。

  • 2011.01.28 Friday
  • posted by 開発

準不燃ストランドボードの改良もおおづめです!

まだ、満足できない部分もあって、もう少し時間が必要ですが、なんとか、ゴールが見えてきました!^^

 

そう、マラソンに例えれば、40km地点。ラストもうひと踏ん張りです!

 

製品化するにあたっては、難燃性能だけでなく、表面の見栄えはもちろん、ボードの反りやヒビなどの損傷がないかどうかの確認も必要です。(→これだけではないのですが・・・)

 

うちの実験室には、特別、専用の機械があまりないので、簡易バージョンを作りました!

ほんとに簡易の・・・。。

開発中の試験ってかんじです^^(↓装置の設置途中)

P1020431.JPG

そして、難燃処理は、処理を始めると、ただただ待つばかり^ε^

準不燃ボード開発という今年度の目標達成に向けて、期待とまだまだ不安がつのる毎日です。。

(develop)

Tokyo-igusa 新年会です。

  • 2011.01.14 Friday
  • posted by 開発

新年が明けて、あっという間に2週間が過ぎてしまいました・・・、早すぎ!!

毎月、月末になると、今月何やってたのかなーと思うくらい、毎月毎月があっという間に過ぎちゃいます。

 

昨日は、Tokyo-igusaの今年最初のミーティングで、1日東京でした。

最近は、僕も毎月のミーティングに参加させてもらっていて、ようやく、Tokyo-igusaの中身がつかめてきたかなと。

 

東京のダイヒットカンパニーさんは、おもしろい人ばかりで、ミーティングも楽しみつつ・・・

けど、しっかりと目標の設定や中身の試行錯誤を深くふかーく追い求めています。。^^

 

夜は近くの中華料理屋さんで、新年会(?)をしました!。。

 

ダイヒットカンパニー&エスウッド間では、、、

上海ネタがつきないので、中華料理、プラス上海ネタ、カケル理事長角田さんの中国語で大盛り上がり!!!

新年早々(?)、すごく楽しかったです^^!

ちなみに、昨日行った、「来来」っていう、中華料理屋さん。

すごくおいしいです!

特に餃子!

絶品です!!

JR浅草橋駅から徒歩10分。みなさん探してみてください^^(develop)

CA390184.JPGのサムネール画像

CA390185.JPG

 

 

 

先週の9日?11日の3日間、ビッグサイトで毎年恒例となったエコプロダクツ展に行ってきました。

 

3日間とも、天候に恵まれ、12月にしては暖かいなか、毎年ながら盛大なイベントでした!

エスウッドは今年もNPO国産材の榎戸さんのご協力で、国産材ブースの一角(?)いや、半分を使わせてもらい、とても有意義なプレゼンができました。^^

 

今年は、同じNPO国産材の岡本さんが、とてもわかりやすいポスターを作成してくれたので、僕も負けじとストランドボードのポスターをどどーんと作ってみました。

かなり素人感がでてしまいましたが、ブースに立ち寄ってくれたひとへの説明のときには、少しは役立ったかなと思います^^!

 

今年の目玉は、なんといっても、木質舗装。

サンプルがしっかり用意できなかったのが、悔いが残りますが、小さなサンプルとポスターで、かなりPRできたんじゃないかなと・・・

 

あとは、毎年、人気No1のイグサボード。

持って行ったサンプル100枚は、飛ぶようになくなりました。途中から、出し控えないとまずいくらい。

 

エコプロは、毎年、おもしろいネタや新しい発見が、たくさん眠っているので、見て回るのもとても楽しいです^^ 3?4時間はあっという間。

逆にいうと、ほぼタダで1日満喫できます!

 

また、ぜひ来年も参加したいですねー。

今年の成果は、おいおいまた報告します!(develop)

PC100371.JPG

PC110374.JPG

PC100370.JPG

店産店消の気持ち

  • 2010.12.01 Wednesday
  • posted by 開発

つい最近、ラジオで店産店消の紹介をしていました。。

思わず、耳をかたむけ、聞きいってました。

 

地産地消はよく聞きますが、店産店消って・・・

 

ざくっと言うと、字の通り、お店で作り、その場で売り、新鮮な状態でお客さんに渡すというのが主旨。

紹介されていたのは、野菜をその場でつくって、その野菜を使って、料理し、新鮮な食を楽しんでもらおうというもの。つい10分前まで、土に植わっていた野菜だから、すごく、新鮮。みずみずしく、しゃきしゃき・・・

 

と、あまりエスウッドと関係ないのですが、やはり作りたて、新鮮なものはいいですよね。

うちのいぐさも新鮮な状態でお客さんのところに届けられるといいなと・・・^^

 

というわけで、少し前ですが、イグサボードを真空パックで詰めてみました↓

(この写真をまさかこんなところで、公開するとは・・)

 

店産店消とは行かずとも、、これならにおいも製造時のまま、堪能できるはず!

3×6のボードを真空詰めするわけにはいきませんがね。

P1020372.JPG

 

ちなみに・・・

「店産店消」と、この字を書くのかどうかは知りません。勝手にラジオを聞きながら、僕がイメージしたものなので。ご了承を。

木のリラクゼーション効果

  • 2010.11.20 Saturday
  • posted by 開発

昨日、名古屋の港湾会館で、オーシカさん主催の接着剤講習会がありました。

接着剤の講習会に参加できるのは、めったにないことなので、参加できてよかったです^^

 

中でも、気になったプレゼンが、いつもお世話になっている高山市の生活技術研究所の高田さんのお話でした。

 

木のイメージって言われるとよくでてくるコトバ。

温かみ

落ち着く

心地よい

...

いろいろでてきますよね。けど、それは、ほとんどが感覚的なもので、なんとなく・・・という感じ。ということも多いですよね。

 

それを、誰にでもわかりやすく評価しよう!という試みがあるそうで、実際にこれまでに実験した例をプレゼンしてくれました!ココは興味深々でした!^^!

 

ここでは、

「誰にでもわかりやすく」ということで、いろいろな因子を最終的に数値化するというのが目的。

 

被験者に一定時間、仕事してもらい(ストレスをかけ)、その後、木の内装材が張られた空間で休息してもらい、それを繰り返すというのが実験方法です。

つまり、、、、

疲れた心身を木内装の部屋がどの程度、癒してくれるのか!単純なアンケートだけでなく、生理的(唾液アミラーゼ、血圧、心電図・・・)に調べるそうです。

 

これって、わかるとすごいいいですよね。

ぜひ、うちのストランドボードで試してもらいたい!と思いました。いい効果がでるような気がします。。

 

プレゼン後、すぐに尋ねました!!

 

しかし、まだ、試験機関のなかでも実験方法や評価方法が定まっておらず、一般の民間企業に対し、試験できるのは、まだ先になるとのこと。。。残念。

 

けれど、こうした公設試さんの努力が、いつか民間にもおちてくるはず。頑張ってください!

 

ボードの物性をみるのも価値はありますが、こうした感覚的なことを評価してくれれば、うちのストランドボードの価値はもっともっとあがるような気がします。。

今後が楽しみです!

(develop)

竹チップを使いました。

  • 2010.11.13 Saturday
  • posted by 開発

今日、竹チップでボードを作りました!

竹チップといっても、細長いものから、粒状の物、粉末に近いものと、形状にかなりばらつきのあるものを今回は、ひっくるめて、チップとして、ボードづくりしました。

 

竹は、とても硬く、古くからいろいろな用途で使われていたようですが、最近は、見る機会も少なくなりました・・・、というか、最近いつ見たかなと思うくらい。

そういえば、足裏で踏むのは、見たような・・・

とにかく、それくらい、竹の使用用途は、プラスチップなどにおさえられてしまっているようです。

 

竹のイメージは、

青々したイメージなのですが、残念ながら、乾燥やプレスで熱を加えていくと、その色がなくなっていきます。ただ完全にはなくなりませんね^^

P1020334.JPG

 

チップの乾燥やプレスあがりには、ほのかな竹のにおいが香ります^^!

こういうとき、自然のものはやっぱりいいなと感じたりします。

においをお伝えできないのが残念>0<

P1020328.JPG

 

竹の活用方法のひとつとして、貢献できれば一番ですが、製品として作り上げるにも、まだまだこれから。開発には・・・時間がかかりますね。。

(develop)

 

昨日は、愛知県弥富市にある浅井合板工場さんに行ってきました。

P1020188.JPG

弥富のあたりは、木材を扱っている会社が多いようで、車で走っていると、右も左も??木材の文字が並んでいます。木材物流の拠点かもしれませんね、あそこは。

 

昨日は、ヒノキストランドボードの難燃処理テストが目的で、難燃剤の塗布とボード乾燥をやってもらいました。

難燃剤の塗布は、ひとりで人力でやろうとすると、時間ばかりかかり効率が悪い。そのうえ、均一に塗れているかどうか、わからない部分が多いのが問題です。

 

そんな感じで困っていたところ、助け舟をだしてくれたのが、丸菱油化工業の高橋さんとTNBの鵜飼さん。ちょうど不燃合板の製造で共通の作業工程を行っている浅井合板さんを紹介してくれました!グッドタイミングです!^^

 

機械はシンプルな構造なのですが、とても理にかなっており、これで生産効率も2倍、3倍・・・、いやもっと良くなりそうです^^ あとは性能・・・ですね。

P1020185.JPG

 

近々、コーンカロリーメーターを通じて、燃焼テストを実施する予定で、これが一発でクリアできれば、最高ですね!

 

御礼・・・

昨日は、高橋さん、鵜飼さんの両氏にも立ち会っていただき、作業のお手伝いいただき、とても助かりました。(日中の暑いなか・・・)

また、浅井合板工場さんには、小量のテストながら、ご対応いただきとてもありがたく感謝感謝です!

(develop)

 

地域材をもっと活用するために。

  • 2010.07.15 Thursday
  • posted by 開発

少し前になりますが、岐阜県がだしていた「地域資源発掘活用プロジェクト事業」に応募したところ、うちの木質内装材のヒノキストランドボード準不燃材料の開発テーマがみごと採択されました!^^

 

これは、とてもうれしいニュースです!

 

地域材の有効活用が目的のこの事業は、とりあえず単年度ですが、しっかりやれば来年度にもつながります。。

最近は、これまで以上に、国産材を活かすための国や県の事業が多くなり、研究開発部としてはうれしくもあり、感謝しながら使わせてもらっています^^v

 

今回テーマに挙げている準不燃材料は、以前にも開発に携わっており、そのときの経験を活かし、さらに良いものができそうな予感です。

今年はヒノキ以外にもいぐさの難燃化にも挑戦するつもりなので、乞うご期待!

(develop)

 

ゲリラ豪雨への秘策か

  • 2010.07.08 Thursday
  • posted by 開発

最近、朝も夜も毎日のようにニュースでとりあげられている感があるゲリラ豪雨。

 

特に今年は東京がひどいようですね。水浸しのまち、車の立ち往生、がけ崩れ・・・

ちなみに今年の岐阜はほとんど無縁の天候です^o^

 

おととい、テレ朝の夜のニュースを見ていたら、東京ではゲリラ豪雨対策として、歩道舗装の質の向上をかかげているようです。

意外なところで豪雨対策ができるんだなと思いつつ。

豪雨対策って、もっと大掛かりなものとばかり思っていたので、驚きでした。

 

そして、すぐ頭によぎったのが「木質舗装」!!これはいけるんじゃないかと。

この時期に木質舗装の開発をスタートできるのは、とても有意義で、ある意味、幸運だなと思いました。

 

原理は、こうです↓

豪雨にあたると、大量の水が舗装→側溝→下水道や河川という順に流れ、ものの数十分もすると河川は氾濫の危機。

そこで、ポイントは「舗装→側溝」。

ここの水の流れを「舗装→地下」にしてしまえば、ちょくで河川に流れていかず、河川流量の増える時間を抑えられるというのが、ねらい。

 

なるほど!と思いながら、ますます木質舗装の開発の重要性がわいてきました^^!

開発をしていけば、これまた、いろいろ課題はあがってくるかもしれませんが、それもまた楽しみですね。

 

今回、何も写真がなくてすいません>o<」 (develop)

犬山祭 お茶会にいってきました。

  • 2010.04.06 Tuesday
  • posted by 開発

週末は、2日間犬山祭に参加させてもらいました。

1日目こそ少し寒かったですが、両日とも快晴で気持ちよかったです^^写真は犬山祭名物の山車(ヤマ)です!迫力ありました。

 P1010873.JPG

 

前の週にブログした、移動式茶室"どうらく庵"

犬山のビッグイベント「犬山祭」のお茶会会場の一角におかしてもらったのですが・・・これが、とてもその雰囲気にあっていて、いつも以上に輝いてました!

P1010903.JPG 

 

メインは、お茶の先生方がお茶をたて、来場された方々が出されたお菓子とお茶をいただく。

その横では、会場の壁にそって、きれいな生け花が飾られており、どうらく庵もお茶会と生け花に負けないくらいみなさんに触れてもらえました。

そして先生がたのご協力もあり、希望のかたにはどうらく庵の中でもお茶を楽しんでもらいました。

どうらく庵のなかでお茶を飲みながら、まわりのイグサボードに目をむけ、それが話題になったり、触ってみたり、香りをかいでみたり・・・、なんか嬉しい気持ちになりました。。目の前でこれいいねーってたくさんの方が思ってくれたのがとてもよかったです。

 

僕もはじめて、目の前でお茶をたててもらい、茶道の基礎中の基礎を勉強することができました。なんといってもお菓子がおいしかった^^たてていただいたお茶も苦くなく、飲みやすかったです。

大満足!!!

 

今回の一番の成果は、たくさんの方に見てもらえたことかなと思います。まずは知ってもらえた。

そして、何より茶道という落ち着いた雰囲気に、すごくマッチして想像以上に輝きをはなってくれるということがわかりました!(develop

P1010901.JPG

P1010888.JPG

 

公共施設の木造化で森林再生をめざす

  • 2010.03.10 Wednesday
  • posted by 開発

先週、公共施設木造化の研修会に参加してきました。

今回は研修のほとんどが建物の構造チェック方法のひとつであるスパン表の使い方のお話。

 

もともと大学は建築出身なので、仕事でも住宅の構造計算をやっていたころもあり、そのころを思い出しながら、聞くことができ、とても勉強になりました。

自分で勉強しよう!って気にならないので、こういう講座は個人的にもとってもありがたいです^^!

 

研修後半は、公共施設の木造化に向けた国や県の動きのお話。

どうやら、民主党に変わってエスウッドにとってさらに追い風が吹きそうな様相です!

かなり!!!

これはチャンスです!よく理事長の角田さんからも今年こそ勝負の年!と耳にすることも・・・。

 

教育施設でエスウッドが花開くのも、もうすぐそこかもしれません。これは、、期待です!

 

話が変わりますが、、、

その研修会のなかで、美濃の道の駅が紹介されてました。最近はとてもユニークな道の駅が多いようです。ちょうど、この前の日曜にその前を通る機会があったので、ふと寄ってみました。

美濃の道の駅は、岐阜県産材を使っていて、何かが日本一らしいです。何かが・・・

ずっと思い出そうと思いながら・・・その何かが思い出せません><

けれど、梁がとても大きく、立派な道の駅でした。

美濃に行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてください。(develop)

P3060039.JPG

P3060049.JPG

 

 

実用技術開発の報告会、そして・・・

  • 2010.03.05 Friday
  • posted by 開発

もう1カ月くらいたちますが、今年度よりスタートした実用技術開発プロジェクトの年度末報告会がありました。

 

場所はとてもとても遠い茨城のつくば市、森林総研です。。。

東京からが遠いんです>o<

 

今年度は、担当されていた実験も順調に進み、無事目標を達成することができました!

実験はたまにブログしてますが、ほとんどがボードを繰り返しつくる作業。

けれど、1枚1枚どんな結果がでるのか、楽しみながら作っています^^

 

当日報告会が終わったあとは、同じプロジェクトのみなさんと1年目が無事に進められたことを祝しておしゃれなお店に行きました。。。

ビールがおいしいということで・・・。

ビールにおいしいおつまみで、とても楽しめました!たまにはいいですね。

 

来年の今頃も、プロジェクトの成功を目指してこうして飲みたいです。

CA390143.JPG

料理の写真を撮るの忘れました・・・(develop)

 

先週、岐阜の産業会館であった「木の家づくりセミナー」に行ってきました。

自然な建築と暮らしをデザインする、、、

最近はよく耳にしがちなテーマですが、とてもおもしろい講演を聞くことができました。

 

東京での暮らしと聞くと、ひしめき合う住宅と住宅、狭い敷地、少ない緑・・・、そんな光景が浮かび上がります。けれど、そんな中でも緑があって、風とおしがよくて、木でつくられた住居があって・・・、そういう居住空間って、気持ちだろうなと思いました。。

紹介されてた家は、まさしく住んでみたいと思わせる家が多かったです!

 

講演が終わって、展示会も少しのぞいてきました。

県木連のブースには、うちのイグサの座布団が展示されていて、木で作られたブースの雰囲気にとてもマッチしてました。なかなかイグサ座布団は、PRの機会がないので、とてもとてもありがたいです^^ 下の写真をどうぞ。。

P1010587.JPG

 

エコプロ展に出展!大盛況!

  • 2009.12.18 Friday
  • posted by 開発

今年も東京ビッグサイトで行われた日本最大の環境展「エコプロダクツ2009」に出展してきました!

 

毎年、何か新しいものを。

ということで、、、今年は、「イグサボードを使った移動式茶室」です。

P1010416.JPG

どこもかしこも、人、人、人・・・でしたが、そんなかでもひと際存在感を発してました?^^/。

ときには、茶室を覗くひとで通路をふさぎ、ときには、熱心に話しこみ対応が遅れ待たせてしまうかたも。。。すいません。。

 

それでも今回は、いつもお世話になっている「NPO国産材」さん、茶室を大阪から持ってきてくれてブースを当番してくれた「(株)アクト」さんと一緒に協力しながら、終わってみればあっという間の3日間でした。

この場をかりて、NPO国産材の榎戸さん、岡本さん、(株)アクトの橋詰さん、薮田さん、太田さんお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

下の写真は協力の証です↓上からNPO国産材さん、エスウッド、どうらく庵((株)アクトさん)

2009.エコプロ展 017.jpg

 

当日の様子もどうぞ。。

P1010417.JPG

P1010409.JPG

P1010415.JPG

 

なかなか茶室とマッチしていました^^↓ ヒノキストランドボードのBOXにイグサアートグリーンと売り出し中のいぐさ石鹸を飾ってみました。

2009.エコプロ展 015.jpg

床下からのライトアップもとてもいい雰囲気^^・・・↓

2009.エコプロ展 019.jpg

ヒノキの筆箱?いや名刺入れ?もなかなか好評でした^^

2009.エコプロ展 032.jpg

ちなみに・・・

今年は2日目が雨でしたが、それでも去年を上回る18万2千人のかたがエコプロ展に来場されたようです。エコへの意識はますます右肩のぼりですね。とってもいいことです。(develop)

先週23日(金)、東京の産業技術研究センターにて、実用技術開発プロジェクトの検討会がありました。中間発表会のようなものです。

 

全部で6つの機関が、共同でプロジェクトを進めています。中核となるのは、本プロジェクトのアイデアの発案者であり、研究統括の森林総合研究所です。

9月スタートのプロジェクトですが、定期的に検討会は行われるようです。

 

東京まで行くのは少し大変ですが、大学の先生方を始め、木質ボードや接着剤の分野のエキスパートの方々の意見や話を聞けるので、とてもとても勉強になります。むしろ、僕のような素人がここにいていいのか、くらいの感じです。

大学の学生さんも手伝いや自分たちの論文も兼ねて参加していますが、彼らのほうが大学で専攻し勉強しているだけに、先輩のようなものです。

 

検討会では、本当にいろいろな意見が交わされるので、まず予定通りには終わらず、1時間とか2時間オーバーで終結します。でも僕にとってはあっという間で、これからもなんとかついて行こうと思います。

 

今回初めて産業技術センターに行ったので、写真を撮ろうと思ったのですが、終わって外に出ると暗く、そんなときちょうど玄関に模型があったので、今回は模型だけ撮影してきました^^↓

次回はしっかり撮ってきます!(develop)

CA390131.JPG

 

 

機械故障で思うこと

  • 2009.10.10 Saturday
  • posted by 開発

昨日は実験室のプレス機が動かなくなり、どたばたしてました。

ちょうど、実験をやりたいところに故障。以前から、少しその兆候があったのですが、そのまま使い続けてしまったのが、良くないところ。

 

早めの対応が大事なことをどたばたしながら実感してました。。

 

プレス機の業者さんと電話で話しながら、電気的な問題なのか、機械的な問題なのか・・・、電話越しでの話しとなると、なかなか前に進まず・・・、さらに電気系統の話となると全くの素人なので、僕からの説明も曖昧、さらに相手の言ってることも把握できない、とあって昨日の時点で動かせるようになったのは、奇跡です!!

 

とにかく、どたばたでした。。

 

今思うと、やはり業者さんのプロの説明、指示がよかったと、感謝感謝です。

なかなか電気回路図を見る機会もなかったので、見方も結局わからないままですが、いい経験になりました。少しは勉強しないといけないな・・・と。(develop-o)

 

棚づくり ポイントは平滑性

  • 2009.10.07 Wednesday
  • posted by 開発

昨日は、棚作りをしました。

用途は、型に樹脂を流し込んだあとに乾燥し、放置しておくための棚です。

 

ポイントは、

流し込んだ樹脂が偏らないよう、かなり精度のいい平滑性が保たれること。

+棚が移動可能なこと。(移動しても平滑にできること)

+ちょっとした衝撃でずれないこと。

+ケースバイケースで棚が追加できること。

持ち合わせの材料で済ませるため、実験室の余ってる木で作ることにしました。↓↓下の写真は、3段の棚の写真です。場合によって、この上に重ねていくことができます!脚にはアジャスターを付けました。

CA390129.JPG

P1010275.JPG

要所要所に工夫がこらしてあります!^^

ちなみに製作者は僕ではなく、実験室で一緒に働くYさんです。Yさんは器用なので何でも作ってくれます。(develop-o)

最新中国セミナーに参加して。

  • 2009.09.30 Wednesday
  • posted by 開発

昨日、中国の経済セミナーがあり、岐阜グランドホテルに行ってきました。

もともと中国に仕事で住んでいたこと、現在のエスウッドでも中国での生産の可能性を探っているということもあり、とても興味深く聞くことができました。そして、とても勉強になりました。

 

セミナーと聞くと、どうしても眠くなるイメージがあるのですが、今日は最初の5分だけが山場でした^^

その後は、なるほどとうなづくことあり、笑いあり、のお話でした。

 

中でも・・・

中国の経済成長は、2012年頃が山場になるということ。これは要チェックです!

なぜか・・・

ちょうどその頃、中国の政権交替時期となり、景気を不安定化となる可能性が高い、さらに、オリンピックや万博の効果が薄れる、さらにさらに、1人あたりGDPが4000ドル程度まであがる。

1人あたりGDPは3000ドルを超えたあたりから、生活の安定とともに、庶民の仕事への目つきが穏やかに変わり、仕事への意欲がなくなるそうです。統計的に。。

 

数年前から、中国の成長は、北京オリンピックまで、上海万博まで、と言われながら、今なお水準の高い成長をとげている中国。

中国の人たちからみれば外国人である自分たちの勝手な目線で見てしまい、申し訳ない気持ちもありますが、これからも中国に期待を持ちながら、自分たちも前に進もうと思います。

 

いろいろ話を聞いたのですが、書ききれないので、また別の機会にお話します。

とにかく内容もタイミング的にもエスウッドにとってはいい時期で、有意義な時間でした。

(develop-o)

中国セミナー090929.JPG

 

カッティング印刷

  • 2009.09.26 Saturday
  • posted by 開発

最近、カッティング印刷を実験室で試してみました!

もちろん、遊びではなく、お客さんからのご依頼があっての試作です。とは、言いながらも楽しくやらせてもらっています^^

 

印刷について、ほとんど知識のない僕ですが、写真のような印刷サンプルが一発で、できてしまうのは、一緒に研究開発に取り組んでくれているミスターY氏の復帰が大きく・・・。

おそらく、かなりのブログネタを潜ませているYさん。いつかおもしろいネタを書いてもらいます!

 

本題にもどり、、、

カッティング印刷は、実は日頃からたくさん目にすることが多い印刷技術。。

お店の看板やバスをデザインしている印刷などなど・・・がこれです。昔は、看板もOHPを使った手書きが多かったようですが、技術が進み、今はほとんどの看板がカッティング印刷のようです。

そして、今回最初ということもあり、簡単に試作したのがこれです↓↓↓

P1010125.JPG

下地が凸凹のわりに、Thank youの文字がしっかりでるところがカッティングの良いところ。

材質はフィルムで、看板で使われるだけあって、耐候性もばっちりです!

また製品となったときには、ブログします! (develop-o)

荒波のなかの宝船

  • 2009.06.24 Wednesday
  • posted by 開発

今日、岐阜県ふれあい会館に行って来ました。

ふれあい会館はとても立派な建物です。↓

 

CA390095.jpg

 

今日訪れたのは、、、

今回の補正予算でおりた「ものづくり中小企業製品開発補助金」の募集締め切りが今日で、なんとなく混みあうだろうとは予想してましたが、あれほどとは・・・

 

この不況の中、多くの中小企業のみなさんが大きな期待をもって、申請にきており、

まさに、この不況の荒波のなかの宝船のようなありがたい補助金です!もちろんエスウッドもその船に乗りたいところです!

 

うれしいことに、今回の予算はとてもとても巨額なので、今回1回分の募集で、終了ではなく、第2回、3回と順次募集をかけてくれるそうです。(わかりませんがそう聞いています。。)

ただ、今日は本当に待ちました。11時過ぎに着き、受け付けを済ませ、申請書のチェックができたのは、3時半・・・。午後もたくさんのかたが来てましたが、どうなったのか。。

もし、今回間あわず、次回以降申請するかたは本当に早めに提出すること、おすすめです!

 

何事も、早めに早めに余裕をもつことが大事だと、改めて深く深く思いました。。(develop)

いけばなとイグサボード

  • 2009.04.20 Monday
  • posted by 製造

 今年2月に、いけばな雪舟流 次期家元・増野光晴先生より「イグサボードをいけばなの展覧会で使いたい」とのお話がありました。

 増野先生は昨年末のエコプロダクツ展で当組合のブースに立ち寄られ、イグサボードをお知りになられたようです。

 話を伺ったとき、イグサボードを展覧会会場の壁面に貼られるか、花器の下に敷かれるのかと思っておりましたところ、写真のようにいけばなの一部材としてお使いいただいておりました。

  DSC2.jpg

  _DSC6371.jpg

 今まで、イグサボードといけばなの組み合わせは全く考えたことが無く、思いもしない使われ方でした。

 イグサボードを内装材として開発してきた経緯や、壁材としての販売実績などのため、いつの間にか頭の中で用途が固定化されていたようで、ときどき頭の中が固くなっていないかチェックする必要がありそうです。

 増野先生の作品を見て、そう思いました。

  DSCF1887.jpg

 いけばな雪舟流様 ホームページ http://sessyu-ryu.com/

 

 

 

もみがらの再利用

  • 2009.03.25 Wednesday
  • posted by 開発

今月は、もみがらのボード製造を試みました。

ご存知のとおり、もみがらとは、お米などの皮の部分で、普通の家で炊くお米は脱穀などの工程を経たものです。その工程で、でてくるのが、このもみがら!とても軽く、ぱさぱさな感じです。

 

P1000666.JPGのサムネール画像

 

これをボードにしようというわけで、当初、強度をとても心配していました。

 

ところが、仕上げてみると、なんてことはない、かなり強いボードに仕上がり、つくづくやってみないとわからない、ということを痛感したところです。。

比重によって強度はかわってきますが、もみがらの原形をとどめているかどうかの部分(デザイン的な面)も重要な判断基準となってきます。あまりがちがちにしすぎて、もみがらが完全につぶれてしまうと、もみがらの良さがなくなってしまい。

 

P1000549.JPG

 

もみがらのデザイン性とボードにしたときの強度を考えると、良くも悪くもどっちつかずの中途半端なところがいいというのが本音です。どちらかを完璧を目指すとよくないということですね。

ひとの生き方にも通じているものがあるような・・・気もします。

 

もみがらボードも今後、製品化に向けて積極果敢に取り組んでいこうと思います!これも今か ら期待あり楽しみありな仕事になりそうです。(developオサダ)

新技術開発の合同発表会

  • 2009.03.16 Monday
  • posted by 開発

これまでオゾン処理の実験をブログでもいくつか書いてきました。その発表会というか、報告会が住宅木材センターさんの主催で先週12日木曜、東京の新木場ホールにて行われました。

 

オゾン処理の技術は新技術開発ということで、「産学官連携による食料生産活性化のための新技術開発」をテーマに、農水省の補助事業に位置づけられています。

エスウッドでは、3年間、この技術開発に積極的に取り組んできました。

そして、本来の開発内容での成果はもちろん、たくさんのプラス効果を得ることができました。

 

当日は、当組合の角田理事長がいつも通りの巧みな切れ味のよいトークでプレゼンをし、会場で聞いていたお客さんにも自分たちがやってきたことをしっかりPRできていたと思います。

私はというと、まだまだこの分野では、未熟なため、プレゼンも質疑応答への対応もままならないのですが、理事長のプレゼンといい、その他の方々の内容といい、しっかり勉強することができ、充実した1日でした。

 

P1000570.JPG

実際にこういった発表の場に来ると、木材という材料ひとつをみても、さまざま取り組みがされており、びっくりするばかりです。今の職場で働いて1年。多少はわかってきたつもりですが、まだまだ、まだまだ、わからないことだらけです。

今回いただいた資料も、時間をみては、目を通し、まわりではどんなことがされているのか、頭にいれておきたいと思っています。

 

とにかく、今回の発表会が無事に終わり、技術開発のほうも一区切りです。(まだ補足実験が残っていますが。。)技術開発にあたっては、森林総研さんや多くの大学の先生がたにお世話になりました。いまは感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました!(develop オサダ)

 

エコ検定合格です^^!

  • 2009.03.02 Monday
  • posted by 開発

もう去年の12月になりますが、エコ検定を受けてきました。

今の職場に来てから、エコという言葉が好きになり、興味をもつようになり、

 

そして、、

おおげさですが、受験してみました。

 

そして、、、

みごと合格^^!

 

P1000525-3.jpg

エコ検定に合格したひとはエコピープル(eco-people)になるそうです。(言葉だけです)

以前よりも、確実にエコに詳しくなったような気がします。

いつか、きっと役にたつ日がくると勝手に思い込んで、今は、合格を深く深くかみしめ。。

 

エコ検定いいですよ。勉強しててもさほど苦でもなく。楽でもないですが。

仕事でも私生活でも、エコピープルを目指そうと思います!

 

このブログを読まれたかたも、ぜひ一度チャレンジしてみてはどうですか?以外に試験は簡単ですよ。

(develop オサダ)

本物と偽物

  • 2008.10.07 Tuesday
  • posted by 製造

 11年前に某大手ハウスメーカーで家を建てました。

 和室の天井材が本物の木ではなく、印刷されたフィルムを貼ったいわゆるラミ天というものです。

 下の写真はその実物です。

1-2.JPG

 当初はこの天井材が気に入っておりました。色も柄も揃っていてきれいな感じがしたからです。

 その後、木材にかかわるようになり、本物の木を使った天井を見る機会がありました。

 「あきらかに我が家とは違う」

 色も柄も若干異なっているのですが、それこそが本物の証で、重みがあり、存在感がまったく違っていたのです。

 本物を見たことによって、我が家のラミ天があきらかな偽物であることがよく分かりました。

 

 さて、エスウッドで生産している商品はすべて本物です。自信を持って断言します。

 生産からでした。

 

祝!ブログ開設!?開発部より

  • 2008.09.18 Thursday
  • posted by 開発

はじめまして。

 

開発部のオサダです。

 

ついに、エスウッドのブログが立ち上がりました。祝祝祝!

 

開発では普段、あんなことやこんなこと、えっ、そんなこともやってるの。と思うようないろいろなことをやっています。ほとんどが自分にとっては、新しいことなので、仕事の場であり、学ぶ場でもあります。

 

それを少しずつですが、ブログを通じて載せていこうと思います。皆さんに知ってもらうこともそうですが、個人的な日誌感覚でほそくながく続けていければと思います。

 

SWOOD

エスウッドとは

国産の間伐材を、ポリエチレングリコール系ハイブリッド接着剤=ノンゲル=を使って固めた、人にも、地球環境にも優しい、新しい建築内装材です。

カレンダー

このブログは、全国中小企業団体中央会より「平成20年度組合等Web構築支援事業」の助成を受けて制作しました。

© Copyright Swood. All Rights Reserved.